フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

今年初のスノーシューハイキング♫

11月末に1泊で遠征した南寄りのマイナーな山地、ユバイ渓谷でのハイキング記です。
行く場所を決めたのが前夜で睡眠時間1時間ちょっと、4時間半の運転といういつものことながら無茶苦茶なスケジュールでしたが、今晩泊まる民宿も予約できて(ネットで夜中の1時に😅)、心安らかにハイキングを始めることができます。



標高1900mのマルジャセ村がハイキングの出発地点です。県道のほぼ行き止まりに当たります。通年で住んでおられる方もあるため、かなりアバウトながらも一応道路は除雪されていました。スキー場でも峠道路でもないのに冬にこの標高まで車で来られるというのはありがたい話です。


駐車場は村の入り口だったため、まずはメインストリート(;^_^Aを通り抜けます。
あれっ、これは宿泊先第一希望だった山小屋です。夏の3か月ほどと、冬はスキーシーズン(クリスマスから春にかけて)のみオープンということで残念ながら閉鎖中。山小屋(refuge ルフュージュ)という名前なのに山の中ではなく村の真ん中にあるのがちょっと驚きました。


そのすぐ先にあったのは、これもネットで見ててよさそう、と思ったら春と夏しか営業してない民宿でした。HPで見ると中のインテリアも素敵で値段も安くて泊まりたーい、って思ったのでした。でも夏なんかは山小屋や避難小屋、そして今やテントに泊まるので民宿は寒い季節にこそ泊まりたいんだけど。。(-_-;)


民宿2番候補の看板が次に・・ここもオフシーズンで閉まっていて、全滅_| ̄|○だったのでした。そしてこの周辺には今の時期営業中の民宿がほんとに見つからなくて、ここから32km、車で46分(グーグルマップ計算)もかかるところの民宿を予約したのでした(;´・ω・) 辻褄合わせるために、翌日のハイキングは民宿から近いあたりにしました。


こちらはL'école学校と書かれています。今も学校として使われているとは思えませんが、きっと昔はそうだったのでしょう。時間が止まってしまったような空間です。


集落の端っこまで来ました。かわいらしい教会があります。


オート・ザルプ県南部(ケラ地方など)や、ここアルプ・ド・オート・プロヴァンス県といった南の地方の教会やその他の建物の壁にはよく日時計が描かれています。


さて、村を横切ったあたりからハイキングコースが始まるようなのでここでスノーシューを履きます。


こっち側です。


幸い山スキーヤーさんのトレースがあったのでつぶさないよう並行して歩かせてもらいます。


川をまず越えます。


ナナカマド(の仲間)の鮮やかな実が。


山スキーヤーさんのトレースはもっと左の森のなかに入っていったのですが、地図を見る限り川に沿って登っていくのでわたしはこっちだろと思ってスキーヤーさん達のトレース(といっても2、3人分くらいの細いトレースです)と別れを告げ、川の形になっているところをズンズン進んでいきます。


斜めの斜面で歩きにくいけど、川の左側の少し広いところを歩きます。


何の足跡かな?




ここで軽い衝撃。。
駐車場から歩き始めて50分になりますが、まだ50mほどの高さしか登っていないという事実。この疲れ方からして150mくらいは登ってるつもりだったんですけど…ノートレースの新雪がこんなに疲れるという感覚をすっかり忘れていました。


斜面をトラバースしつつ登ってきましたが、この先、岩々したところに雪がちょっとかぶってる感じであそこらへん歩けるのか不安になりもう一度地図を見ると、この斜面のもっと高いあたりを歩くのが通常の山スキーコースのようです。初めからじっくり地図見ろよ(-_-;) 
泊まりで初めての地方に行くときって、他に確認することが多すぎてハイキングコース自体のチェックがおろそかになる傾向が😅


少しずつトラバースしつつゆっくり上がっていってもいいけど・・・真上をちらりと見上げます。大した傾斜ではありません。よっしゃ、ここで一気に登っておこう。


もう少し。。


斜面を登りきったところで振り返って。


平たいところに出てきたので進みます。自分の足あとを振り返って。雪が深いうえ柔らかくて、ズブズブはまりつつ前進しているのがわかると思います。


木の茂った部分に突入するとスキーヤーさんのトレースを発見。初めからおとなしく彼らのトレースに付いて来ていたらよかった(;^_^A トレースを壊さないように隣を歩きます。


葉がほとんど落ちた背の高いカラマツを見上げて。


気が付くと雲はどこかに消えて、青空が広がっています\(^_^)/


県道が走っているメインの谷の正面。
立派な感じの山がありますが、地図を見なければ名前は全然分かりません(~_~;) 
ウバイ渓谷は山に興味のない人だともちろん、ハイキングをする人でも名前も知らない人さえいるくらいマイナーな地方で、わたしも正確にどこの辺りに位置するのか把握したのはここ1、2年のことです。高い山が多くて3000m台の山が地図には63座確認されるとのことです。


背後にも立派な感じの(そればっかり)山が出てきました(;'∀')


もうしばらく行くと、山スキーヤーさんのトレースが2、3方向に散り始めました。わたしもこの斜面を適当に真上に上ることにしました。


このズボズボ加減です。こんなに疲れるって完全に忘れてました💧


二人組スノーボーダーのものと思われるシュプールが美しいです。


振り返って。



次回に続きます。

雪たっぷりのユバイ渓谷へ初遠征(道中編)

今から1週間ちょっと前の火・水のハイキング記です。残業分の調整で取らされた休みですが、こんな週の真ん中に2日あっても子供たちは一緒に来られないし、火水休みの友達もいないので一人で出かけることに。


車で通過したことはあるものの、まだ歩いたことのない地方に遠征を決めました。というのも天気予報がほとんどのところでイマイチだったのですがちょうどこの辺りは2日とも晴れという予報がでていたのでした。


天気予報が少しずつ変わってきていたため、正確な行き先を決めたのは前日夜の9時半。思っていたエリアの民宿は軒並み営業をしていない時期で、いくつも電話をかけたりネットで調べているうちに時間が遅くなりすぎて民宿には電話できない時間帯になってしまい(ホテルという選択肢は初めからありません)、ブッキングドットコムに登録されている数少ない民宿を予約したのは夜の1時を回った頃でした💦いつものことながら全てがギリギリです(;´・ω・)


うちを出てすぐのあたり。ザーザー降りです・・・
4時半に出ました。昨晩、民宿予約した後に荷物の準備をして寝たのが2時半を過ぎていて、起きたのは4時前。グーグルマップによると約4時間半の道のり(うち高速は1時間)です(;^_^A


南方面の山に行くときによく通るのがロータレ峠道路です。2058mと高い標高ですが通年で開通している便利な道路です。グルノーブルとブリアンソンを結ぶ県道の中間にあります。年中通れるといっても天気やその他の理由で閉鎖されることもたまにあるので前夜調べましたが、通れるけれどチェーンかスタッドレスタイヤが義務、とありました。同じメッセージが峠に通じる道路の電光掲示板に3度ほど出ていました。


ロータレ峠に到着しました。なるほど、だいたい除雪はされているもののすごい積雪量です。そして今現在も降っています。夜中に積もった分は除雪されていないため、確かに普通のタイヤだとアウトでしょう。


めっちゃ吹雪いていてゴウゴウと風の音が窓ガラスを震えさせています。ブルブル💦


峠を越えてだいぶ標高が下がるとお天気も回復してきていました。この直前にガソリンを入れたのですが、雪は止んでいたけど気温がものすごーく低くて顔や手が痛い(;´Д`) 隣におじさんがガソリン入れに停まったのにも関わらず独り言で悪態つきまくっていました😅 昨日の時点ではお天気マークばかりに気を取られていて、気温がめっちゃ低いことを見過ごしていました。


心配していたお天気ですが、雲はあるもののまあまあです。しかし・・遠い(-_-;) この時点で3時間近く運転していますが、グーグルマップ曰くあと1時間半ほどあります💦


塩カルで窓ガラスが汚い・・・夏は虫、冬は塩カルですね(;´・ω・)
ケラ地方に入りました。ここで不思議な小屋が。牡蠣の販売小屋のようなのですが、こんな山の地方でなぜ・・?


目的地に近くなってきます。ケラ地方の中心都市のひとつ、ギレストから出ているヴァルス峠道路に入ります。これも昨晩見た道路情報では開通しているけど、チェーンか冬タイヤが義務、とありました。どこの峠道路にも念のため書いてあるのではなく、アルプス山系の峠道路のリストで、そうあったのは何の因果かわたしがこの日通るふたつの峠道路のみでした(;゚Д゚) でもこの3日前に冬タイヤに替えたばかりなので大丈夫です♬


ヴァルスは峠の名前ですが、同名のスキー場もあります。峠道路上にスキー場がいくつかに分かれてある感じです。その一番初めにある看板「ヴァルスにようこそ」


何か所もあるのですが、そのひとつひとつはこじんまりとしています。


除雪車出動中。頑張ってくれよ~!!


峠が近いっぽいです。昨年、今年と初夏に2度通過していますが、夏に見るとどおってことない景色だったのに雪山になると一気に上等な感じがします。


以下2枚、夏に来たときの写真です。

アングルは違うけれど、6月初めに次男と来た時です。峠近くでピクニックしました。南仏のメルカントゥール国立公園からの帰りでした。


自転車の方用の道しるべが峠道路に時々ありました。これは峠(ゴール)で撮ったものなので標高しか書いてありませんが、通常は「現地点の標高」「目的地までの距離」「傾斜」も書いてあります。
この看板は今日は雪に埋もれてしまっていて見当たりませんでした。


ヴァルス峠に到着です。2108mと、フランスの峠道路では10番目の標高になりますが通年で開いているものの中では一番高いみたいです。全部で14あるフランスの2000m以上の峠道路の中で冬でも通ることのできるのは先ほどのロータレ峠道路とこのヴァルス峠道路の二つのみになります。


夜間(22時~7時)は除雪されていません、との看板。一晩でものすごく積もってしまうことももちろんあるでしょう。そんな時はもちろんこれらの二つの峠道路も一時閉鎖になります。峠道路に限ったことではありませんが周辺の山の斜面からの雪崩や土砂崩れなどでも一時閉鎖になるので事前に峠道路情報のチェックしたほうが安心です。あ~ほんとに冬ってめんどくさい・・・


峠を越えてすぐに県が変わったことを知らせる看板があります。先ほどまでのオート・ザルプ県からアルプ・ド・オート・プロヴァンス県に入りました。大都市や世界的に有名な観光地などはありませんが、日本でも人気の高級自然派化粧品メーカーの「ロクシタン」の本社がある県になります。


峠周辺。高速のSAでトイレに行ったのとその後ガソリンスタンドに寄った以外は休憩なしに4時間運転しているので少し疲れ始めていたのですが、この景色を見て元気復活です(*'▽')


少しずつ標高を下げていきます。


 サン・ポール・シュル・ユバイに到着。ユバイ渓谷の中心都市 (^▽^;)人口約200人だそうです。


村からさらに道が続いています。県道25号線。看板の一番下に書かれてる集落がこの日のハイキングの出発地点なんですが、これって、、最後まで除雪されてんの??


変なとこで立ち往生とかしたくないので(雪の道に慣れてないときにそうなりかけたことが1、2度ありました)、誰かに聞こうと車を降りてみると調度郵便配達の車が県道からゆっくりと走ってきました。このすぐ後ろが村役場で、配達人の女性が停車して出てきたので「この道って除雪されてるんですか?」と聞くと「一応されてるけどね。結構雪あるからゆっくり行きなさい。スタッドレスよね?まあそれなら大丈夫でしょう」


郵便配達のお姉さんに言われた通りゆっくりと・・・
しかしすごいとこに住んでる人たちがいるんですね。この辺りで標高1800m以上あります。


お天気は・・期待してたよりも曇っています。10時まで晴れ時々曇り、それ以降は晴れという予報なので、そのうち晴れてくれることを祈る・・・


二つ目の集落を抜けます。これらの集落は自治体としては独立しておらず先ほどのサン・ポール・シュル・ユバイに属する形になっているみたいです。
少しでも上りがあるとドキドキします(◎_◎;)


どんどん除雪がアバウトな感じになってきました。上り坂とかやめてくれよ・・


郵便配達のお姉さん曰く、この奥の最後の村にも通年住んでおられる人たちがあるそうです。だから除雪されるそうなんですが、ちょっと信じられないです💦


村の手前にある駐車場に車を停めます。案の定、ほかに誰もいません😅平日だしな・・
でもかなり広い駐車場なので夏山シーズンとか結構人が来るのかもしれません。サン・ポール・シュル・ユバイから13キロだったみたいですが、時速10キロや20キロで走って来たのでやたら時間がかかりました。


今シーズン初登場のスノーシューです。わたしのポールはスノーバスケット外したままだったので、トランクに積んでいた次男のポールを借りることにしました。


スノーシューで直接歩くとき用のブーツももちろん今季初です。普通の登山靴よりも軽いのですが、靴底がしっかりしていないので普通の山道を歩くのにはあまり適していません。


案外雪は柔らかくて、足がズズズっと沈みます。嫌な予感・・新雪に近いみたいです。


マルジャセという、わたしにはなんとなく異国感漂う(北欧っぽい響きがする気が)地名の集落には、今まで「行きたいな」とハイキングのサイトや本、地図を見ながら思ったことが何度もありました。今日、ようやく来ることができて嬉しいです。


まずは村の中心を横切ります。イタリアナンバーのバンが雪に埋もれていました💦貼ってあるステッカーを見る限り、フランスの山が好きな人たちのようです。


次回に続きます。晴れるのかな!!??

里山だと油断していて雪にやられる

一週間ちょっと前のハイキング記です。翌々日から1泊で遠征ハイキングの予定だったことや、午前中だけしか晴れない予報だったため、近場のシャルトルーズ山塊へ来ました。今年の初夏に2度登ったことのあるダン・ド・クロールが目的地です。
1400mの駐車場を7時10分に出発、頂上(2062m)に8時54分に到着。残雪が少しあった程度の前回は1時間15分で登っているので、雪に苦戦した様子がタイムにも表れていると思います。


高低差の少ないコースの割に景色が素晴らしいのでお得です。


南方面にはヴェルコール山塊。先ほどよりもだいぶ薄くなった雲海の下にはグルノーブルの町が隠れています。


反対方向にはモン・ブランもよく見えます。


この場所は前々回来た時にブロッケン現象に遭遇したのでした。

今回は残念ながらこういう感じのガスがなかったのですが、雲海はよく見られるところなのでやはりお得な頂上だと思います。


頂上で朝ご飯(正確にはおやつ。すでにうちで朝ご飯は食べているので)にしたかったのですが、風が強い。。この頂上は常に風が吹き荒れていると聞きます。


ビシーッ、バシーッと吹き付けます。


よろけそうになるほどの突風も来ます。おやつどころじゃないです。早く降りよう・・・
行きに登ってきたところは岩が凍結してて降りるには怖すぎるので、前回2度来た時には往復したから通らなかった別のところを通って下りたいと思います。それがあって、頂上周辺の平たい部分を今横切って歩いてきたのでした。


平たい部分の端に近いあたりまで来ました。あとは下りて行かないといけないんですが、多分こんな感じ?ポピュラーな山だからトレースあるかなと思ったんですが、この強風でかき消されてしまったようで、まったく見当たりません。


適当に下りていきます。


下手したらひざ上まで積もってるところもあり、この有様です。スノーシューが必要でした・・・


なんとなく道の形になってる気が・・・?


振り返って。


厄介なことに雪の下にいっぱい岩が隠れています。なので一歩一歩、どの深さまで足がはまるかあまり分からないんです。ポールが岩に挟まって曲がってしまいました_| ̄|○


自分の足跡。半分足を引きずりつつ歩いてる感じです。「ラッセル」という単語が目に浮かびます(^^;


お。目の前にトレースがいきなり現れました✨この地点に誰か着地して歩き始めた、とかここから誰か飛び立った、ってこともないと思うので ここまでのトレースはおそらく風でかき消されてしまっていて、急にこの地点から地形的に風が吹かないのでトレースが消えずに残っていたということだと思います。


は~~。トレースのあるところを歩くのは安心感があって嬉しいな♬ 山頂からここまでも見当はずれでないところを歩いていたというのも嬉しいです。


スキーの人もいてます( ゚Д゚)
早っ。。


分岐の看板がありました。左に行く感じでしょう。


木の間から覗いているのは山塊最高峰で、上りで背後に見えていたシャムショウド。


今登っていたダン・ド・クロール。


まさかこういう雪景色の中を今朝歩くとは夢にも思わずに来たので、驚きとともに少し嬉しくもあります。雪自体は正直あまり好きではないけど、雪のある時期が長いので仕方なしに雪があっても山に来ている感じですが、積もりたてで木の枝にまでいっぱい雪が乗ってたりトレースがなくてさらっさらの雪、そして何より青空とのコントラストはため息の出る美しさです。


木が茂っていますが、視界は開けていて森というほどではありません。


すでにモンスターになりつつある小さな木。


この辺りは急でズルっと滑りやすいのでゆっくり下ります。


鎖場になっています。夏は「こんなんなくても歩ける~」ってあまり使わないというか逆に無理に持つと歩きにくいということもあるのですが、雪の多いとき、凍結しているときなんかは本当に助かります。


帰りのコースで唯一アドベンチャーっぽくなってたところです。


岩の隙間を通っていきます。


特別難しいとかいうことはないのですが、幅がとても狭いのでザックの横に何かひっかけてる人とかは中に片づけないと通れない、という程度です。


ちょっと怖いけど、行きに登ったツルッツルの岩場よりかは随分とましです。
ここを下りてしばらく行くと・・・


洞窟がありました。そういえば、地図にも「洞窟」と書いてありました。シャルトルーズやヴェルコール、デヴォリュイといった石灰岩でできた山塊では時々見られます。せっかくなので入ってみよう・・・


結構奥に続いていますが、水が滴っているのでこの辺でやめておきます。・・・そうだ。
ここって雪ないし風もこないし・・・


もう駐車場も遠くないし、さっき山頂で食べられなかったおやつ、ここで食べていこう。
ハイキング歴約3年半で初の洞窟おやつタイムとなりましたΣ(´∀`;)


保温マグのコーヒー、クロワッサンとマドレーヌ、クロワッサンに挟むために持ってきたチョコレート。リヨンの超おいしいチョコレート屋さん、パロマスのものです。


洞窟、寒くなくてよかったけど暗くてジメジメした感じだったので食べ終わるとそそくさと出てきました。


洞窟の後はしばらく上りになります。


上り、結構続きます。あ、そうだ。確かに往復だと670mの高低差だけど周回だと700いくらかとハイキングサイトに書いてあったはずです。


分岐のところまで戻ってきました。先ほどはここで右、というか真上に上るほうをチョイスしたのでした。


あとは下りて行って左側の森を抜けると駐車場です。


ひん曲がったポール、切り株の裂けたところにひっかけて足で踏んでこのくらいまでまっすぐに戻しました(;'∀') まだ使えるかな・・・


駐車所はすぐそこです。先ほどの分岐以降、これから歩き始めるハイキング客3組くらいとすれ違いました。


峠道路(県道)を下りていきます。南方面はもうどんよりと曇ってきています。


比較的晴れていた向かいのベルドンヌ方面にも雲が迫っています。

高速に入ると次第に雨が強くなってきました。ふー。ギリギリセーフです。早起きして出発してよかったです(´▽`) ホッ