randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

長男の18歳の誕生日(レストラン編)

長男の18歳の誕生日。フランスでは成人なので記念にお出かけ&ちょっといいレストランに行くことにしました。
中世の村ぺルージュを散策した後は車で20分ちょっとの町に予約しているレストランへ。ミシュランのサイトで探したお店です。トリップアドバイザーとか食べログみたいなサイトもありますが、失敗したくないときはミシュランかもうひとつの権威あるレストランガイド「ゴー・エ・ミョー」のサイトで探します。


お店の前のニワトリの像の前で。


昨年度ミシュラン一つ星。今年版は来月初めに出る予定です。


明るくコージーなインテリアです。


昔からのミシュランがざーっと並ぶコーナーが。バーコーナーにはビバンダム。よっぽどミシュラン一つ星が嬉しい模様です。


席に案内されます。アペリティフ・メゾンをチョイス。ここからほど近いワインの産地・ブジェ地方の辛口の発泡酒にミカンのリキュールを加えたものです。爽やか♬
次男はさすがにちょっと若すぎるので(^^; オレンジジュースを。見たことのないブランドです。味見させてもらったら・・・ポンジュースと同じ味がしました(;´∀`)
突き出しに出てきたのは寿司風に盛り付けられたサーモンのオリーブオイルと生姜風味のマリネ。しかしさすがにシャリではなく食パンみたいなきめ細かいパンに乗っていました。


アペリティフを飲みつつ突き出しをつまんでワインリストを眺める・・・至福のときです。レストランに行って料理を食べてる時以上に幸福感を感じる瞬間です。
どっちみち大したものを頼まないにしても、目を通すだけで旅をしたような、知らない世界を覗き見たような不思議な気分になります。
超高級店ではないけれどいいお店というのは、ワインを探す手間を手抜きして有名ネゴシアンで揃えたりはせずに自ら面白い生産者、頑張っている生産者、それもあまり有名でない小規模経営のところのものを発掘し、隠し玉・変化球のように出してくるものとわたしは思っているのですが、ここはまさにそういう品揃えのようです。


このレストランからほど近いブジェ地方は小さな面積ですが、いくらかワインを生産しており一番有名なのはロゼの発泡酒「セルドン」少し甘口なのでアペリティフだけでなくデザートワインとしても活躍します。値段が安い目なのも魅力です。
次に近い産地はジュラ地方なので、そちらのワインも多くラインナップされています。わたしがよく行く地方で、そちらのワインも大好きなのですが通常だと誤解または軽視されやすい産地なのでなんだか嬉しい✨高級店で中心となるブルゴーニュやボルドーが霞むほど地元のワインが充実しています。田舎の星付きレストランはこうでなきゃ、と拍手したくなるワインリストです。


最初、ここらの地方のワイン1本頼もうかと思ったんですが、わたしは運転するし(フランスでは血液1リットルあたり0,5gまでのアルコール、つまりワイングラス1杯分くらいのアルコールは許容されています)、新成人&彼女Mちゃんも1杯くらいしか飲みません。グラスワインで3杯頼もうか。。と分厚いワインリストのグラスワインのページを開くと、、めっちゃいっぱいある😻 白で9種類、赤で8種類、ロゼとデザートワインは1種類ですが発泡酒は4種類(うちシャンパーニュは2種類)。


サーヴィス担当のジェロームさん。
色々味見したいんで3種類お願いしたいんです、地元のものを含めて白2種類と赤1種類とかで。と言うとまずヴィオニエを勧められたので、それはわたし的には香りが良すぎて主張が強いのでどちらかというとアペリティフ向け。食事にはちょっと・・と言うと(いきなりダメ出しかい💦)、それじゃ、と今日の料理に合いそうなということで勧められたものを注文しました。


前菜もメインも魚介類なので白3種類になりました。サンセールは前菜に、ブジェ地方のマニークルはメインに。同じくブジェ地方のアルテスはどちらにでも。


前菜は地元鶏(鶏で世界的に有名なブレス地方がすぐです)の温泉卵みたいなのが生クリームベースのソース(ブレス地方の生クリームは原産地呼称制度で保護されています)と一体化してイクラ、柑橘の皮とスパイスのグリルしたものがかかっています。
あわせるサンセールはロワール地方のワイン。穏やかな酸味が心地よくエレガントなアロマがふわっと香り立ちます。前菜には柑橘パウダーがかかってているので完璧にマッチしますΣ(゚Д゚) リヨンだと近場南ブルゴーニュにそんなに高くなくておいしい白ワインがあるためかロワール地方のワインはあまり飲まれていません。わたしも飲む習慣は全然なくて、うちにはロワールワイン1本もないし飲むとしたらレストランでくらい。しかもよく知らないので積極的には注文しません。このように勧められた時だけですが、実際とても心地のよいワインでしたので食わず嫌いはいかんなーとまたまた実感(;^_^A


メインはサンドルと呼ばれるスズキ科の淡水魚。「ホットワイン風」、つまり赤ワインとスパイスの甘酸っぱいソースです。グリルされた皮の上にはクルミなどのドライフルーツのキャラメリゼされたものが乗っています。魚に赤ワインソース!?と驚かれるでしょうが、川魚なので少し癖がありますし、有名シェフ・故ベルナール・ロワゾー氏のスペシャリティにもサンドルの赤ワインソースというのがありました。しかもサンドルはロワール河産。マニークルという地元のワインがこれにお勧めということですが、同郷つながりでサンセールも合わせてみたら、これでも全然OKです(;´∀`)
さて、マニークルですが、これまた全然飲んだことのない味!あまり酸味は感じずしっかりしてるし、オークの樽で寝かしたのか、木の香りがまずきます。香りをまず確かめた長男が「あっ、これ赤ワインみたい!」とすかさず言いました。オークの香りがタンニンっぽさを連想させたのでしょう。長男はまだワインの味や香りを表現するボキャブラリーを知らないので自分の言葉で感想を言いますが、それがまた新鮮で面白い。ひとたび表現の仕方を知ってしまうと、どうしてもその語彙の中から選んで説明しがちです。まあ、それで人に分かってもらえるという(それらの表現方法はワインを語る上での共通の言語とも言えるので)利点もあるのですが・・・かなり個性的な香り、味でしたのではっきりした味のソースが付いてるメインにも十分に対応できていました。品種聞くの忘れたのでうちに帰って調べたら、まさかのシャルドネ!!シャルドネってこうもなるのかーと後からまた感心してしまいました。


もうひとつの白ワイン、ブジェ地方のアルテスですが、これもちょっとした驚きでした。アルテスは村の名前ではなく品種の名前で、よく飲むサヴォア地方のルセット・ド・サヴォアというワインに使われているので一応知っているつもりでした。・・が、全然違うΣ( ̄□ ̄|||) ライチのような香り、いや味も(!)します。といっても辛口とは思わないけど実際に甘いワインではありません。これも初めて飲む味です。面白くて3人で感想を言いながら(すまん、次男。のけ者にして)、順番に飲んで楽しみました。


そして圧巻はチーズです(@_@)13種類、少しずつですが整列してお行儀よく出てきました。一番左は、セルヴェル・ド・カニュといってフロマージュ・ブランにハーブなどで味付けしたディップのようなもの。ここら辺というよりかはリヨン料理です😅 比較的地元に近い山羊が3種類、羊が3種類。特にピレネーのチーズ、オッソ・イラティ(左から6つ目)はめちゃくちゃ美味しかったです。アミノ酸の結晶がシャリっときました。羊のブルー、真ん中の黄色い丸いのはヴァン・ジョンヌ(ジュラ地方の「黄ワイン」)と洋梨のゼリー。チーズにはキツいものもあるのでお口直しの意味でドライフルーツやジャムが少し添えられることがありますがその代わりでしょう。
続くコンテ、モルビエ、ジェックスはジュラのチーズ。そしてめっちゃ熟成の進んだカマンベールと最後にブルゴーニュのウォッシュタイプのチーズ、エポワッス。味の優しい順番、つまり左から順番に食べていきます。パンはカンパーニュ、くるみパン、トウモロコシパンと順番に出されました。最後のエポワッスだけ赤ワインが欲しくなったほかは全部残ってる白ワインでおいしくいただきました。


デザートが運ばれてきました。長男のお皿にだけろうそくが(;´∀`) 
ヘーゼルナッツのアイスクリーム、ドラジェ(砂糖がけのアーモンド。洗礼式や結婚式などで配る)を砕いたもの、下のピュレというかムースみたいなものはパネというニンジンとカブを足して2で割ったような野菜とホワイトチョコレートを使っています。ヘーゼルナッツはコクがあるので軽くてあまり甘すぎないピュレはよくあいました。


コーヒーはわたしだけ注文したのですが、みんなの分お茶菓子が出てきました(^▽^;)
シャルトルーズ(山塊名でもありますがここでは薬草を使ったお酒)風味のギモーヴ。要はマシュマロですな。チョコレートはとってもキメの細かいプラリネでした。細かすぎてジャンドゥーヤ(ヘーゼルナッツペーストにチョコレートが少し混ざったもの)かと思うくらいでした。


食事の最後にシェフと写真を撮りました。そしたらシェフ「ジェローム!みんなでセルフィーだ、セルフィーお前しろよ!」・・・で撮れた写真(^▽^;)
とってもおいしいお料理と驚きの連続だった新発見ワイン、楽しく親切なジェロームさんやシェフ(他にスタッフいないみたいでシェフ自ら運んできたのもありました)のおかげで思い出に残る素晴らしいお食事になりました。


レストランは駐車場にもなっている広場に面しているおかげで車が簡単に停められました。反対側にお城があります。ちょっと見に行こうか、と100mほど歩いて行くと…
お城、町役場として使われていました。 質素な田舎町の豪華な町役場(◎_◎;)


最後におまけの1枚・・・

生後3~4週間くらいの頃の長男。そんなに昔のことだとは思えないのですが・・・
いつか自分の子供が大人になるなんて想像もできませんでした。無事に大きくなってくれてありがとう。

長男の18歳の誕生日 (ぺルージュ村へ)

2日だけ早いのですが、日曜なので(来週の日曜は都合が悪く)長男の18歳のお祝いをすることにしました。普段は子供の誕生日はお肉をうちで焼いてケーキを買ってくるくらいなものなのですが、18歳はフランスでは成人。特別な誕生日なのでお出かけ&レストランというプログラムに。長男の彼女Mちゃんも招待しました。


まずは車で40分ほどの「フランスで最も美しい村」のひとつに選ばれているぺルージュへ。わたしは数回、子供たちも昔1度来たことがあるのですが、Mちゃんは初めてだそうです。


中世の街並みがそのまま残る美しい村です。


夏は観光客でごった返すのですが、冬場は静かなものです。
その代わりお店もかなり閉まっていますが・・・


次男と。


「フランスで最も美しい村」には当り外れがかなりあるのですが、この村は確実に観光客が写真撮りまくる完璧にフォトジェニックな風景があちこちにあります。村自体も案外広いです。


ガタガタの石畳だってこと何度も来て知ってるのにヒールの靴で来るアホな人・・・何度もコケそうになります。


だって~たまにはヒールのついたブーツとか履きたかったんだもん(;´Д`)
毎日スニーカーなど踵ゼロの靴ばかりでこのブーツは確か去年は一度も履くことがありませんでした💧


この辺り、今はブドウ畑はありませんが昔はワイン作っていた様子です。


焼き印屋さんのようです。


さて、歩き疲れたというほどでもありませんがこの村に日本人の方を連れてくると入るお店があります。レストランとホテルが一緒になった「オステルリー・デュ・ヴュー・ぺルージュ」です。昔の旅籠といった趣の格調ある、しかしどこかホッとするような可愛らしいお店です。せっかくなのでここで一休みしていこうと思います。


村の中心の広場にあります。


かなり広く古めかしい店内。暖炉がふたつもあります。



トイレのドアには中世の衣装をまとった人形が。「h(homme 男性)」と「F(femme 女性)」


ぺルージュ村にはスペシャリティがあります。「ガレット・ぺルージエンヌ」です。レモンのすりおろしが入ったブリオッシュ生地をごく薄く延ばして溶かしバターとグラニュー糖をたっぷりかけて焼いたもの。石窯で焼いたものが特においしいです。


窓際の日当たりの良い席に陣取りました。


ガレットは村に何軒も売ってるお店がありますが、ここのはおいしくてお気に入りです。現在12時前とお昼ご飯前だけどぜひみんなに味見してほしいので一切れだけ注文しました。


モグモグとみんなで少しずつ…「あ、これ僕知ってる!」
そういえば2~3年前に来た時にここのをお土産に買って帰ったのでした。
シンプルで飽きないおいしさです。この後レストランでなければ2~3切れは軽くいけそうです(^▽^;)


レストラン編に続きます♬








2017年まとめ(7~9月編)

前回(4~6月編)から間が空いてしまいましたが続きもちゃんと書きました(^^;
7月は2週間日本に里帰りしてたため回数が少ない代わり、2泊で2回出掛けました。


7月26日 ヴィラ―ル・ダレーヌ山小屋 (2079m・エクラン国立公園)高低差 約150m
日本での里帰りから戻って2日後、子供たちと2泊でエクラン国立公園方面に出発。午前中は雨の予報だったため、お昼ごろに駐車場に着くように遅めの出発でした。2泊ともなると食料がちょっと重たかった(^^; 
ご飯は山小屋では結構高いし、作るのは楽しいのでほぼ毎回自炊しています。


7月26日 パヴェ山小屋(2829m・エクラン国立公園)高低差 約950m
エクラン2日目は氷河の麓に佇む質素な山小屋へ。本当はここを1泊目にして2泊目に3000m台の山小屋に泊まりたかったのですが、あんまり歩きたくない子供たちに却下されました(;´Д`) 夏山シーズン真っ只中というのにハイキング客もほとんど見かけないエリアで野性味のあるエクランを満喫。氷河湖であるパヴェ湖の澄んだ青色に子供たちも感動。


7月27日 ロータレ峠 近くの駐車場(約2000m・エクラン国立公園)高低差 プラス約150m マイナス約1100m)
3日目はゆっくりと駐車場へ。岩々して植物のほとんどない乾燥した(フランス語でミネラルな、と表現されます)氷河跡エリアから緑の豊かな放牧地帯へと自然の変化を楽しみました。


7月29日 モン・トヴェなど~ドレイエール山小屋 (セルス山塊・2687m~2180m)アップダウンが多くて高低差はよく分かりません。合計1600mくらい?
自分で地図を見て2泊3日コースを組んでみました。3日とも長いコースでおまけに初日の夕方には雨が降って来ましたが山小屋に到着後ビールを飲んで元気に\(^_^)/


7月30日 モン・タボール(3178m・セルス山塊)高低差・この日もよく分からないけど多分1400~1500m程度
シーズン2座目となる3000m台へ。朝のうち雨に降られましたが、それはそれできれいな景色でした。頂上を経由して湖や峠などアップダウンを繰り返しつつ2泊目の山小屋へ。


7月31日 レ・マルシュ峠などを経由し駐車場へ(2725m・セルス山塊)高低差 約1100mくらい?

自分で考えたコースのため3日とも高低差がよく分かりません💦 この日は峠ふたつを越えて1日目に車を停めた駐車場に戻りました。今改めて地図を見ると我ながら呆れるくらい長い行程ですが、夏で日照時間が長いこと、長い距離&高低差を歩くのに慣れている時期ということで何とか無事に回ることができました。湖や峠の多い美しいセルス山塊を満喫した3日間でした。


8月6日 ソレイエール山小屋(2730m・エクラン国立公園)高低差 約1400m
厳密には国立公園からは少し外れたエリアです。山小屋に着く前に3000mほどのところにある峠のような場所に登りたかったのですが、どれかよく分からず(爆)、しかも岩ゴロゴロで大変だったので2900mほどの地点で諦めて山小屋へ。日帰りなので小屋の前のテーブルでご飯を食べた後はゆっくり下山、麓の村のお気に入りのカフェでお茶して帰りました。


8月13日 グラン・ガリビエ(3228m・セルス山塊)高低差 約1700ⅿ
かねてから気になっていたセルス山塊最高峰のグラン・ガリビエへ。尖がった地点がふたつあるのですが間違えて低い方に先に登ってしまい、少し下りて本当の頂上に登りなおすといういかにもわたしらしいドンくさいことでした💧
色んなタイプの場所を通るバラエティに富んだ魅力的なコースでした。


8月15日 アンパリ台地 (約2450m・エクラン国立公園)高低差 約500m
次男とふたりで日帰りハイキングへ。あまり歩きたがらないので楽してきれいな景色を見られる場所をチョイス。国立公園からは少し出ていますが北エクランの華、メイジュやモン・ド・ランスの氷河が真正面に。駐車場が既に2245mという素晴らしいシチュエーション(≧∇≦) 広々とした草原を歩き最後に湖をふたつみっつ経由するという周回コースでした。


8月20日 ピック・デュ・フレーヌ(2807m・ベルドンヌ山塊)高低差 約1550m
少し前から行きたかったベルドンヌ北部に堂々とそびえる山に同僚S君と。前日夜、ふたりとも同僚の誕生日会に参加していたので朝がちょっとキツかったです💦
最初の1000mほどは道がありましたが(分かり辛く迷ったりもしたものの)、湖以降はコース外。ケルンやマーキングもほとんどなく、ものすごく滑るザレ場ガレ場続き、岩は脆くボロボロ、どこをどう通ったらいいのかもよく分からん怖いとこの連続でした。去年怖かった山、夏編の堂々1位間違いなしです。


8月27日 テット・ド・ガルヌジエ(2367m・デヴィリュイ山塊)高低差 約1150m
日帰りで南仏方面の山へ。焼肉ランチでした(*^^)v


9月2日 ピジョニエ山小屋(2430m・エクラン国立公園)高低差 約900m
長男の彼女も一緒に1泊でエクランの山小屋へ。1日目はお天気がイマイチでしたが山デビューとなる彼女Mちゃんは文句も言わず滑りやすい岩場もさっさと歩いてくれました。


9月3日 ロゾン湖経由で駐車場へ(2008m・エクラン国立公園)高低差 ̟プラス約100m マイナス約900m
2日目は素晴らしいお天気。美しい湖の畔でゆっくりしてから駐車場へ帰りました。子供たちの夏休み最後の週末でした。


9月4日 ランス・ド・マリサール(2045m・シャルトルーズ山塊)高低差 約1250m
里山感覚のお手軽なシャルトルーズ山塊でゆったりとハイキング・・のはずが帰りに怖いところを通るコースでした(;´Д`) 同僚S君と行った山に次ぐ?怖い場所ナンバー2にエントリーされるレベルのドキドキ具合でした。


9月12日 ポワント・ド・レグリエール(3307m・エクラン国立公園)高低差 1460m
日帰りで往復8時間運転とわたしにとっては記録になる長距離ドライブのハイキングとなりました。この時期に新雪が結構あり、念のため持って行っていたゲイターが活躍(^^;
コース外でケルンもマーキングもほとんどなく、かなり難しい行程でしたが登り甲斐があり景色も素晴らしいよいハイキングになりました。


9月17日 アルキュルザ峠(1770m・ボージュ山塊)高低差 約950m
お天気は辛うじて午前中だけ大丈夫ということだったので近場のボージュ山塊の放牧地帯にチーズを買うことを目的にしたお手軽ハイキングへ。たんまり買って帰りました(^^;


9月24日 ポワント・ド・ロンスなど(3612m・モン・スニ山塊)高低差1950m
モン・スニ山塊の最高峰、ポワント・ド・ロンス(3612m)など3300~3600m台の山頂を6つ繋ぐ岩稜歩きになります。稜線部分だけで10キロ近くあるという果てしなく長いコース。景色はきれくて最初嬉しかったんですけど、途中ほとほと飽きてきてどっかにエスケープルートないかとキョロキョロしながら歩いてました(全然なかったけど)。もともと17㎞と長いうえ帰りに道がないから変なところをチョイスして下りたため遠回りになるわザラザラ滑って歩きにくいわで散々でした。日曜だといのに誰ともすれ違わなかった代わりに可愛いメスや子供のアイベックスの群れに出会いました💛
高低差では1年間でもっとも多く、加えて「長くて似たような景色で飽きちゃった」大賞を受賞すること間違いなしのコースでした。


9月28日 アルベロン峠、アルベロン氷河など (3100m・アルプ・グレ山塊)高低差 約1600m
夏山シーズンの終わりが少しずつ近づき、冬には登れない高い山に登りたくて仕方ない時期でした。ただ、高い山はコース外のことがほとんどで道は自分で探すというか決めて進むしかないので迷ったりして時間をロスすることも多く、日が短くなってくる秋はキツいなと実感(;´Д`)  この日も他のハイキング客とはひとりもすれ違うことはありませんでした。「道がないよ💦」度では恐らく年間1位を獲得するかもしれない、ほったらかされ感が満載の行程でした。