randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

朝日&雲海を見にシャルトルーズ山塊へ

バカンス1日目となる先週木曜日のハイキング記です。翌日から1泊で次男と山歩きの予定だったので、この日はさっくりと半日ハイキングにしておきました。


行き先は1時間半ちょっとで行けるシャルトルーズ山塊です。近場の割に3時半過ぎにうちを出ました。というのも、目的は朝日を眺める、だったからです。先日ハイキング先の頂上で出会った一眼レフ男子が「シャルトルーズの朝日だったらお勧め」と教えてくれたダン・ド・クロールが目的地です。2062mとあまり高くはないものの、シャルトルーズ自体標高の低い目の山塊であるため、山塊で2番目に高い山となっています。


これは2週間前にベルドンヌ山塊から撮ったシャルトルーズ山塊。ダン・ド・クロールは中央から少し右寄りの一番出っ張ってるやつ。左側で一番高くなっているのは山塊最高峰のシャムショウド。そういえば、このシャムショウドが雲海から頭を出している朝日の写真を時々見かけるのですが、どうやらこのダン・ド・クロールから撮ったものが多いようです。


あんな素敵な光景が見られるのだろうか、とワクワクしながらも不安も混じった気分で運転してきました。というのも、雲海って毎日出るものではないですから・・・この日の予報は晴れ時々曇り。ピカ―っと晴天という日よりは出やすいんでは…?そして来る途中の高速道路で時々濃霧に包まれたので「あ、これはいけるかも」という気もしてきました。


標高1400mの駐車場に5時20分の到着です。平日のこの時間にすでに1台停まっていますΣ(゚Д゚) 到着直前に山肌にヘッドランプみたいな小さな光が細かく動いているのを見たのですが、この人かもしれません。先日の一眼レフ男子は「まじで朝日を最初から全部撮るためには俺は3時に駐車場に行く」と言っていました。わたしはきれいなものは見たくてもそこまで根性ないので中途半端な時間帯ですが、あの光は朝日を見に(撮りに)来た人か、それとも暗闇トレランでもしてる人なのか・・・結局会わず終いで駐車場に下りてきたときにはこの車はありませんでした。


歩き始めは5時半です。ヘッドランプも持って来ましたが、既にぼんやりと明るいので必要ありませんでした。
シャルトルーズ自体はParc Naturel Régional、地方自然公園に指定されてますが、中でも一部は特別自然保護地区になっていて、国立公園並みに決まりごとがあります。テントを張ってはいけない、リードを付けていても犬は立ち入り禁止、などです。


初めは森の中のとても太い道を歩きます。幅が広すぎて、公園みたい💦


しばらく進むと森はお終い(早っ)、草原地帯に出てきました。シャルトルーズというと森の部分が長いハイキングコースが多いのでちょっとラッキーと思いました。相変わらずはっきりとした分かりやすい道です。一眼レフ男子も言ってたっけ。真っ暗な中でも怖くない道だから、って。確かにいくらヘッドランプがあっても分かりにくい道や細くて急なところが多いと滑落の文字が頭をよぎります。


途中、放牧の家畜向けの水場が。家畜自体はまだ放牧期間に入ってないようで(大抵6月~9月くらい)見かけませんでしたが、この青々とした牧草地帯は羊よりも牛でしょうか。


ときどき濃霧がスッと晴れます。雲海見に来たのはいいけど、自分まで雲海の中で視界ゼロってのは勘弁してほしい状況です。


このくらいの標高だと雪はだいぶ前から融けているので、この日はたくさん花を見ることが出来ました。この黄色いのは水のある所が大好きで、初夏に湿原や小川の畔にいっぱい咲いています。


最近よく見かけるようになったジョンシアンの一種。


おお、雪が表れました。真っ白でフワフワしており、残雪ではありません。3、4日前にフランスでは雪が降り、少し標高のあるところでは結構積もったのでした。その残りと思われます。


石灰質の山に多く見られるグロビュレール。


左手はこんな感じ。


目的地ダン・ド・クロール。霧がときどき晴れて全貌を現しますが、またすぐ見えなくなる、の繰り返しでした。地図を見ると反対側の方が高くなっていて、最後は緩やかな傾斜の頂上部分の草原地帯を横切ることになるようです。あまりないパターンの地形の山なので楽しみです。


ランの仲間がいっぱい咲いていました。


分岐に到着。右からと左からと2種類行き方がありますが、できるだけお日様が上り切ってしまう前に頂上に着きたいので早く行ける右側をチョイス。


その後うしろを振り返ると、雲海からぬぼーっと現れたのは・・・まさにシャムショウドです。


ときどき雪の塊が見られました。


レザン・ドゥルス(熊ブドウ)


霧が晴れると、こんなに簡単で分かりやすい道です。傾斜もほどほどだし、たまに山に行かない人から「何かお勧めある?教えて」って言われるので、これもいい候補かも。


スイセンがガッとまとまって咲いているところがあったので、ハイキング道から離れて急斜面をトラバースしてきました(^^ゞ 草が濡れててズルズル滑るので要注意です。写真撮ってて怪我したくありません💦


振り向くとシャムショウドが王冠のような雲をかぶっていました。


この辺は残雪に新雪がちょっと加わった感じです。


その割れ目の部分に入って行くようです。反対側の空が明るくなっています。急げ~~


最後複雑で面白い地形になっています。


石灰質の山には洞窟みたいなものがよく見られます。


少し岩が内側に入り込んだところから。


ソルダネル(イワカガミかイワカガミダマシ)


シャムショウドとその取り巻きたちと雲のスペクタクルは刻々と変化し、見ていて全然飽きません。何度も立ち止まっては写真を撮っていましたが、早く山頂に着いて、これをそこから見たい、と気が焦ります。ただ、雲ピンクの時間帯はほぼ終わってしまったので、この先雲海はあっても雲に映る朝日の赤、ピンク、紫を頂上で見ることは不可能でしょう。そのためには、やはりあと1時間早くうちを出ないといけませんでした。


次回に続きます。





新人カメラマン・次男と里山ハイキング&お買い物

この記事は予約投稿にセットして、今頃は15歳の次男と今シーズン初めての避難小屋泊でハイキングに出掛けている予定です(*^^*) 18歳の長男が最近欠席気味なのは5月6月はフランスでは大学入試の時期にあたり、勉強がちょっと忙しいというわけです(T_T) また夏には参加してくれるそうです♫


今から数えると10日ほど前の話になります。
大の車好きの次男。車の写真を撮るために買ったカメラを持っての初ハイキングです。山自体、彼にとっては昨年11月に山小屋で2泊したのを最後に約半年ぶりになります。


せっかくなら朝の光が綺麗なうちがいい、と行き慣れた近場のあまり高くない山に行き先を定めました。高い山だと、もちろんそれなりの雰囲気はあるしパノラマも素晴らしいだろうけど、登るに時間がかかるうえ(=お日様高くなっちゃってる)うちからも遠いことが多いので今回は却下です。


風景の写真を撮るために稜線部分を歩く長男。この部分はわたしは少し離れて低い位置を歩いていました。


景色の他にときどき植物も撮影。


稜線の高い位置に木が茂っている部分があるので少し低い辺りを通らざるを得ません。


その木がまとまってある部分も抜けて再び稜線部分に戻って来ます。


一番奥の少し尖った部分が頂上です。


頂上付近に残った雪も、大した厚さではなかったのでこの数日後には全部融けてしまったことでしょう。


あと少し!


振り返って。


頂上の十字架の隣からちょうど朝日が差しています。


ピック・サン・ミッシェル(1966m)頂上\(^_^)/ 奥はシャルトルーズ山塊、眼下にはグルノーブルの町とほんの少しの雲海が。


まだ7時半です。朝ごはんタイム(*'▽')
次男にはホットココア、わたしはコーヒーです。チョコチップがふんだんに入ったブリオッシュを持って来ました。
風が少しあり、寒かったのですがそれでも30分くらいは頂上に滞在しました。


帰りは別のところから下ります。


こちら側の麺には比較的雪が残りやすいのでもう少し残っていると思っていたのですが、もうほとんどありませんでした。


雲がかなり出てきています。お昼前から曇り、午後は雨という予報の1日でした。


夏山コースのマーキングがあるのでそれに従って下りていきます。雪があったり、単に岩々してて見過ごしてしまうことも多いので、「どこからおりても基本大丈夫。駐車場下の森を抜けた左側だから」と次男に言い聞かせます。


グロビュレールと呼ばれる薄紫色のまん丸い花があちこちに。この花とも今シーズン初めての出会いでした。


これはもう少し先、5月の中旬以降くらいから初夏にかけて見るトロールというキンポウゲ科のまん丸い(これもか・・)花のつぼみ。まだ開いているのには出会っていません。


牧草地帯に戻って来ました。後は緩やかな下り坂が駐車場まで続きます。


さて、駐車場に着いてもまだ9時半にもなっていません(゚Д゚;)
近くの馴染みのチーズ農家に寄る?それとも峡谷がきれいな道路通って遠回りして帰る?と次男に聞くと峡谷ロードが見たいとのこと。うちとは反対側になるので、いつもなかなか行く気が起こらないのですが、こんな早い時間帯のときにはうってつけの寄り道です。


次男が自分のカメラで撮影。


途中たまたま看板を見かけたチーズ農家に寄ってみました。


こんなのどかなところです。峡谷道路に入る少し前になります。


ドアに鍵がかかっていましたが、トントンと叩くと中から作業中の兄さんが気付いて出てきてくれました。


買うべきはやはり、この地方でのみ作られるAOP(原産地呼称制度)のブルー・ド・ヴェルコール・サスナージュでしょうか。


ハードタイプのチーズも少し、あと小さな若いチーズをふたつ購入。


少し行くと、県道に「豚肉加工品手作り、農家製」の看板が~~
通りすぎてしまったのでUターン、細い道に入ります。すぐかと思うと、これが結構遠かったです。6、7分は山道を運転したでしょうか。こんなに来て、閉まってるとか嫌だなぁ…頼むで!!


大きな看板の出ている農家が、可愛らしい村の入り口近くにありました。
勝手に庭に停めます・・・


えーと、入り口は・・・Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン閉まってます。。


裏口に回ってみます(勝手に・・)。ドアのガラス窓から中でおじさんが作業しているのが見えます。ガラスをコンコンと叩いてみました(こればっかり)。
どうやら週の半分しか店は開けておらず(プラス地元の町の朝市でも販売)、今日は製造の日なのだけど、もし欲しいものがあるんだったら売ります、とお店側に案内していただきました。


うわ、いかにもおいしそうです・・・しかも適度に乾燥していてだいぶ硬いへんがまた好み。ちょっと珍しいニンニク入りというのがあります。


物静かなようで案外ひょうきんなご主人。


ニンニク入りとスモークのものと計3本。


もうひとつ、即買いしたのはこの地方(運転しているうちにイゼール県からドローム県に入っています)の名産品、カイエット・ド・ラ・ドローム。豚の腹膜に肉とホウレンソウなどの野菜を混ぜたものを詰めた加工品。普段は見かけることもないのでその存在さえ忘れていました。
前回に食べたのは多分このとき👇 2年ほど前に南仏に旅行した時にレストランで出てきたパン粉を付けてオーブンで焼いたオシャレっぽく変身したカイエット。



でも中身は一緒でした(^▽^;)
子供たちは食べたことがないはず。3つ入り真空パックのものを購入。
先ほどのチーズ農家もここもカード使えなくて現金ある分ギリギリ買いました(^▽^;)
てか最後ちょっとおまけしてもらいました。スンマセン💦


豚肉加工品農家から山道下りてきたところに素敵なお城が・・・しかもワイナリーです✨しかし「試飲&販売は要予約」と看板にあり、しかもお金もないし(;´・ω・)すごすごとお城を後にしました。
お昼ご飯にピクニック出来る準備は車に積んでいたので、次男にどう?そこらで食べて帰る?と聞くと「ぼくは・・おうちに帰って食べる方がいい」と。こんなにいいお天気なのに(ところで天気予報外れてるな・・昼から雨って言ってただろ。。)~~でも無理強いして「もうお母さんとお出かけはイヤ」となると悲しいので次男の希望通り帰途につきました。


でもうちに帰ったからといっていい料理が出てくるわけでもなく、ピクニックに持って行ったものがそのまま出されるという(^▽^;)
早朝にうちを出たため、こんなに色々やって帰ってきたのはお昼の1時過ぎ。早起きってイイな(≧∇≦)


最後に次男の撮った「カッコいい車」の写真を少し。わたしが勝手に写真の下に次男のインスタ名を入れています。一応リスペクトという意味で・・・
わたしはインスタしてなくてよく分からないんですが、写真のランボルギーニの持ち主のドイツ人のインスタや、メルセデスの専門店のインスタにも写真載せてもらってるそうです。わたしとしては山の写真にもっと目覚めてもらってもっと一緒に山歩きに行きたいのですが。。(^^;



今に始まったことじゃないけど、車の正面って顔みたいで面白いですね・・・
特にランボルギーニ、般若みたいです(*_*;


次男、山写真デビュー!@里山

今朝早くに「今日から2週間のバカンス!」と投稿したばかりですが、行った順番に書こうと思うので、まずは今から1週間ちょっと前の祝日のハイキング記になります。
天気予報が曇り時々晴れ、程度だったので最近ハイキングがかさんでたので明日はいらんか・・・と思ってたのに、前日夜遅くに予報が好転しているのを見逃せなかった山中毒のわたし(;^_^A  夜11時半のことです。翌朝朝寝する気満々で夜更かししていた次男に提案してみます。「朝日を見るだけの簡単なハイキング行く?」「え~っ、僕雪のあるところ歩くのイヤ~」「大丈夫、もうほとんど融けてるとこに行こう✨」


次男は車オタク。車の写真を撮りたくて少し前に一眼レフのカメラを買ったくらいです。個人広告で探して中古だけどまだ保証期間内のものを半額以下で購入というちゃっかりさです。誕生日が近かったのでわたしが半分、祖父母が半分出しましたが(毎年の誕生日プレゼントよりはずっと高価ですが)、定価だとわたしのコンデジよりもだいぶ高いのに半額以下だとわたしのより安くなります(@_@)


「じゃあ山で僕のカメラ、試してみる\(^_^)/」車の写真はよく撮っているのですがそれ以外のものはほとんど撮影したことがないみたいで、今回初挑戦となりました。
ちなみに長男は大学入試試験のためのセミナーに申し込んでいたため不参加でした😢


どうせなら一番朝日がきれいな時間帯に行こう、と4時前に出発。行き先はもうひとつ候補があったものの、結局行き慣れた里山扱いしているヴェルコール山塊の近場へ。先月にも来たばかりです😅


通常山歩きをする前日は早寝する次男ですが、なにせ決めたのが遅かったので寝たのは0時ごろ。3時半にたたき起こされ( ̄▽ ̄;) 道中は起きていたのに、駐車場に着きわたしが車の外で準備してるあいだに助手席で二度してましたΣ(゚Д゚) 


風が結構あり思ったよりも寒いです。最近毎回暖かかったのでナメてました。ちょっと寝ぼけながら歩いてたわたし達ですが嫌でも目が覚めます。雨具代わりの上着まで総動員て初めは歩いていました。
結構明るくてヘッドランプはほぼ必要なく、駐車場からしばらくの間しか使いませんでした。


駐車場から20分ちょい上がった辺りで少し雪が残っていました。1400mくらいの地点。


少しずつまとまった残雪もありますが、歩くところ自体には残っていません。


一面クロッカスですが、朝早いのでまた全部閉じています。


歩いていて暑くなってきて、そして森に入って風が遮られて無風状態になったので上着はもう必要ありません。半袖+パーカーでOKです。


2日前のベルドンヌ山塊で今シーズン初の出会いがあったイワカガミ。コンデジで撮ろうとしてもピントが合わなーい(;´Д`) で、諦めてスマホで撮影💧


同じ場面で新人カメラマンはこう撮る!


👇次男撮影・・・

おお・・・違いを見せつけられましたΣ( ̄□ ̄|||)
次男「お母さん・・コンデジでも一眼でもあんまり近すぎたら撮れないんだよ。最低どれだけ離れないとピントが合わないって限界があってね、どっかに書いてると思うんだけど。少し離れてズームで撮ればいいんだよ」…丁寧に説明されてしまいました😅


森を抜けて斜面を登っていきます。
この少し先で、何も言わずに急に次男がハイキング道から離れてサササーっと左手の斜面を走って登っていきました。


撮影ポイントを見つけたようです。朝日の光は刻々と変わっていくので早く撮りに行きたかったようです。


これはわたし撮影(しかもスマホ。。なんで・・・)ですが、雲海になっていました。駐車場に向かう山道も視界が全然なくて、道知ってるからまだよかったけど道幅も見えずにちょっと怖かったのでした。


この辺りはまとまった量残雪が見られます。面積は少ないものの、厚さは結構ありました。


さあ、斜面を登り切り緩やかな草原部を登っていきます。


後ろはこんな感じ。下の森を右側から歩いてきました。


日の出はどこで見ても美しいものですが、山で見ると厳粛な気持ちになります。


さあ、反対側の景色がご褒美です。


山肌が朝日に照らされています。雪はほとんど見られません。


ほんとはこちら側に雲海が欲しかったんだけど(^^; ほんの少ししか出ていません。


ベルドンヌ山塊とタイユフェール山塊。どちらもよく行くお馴染みの山です。どちらの山塊も3000mを超える山はないものの、まだ雪でかなり白いです。


峠に着く少し前から聞きなれない鳥の鳴き声が絶え間なく聞こえていたのですが・・・


その当人が岩の上に~!
ライチョウの仲間、テトラ・リールのオスです。今の時期、メスの気を引くために歌い踊るのです。この彼もこの岩がステージになっているようでこの位置で羽をバタバタ開き歌い、ひとりリサイタルを開催中でした(;´∀`)
これはわたしにカメラで最大にズームしたもの。ニワトリに似たような輪郭は分かるものの、これが限界です。怖がりな鳥なので近付くと絶対に逃げるのでこれ以上距離を縮めるわけにはいきません。


カメラマンの登場です。「ねーねー、あれあんまり会えない鳥さんだから写真撮っときや」「じゃあこの辺から・・・」


次男撮影のテトラ・リール。


バタバタとダンスをしています。面白すぎる・・・


近付くと逃げちゃうので邪魔するようで気が引けたんですが、こちら側の山に登るので仕方ありません。ぼちぼちそちちに向かおうとすると・・・あ、やっぱり即逃げられました。これももちろん次男撮影です。でもこのあともう少し遠くの木が少し生えてる辺りに着地したようで、姿は見えなかったけれどまたさっきの続きのリサイタルを開催していました(^^;


峠から隣の山頂へは200mほどの高低差。清々しい朝日の中ゆっくりと歩いて行きます。


久し振りに子供と山歩き出来て嬉しい(#^^#) 
長男が来られなかったのは残念ですが、フランスでは5月6月が大学試験の時期。バカロレアの数科目に加え、入りたい学校の入学試験も今の時期なので、高校3年生の長男は最近いつもよりも勉強が忙しいのです。仕方ありません。


「熊の耳」と呼ばれるプリムラの一種。石灰質の土壌を好みます。


「熊のブドウ」フランスにはピレネー山脈に保護観察されている熊がほんの一握りいるだけの割に「熊の・・」という名前が付けられた植物が時々あります(・_・;)


これも春の後半から初夏に見られるジョンシアンの一種。開いてないのでどの種類のジョンシアンかよく分からなかったのですが・・・


👇同じ花をカメラマンはこう撮る(゚Д゚;)

「シルエットが面白いと思ったから」な、なるほど~逆光という手がありましたか・・・わたしが考えもしないことをやってくれます。お母さん、完敗(つд⊂)エーン


半分くらい上ってきました。



次回に続きます。