randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

イタリアへ週末旅行

先週末は久々の土日休みだったので子供たちと北イタリアのトリノに行ってきました。
リヨンからだとパリに行くよりも距離的には近いのです。


ドイツ系の長距離(&ローコスト)バスであるフリクスビュスを予約しました。ヨーロッパ大陸内だと大体どこでも網羅していて安くて本数も出ているのでとても便利。
ちょうどバカンス時期(子供たちも2週間の休み)のためか、バスはほぼ満席でした。


イタリアとの国境にあるサービスエリアで一度15分ほどの休憩がありました。寒かったですけど、ずっと狭い席に座っていたので動きたくなり敢えて寒空の下朝ご飯にしました。


11時にトリノ市内に到着。わたしがよく知っているポルト・ヌオーヴァ駅でなく、もうひとつの国鉄駅であるポルト・スオーザ駅近くに着いたので勝手が分からずにグーグルマップや手持ちの地図(以前行った時にインフォメーションセンターでもらったもの)と照らし合わせながら中心地に向かって歩きます。


スタバっぽいロゴ・・?と思ったらトリノ中心に全5店あるアメリカンタイプのコーヒー屋さんでした。スタバはイタリア征服に失敗して一度撤退、今のところイタリアには一軒もないのですが、今年中にはミラノの中心街に再上陸する予定だそう。


あいにくの雨模様です。今回は超中心地に位置するアパート式のホテルを予約しています。


最近自分のカメラを購入した次男。わたしが半分、おじいちゃんおばあちゃんが半分出しました。ネットの個人広告で中古のものを探して安く買うというしっかりぶりです。まだ保証期間中のカメラ+付属品が3分の1に近い安値で買えたとか。わたし、負けてます💦
観光名所でなく、車の写真中心に撮っています。車オタクなのです😅
この何の変哲もない感じのアウディは非常にレアなんだとか・・・すごい馬力だそう(なんか他にも説明してくれたけど忘れた)全世界に50台しかないとか。


2月はカーニバルの季節。伝統的に食べられている揚げ菓子があちこちのお菓子屋さんに置いてありました。フランスでも今の時期少し違いますが(地方によっても色々あると思います)よく売っています。


トリノはフィアットの本社があり工業都市のイメージですが、中心地はとても美しいです。いくつもの優雅な広場やアーケードがあります。


生ハムやチーズを売るお店もあちこちに。
右のカステルマーニョというチーズはピエモンテ地方(トリノがその中心都市)名産の生産量が少ない珍しいチーズです。


トリノといえば強豪サッカーチーム、ユヴェントス。なんとガチャガチャまでありました。


実はもうひとつサッカーチームがあるんですね。マンチェスターユナイティッドとマンチェスターシティーみたいなもん?(;´∀`)
ちなみに雄牛(去勢されていない)はトリノ市の紋章で、トリノという名自体もtoro(イタリア語で雄牛)から来ているそうです。


マクドナルドも気取った店構えです(;・∀・)


トリノの特徴のひとつは歴史ある優美なコーヒー屋さん。中心地にいくつもあります。むしろサロン・ド・テ(ティーサロン)といった方がいい雰囲気です。上品でクラシックなお菓子も楽しめます。他のイタリアの町だとここまでたくさんないし、こういうタイプの店自体存在しない町や地方も多いです。19世紀まで地方国家だったためか各地の文化に大きな違いがあるのもイタリアの面白いところです。ピエモンテはフランスのサヴォア地方(わたしがハイキングでしょっちゅう出掛けてるあたりです)と併せてサヴォイア公国(後にサルデーニャ王国)と呼ばれ、首都は初めはフランスのシャンベリーでしたがのちにトリノに移りました。19世紀後半まで名目上は首都でしたので、街並みの優雅さにも納得がいきます。


エレガントな街並みにそぐわないごちゃごちゃ感も共存するのがイタリア(^▽^;)
むかーし昔、日本から弟が遊びに来て一緒にイタリアを旅行した時にキオスクのごちゃごちゃぶりに大ウケした弟が訳の分からんおまけつき雑誌を爆買いしてたのを懐かしく思いましました(^^;


トリノの名産品のひとつ、ジャンドゥーヤ。ピエモンテ地方では良質なヘーゼルナッツが栽培されており(現在ではトルコなどに押されて高価なものになってしまいましたが)ローストしたヘーゼルナッツのペーストとチョコレートが一緒になったものです。
パティスリーで手作りされた高価なものからもう少し手ごろな工場生産のものまでいろんなレベルのものが買えます。


ホテルのすぐ近くにもジャンドゥーヤのお店があったのでこちらで量り売りのを購入。日本にも支店があるカファレルです。


ホテルからすぐのところにある広場で旧正月のイヴェントがありましたが雨のせいか人出はほとんどありませんでした。
マセラッティ様をさり気に入れてみました(;'∀')


ホテルのほぼ真向かいにあっためっちゃ可愛いちっちゃなティーサロン。一体何事!??ってくらいラブリーなことになっていますΣ( ̄□ ̄|||)


さて、ここがホテルのアドレスなんだけど・・・全然看板とか出ていません(◎_◎;)
突如不安になります。住所間違った!?確認メールを見直してみます。ここで合ってる…
インターフォンにホテルの名前らしきものがある(消えかかってて読めない)けど押しても誰も出てきません。おかしいなぁ・・どーぜいっちゅうの??
あ、メールがひとつきています。ホテルからです。「待ち合わせに今向かってられるんですか?建物の前で少し待ちます」とか書いてあります。
そういえば「到着時間をホテルに伝えてください」とブッキングドットコムからメッセージが来ていたので便宜上大体の時間を伝えるんだろうとテキトーにバスの到着時刻から少しの時間を伝えたのですが、これはまさに鍵を渡すための待ち合わせの時間だったようです💦 アパート式ホテルっていうかまさに普通のアパートの一室なので、鍵を管理人さんから渡してもらわなければ中に入れないわけですね・・・
急いで電話しました。「すみません、今着きました」「10分くらいで行きます」


フランス語も話せる初老の女性がやってきました。待ちぼうけを食わせたことにお詫びしました。「いいのよ、気にしないで」ととてもやさしい方でした。部屋の説明を受けます。


おお~っ😻きれい!!


キッチンがあるのが嬉しいです。夜は外食の予定ですがお昼と朝ごはんはここでゆっくり食べることが出来ます💕



次回に続きます。

下山後はプチ遠足、ドライブしつつお買い物も(^^♪

青空を求めてやって来た南仏のとってもマイナーなディオワ山塊。山塊最高峰であるル・ジョクゥ(2051m)へスノーシューでハイキング&ランチして駐車場に戻るとまだ1時にもなっていません💦 750mしか高低差のないコースだったので当然かもしれません。


帰り道はまずは峠道路をデヴォリュイ山塊を正面に眺めつつ下っていきます。山に登らなくても登ったような気分になれる道路です。


峠道路のあとは少し大きな県道に入りますが、この道路も景観が素晴らしく、時々通りますが、いつも1、2回は停車して車を降りてしまいます。


時間はたっぷりあるのでメインの道路を外れ、小さな村々を結ぶ道路を走ってみます。


ここら辺のいい景色のところで車を停めて・・・


路肩がちょっと広くなってるところを探して駐車します。


朝はどんよりと重たくて低い雲に覆われていたヴェルコール山塊もようやく晴れてきました。


さて、わたしはなだらかな丘のような野原を登っていきます。


そこら辺の眺めがよいところまで斜面を行ってみます。今年は雪が多いので、こんな景色を見ると春のように思われます。


到着\(^_^)/


・・・って、どうやらついさっき車で通った道でした😅


さっきは寒くてデザートまで食べてる余裕がなかったので持って下りてきました。
リヨン名物の赤いプラリン(「プラリネ」ではありません。赤い色をしたアーモンドかヘーゼルナッツの砂糖がけ)入りブリオッシュと運転中用のコーヒー。早朝に入れたものなので、もうだいぶ生ぬるくなっていましたが。


遠足気分でおやつも食べて満足したのでメイン道路の県道に戻ろうと思います。近辺の農家の羊がいました。


絵画のように美しいペルシーの村。


1年ほど前に「どんなに素敵な村なんだろう」と山の帰りにドキドキしつつ行ってみましたが、ごくごく普通の村で観光的な要素は何もなく、唯一のお店であるカフェは閉まっていて5分で退散しました(;´Д`) 村がキレイというよりかは背景の山がキレイという方が正しいかもしれません。


ヴェルコール山塊のシンボルのひとつ、モン・テギーユの麓を道路は走っていきます。


この後しばらくすると「チーズ販売しています」の看板が。今まで通る度に気になっていたものの入ったことがありません。


県道から少し入ったところにあります。日曜の午後というと、ほとんどのお店が閉まっているのですが、ここは開いていてラッキー✨


窓からの景色。


山小屋風デコレーションの可愛いお店です。


牛乳製のものもありましたが、羊や山羊乳のものが目立ちました。


チーズ何種類かと地ビールも買ってみました。これは何とここの隣の建物で作られているそうです。


かなり我慢して控えめなお買い物となりました。うちの冷蔵庫はハイキング帰りに買うチーズですでに満員御礼(^▽^;)


チーズの包み紙にはモン・テギーユのイラストが。
手前の金色のは、牛乳、シェーヴル(山羊)、羊乳全部が使われているというビックリなチーズ。そんなの見たことありません(@_@)


パッと見は白カビ系でカマンベールみたい?と思ったのですが、中はかなり白っぽいです。カマンベールはもう少し黄色ががっています。
食べてみると・・・シェーブル(山羊)ちゃんの味しかしませんでした💧


こちらは山羊乳100%。
とろーりとまろやかでものすごくおいしかったです。あんまり期待してなかったんので喜びもひとしお。
ハイキングの帰りにしょっちゅう買うボーフォールなどの有名チーズはそれなりにおいしいに違いないと分かっているけど、このような小規模なところで作ってるのは個性があっておもしろいです。

南仏の里山ハイキング・下山編

イタリアからの報告が入ってしまいましたが、南仏里山(というほど低くもないんですが他の山塊に比べるとやはり低いし、とってもマイナーという意味で)スノーシューハイキング記です。


山塊最高峰になるル・ジョクゥ(2051m)の山頂で早い目のお昼を食べた後は稜線の反対側にあるちょっと高くなったところまで行ってみたところまで前回書きました。
高低差が750mといつもよりだいぶ楽なコースなので、遠回りでもしないと早くに駐車場に着き過ぎます💧


その先の尖がったところまで行ってみました。どうってことない、ただの山の端っこでした(^^;


その何となく高くなった端っこから先ほどまでいたジョクゥの山頂を眺めて。


その高いところから直接、さっき登って来たもう少し低い辺りに合流する感じで下りていこうと思います。


こんな感じでさっきは登っていきました。今はここからほぼ真下に下りて行きます。なにせ少しでも行きと違うあたりを歩いてみたい性格です(^▽^;) ここの場合はほとんど変わりませんけどね・・・


下りてきた面を眺めて。
この日、気温が低くてお昼になっても雪が柔らかくならず、下りる時(=大抵午後の気温の上がった時間帯)に派手にできるズボズボのトレースが全くできませんでした。


木の生えた地帯まで下りてきました。


上を眺めて。


今まで歩いたことのない景観でワクワク。木の疎ら感が面白かったです。


随分と下りてきました。


自分の朝のトレースに合流(*'▽')


こんなに雪深いのに、融けてるところもあるのが意外です。


車を停めてる辺りまでもうすぐです。


ここでこの日初めてのハイキング客(山スキーヤー)に出会いました。スイスイと登っていく後姿。
午後からの方がいい天気の予報だったので遅い目の出発は正解だと思います。わたしは帰るのが遅くなるのが嫌なので(夕方以降は渋滞することもあるし)朝一番に来ましたが…


あっ、わたしのマダ・ドゥー(Mazda 2)の隣に新しいモデルのマツダがっっ。さっきの山スキーヤーさんでしょう。マツダはフランスではそんなに走ってないので、2台停まってて両方マツダというのはとっても珍しい状況です。ちなみにマツダ、ではなくマズダです(^▽^;) まぁ、確かにZだから「ツ」じゃなくて「ズ」と読む方が正しい気もします。


アクセラ(こちらではMazda3マズダ・トロワ)でした。
いいな~。。カッコいいと思う車のひとつです。
でも買い替えるとしたら日産カシュカイあたりが候補です。日本ではもう売ってないそうですがこちらでは大人気でいっぱい走ってます。 まぁまだよく走ってくれてるからもうしばらくはこのデミオに乗るつもりですが出来たらガタガタの林道も平気なもう少し車高の高い車が理想・・デミオさんのバンパー下のプラスチックの部品は山道で擦って何度も外れたのちどこかで落としてなくなりました・・・



ハイキング記自体はここでお終いです。
下りてきたのが思った以上に早かったのでゆっくりとドライブしながらお買い物もして帰りました。その部分だけ次回短くアップします♫