randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

ハプニングで始まったベルドンヌ山塊ハイキング(前編)

日曜に友達とハイキングに行ったばかりですが、火曜日が仕事休みでお天気もまあまあそうだったのでひとりでまた出かけてきました。
行き先はボージュ山塊かベルドンヌ山塊北部か、ふたつ候補がありどちらもサヴォア県で約2時間弱の道のりというのも同じ。ギリギリまで迷い当日朝、ベルドンヌに決めました。
先週末にまた少し降ったこともあり、今のところまあまあ雪が残ってるので雪崩の危険の少ないコースを探すのに結構時間を要します。お天気的な要因での雪崩の危険性は低くどちらの山塊でも2500m以下でこの日は5段階の2でした。


しかし・・・この日はつくづく自分のアホさ加減に辟易しました。
ギリギリまで迷ったのが悪かったのか地図を間違えて持ってきてしまいました。ベルドンヌに来たのにボージュの地図が入ってましたΣ( ̄ロ ̄lll) ハイキング出発地点に向かう林道に入る前の村でトイレ休憩したときに気付きました。


オプションは3つあります。
①地図があるボージュへ今から向かう。多分1時間弱位でしょう。
②地図なしでベルドンヌでハイキング。去年の夏に行った場所だし、うちでも地図を見ていたのでコース自体は大体頭には入っています。でも雪で印象が違うかもしれないし、違うところを歩きたくなるかもしれないし、そもそも方向音痴なので地図なしで山に行くなんて怖すぎます。平日なので誰にも会わないという可能性も多いし。
③地図を買う。って、どこで・・・?今現在、朝6時50分。


公衆トイレがある村の広場に食料品店兼何でも屋みたいなのがあり、開店準備していたのでダメもとでお店の女性に聞いてみました。すると、ここには置いてないけど、下のもう少し大きな町のタバコ屋で売ってると思う、と。しかもタバコ屋は朝6時半から営業しています。今来た道を逆方向に戻り、無事地図購入(´▽`) 


教訓1。 地図は確認して持っていこう(-_-;)


さて、車でさらにふたつみっつ村を経由したのち、林道に入ります。
入った・・と思った途端、通行止め( ゚Д゚) 車だけでなく自転車もダメだそうです。
この林道の最終地点は標高1750m、元スキー場だったところです。そのため最後まで舗装されたかなりいい状態の道になっていたのを覚えています。ただ、冬の間は1200mの地点辺りで通行止めになっているとハイキング情報のサイトで調べていたので500mは歩いて上る覚悟は出来てました。しかし・・・ここ、標高730mくらいの地点ですが…!?
ネットの情報を鵜呑みにして、地元の役場に電話して道路情報を確認するという普段は欠かさない基本を忘れていました。てか、決めたのが今朝早くなので電話するにも無理でしたが…


また選択を迫られます。
①林道1000m上るのは嫌だろ・・・せっかく地図買ったばかりだしここに載ってるうちの別のハイキングコースに行く
②通行止め、とは書いてるけど無視して入って行き、ずっと高い辺りに駐車する
③1000m歩いて上る


ただ大抵のコース(夏の)には雪崩の起きやすい場所がいくつか含まれてるものです。どのコースが雪崩の危険性がないか、雪があったら通るのが難しい場所は含まれてないか、そんなことは今からひとつひとつ調べる時間がありません。しかも一人だし危険のある場所には行きたくありません。そして別のハイキング出発地点に行くにしてもそこへ向かう道が途中で閉鎖されてるかもしれないわけです。・・・あ~冬(まあもう春ですが)って面倒くさい!!夏ならどこでも好きなところに思い付きだけで行けるのに・・・
看板無視して先まで運転する勇気もなし。。今日は訓練だと思って1000m上ることに(;´Д`)


教訓2。 道路情報は調べてから来よう。。  
雪のない季節でも、工事や林業等の作業のため林道が通れなくなっていることもたまにあるし・・・


幸い家を出たのが早かったので、下の町まで戻って地図を買ってきてもまだ7時30分です。
しかし。。通行止めになってる割に全然雪ないけど~!!


👇 1月下旬のベルドンヌ南部。これなら納得、異議なしです(^▽^;)
この日は確か駐車場まで林道を500m余計に上りました。


林道のみを歩いて1000m上るのは嫌なので舗装されている林道から右に出ている小さな道に入ります。


地図を見る限り、この小さな道は林道が何度もカーブしてる部分をまっすぐに近道で抜けられることになっています。その分傾斜はあるようですが。


地図👇

黄色は状態のよい(舗装されている)林道。白は普通の林道。
ちなみにわたしが歩き始めたのはこの部分よりもずっとずっと左の方からです。
濃いピンクがハイキング用のメインコースで分岐点には行先案内看板(大抵黄色)があり、黒の点線がその他のハイキング用の道。ただ、道の状態は分かりません。
そして案内看板は全くないのが普通です。


初めはこんなにいい状態です。


少しずつ怪しくなってきました。先のほう木倒れてるし土砂崩れみたいになってるし、積雪時だったら雪崩コースですね(;´Д`)


むむむ・・・細いし道自体傾いてるし、枯れ葉でズルズル滑って危険です。落ちたら谷に真っ逆さまです。そもそも、これは道なのか??


もう道かなんか分からないけどとりあえず上に向かって登っていきます。地図によればそのうち林道にぶつかるはずです。


おお。。嬉しい、林道に出てきました(上の明るいところ)。


木の隙間から先ほど経由してきた村々が見えます。


で。。性懲りもなくせっかく合流出来た林道から離れまた小さい道に入る・・・ほとんど病気ですね。だって舗装された林道なんてそんなにいっぱい歩きたくない~~
しかもほら、石に矢印書いてますよ~・・・しかし、ここから矢印が時々あるのかと思ったら、このひとつだけでした(;´Д`)


そしてあっという間に道はなくなりました。この辺、木が伐採されてます。
後から思ったことには、あの矢印はハイキング用のものではなく林業の人たちの間でのメッセージ(こっちの木を切るんだぜよ、とか)だったのかもしれません・・・


でも後戻りするのも嫌なので、また先ほどのようにひたすら上に上がっていきます。


も~~ほんとわたし何やってんだ・・・どこがハイキングなんだかよく分かりません。
スノーシューが重たい上、木の枝にひっかかる・・・


急な斜面をひたすら登っていくと明るい場所に近付いてきました。


う、嬉しい。。林道に出てきました。どうやらもともと車を停めるつもりをしていた1200mの地点より若干上まで来た場所のようです。
考えることはただひとつ「帰りは近道とか考えずにひたすら林道を歩く」~~!!


‥って、タイヤの跡あるけどぉ!?看板無視したやつがいたな~!!


さすがにそろそろスノーシューを履きます。
荷物がだいぶ軽くなります。


と思ったらまたしばらく雪のないゾーンが。仕方ない、また外して・・・
付けたり外したり、この日は1日で10回以上やったと思います。林道が終わって山に入った後も同じで、あるところには太ももくらいまであるかと思ったらほんの少し上がったら完全に融けているゾーンがあったり。


おお・・・ようやく最終駐車場に到着です。7時30分ちょい過ぎに歩き始めてただいま11時。なんと3時間半かかりました。


元々スキー場だったこの場所、今はパラグライダーの離着陸の野原になっています。夏に子供たちと来た時にもパラグライダーをやっている人たちを見かけました。


駐車場から少し上がったところ。昔はここがゲレンデだったようです。


駐車場から少し上がった・・はずなんですが看板には標高1720m。駐車場のは1750m…
まあいいけど^_^;
4つ書いてるうちのひとつ目、ペリエール峠。ここには帰りに寄りたいと思います。まずはペリエ―ル山小屋(避難小屋)に向かうつもりです。
このすぐ先にあるもうひとつの行先案内看板にそれは書いてたはず。昨夏来たところなのでまだ記憶に新しいです。


林道を3時間半…(~_~;) 3分の1は普通の雪のない道、3分の1は道でもない枯れ木や倒木だらけの急斜面を上り、残り3分の1はスノーシューで歩きかなり疲れたので暖かい飲み物でも作って休憩したいと思います。
11時過ぎです。飲み物を作ってると、お腹も減ってることに気付きこのままお昼ご飯にすることに。山小屋でご飯にしたかったんですが・・・そっちではおやつにすればいいです。


雲から顔を出した堂々たる姿はグラン・ムーラン(2495m)。昨夏ここに子供たちと来た時のメインはここへの登頂でした。


しかしこの林道・・・今日のハイキングのメインになってしまいました。。
避難小屋や峠の辺りをゆっくり散策しようかと思っていましたが、そのふたつを通る周回コースという最低限の行程にしておきます。林道だけで往復5時間半くらいかかりそうなので。


12時前。簡単に昼食を済ませると避難小屋に向けて歩き始めます。
初めはこの程度の雪の量です。


おっと、急に雪が増えてきました。トレースは全くありませんが分かりやすい道なので問題ありません。


先ほどよりさらにはっきり見えてきたグラン・ムーラン。


谷の奥に見える華麗なお姿はベルドンヌ中北部では一番高いピック・デュ・フレーヌ(2807m)。アルピニストでなくてもギリギリ登れるレベルらしいのでこの夏挑戦したい山のひとつです。ただし頂上付近がとても急で狭いので雪が残っていると難しいようです。そして8月9月でも残雪があることが多い山だそうです。


森を一度抜けました。今度は写真の中央部分に写ってる森より少し高い部分を歩くことになります。


夏に通った時の花が咲き乱れた景色がいまだに頭によみがえります。


その際の記事👇


遠くから見て人間のトレースかと思いきや、動物のトレースでした。


雪が完全に融けてしまったところもあります。


ふりかえって。初夏のような雪の融け方です。


小さな池のような、沼のようなものが融けてきつつありました。


だいぶ長くなってきたので続きは後編で書きます。

再びヴェルコールへ(後編)

友達と二人で出掛けたヴェルコール山塊北部でのハイキング。前日に降り積もった新雪でスノーシューが大活躍です。念のため持ってきたアイゼンも尾根部分の狭めの部分などで出番があり、こちらも無駄に持ってきたことにならなくて嬉しい♬ 
・・・そんなことより、天気ですよ!晴天の予報がこんなことに(つд⊂)💦


今日の行程中一番高い場所、ロシェ・ド・ラ・バルム(2063m)に到着。友達はいつも頂上にあるケルンにひとつ石を足します。


さて、尾根伝いに次の目的地テット・ド・ラ・ショーディエールに向かおうとしていると…


雲がいきなり開いて青空が(^O^)


このあとまたガスの中かもしれないので今のうちに記念撮影です(^^;


青空が見えてテンション上がってきました。次へ進もう~💖


はい、着きました。ふたつ目の目的地だったテット・ド・ラ・ショーディエール(2029m)。


ヴェルコール山塊独特の連なった山頂がきれいに見えます。


手前の岩肌をアップ。


南東方面にはデヴォリュ山塊が。真ん中やや左が最高峰のオビウですが、友達とは昨年ここにハイキングに行ったときに知り合いました。以来、一番の山友となってます。


ベルドンヌ山塊も雲から顔を出してくれました。


さて、ここから下っていきます。


雲に隠れているのはヴェルコール山塊を代表する山のひとつ、グランド・ムシュロールとその手前には同じ山に見えますが峠を挟んで一応独立しているプチット・ムシュロール。前者は要リベンジ、後者は昨秋登りました。


プチット・ムシュロールは完全に雲から出てきました。中央の白い平たい坂のような部分がそうです。そのすぐ麓まで行くと、夏用のハイキングコースがありそれを通って駐車場まで戻るか、もう少し近道で直接谷になっている部分の最短距離(で、もちろん歩ける場所)を探して下りていくかという選択を迫られます。
もう3時半くらいだったし早く帰れる方にしよう、と後者に決めました。これといった道はないので目で見て良さそうなところを歩いて行くことになります。


急です。。


友達は膝が少し悪いので急な雪の坂を下りるのはきついらしく、一部はお尻で滑り降りていきました。


奥に進んで行きます。


スノーシューでは通れない場所が多いのでもう外します。



森に入ると一応道になってるところに来ました。コース外の道ですが、地図を見る限りそのうち朝通った道にぶつかるようです。


無事戻って来れました(´▽`) 
ヴェルコール独特のやたら大きいしかし大したことは書いていない看板


そしてその裏のヘタウマイラスト。


ああっ、駐車場(1140m)に着くとグランド・ムシュロール(左)もプチット・ムシュロールも雲から出ています(;´Д`)


先週来たのと同じ道だったので、また同じチーズ農家に寄ります(^^;)
なんと友達もここの常連さんでした。しかももう何年も前からこちら方面に来た時はよく寄るんだとか。


ここのチーズがおいしい理由のひとつを発見!
この地方にはちょっと珍しいアボンダンス種の牛でした。ボーフォールやアボンダンスなどサヴォア地方の伝統的なチーズを作るのに不可欠な品種です。搾乳量は少なめですがコクのある美味しいミルクを出すとされています。


あれっ、今日は・・・


先週はなかったチーズがあります。


あ、それとこないだ2個しか買わなくて後悔した(一瞬でなくなった)のもあります。


子供たちがとっても気に入ったブルー、そして今回はバターも買ってみました。前回のももちろんまだ残ってるんですが・・・

それに、バカンスで1週間オート・サヴォア県へスキーに行ってた同僚に農家製ルブロッションふたつ頼んでおいたのが明日あたり持ってこられる予定。どーすんだ、わたし。。


帰りも友達の運転でらくちんです。そもそも今回のハイキングコースを調べてくれたのも彼女です。ありがとう、友達!

再びヴェルコールへ(前編)

土曜から日曜の間の夜中の間に夏時間に移行したフランス。時計を1時間進めます。午前2時が午前3時になるのです。わたしは土曜の晩に家じゅうの時計、腕時計を進めてから寝ます。パソコンやスマートフォンは勝手に変更されるのでらくちんです。


日曜日友達とハイキングに行くことになっていたんですが、土曜日晩にメッセージが来て「明日から夏時間だから~ 迎えに行くの6時のところ7時にしてもらっていい?」
・・・わたしひとりの時は5時台の出発とかが当たり前ですが、仕方ないです。


友達の運転で楽をするので文句は言えません。わたしのほうが高速の入り口に近い場所に住んでるのでいつも迎えに来てもらうことになります。


グルノーブルの少し手前。ベルドンヌ山塊が真っ白です。前日の土曜日が天気悪かったのが山では雪だったようです。

この辺りを自分で運転するときはいつももっと早い時間で真っ暗なので日の出のベルドンヌを高速から見るというのは珍しいことです。


今日行くヴェルコール山塊が正面に見えてきました。
つい先日もヴェルコールに一人で行ったばかりなのですが、天気が南方面のほうが良さそうだったのと、雪崩情報がヴェルコールが5段階の2、ほかのエリアは3や4だったこともあります。


しかも前回来たのとほぼ同じ方面。同じ県道を15分ほど先まで走ったところから歩き始めます。
ゴルフ場のすぐ近く駐車場なのでとっても広いです。日本ほどは盛んではありませんが、一応フランスにもゴルフをする人はいます。


駐車場名はズバリ「ル・ゴルフ」標高1140mだそうです。
つい先日ひとりで来た時は雪も少なく全体に硬かったのでスノーシューよりアイゼンが役立ちそうだったんですが、前日新たに積もって、下から見る山肌もこないだよりは明らかに白いです。迷った末、ちょっと重たいけど両方持っていくことに。


準備を整えて歩き始めたのは9時。つまり冬時間の8時ですね。全く雪はありません。
ゴルフ場に向かう人たちが歩く道なのでとっても整備されています。



あ~ありました。ゴルフをしたことがないので日本と同じ造りなのかどうかもよく分かりません。


うっそうとした森に入る前にやたらかわいい小さな小屋がありました。


日当たりの悪い森の中はさすがに雪があります。
傾斜はほとんどない森の中を結構長い間歩きます。


何度かの分岐を経たあと、途中からコース外の道を選びます。コース外と言っても雪がなかったらなんとなく道の形になってるらしいんですが、雪に隠されてしまいしかも積もったばかりなのでトレースもなく、何度となく道を探しました。たまにケルンがあるのですが極小ケルンでそれ自体雪に隠れてしまっていて見えないことも多く、案外やっかいな森でした。


おお~久し振りの新雪に感激です。


友達が地図を見ている間にわたしは写真撮りまくりです(^^;


この辺はまだ1500mくらいの地点ですが雪の量が半端なくなってきました。
もう道はまるで分からんのでとりあえず山の方向に向かいます。


スノーシューを付けることに。あ~荷物が軽くなった(´▽`) 


森を出てしばらく歩いた辺り。大まかに言って今日は前に見えてる山の稜線の部分を歩くのがメインイベントです。


まずは避難小屋の近くを通って登っていくということにしていたんですが、ありました。


しかし・・質素な避難小屋です。中を見てみたい気もしたけどネジみたいなので閉まっていて面倒だったので開けませんでした。隙間風入り過ぎで寒そうです(・_・;)


あ~そうそう、わたしの新しい棒です。ひん曲がってたのに加え、片方の真ん中の部分をなくしてしまい、先週購入。クリップの部分がプラスチックのものが多いんですが、これは金属で丈夫らしく、しかもとっても軽い!その日2割引きセール中だったことも手伝って即購入♡


わたしたちの足跡。


快晴の予報なのに・・・山の向こうから不吉な雲が広がってきました。


ところどころにケルンがあるんですが、まあ登りたいように登るので大丈夫です。ただ、ケルン通りに行くと稜線上にいくつかある山の頂上のうちのどれかにたどり着くという長所はありますが、それは別に尾根部分に到着してから移動しても構いません。


むむむ・・・午前も午後も晴天の予報だったのに・・・
ちなみに山の反対側(東側)は朝のうちしょっちゅう雲海が見られるゾーンで、先週行った時もその眺めを満喫したのですが、今日はどうやら雲の位置が高いらしく、わたし達のいるところまで雲海の中ってわけみたいです。


上のほうまで登って来たけれど・・・


視界ゼロ・・・


そしてこの城壁のような山の連なり、ここで雲はブロックされていてわたし達が上ってきた方面は思いっきり晴れています。あ、そうか、天気予報間違っていないのか・・・麓の町の天気予報見てたけど、そちらは常に青空なわけですから。



うだうだ言ってても晴れてくるわけでもないので歩き始めます。この「バリケード」とか「フェンス」とも呼ばれる山の連なりの上の部分を南側に歩いて行きます。



もう12時です。先ほど避難小屋前で休憩した時におやつを食べましたが、ふたりともお腹が空いていたのでこの最高の景色の中💦お昼ご飯にすることに。テンション低すぎて食事中の写真なしです。


ご飯を食べているとふたりのハイキング客が登ってきました。少し話をしましたがもう少し先でお昼ご飯にするらしくて先に出発していきました。この日に出会った唯一のハイキング客となりました。


30分ほど休憩したでしょうか。相変わらずのガスの中再び歩き始めます。


森の中と比べてそこまで積もっておらず、岩や石の出っ張った場所も通るためアイゼンに履き替えました。


うう~~何も見えません(;´Д`)


こんな濃霧の中今日のハイキングは終わってしまうんでしょうか・・・
友達が言います。「わたしが見た天気予報では午前よりも午後の方が天気がいいって出てたよ」・・・ほんとにぃ??少し期待しつつ歩き続けます。


後編に続きます。