フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

同僚S君とハイキング ペルデュ峠からレ・ポルト峠へ

同僚S君と14日夕方から出掛けたブリアンソネ・ケラ山塊。イゾアール峠近くでテント泊して翌朝峠から歩き始めます。


目的地は昨年あたりから登りたいと思っていたブリアンソネ地方の最高峰、ロッシュブリュンヌ(3321m)です。その立地条件上、どこからでも見えるというわけではないのですが、遠くで目立つとんがりとして目に付く山なのです。


例えば、これは先月末に行ったセルス山塊で撮った写真ですが奥の左の方で尖がっているのがロッシュブリュンヌです。


イゾアール峠(2361m)を8時45分ごろ出発。国内で5番目に標高が高い年間5か月弱しか開通していない峠道路です。


意外だったのは、ハイキング用のオフィシャルな看板が全く見当たらないことです。峠からはふたつほどハイキング道がでており、ロッシュブリュンヌへは地図を見るとペルデュ峠、レ・ポルト峠という二つの峠を経由して登ることになりますが、唯一峠にあった案内がこの看板「レ・ポルト峠」。この先のハイキングコースでも、帰りに下りてきつつ寄った湖にしか行き先案内看板はありませんでした。ちなみにふたつめの峠までは地図上にハイキングコースとして線が引いてあり、それ以降はコース外となるようです。


この日、トライアスロンレースの自転車のゴール地点がこの峠道路だったためイベント準備の人たちがワゴン車のレンタカーで次々と到着していました。ツール・ド・フランスの難所としてよく登場する南側の斜面(平均傾斜7,3度 最高10度)が熱い戦いの舞台になるようです。一番最近では2017年のツール・ド・フランスのステージ終着地点にもなっていました。


今朝朝ご飯前に朝日を見るために峠に来た時の気温は7度でした。まだ涼しい朝の空気のなか歩き始めます。


歩くの早くてどんどん先に行ってしまうS君(;´Д`) 時々待ってくれてますが・・・


普段見る花と少し違うのも咲いています。これは似たようなのはよく見るんだけど、その細かさ、束になり具合がいつもと違う・・しかしあんまり見てたり写真を撮ってたりするとさらにS君に置いて行かれるのでほどほどにします(^^;


圧倒的に多かった、というかほとんどそれしかなかったと言えるのがチョウノスケソウ(フランス名シュネット)です。一つ目の峠まであたり一面にありましたが、峠の反対側では植物自体がほとんどなくなってしまいました。


峠のすぐ下のナポレオン山小屋が小さくなっていきます。右手の木が茂った辺りに夜テントを張りました。


ペルデュ峠(2479m)にまもなく到着しました。


左の出っ張りが本日の目的地、ロッシュブリュンヌです。距離も高低差もこの3日前の日曜日にひとりで歩いた意味不明ハイキングに比べると大したことがありません^^; ハイキングサイトによると湖経由で周回した場合の高低差は1200mほどのようです。ただ、テクニック的に難しい山という位置づけで(クライミングの装備なしで行けるギリギリのラインと言われています)ひとりでは不安だったため、S君が一緒なのは心強いです。


中央にグラン・ガリビエ、そのすぐ左にエギーユ・ダルヴという馴染みのある山々が見渡せます。


こちらはケラ山塊側。普段見慣れていないので山の名前は全然分かりません(;´・ω・)



勢い余って稜線に向かって上がっていく道(はっきりと跡があったので)を選んで登っていったのですが、途中でなくなってしまいました。どうやらザレ場で急すぎるので歩きにくいためのようです。正しいハイキング道はもっと下を通っていました💦 S君は真下に下りて合流、わたしは斜めに道のだいぶ先を狙って下りて行って合流しました。
なにせ看板とか全くないので分岐っぽくなってたら気を付けて地図や地形をしっかり見ないといけませんね。


先ほどまでいた峠よりも随分と下りてきてしまいました💧残念・・・


で、再び登っていきます。


摩訶不思議な稜線のライン。城壁のようにも見えます。


ザレ場とガレ場のミックスです。


石が小さくてザラザラと滑って登りにくい・・・


振り向いた写真2枚。
だいぶ登ってきました。


ふたつ目の峠まではもうすぐっぽいです。


一歩一歩滑りつつも登っていきます。


すり鉢状の地形のところを登っています。これは左側(歩いてない方)の斜面。申し訳程度に雪が残っています。


ついに~~💦 十字架が見えているので、どうやらそこが峠のようです。
S君が待っています。


レ・ポルト峠(2916m)に到着です。
ここで50歳前後くらいのイタリア人夫婦に出会いました。この日初めて出会うハイキング客です。ロッシュブリュンヌといえばブリアンソネ地方の最高峰だし、その形から存在感ある山(南の方にはあまり高い山がないために目立つのです)なうえ、8月のど真ん中の祝日。もっと大勢の方に会うと思っていたもので意外でした。
お二人は先に到着して休憩しておられたので、わたしが到着して間もなくロッシュブリュンヌ頂上を目指して歩き始められました。わたしたちもここで10分くらい休憩しました。


この場所で亡くなった軍人の方の記念プレートがありました。


峠にそびえる岩のてっぺん。


峠からの景色。エクラン国立公園の真向かいになります。バール・デ・ゼクラン、ぺルヴ―、ピック・サン・ノン、エールフロアッド。。4000m前後の凛々しい方々です✨


峠から少し登ったところで振り返って。



次回に続きます。ロッシュブリュンヌ登頂になります。

イゾアール峠で初のテント泊

8月15日は祝日、前日は夕方まで仕事だったので同僚のS君が「泊りでどこかの山に行こうよ」と誘ってきました。S君と山に行くときは行き先を決めるのは大抵わたしで、今回もわたしがかねてから行きたいと思っていた山を優先してくれました。


ひとあし先に仕事を終わっていたS君が仕事場まで迎えに来てくれました。4時半頃、リヨンを出発。行き先はオート=ザルプ県のイゾアール峠。グーグルマップによると渋滞なしだと3時間40分のドライブの予定です。
写真は3分の2ほど来たロータレ峠の周辺です。


オート=ザルプ県第2の都市、ブリアンソンを通過してさらに南下。いよいよイゾアール峠道路に入ります。


8時半。リヨンを出て4時間後、イゾアール峠に到着。ミニ渋滞は3、4度あったけどバカンス期の祝日の前日の夕方にしてはそうひどい混み方はしてなかったので助かりました。


標高2361mで峠道路としてはフランスで5番目の高さです。雪深いため他の標高の高い峠道路と同様に10月終わりから6月上旬くらいの年間7カ月以上は閉鎖されています。


ガリビエ峠などと並んでツール・ド・フランスの定番コースになっています。ブリアンソネ地方(北側)とケラ山塊(南側)を結ぶ峠で、特に南側の斜面はとても急なことで有名だそうです。
2017年度のツール・ド・フランスでは峠にしては珍しくゴール地点(7月20日の行程)に設定されました。


しかし・・寒い。。暑がりのS君も思わず上着を着こんでいます。
わたしは・・車の中ではタンクトップ&ショートパンツという灼熱の都会(^▽^;)を出た時のままのカッコでしたが、長袖スウェット+フリースの上着+薄手のダウン+雨具兼ウインドブレーカーを一瞬で着込みましたよ(;´Д`) 下にはユニクロヒートテックのレギンスです。


ブルブル。9度・・・風が強くてもっと寒く感じます。


ケラ山塊側(南側)。
もう時間が遅かったせいか、車はあまり通っていませんでしたが、真っ赤な夕焼けみたいにきれいなマツダMX-6(ロードスター)が颯爽とやって来ました。素敵なカップルでも乗ってるのかなと思ったらおっちゃん二人組でした(^^;


イゾアール峠には昨年12月に2度スノーシューで登りました。

麓の集落(除雪されている最終地点)から遠回りして森の部分中心に登り、帰りは峠道路を通って下りました。


峠からすぐ横に徒歩で簡単に上がれる小高い丘のような場所があるので登ってみました。


エクラン、ブリアンソネ地方の山々(北側)。


峠周辺でテント張りたかったんだけど、風が強くて断念。車で少し下ります。
写真は峠の少し下にあるナポレオン山小屋。19世紀、ナポレオン3世の治下オート=ザルプ県のいくつかの峠に作られた旅籠で現在も営業しているものが全部で3軒あるうちのひとつです。


同じく昨年12月の写真。中央に山小屋、左奥がイゾアール峠です。


ちょちょっと下りましょう・・・


峠とナポレオン山小屋前に駐車場がありましたが、そのほかにも道路沿いにところどころ広くなってて停められる場所があります。
このへんとかどう?S君が車を降りて野原の様子を見に行きます。「ちょっと窪んでて全然風来ないよ。木もちょっと落ちてるから焚火もできそう」


テントを組み立てるS君。


9時。夏至から2か月以上経ってしまった今ではそこまで日が長くありません。


S君が火を起こしてくれました。


まずはビールで乾杯。ビール好きのS君はいつも珍しい地ビールや、昔働いていたことがあるベルギーのビールなんかもよく持って来てくれます。


で・・・なんでこんなにニンジン持ってくるの??
謎の多いS君の行動。


ニンジンは無視してソーセージとズッキーニを炒めました。


火の世話につきっきりのS君(;'∀')
S君が持って来たのはボージョレのクリュ、シェナ。わたしは南仏の濃い赤ワイン、ラストーを持って来ました。もちろん全部は飲めないので(^^; ラストーは翌日の帰路のピクニックで飲みました。


就寝は11時くらいだったでしょうか。テントを張った場所はそんなに寒くなかったものの、慣れないテント泊(大学時代のワンゲル部以来です💦)だったことや足が寒かったことでよく寝られませんでした(;´・ω・)


S君の車に(確か普段から乗ってる)クッションを枕代わりに並べて寝ました。
マットを忘れてしまって(一応ちゃちいやつは持ってる)S君が自分のエアーマットを貸してくれて、自分は代わりになりそうなものということで、車のトランクの底に敷いてあるシートみたいなものを剥がしてきて敷いてました・・・ごめんねS君(;´Д`)


夜よく寝てないおかげで明け方になってウトウトと眠たくなってきてたのですが、日の出を見たいので一応携帯の目覚まし通り6時半に起きだします。


またナポレオン山小屋の前を通ってイゾアール峠まで車で・・・歩くと30分くらいかかってしまいそうなので体力温存( ̄▽ ̄;)


西側。


南(ケラ山塊)側。


北側。
昨日と同じ高台に登ってみました。
朝日に照らされる山をひととおり見ることが出来て満足(^^♪


さて、テントも撤収せずにやってきたので今から下りて朝ごはん&テントのお片付けです。


飲み物作りーの・・・


朝ご飯には珍しく食パンを持って来ました。日本のよりも小さいし、そこまでフカフカしてないんですが、気分転換に。。バターやジャム、蜂蜜も欠かせません。


テントを撤収、再びこの日のハイキングの出発地点になっているイゾアール峠に戻って来ました。荷物の整理をするS君。


テントが朝露でかなり濡れているので車の後部座席に広げて引っかけました。夕方までには乾いてくれるだろう・・・シュラフも何となく湿っぽかったので座席にかけておきました。なんか車で寝泊まりしてる人たちの車っぽくなりました(;'∀')


この日はトライアスロンの大会が周辺で行われるため、道路規制があるようでした。


マウンテンバイクで走ることができる場所も結構あるため自転車の準備をしている人を何人か見かけました。


次回は肝心のハイキング編です(;・∀・)

本望ではなかった山ふたつ登ってヘロヘロになって下山

1週間前の日曜日のハイキング記です。
目的地のロシャイユ(3022m)は途中がアクセス不可能と勘違いして代理案で隣の稜線上の2859mの地点にまず登り、2350mか2400mくらいまで下りてからロシャイユの中腹から様子を伺い、しんどそうだったので(もう今日は気力なし)反対側に稜線で繋がっている2851mの地点まで登ってきました。


山にハマって3年半くらいになりますが、「最も意味不明なハイキング」の上位に食い入ること間違いなしなドンくさい1日になりました(;´Д`)
意味不明なうえに累計高低差でも2000mくらいになったので、こちらでも上位に間違いありません。こんな意味なく登ったり下りたりした合計ではなく、ちゃんとしたコースを歩いて達成したい記録です(~_~;) 


中央やや右が本日の頂上・その1で、右上端が本日もともと目指してた頂上。


本日の頂上、その2が近付いてきました。地図上に標高は書いてあるものの(一応稜線で飛び出ている部分なので)、独立した山でも峠でもないから名前は付いておらず寂しいものだ。。と思っていたので、せめて大きなケルンがあったから嬉しかったです。


名無しの2851mの地点に到着(;´∀`)


何とちょっと南仏の山・デヴォリュ山塊がよく見えるんですね♩見るの随分と久し振りです。一番右の出っ張りが山塊最高峰のオビウ、そのすぐ左隣が2番手のグラン・フェラン。左の方の平たい台地のようなのはプラトー(とピック)・ド・ビュール。


こちらはもっとしょっちゅう色んなところから見えるヴェルコール山塊。細長く南北に50キロにわたってのびています。上が北半分、下が南半分になり、山塊最高峰のグラン・ヴェイモンは下の写真の右端の出っ張りです。


右からメイジュ、モン・ド・ランス氷河、中央にゴレオンやエギーユ・ダルヴ、左端はグランド・ルース山塊。


わたしの好きなアスター・デ・ザルプが💕


ケルンにカメラを乗せてセルフタイマーで撮りました。なにせこの日、ひとりしか人にすれ違わなかったのでした・・・駐車場に3台車は停まっていたのに。


ロシャイユを最後に一瞥して・・「ちきしょー首を洗って待っておれよヽ(`Д´)ノプンプン」


ザレ場を下りつつ左側に目を向けます。今いたところと20mほどしか変わらないピック・デュ・コル・ドルノン(2872m)、実はこちらも「本日の頂上・その2」候補でした。ただ、今いたところの方が立地条件がよく景色が良さそうだったのであちらに決めました。


また・・どっから登ってきたのか忘れて適当に進んでいった結果、異常に急なガレ場を下りる羽目に・・・もうわざとやってるとしか思えません(-_-;)


あ、そうだそうだ、思い出した。その緑に見えてる草の生えてる盛り上がりのところを通ってきたんだった。そっちに方向修正しなきゃ・・・


ザレ場をズルズルと下りつつ、次回来た時のためにロシャイユ(真向い)に登るには実際にどの辺を通れるのか探ってみますが・・かなり登りにくそうなことには違いありません。


こんなザレ場でもリュネール・デ・ザルプやサクシフラージュなど幾種類かの花が咲いていました。


やれやれ、下りてきました。平和な緑のオアシスゾーンです✨


切れ目のところを越え、午前中歩いた反対側の谷に戻って来ました。


で・・またザレ場&ガレ場ですか(;´・ω・)
でも正面に見えている草の生えた盛り上がった岩のところ目指すのであと少しの辛抱…


草のあるゾーンに登ってきました(・・;)
あ・歩きやすい(≧∇≦)久々に登場のケルンです。


朝通過した時に宿泊客の若い男性と話をした避難小屋が見えてきました。


ちょっと中を覗いておきたいと思います。朝通った時は、お話しした男性の弟くん二人がまだ中で寝ていたので遠慮して中を見ることはしませんでした。
極小ですが、丁寧に使われている印象でした。


もうかなり下りてきたんだけど・・車を停めてるヴィラ―ル・ノートル・ダム村、まだまだ遠いです💦


帰り道、小さいけれどラズベリーがありました。


最後にまた登る・・とってもイヤなコースです


えーまだ登るんだっけ・・・あんまり覚えていません。


・・・と思ったら、車を停めている県道に出てきました。(´▽`) ホッ


朝来た時には他に3台停まってたんだけど・・(1台は小屋で会った兄さんのとして)他の人たちはどこ行ってたのか知らないけど、帰っちゃったみたいです。


ヴィラ―ル・ノートル・ダムから崖沿いの怖い県道を通ってブール・ドワザンの町に着きました。今年のツール・ド・フランスの7月20日の行程で出発地点の町でしたので、町の万国旗っぽい飾り付けがツール・ド・フランスの覇者が着るマイヨ(Tシャツ)で可愛かったです。


ブール・ドワザンを出たと思ったら大渋滞に巻き込まれました(;´Д`) バカンス期だから?と思ったんですが事故のようでした。片道1車線の県道が長く続くため、ただでさえ日曜の夕方は込み合うのですが。


何と1時間半近くほとんど同じ場所から進むことができませんでした。3方が山のため、抜け道らしい抜け道がないのです。
今日は11時間以上、2000mくらいの高低差を歩いてただでさえ疲れているのに、勘弁して~


前回の山行きで持ち込んだ懐かしのアエロスミスをガンガンかけていたのですが秘密兵器、レニー・クラヴィッツを出してきました。大好きな歌手のひとりです。心穏やかに渋滞を耐えることが出来ました( ̄▽ ̄;)


日の暮れるのも早くなってきています(;´・ω・)
渋滞のおかげでうちに着いたのは10時を回っていました。疲労困憊😞
普段は1600mくらいまでの高低差ならハイキングの翌日に筋肉痛になることはないのですが、翌々日まで太ももの表側が筋肉痛でした(^▽^;)