randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

新しい登山靴を購入(≧∇≦)

昨年の5月末に買って履きまくっていたミエの靴。ガッシリしてて信用できる山登りの友だったのですが、最近岩場ガレ場で滑りやすくなってきたのは明らか。友達に聞いた話では靴底は800キロで交換するべきだそうです。むむ・・・車は走行距離が表示されるけど、距離はあまり気にしたことがなくてほんとよく分かりません。。高低差では1回あたり1200~1500mくらいが一番多いのですが…距離はおそらく平均で15キロ前後くらいといったところでしょうか。そして年間を通して週1くらいでハイキングには行っています。
何キロ歩いたかは分からなくても、滑りやすくなったという実感は確実にあります。靴を買った山専門店に聞くと、靴底の交換は受け付けてるけど1か月くらいはかかる、とのことです。1か月も靴がないと困る!!
癒し系ハイキングの日とかに履く軽い登山靴もありますが、岩場ガレ場ザレ場をガッツリ、みたいな日には不安すぎます。
雪がたっぷり積もったらスノーシューばかりになるから、スノーシュー用に持ってるハイカットの軽い靴に合わせることが多いのでその時期まで耐えられたら・・と思ってたのですが先日のコース外でのガレ場ザレ場が長かったエクラン国立公園でのハイキングで「こりゃダメだ」と実感
。。靴なしでハイキングには行けません。思い切ってもう1足買いました(;´∀`)
ミエの靴は履きやすくてとっても気に入ってるので、もし靴底だけ交換してもらえたら、まだ履き続けるつもりではいます。靴底以外のところも結構傷んできている気がするので、修理にお金がかかりすぎそうであれば、もう諦めると思います💧


ミエの靴を買ったのと同じ、市内の山専門店「Au Vieux Campeur」へ。専門店だけあって総合スポーツ用品店の店員さんよりも詳しく、いいアドバイスをしてもらえるので、値段は定価より安くなってないときが多いけれどこちらに自然と足が出向きます。


どんなタイプの山にどんな頻度で行くかを聞かれました。そして出してもらった靴を3種類履いたうちで一番よかったのがこれです。マインデルというドイツのメーカー。ミエのがとっても気に入っていたので、ぶっちゃけ同じのもう1足でいい、くらいに思っていたのですがわたしの履いてるモデルは女性用は作られなくなったらしいのです。それに比較的重さや履き心地が似ていたのがこのマインデルでした。名前は聞いたことがあるけど買ったのは初めてです。269ユーロと決してお安くありませんが、靴は一番大事なものなので思い切って決めました。ミエも同じくらいの値段だったと思います。ちなみに靴底張替えは50ユーロだそうです。


皮用のクリームを朝塗り込んでおきました。ここに防水スプレーをかけます。
明日はお天気良さそうなのでマインデルデビューになる予定です。


今履いてるミエの靴の並べて


靴底。だいぶすり減っているのが分かります。



靴だけの写真ってのもナンなので、昨日友達がご飯食べに来た時の写真でも。。


メニューは、最近暴走気味のフォンデュです(^^;


いつもなんですが、まずはデザートから準備します。そのほうが安心というか・・・


火曜日、せっかくのお休みにお天気悪くて山に行けなかった代わりにマルシェに買い物に行ったときに買ったリンゴ。調理用にいい品種を選びました。
リンゴのタルトを作りたかったのですが、パイ生地作る時間がなくて(正確には寝かせる時間がなくて)、妥協策としてクランブルに決定(^^♪


クランブルのそぼろにクルミを入れるとリンゴによく合います。

生産地呼称制度にも指定されているグルノーブルのクルミです。このように殻が薄く、中に実がぎっしり入っています。ほのかに甘みを感じます。


クランブルのそぼろを作ります。くるみのみじん切りを加えます。
タルトの生地ほどではないけど、バターが入っているし少し冷蔵庫の中で休憩してもらいます。


友達とその彼女が到着したのは7時頃でした。普段メッセージは時々送りあっているものの、実際に会うのは多分2年ぶりくらい(+_+)です。
彼はギリシャ出身なので、地元のワインを持って来てくれました。フランスでまず飲むことがないので嬉しい🎶


フランスの南西部のワインみたいに濃ーーくてタンニンが強いタイプのワインかと思いつつグラスに注ぐと、なんか色がピノノワールっぽい(゚д゚)! 意外過ぎです。
飲んでみると・・これまた、軽い目のブルゴーニュの赤のようです。ギリシャというと気温が高く乾燥していて太陽がさんさんと降り注ぐ地中海性気候なのでまさかこう来るとは思っていませんでした。読みが大きく外れて空振りの三振(ヘルメットも飛んだ)という感じです。友達はギリシャでも島の出身で、暑いからワインは白の方がよく飲まれている、赤も軽いのが多い、と教えてくれました。


食事用には今年の春先に現地で買い求めた南ブルゴーニュの白(シャルドネ)。
ただし、フォンデュ自体には前回のフォンデュの時に開けて残っていたサヴォアのルセットというワインを入れました。


友達と子供たち。友達とはもうかれこれ10年以上の付き合いになります。10年前にはシングルマザーなりたてで仕事行くときに子供預かってくれる人を見つけるのに苦労していた時代、ベビーシッター(ベビーでもありませんでしたが)に来てもらったこともあったくらい頼りにしてました。それを思い出すからか、「ほんと大きくなったな~」って会うたびにしみじみ言われているうちの子たち(^^;


みんなチーズ大好き(*‘∀‘)


これでもかというほどフォンデュを詰め込んだ後でもしっかりとデザートを食べる(^▽^;)
りんごのクランブルはちょっと表面が焦げましたが💦クルミがアクセントで好評でした。奥は友達カップルが持って来てくれたチョコレートのタルト。フォンデュだって言ってんのになんでこんな濃厚なデザート持ってくるかな(;^_^A
でもおいしかったです、ありがとう💛


・・・2週間で3回もフォンデュしちゃいました。完全にクレイジーですがシーズンはまだ始まったばかりです(注・一般的にはまだ始まっていません。木枯らしが吹くくらいの季節、スキーの話題が出始めるくらいの季節にフォンデュを食べたくなるのが一般人らしい…)・・・

放牧地帯にチーズを買いに行く(後編)

まあまあ近場のボージュ山塊の放牧地帯のシャレーでしこたまチーズを買って少し先でお昼ご飯休憩をした後は駐車場に向かいます。シャレーのすこし後から行きと違うルートを通っているので景色が違うのが嬉しいです。


9月も後半なので花もうほとんど咲いていませんが時々見られたのがジョンシアン・シャンぺートル。薄紫の可憐な花です。


フレーズ・デ・ボワ(野イチゴ)もたまにありました。とても小さいけれど甘くて薫り高くてうっとりするおいしさです。


放牧地帯に出入りするときにはこのような扉を通ります。放し飼いの家畜が遠くに行き過ぎないように柵がしてあるのです。


これもこの日ときどき見かけました。遅咲きのジョンシアンの仲間と思われます。


行きにはトレロという山が後ろに見えていましたが、帰り道に正面に見えていたのはぺクロ(Le Pecloz 2197m)。ボージュ山塊では3番目に高い山になっています。すぐ後ろに控えているのはアルムナまたはアルメーヌと呼ばれる山で、見た目の通り前者の方がハードな登りになっています。山に頻繁に行き始めた2年前にふたつセットで登りました。その時のぺクロの頂上での写真👇 途中から一緒に登った地元のおじさんに撮ってもらいました。モンブランが背景にクッキリ💙 ボージュからはモンブランがきれいに見えるビューポイントがたくさんあります。ちなみに写真情報を見ると11月8日とあります。夏みたいな恰好してますが💧


さてさて、現実にもどって森に突入です。駐車場は800m台と低いので森の部分も結構長いのです。


ひたすら下ります。この辺は広くて歩きやすかったですが、この後もっと細く急になっていきました。 


毒キノコゾーンで、いっぱい生えてました(;´Д`)
この後、一度森を出てしばらく草原になったのがちょっと意外な今回のハイキングコースでした。2年前にも通ってるのですが、細かいことは覚えていなかった…チーズが美味しかったことはしっかり記憶にあるのですが(;^_^A
驚いたことに、この辺りは標高が低い(1200mくらいでしょうか)ということもあってか、花がまだ咲き乱れていたのです。放牧地帯が終わって森に一度突入した辺りから自然保護地域に入っています。このように高山植物が豊富なエリアだからこそ指定されているのでしょう。


夏に戻ったみたいでちょっと嬉しかったです(*‘∀‘)


その後、朽ち果てた石造りの建物がいくつか残る一帯があります。19世紀、20世紀前半には集落が存在したそうなのですが、第二次世界大戦中のドイツ軍の攻撃で焼き落され、以降再建されなかったらしいです。学校跡もあり、最大22人の生徒が通ったと資料に残っているそうです。オーディオ装置が設置されていて、村が攻撃されたときの様子を地元のお年寄りが証言するインタビューが録音されていてボタンを押すと聞けるようになっていました。


その一角に廃墟を利用した避難小屋のようなものがありましたが、それもまた朽ち果ててました(;´・ω・) 新聞紙が散らばっていて、日付を見るとちょうど20年前のものでした(◎_◎;)


さて、駐車場の少し前に通るのはこの結構立派なチャペル。一組のご夫婦がおられて奥さんは中でお祈りされていて旦那さまはチャペル前の水場でペットボトルに水を汲んでおられました。おいしいのか、なにかご利益?のあるありがたい水なのか分かりませんがわたしも自分のペットボトルに残っていた水を捨てて汲んで帰りました。


最後は川沿いの気持ちいいところを歩いて・・・

駐車場に戻ったのは2時前でした。
ここからすぐの馴染みの農家に向かいます。


途中、ぽつぽつと雨が降ってきました。天気予報では午後2時から雨、とあったのでバッチリ当たっている感じです(゚д゚)!


10分ちょっとで農家に到着です。


日曜の午後なので作業してる人はなく静まり返っていましたが、敷地内に農家の人が住んでおられる家が建っているので呼びに行きます。すみませんねー、寛いでおられたところを。。


ここが熟成庫兼ブティックです。


ああ、幸せ✨


奥が熟成庫になっています。


今日のお目当てはこのチーズです。今回は14ヵ月熟成のものでした。そのまま食べてももちろんおいしいのですが、フォンデュをするのにぴったりなのです。キロ9ユーロとボーフォールなどの半額ちょいくらいの値段です。3,5キロ買いました。これでフォンデュが4、5回出来る感じです。何人でやるかにもよりますが。…


豚肉加工品も絶品です。ここで手作りしているのは左にかかっている細いサラミと、籠に入っているバラ肉を燻製したもので、サラミ2種類を2本ずつとスモークバラ肉、そして知り合いの別の農家が作っているというスタンダードな感じの手前にかかっているサラミ1本を買いました。


熟成庫からでたら少し雨が強くなってきていました。トランクに戦利品を片付けてさっさと帰ります。なにせ夕方お客さんを招待しているので遅くなるわけには行きません。


高速に入る頃はザーザー降りでした。
理想通りに4時半過ぎには帰宅、お客さんが到着した6時までだいぶ余裕がありました。


山の中のシャレーで買った方のチーズ。


後で買った切ってもらった方のチーズは無理ですが、丸のままのチーズは一部アパートの地下2階にあるカーブで待機しておいてもらいます。置いておくように少し若い目のも見繕ってもらっていたのです。サラミもやらかいのは好きでないので少し乾燥させるために一部ここに置いています。


古くからの友人カップルを招待しました。前回会ったのはバカンス前だったので、どんな夏を過ごしたかなどお互い近況報告をしつつ、ボージョレのシルーブルなどを飲みました。


少し前にハイキングの帰りに買った胡椒入りサラミと先ほど農家で買ったばかりの唐辛子入りの細いサラミ。


そして今日のメニューもフォンデュですよ(;´∀`)先週の日曜も別の友人が来てフォンデュだったのですが。。
ただし、チーズはうちに残っていたボーフォールです。ボーフォール100%というのもあまりしないちょっと贅沢な(ボーフォール高いので。農協で買ってるから安い目とはいえ)フォンデュでしたが上品でうっとりするおいしさでした。


く、苦しい~~(;´Д`) ってなるまで毎回食べますが・・デザートもしっかり食べます。
昨日寝る前に(夜中の1時ごろ💦)作ったプリンですよ~


簡単でおいしくて、フォンデュとか重い系ご飯のあとでもツルっと食べられるのでよく登場します(*'▽')


普通は山に行くと早朝から夜まで1日中留守にするので、友達呼ぶとか同じ日にはなかなかできないんですが、お天気がイマイチで近場の高低差の少ないコース(900mくらいだったと思います)にしたおかげで1日を有効に使うことができました。


チーズ農家とかマニアックな話に付き合ってくださった方、どうもありがとうございました。

放牧地帯にチーズを買いに行く(中編)

こないだの日曜の話です。2、3日前から日曜は雨との予報だったのでうちでまったりと家事、料理、ブログでもしようかと思っていました。
前日土曜日の夜0時台にフト天気予報を見ると・・・いきなり好転しており、お昼過ぎまではまあまあ晴れ間が出るようです。
その代わり、次の休みである火曜の天気予報は悪くなってきています。
じゃあ、ぎりぎりだけど明日は山に行こうか・・・?
しかし、
・5日前にアドベンチャー系ハイキングの日帰り遠征したばかりであまりしんどいことはイヤ
・日曜は出かけるつもりなかったので夕食に友達夫婦を招待してしまった
・友達夫婦とのご飯はフォンデュなので(また…)うちに残っていたフォンデュに使えるタイプのチ-ズを使い切ってしまう予定
というような要素が重なり、里山感覚の近場、サヴォア地方のボージュ山塊にチーズを買うのを目的としたハイキングに行くことにしました。標高が低い目で緑が豊か、牛の放牧が盛んな地方です。
2年前に子供たち+友達とで来たことのあるエリアです。その時放牧のシャレーの一軒でチーズを売っていたので買ってみたら感動のおいしさだったのでした。


400mほど登って森を抜け放牧地帯に入ったあたり。


一般車両は通行禁止ですが放牧業の人達など許可のある車だけ走れる林道があります。
見事に日本のRV車ばかりです✨放牧に限らず、山で見かける車(RV車やピックアップ)は日本車率が高いです。丈夫なようで、15年くらい前のモデルもいくらでも見かけます。あとはJeep、Land Roverあたりで、間違えてもシトロエンやプジョーは出てきません(^^;)


サヴォアが原産のアボンダンス種の牛たちのカウベルの音が響き渡ります。
奥に見えるのはトレロというボージュを代表する山のひとつです。雪が少なかった昨年12月初めに行きましたが、2181mと決して高くはないもののとっても登り甲斐のある山でした。
👇そのときの頂上からの写真。奥にモンブランが見えています。


標高が低い&緑が豊かという、いつもと違う条件の場所なためか、いつも見かけない花が咲いています。


牛の移動搾乳ハウスが無造作に置かれています。


ラルキュルザ峠やダン・ド・ラルキュルザはこちらですよ、の手作り看板がシャレーの前に。自分ちの方にハイキング客が間違えて入ってくるのを懸念してここの持ち主の人が作ったのかな、と想像したのですが二度「DE L'ARCULSAZ」と書くのがとっても面倒くさかったらしいです(-_-;)


放牧地帯に入ってから3軒目くらいのシャレー。この次のがチーズを売っているシャレーです✨


いつものことながら牛さんにガン見されつつ先を急ぎます(^^;
お目当てのシャレーは遠くに見えています。


着きました(^^♪
小屋の方が中から出てきたので、休憩がてら立ち止まって話をします。2年前に来た時にいたのとは別の方です。チーズを買いたいんだけど、そう天気も悪くないから峠まで歩いて行ってからまた戻ってきて買おうと思う、と言うと道を説明してくれ始めました。
「えっ‥💧でも峠ってこの目の前のとこですよね?しかも地図に道筋載ってるし」と口を挟むと「うん、でも行く人少なくて途中道消えてんだよ」・・・え~~またですかぁ!?呪われてんのかな、わたし。。今日はとってもポピュラーなハイキングコースにきたつもりなんだけど(;´Д`)
おじさんは「そこに牛3頭いるだろー、その先おっきい岩あるだろー、木が一本生えてるだろー」など分かりにくいものばかりを目印にした説明を一通りしてくれたのですが、わたし的には、こんななだらかな場所は目で見て歩くものなのでほとんど聞いていませんでした(^▽^;) ごめんなさい💦
「急いで峠まで行きなさい。ガスりかけてるけれど、今すぐに行ったら反対側の景色も見えるから」
・・・え~~今日は癒し系だから急いで歩くとかないんですけど。。
でもそこまで言われたら、早い目に歩くしかありません(~_~;)


シャレーで飼ってる牛さん達。アボンダンス種とモンベリヤール種・・・


それにこれもサヴォアの代表的な品種、タリーヌ。


半分ほど登ったところで振り返って。既に道は見失ったので適当に登っています。


雨水やなど水の流れによって浸食された石灰質の岩、ラピアスが今日も登場しました。


おおっ、これは~!!
5、6月にしか見たことがないキンポウゲ科のトロールという花です。ボージュでも初夏にはたくさん咲いているのですが、こんな時期に見たのは初めてです。


峠っぽい地形の方向を目指して軌道修正していると・・・おじさんが言ってた「1本木があるだろー」の木と思われるあたりに道を発見Σ(´∀`;)


もうすぐですか・・・?


もうっ。急いできたけど真っ白やん~~


対して、登ってきた方面は辛うじてガスから出ています。


ガスの中ですけど、おやつ休憩です(やけくそ)。
いい石がなかったのでカメラを乗せるためだけに大きい石をふたつ積んでセルフ。
癒し系の日なので軽い靴と、登山には何の関係もない普段よく着ているカーディガンを着用(;'∀')


インスタントカフェオレ(最近ブーム)とチョコチップ入りビスケットです。


トレランの人が登ってきて、峠の横から少し登れるところがありそちらに登って行ってから間もなく来た方面にまた下りていきました。この日出会う初めての人でした。この後、シャレーの近くでマウンテンバイクの男性ひとり、帰りの下りで中年のご夫婦二組、駐車場に近いチャペルでもご夫婦一組、というのがこの日出会ったすべての人たちです。日曜だし、ポピュラーな場所にしては少ないなという印象ですがやはりお天気がいま一つなせいかもしれません。
座っていると寒くなってきたしわたしもさっさと下りたいと思います。


下りたらお天気は良さそうなのが救いです。


行きはルートを外れたところを歩いてたので出会わなかったのですが、看板が立ってました。「十字架」・・何の十字架?この看板こそ遠くから見たら十字架に見えるわ、と心の中でツッコんでみたのですが後でシャレーのおじさんに聞くと、わたしがこの朝天気さえよければ峠の代わりに登ろうと思っていた山「ダン・ド・ラルキュルザ」の頂上の十字架のことだそうです。この看板から道が分岐しているようには全く見えなかったのですが、これまた「行く人が少ないからほとんど見えない(踏みならされていない)」道なんだそうです(-_-;)


こんなです、ダン・ド・ラルキュルザ方面。これじゃー行く気が起こりません・・・この地点からの高低差は400mくらいなので1時間もかからないでいけそうなんですが、また別の機会に行くとしましょう。ちなみにおじさん曰く、反対側からも登れるそうです。その場合、全然別の駐車場出発になります。


シャレーに戻って来ました。


ただいま~~


牛さん達は思い思いの場所で草を食べています。


・・・で、ここのシャレーは牛だけでなく山羊も飼っているのです(*'▽')
この山羊乳のチーズが、2年前に来た時に買ってとっても美味しかったのでした。確か牛乳製のチーズは買わなかった気がします。


なんか迫力のある山羊たちです。南仏とかで見る可愛い山羊ちゃんとは一線を画した存在感です。体もでかいし・・・


なんかガラの悪い見るからにボスみたいなやつがいました。


牛舎。山羊も入るのかもしれません。
相変わらず日本製RV車(しつこい)。


牛舎の中。


こちらはメインのシャレー。あ、出てきたおじさん、この人は2年前に来た時にいました。


シャレーの正面。


入り口の上に何か書いてあります。

"ça va bien se passer" 「きっと上手くいくさ」・・・って、何が( ̄▽ ̄;)??
 よく分からんけどポジティブなメッセージを受け取りました✨
山羊さんとジョンシアンの花のイラストが可愛い(*´▽`*)


おじさん「さー入って入って。今チーズ作ってるところだけどね、もうすぐ終わるから。あ、中見とく?」


先ほど峠までの道を説明してくれたおじさんがチーズ作りをしていました。若い男の子がミルクを温める大きな銅鍋を洗っているところでした。

これは小さめのやつ、山羊のトム(山のチーズ)になるんだよ、とおじさん。


へーっ、ほーっ、と見ているわたしに「コーヒー飲むかい?」とチーズ作りの手を休めてコーヒーをいれに行ってくれました。


2年前もいたおじさんは、ここのシャレーの持ち主でした。メインの建物の隣にある熟成庫に案内してもらいます。前回は確かここの入り口で待ってたような気がします。


まずはトム・デ・ボージュ、この地方特産のAOP(原産地呼称制度)に指定されているチーズですが、これの出来るだけ熟成されたものをひとつともう少し若いのをひとつ見繕ってもらいます。


これは牛乳製の小さいもの。


型から抜いてあまり経っていない作りたてほやほやのチーズ。


わたし用に選んでもらった分。上のふたつは山羊乳製。その大きい方をあとひとつ足してもらいました。


わたし用チーズを5つ持って熟成庫から出てきました。


メインのシャレーに移動し、包んでもらいお会計をすまします。
1,2~1,3キロあるトム・デ・ボージュがひとつ12ユーロ、大きい方のヤギのトムが8ユーロ、小さいほうのが5ユーロです。


昔ながらの製法でバターを作っているようです。樽に生クリームを入れてグルグル回すとバターとホエイに分離されるのです。
経験から言って、おいしいチーズを作ってるところのバターはめちゃくちゃおいしい!
「わー、バターも買います~」と浮かれて言うと、「でも、すぐにうちに帰れないよね?駐車場まで2時間以上かかるし、車も2時間って言ってたよね、まだ寒い季節じゃないから帰るまでに悪くなってしまうよ」と売ってもらえませんでした(゚д゚)!
珍しいことですが、ある意味親切とも言えます。ううう、残念・・・次は保冷剤完備で来ます(^_^;)


チーズ、全部で4キロくらいになってます。嵩もあるし、ザックは既に結構いっぱいなので、横の部分のベルトにでも括り付けるつもりでした。するとおじさんが「いっぺん中もの全部出してみ」と、詰めなおしてくれました。なんと5つのチーズが全部入りましたΣ(゚Д゚)


帰りは別の道を通って駐車場まで下りることができます。


シャレーが小さくなっていきます。まだ11時半になるかどうかという時間ですが、これ以上進むと森に突入しそうなので、草原になっているここら辺でご飯にする方が気持ちよさそうです。

                                     

こんなところです。座れる岩があったのでこの辺にしました。


今日持って来たもの。


雑炊風にしたいんですが・・意外とご飯が柔らかくなりません。レンジでチン用のようなやつなので、それが原因なのでかもしれません。                                                                        

それでもしぶとく煮続けると、なんとか雑炊チックになってきました。
レトルトパウチの味付きサンマを投入。
いただきます(*‘∀‘)



後編に続きます。下界の村の農家にも行きます(^^♪