randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

代車シビックでボージョレ地方へ(後編)

先週末はせっかくの2連休だったのに悪天候で山に行かれず、うちでダラダラと過ごしました。
しかし山に行く休日は前日夜中から行く準備が始まりほとんど寝ないまま出発、1日中歩いてまたいっぱい運転して帰宅、疲れたまま翌朝仕事へ。仕事のある日に体を休める・・・という黄金パターンが出来上がっています💦お天気の悪い休日はその名の通り「休日」として休めるのでときどきある分にはいいかもしれません(^^;


もうそろそろ返す予定のデラックスな新車シビックで天気が回復する予報の月曜の午後だけドライブに行きました。うちから1時間以内で行けるボージョレ地方南部です。


行きに降っていた雨も予報通りに上がりました。ひとつめに訪れたテゼ村の素朴なレストランで遅い目の昼食をいただいた後は、近くの別の村に向かいます。


丘陵地帯になっています。


次に訪れたのは「フランスでもっとも美しい村」のひとつにも選ばれているOingt(オワン)の村です。


ボージョレのワイン街道の南限の辺りになります。
ボージョレでも村の名前を名乗ることができるしっかりしたタイプのワインは中部から北部で生産されており、この辺りで作られるのはとても軽い赤ワインが中心です。


駐車場のすぐ近くにあった可愛らしいワイン生産者の軒先


他にも周辺には3軒ほどワイン生産者があるようです。


ううっ、いきなり登り坂です(;´Д`)


今日は靴がミエやマインドルでないのでキツイ・・・

先ほどの村の滅茶苦茶な石畳で撮影


でもここは上り坂でも舗装がきちんとされているのでだいぶましです。
上の方に教会があるので行ってみます。


振り返って。先ほどのテゼ村同様、黄金色の暖かみのある色の石でできたうちばかりです。ボージョレ地方南部全般に見られます。


右手に見えるのが教会です。


10世紀から11世紀にかけての素朴な建築様式で控えめなアーチがあるだけです。


教会の入り口の前から。ボージョレ地方北部のここよりもさらに高い丘陵地が眺められます。


上がってきた階段を下りますが、ここすぐ左に小さな通路があるので入ってみます。


今日履いてきた底が薄くて硬い皮のパンプスにはキツイ登りです。


なんかハイキングっぽくなってきました。。
ダメだ、足の指痛くなってきた(;´Д`)


頂上にて\(^_^)/ 違うか・・・
マリア様がおられました。


人口600人以上とこの辺りでは比較的大きな村(^^;)です。


村のシンボルマークにもなっている塔がすぐ近くです。


中世の町の建築様式に多く見られるフランス語でvoûte(ヴ―ト)と呼ばれる半円状のアーチがこの村にもいくつかありました。


ああ、もう足の先痛い・・・
ワンちゃんが自由気ままにお散歩していました。


振り返って。


中世の村や町にありがちな、入り口の門が残っていました。お城やダンジョンもありこの地方の中心的な村だったそうなので防衛する必要があったのでしょう。


曲がりくねった道が面白いです。


そこから細い道に一歩入り込むと・・・


めっちゃファンタジーなことになってました( ゚Д゚)


で、その奥は行き止まりになっているのですが・・・


それがまたひっそり感を醸し出しています。


大通り(^▽^;)に戻ってきました。
広いベランダみたいなテラスみたいなのがある素敵な民家。ワイン造りに使われた古い用具でデコレーションしてあります。


手作り手芸品を売るお店のようですが、観光客の来ない時期だからか閉まってました。「フランスで一番美しい村」のひとつに選ばれているだけあって夏場などは観光客がそれなりに来るでしょう、結構色々とお店がありました。ほとんど全部閉まってましたが(~_~;)


さて足も痛いしそろそろ車に戻るか・・と駐車場を探したらすぐに見つかりません💦
出た!方向音痴!!山行きと違って今日は地図もありませんよ~
歩いていた住民のおじさんに聞くと「村の中心をねー、抜けたらすぐだよ。この道は風がきついから村の真ん中の道を通ったら寒くないよ」と親切に教えてくれました。そう、天気は回復してきたものの風が強く、刺すような恐ろしい寒さなのでした・・・
山で時々してるように「ちきしょ~~寒いぃぃ~~くそぉお~😠」とひとり悪態をつきながら歩いてたところでした。のんびりしたおじさんとの短い会話に癒され、悪態付くのをやめて(^▽^;)大人しく駐車場まで帰りました。


寒すぎるし靴で足が痛くてあんまり歩けませんでしたが、また暖かい時期にいい靴で来たいと思います。


気持ちの良い葡萄畑の丘陵地を運転しつつ帰ります。


少しだけ遠回りすることにしました。お城(大きな農家といった趣ですが)があるバニョルス村を通ることにしました。寒いし早く帰りたいので村を歩いたりはしませんが、葡萄畑の間の細い道を走ってお城の外塀のところまで行ってみることにしました。


重厚な古い木の扉です。


車のコマーシャルみたいな1枚 ̄▽ ̄;)


ここをどんどん下りて元々走っていた道路に戻ります。


ボージョレ南部はめっちゃ軽いワインが中心なので若いひょろひょろのブドウの木が多いのかと思っていたのですが、こんなに樹齢のいってそうな木の植わってる畑もありました。


あまり行き先の看板も出てこないのでシビックのカーナビを使ってみました。わたしの車にはカーナビがないのでいつもはグーグルマップのお世話になっています。


ナビの画面だけでなく、速度計の辺りにも同時に表示されるのでビックリしました。テクノロジーですね・・・てかふたつもいらんけど(;´∀`)


帰り道の大きな県道でこんな素敵なお店が!
通り過ぎてしまったので(しかも反対車線側)Uターンしました。
近辺の生産者の農作物が集まったお店らしいです。わたしが一番心惹かれるタイプのお店です✨


ボージョレ南部は北部に比べると葡萄畑の比率が低く、その代わり果樹園が広いのです。今の時期リンゴと洋ナシがシーズンのようです。


ジャムやテリーヌ、チーズにサラミ、お肉・・・
ドキドキします(゚Д゚;)
・・・が、ここで悲劇が。。
クレジットカード、別のカバンに入れたまま忘れてきましたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
さっきレストランも現金で払っていたので10ユーロ弱しか残っていません💧
ほんの少ししか買うことが出来ませんでした…(つд⊂)エーン


駐車場に戻ると、中年のおじさんが激しくわたしの車(てか代車。間違えてもわたしの車ではない😅)をのぞき込んでいます。え、なに?怪しい・・「こんにちは」とロックを解除しつつ声を掛けると「こんにちは」と消え入るような声で返事してそそくさと去っていきました。めっちゃ気の弱そうなおじさん・・わたしが車に乗り込みエンジンをかけてると後ろをブイ――ンと走り去っていく車。


気の弱そうなおじさんのめっちゃスポーティーなHONDAタイプRでした。カッケ―ー(@_@)
わたしの代車も6速MTのちょっとスポーティーなやつだしフランスでは9月に市場に出たばかりでまだ走ってないので珍しくて見てたんでしょうね・・・


ちなみこれでした👇

今年の春にデミオを定期点検に持って行ったディーラー(Mazda,Honda,Kiaが一緒になってるのです)のところで撮ったものです。今はもうひとつ新しいのが出ましたが当時はこれが最新モデルでした。


うちに帰って。
これだけしか買えませんでした(;´Д`)


いきなり思い付いて出掛けた数時間のドライブでしたが、それなりに楽しむことが出来ました。お付き合いくださってありがとうございます(*‘∀‘)


次回からまた子供たちとの2泊ハイキング記に戻ります☺️

代車シビックでボージョレ地方へ(前編)

せっかくの日月の2連休が二日ともお天気悪くて全く山に行けないという甚だしくやるせない週末となりました。お天気が若干回復するのが月曜の午後。どんなに近い山でも1時間半くらいはかかるので、かかるガソリン代高速代や日が短いことを考えるとこれは無理ということでやむなく諦めました。


その代わり苦肉の策で思い付いたお出かけが月曜の昼から近場に先週から代車で借りているデラックスな新車シビックでドライブというものです。
「これ代車です」と出てきたときは「こんなデラックスでスポーティー(6速MT)な車運転できない」と困惑しましたが何度か運転してると慣れてくるもので、返す前にアップダウンのある田舎道でも運転したくなりました。


月曜ということで子供たちも学校、暇な人も周りにはいません(;´・ω・)
ひとりで外食することは普段ほとんどありません。うちで簡単にお昼を食べてから出ようと思ったんですが、なぜか急にたった半日の観光気分を満喫したい気分に駆られ、ご飯を食べないで12時半ごろシビックを地下ガレージから出し、雨の降る中出発しました。たまにはツーリストとしてドライブ中にレストランに入るのもよかろう・・・
ブドウ畑が丘陵地に広がる美しい地方なので晴れていたらピクニックしたかったのですが回復しそうとはいえ今まだ雨降ってるし、しかも風も強くて寒いので屋外で食べるのは辛そうです。


上の写真は晴れていますが、うちを出て40分ほどして目的地であるボージョレ地方南部に入ってきたとき急に晴れ間が出てきたところです。


写真の中央辺りに若干虹が出ているのが見えるでしょうか。
が、このあとまた掻き曇ってきてまた雨が結構強く降り出してしまいました。


間もなく一つ目の目的地、テゼ(Theizé)村に到着しました。村の中心まで車で行きましたが駐車場はいっぱいで停めるスペースがありません。村の外の駐車場に車を停めるともう1時半を回っています。これ以上遅くなると、大きな町と違ってお店の少ない田舎では食いっぱぐれてしまいます。駐車スペースを探しているときに目に付いた村の広場にある大き目のカフェ・レストランが営業していたので(月曜休みのところが多いのですが)、清潔そうな感じだったし外に書いてた本日のメニューも良さそうだったのでさっさと入りました。


14,50ユーロの本日のメニュー
・オックステールのテリーヌ
・バヴェット(牛のお腹の辺りの肉)エシャロット風味
・デザート


中はクラシックかつシンプルな内装ですが、木製の年季の入ったテーブルや家具が温かみを感じさせてくれます。手書きで日替わりメニューが幾種類か書かれた黒板もいい感じです。
サービスをされている男性に「まだ食べられますか?」と聞くと「シェフに確認します」すぐに戻ってきて「大丈夫ですよ、おかけください」
メインのホールにはいくらかのグループ客が。そして奥にはもうひとつホールがあるようでそちらから談笑する声が聞こえてきました。月曜の昼なのにそこそこ入っています。いい兆候です(*‘∀‘)
窓際の席に案内されました。外はまだ雨が降っています。


本日のメニューをお願いしました。飲み物には地元ボージョレの赤ワインをグラスで。日本と違って運転するときもアルコールは少しはとれるのがフランスです。0,5 g/血液1リットルが法律で許容されている量で体重や性別、体質なんかにもよりますがこれは約ワイン1杯分に当ります。(初心者マークのうちは0,2gまで) 体重の重い男性の場合は2杯くらいまでは飲酒運転にならない範囲のようです。
ボージョレのヴィラージュでもない一番軽いタイプのやつでかなり冷やして出てきました。タンニンのほとんど感じられない軽いボージョレは白やロゼのように冷やして飲むことが多いのです。ワインというよりかはワイン風ブドウジュースといった感じの軽さです(^^; ボージョレでも村の名前を名乗るクリュと呼ばれるタイプのしっかりしたものは冷やしたりせずに常温で飲みます。


間もなくオックステールのテリーヌがきました。身をほぐしてゼリー寄せのようになった冷製のテリーヌでサラダとピクルスが添えられています。


お、おいしいΣ(゚Д゚)
奇をてらわないストレートなおいしさです。


ワイン生産地だけあって?お皿の模様がブドウの房でした(;'∀')


テリーヌをおいしくいただいた後はバヴェット(ステーキ)とフライドポテトがやってきました。外でステーキを食べるのも久しぶりです。


セニャン(血が滴る、という意味でレアの焼き具合のこと)とお願いしてありましたが、まさに理想通りの焼き加減です💕 おいちい(≧∇≦)


デザートは洋ナシのタルトやババ・オ・ラムなどあったのですが大好きなクレーム・ブリュレにしました。


平均的なものよりちょっと卵が多い感じのプリンっぽいクレーム・ブリュレでした。


隣のテーブルのおじさんふたりがおもしろかったです。ひとりと写真を撮りました。かなりハチャメチャな英語で話しかけてきてくれて、もうひとりのおじさんが「彼バイリンガルなんだよ」と(^▽^;)


お会計では「グラスワインはサービスです」とおまけしてくれました(*'▽')
田舎のレストランっていいなぁ💙


お店を出ると晴天です✨ 左が今出てきたレストランです。


おお、山にあるハイキングコースの案内板と同じタイプのものが立っています。村はずれにあるお城や隣村、駐車場なんかが行き先として描いてあります。
丘の上にある村なので標高も455mと少し高い目です。


この村には2度来たことがありますがお天気も回復してきたし可愛い村なので少し散策してみたいと思います。


こんな季節にもアジサイが咲いてるんですね(@_@)


個性的な民家が多いです。
ボージョレ地方南部には「pierres dorées」と呼ばれる黄色っぽい温かみのある石で作られた家や農家が多いのが特徴です。英国中部のコッツウォルズ地方には蜂蜜色をした古い民家が並ぶおとぎ話に出てくるような村が点在していますが、それに似ている気がします。


古くは11世紀の書物にこの村の記述があるというだけあり、当時の趣を感じさせられる街並みが残ります。


ただ・・道がこんなです(;´Д`)


しまった・・こんな靴で来てしまった💧ヒールはないけど底がぺったんこで硬く薄い皮の靴なのであんまり歩けませーん(;´Д`)
少し歩いたところに村で一番の観光名所のお城があるんですが、この靴のせいで諦めました・・


村の入り口、レストランがあった広場にも教会がありましたがこちらの方が古い教会だそうです。ここらへんはちゃんと舗装されていて助かった・・


梯子・・??


ゆっくりと村の出口に向かいます。


味のあるステンドグラス風の素朴な窓。外からお日様が差した時はうっとりするような暖かい色になるんだろうな…と部屋の中の様子を想像してしまいした。


ブドウ畑の真ん中にある駐車場に戻ってきました。先ほどの雨で車が濡れたままです。
この近くにもうひとつ可愛い村があるのでそちらにも寄っておきます。



後編に続きます♬





















寒いときのチーズ料理♫

まだ子供たちとの2泊3日ハイキング記の途中ですが、またまた脱線です。
既に日がだいぶ経ってしまっているので遅れついでということで(^^;


その2泊3日ハイキングの2日目の夕方に雪がチラホラと舞い始め、翌日は雪。そしてその後もフランスじゅうの山では何度も雪が降り、昨日今日(日月)でもまた積もったようです。そして寒~~い!!町では雪は降りませんが、晩秋というよりもう普通に冬のようです。


今日月曜は仕事休みだったのですがこんなんです👇
お天気アプリにわたしの行くハイキング先を20か所ほど登録しているのですが、その一部です(;´Д`)

雪がいっぱい降るか、ちょっと降るか、のどっちかです(;´・ω・)
しかも強風・・・今日は山に行くなという典型的な日ですね。。。


こんなに積もってます。わたしのよく行くベルドンヌ山塊の雪情報。よその山塊も大体同じようなものです。


こーんな寒い日にはチーズ料理が食べたくなります。フォンデュ大好き一家なので、通常は真冬の料理という位置づけであるフォンデュはすでに通年商品となっています。フォンデュばかりだとさすがちょっと飽きるので時折登場するのがこれです。


以前にも紹介したことがありますが、晩秋から春先までが旬のモン・ドールです。他の季節は作られておらず、売っていません。
皮の中央部を切り開いたらニンニクのみじん切りを詰め込みジュラの白ワインを注ぎ入れ、オーブンにGO!!


コート・デュ・ジュラ。以前にジュラ県のシャトー・シャロンの村で買い求めたもの。わたしが一番行く生産者のものではありませんが、定評のあるメゾンなので一度行きたいと思っていました。ジュラ特有のセパージュ、サヴァニャンの味がとても強く感じられる力作です。


色は黄金色をしています。


残念ながらサラミはジュラのものではなくて、ハイキングの帰りに買ったものです。
ヘーゼルナッツ入りのと普通のと。


先週買ったばかりのクルミをサラダに入れます。
癖の強いコート・デュ・ジュラがクルミを思わせる風味なのでとってもよく合いました。


約20分後・・・焼けてとろっとろになったモン・ドールを取り出します。


これを・・・


茹でジャガイモにトロ―リとかけます。
ジャガイモはいつも行くマルシェでもう10年近く同じ生産者のものを買っています。しまりがあって茹でても崩れず、甘みもあり最高においしいのです。メークインタイプのジャガイモでグルナイユという品種になります。いつも買いだめしています。この日曜日にも8キロ買ったところです(;´∀`)


カリフラワーも茹でてあります(普通はレシピ的にはありません💦)。だってよく合うんだもん(;・∀・)


この冬初めてのモン・ドール焼きでした。久しぶりだったのでみんな興奮してすごい勢いでパクついてしまい、あっという間になくなりました。


デザートはレモンタルトです。前日に友達が持って来て来てくれたものですが…


あ~おいしかった(*‘∀‘)
フォンデュと共にこの冬盛大に何度でもやりたいと思っている一品です。