フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

ロシャイユ(3022m)、再び近付くも撃沈(;´Д`)

先日の日曜日のハイキング記です。うちから2時間と比較的近場のエクラン国立公園の北限のあたりにやって来ました。目的地だったロシャイユ(3022m)への登山コースにとても急で雪がしっかり残ってる所がありアイゼンなしでは難しそうに見えたため、あっさり諦めて稜線で繋がっている部分まで登ってきました。


約2800mちょいの地点になります。すぐ隣がロシャイユですが、ご覧の通りこちらからの稜線は狭くてギザギザで登っていくことはできません。頂上にはもっと手前の隙間みたいになったところ(わたしが遠くから見て無理と思った地点)から裏側に入り込みアプローチすることになってるようです。


隣の少し高くなったところ(地図上での2859mの地点)まで登ってみました。ここが本日の頂上ということにしておこう・・・


ローヴィテル湖


お酒の香りづけにも使われる薬草、ジェネピ。


モン・ブラン


エギーユ・ダルヴ


ピック・デュ・コル・ドルノン(中央やや左)とジェネピ。


さて、景色もさんざん楽しんだのでそろそろ下りていくことにします。出発地点のヴィラ―ル・ノートル・ダム村が遠くに見えます。
でも・・まだ11時になったところなんですよね。どっかでお昼食べたとしても2時台くらいに駐車場に着いちゃいそうな感じです。ちょっともったいなくない・・?
そうだ、アイゼンないと無理だろって思ったあの隙間みたいなとこ、近くまでちゃんと見に行ってみよう。


案の定、どっから登ってきたのかまるで覚えてなくてベストでないおかしなところから下り始めてしまい勝手にアドベンチャーする羽目に・・まぁいつものことです(^▽^;)


あれ、誰かの落とし物が。。劣化してしまった真冬用の手袋です。山スキーヤーさんのものでしょう。


落とし物ふたつめ。これは何かの部品です・・・Hiverna、何か分からなかったのでググってみたらアンティークな木製スノーシュー(まあカンジキって言った方がよさそうな)でそんなメーカーがあったようです。いまどきそんなん履いて歩いてる人は見かけたことがないんですが。つまりそんな時代の落とし物?Σ( ̄□ ̄|||)


上りは写真の上の方に写っている岩と草のゾーンを通ったので歩きやすかったのですが、最短距離で件のロシャイユにアプローチする雪の溜まった隙間に向かうために石ゴロゴロゾーンをひたすら下りていきます。思った以上にしんどい。。中途半端な大きさの石なので変に踏むとバランス崩して転びそうになるのであまり早くも歩けません。てか2度ほど転びました(;´Д`)

いやーな斜面。これで200mか250mくらい下りました。


はー、登りの倍以上疲れて下りてきました。問題の隙間はすぐそこです。ここから見ると、まだめっちゃ急な斜面に見えています。


それが・・・驚いたことに、近くで見ると大した斜面ではありません。しかも雪の右隣の辺を登ることもできそうです。
なーんだ、全然行けるやん!!その続きのことはここからは見えないから何とも言えないけど。ちなみに右奥に見えているのは頂上ではありません。ロシャイユへはここから左に回り込むことになります。


こんなんだと分かってたら初めからこっち来てたのになぁ・・・
遠くから見た時よりもずっと緩やかな斜面だとはいえ、雪の上はさすがにズルズルと滑ります。右側の雪のない斜面から登ります。


切れ目から反対側に回り込む瞬間。ドキドキ。。


じゃじゃーん。こんなところが待っていました。向かいの山肌は少し土柱っぽくなっています。湖があってもおかしくなさそうな地形ですが、残念ながらただの窪みです(^^;)


2400m台ですがかなり雪が残っています。四方を山に囲まれているため雪融けが遅いのでしょう。


この左の憎たらしい岩の塊がロシャイユです。どうやらコース的にはこのザラザラのザレ場を盛り上がったところ→岩壁ギリギリのとこ、そして裏に回り込んで稜線部分から登るみたいです。。。標高にして600mほど、1時間半か2時間といったところでしょうか。
早朝から既に合計で1600mほどの高低差、時間にして6時間近く歩いています。標高差そのものというより、この忌々しいザレ場岩場にアタックする気力が・・気力がありません💦 ザレ場はズルズル滑りながら登ることになるだろうし、ギザギザの稜線部分では緊張感を強いられることでしょう。朝一番の体力的気力的に元気な時でないと無理です。
やっぱり撤退_| ̄|○


このまま帰ると思いきや・・また代わりの何かないの?と探し出します。
どうにかしてる・・💧
次に続きます。










早々に撤退して別の山に登る( ̄▽ ̄;)

先日の日曜日のハイキング記です。目的地・ロシャイユの山頂や周辺の稜線がエクラン国立公園の境界線になりますが、そこにたどり着くまでのハイキングコースは厳密な意味での国立公園エリアには含まれません。


最近のハイキングでは毎回のように葱畑に出会います(^^;
お昼ご飯に使えるかもしれないから一応摘んでおこう・・・こうやって植物をとったりできるのも国立公園エリアに入っていないからで、公園内では採集は禁止になっています。


川を越えるといきなりゼラニウム・デ・ボア(森のゼラニウム)があちこちに茂っていました。それまで全くなかったのに・・・そしてすぐにまたなくなってしまいました。珍しい植物ではありませんが、この日はほんの少しの限られた場所にしかありませんでした。


少し急な斜面を登り切った平らな場所に避難小屋があり、若い男性がひとり小屋の前で黄昏ていました(^^;) おひとりで泊られたんですか、と聞くと「弟たちがまだ小屋内で寝ています」とのこと。兄弟3人でこんなところに週末泊まりに来るなんて仲良しでいいですね。2,3分立ち話をしました。後から考えると、この日唯一出会ったハイキング客でした。8月の日曜だというのにハイキング客の少ないエリアみたいです・・・出発地点には行き先案内の看板はあったけど、それ以外には看板ひとつも見かけませんでした。いかにも人気のないハイキングエリアにありがちな残念さです。



避難小屋を後にします。ふと時間を見ると8時過ぎです。出発から2時間弱。駐車場の看板には「レ・ソース避難小屋、3時間半」って書いてありましたけどかなりいい加減みたいです💧訓練のつもりでここまで意識的に早い目に歩いたけど、人並み以上に早く歩けるわけでもないので・・・


緑が少しずつ減って来て、ほのかにオレンジがかったみたいな白い岩々が増えてきました。


ケルンがありました。ここらで休憩しようか・・・


先ほど一時的に日向になったのですが、しばらくまた陰になっていました。再び奥の稜線から日が差してきました。


定番のおやつのひとつ、マドレーヌです。


10分ほど休憩してまた歩き始めました。わたしが向かうべき方向を見てギョギョッΣ(゚Д゚) 写真の真ん中の細い谷のところを登るみたいなんですが、急なうえに雪残ってる・・・もう8月半ばだしそんな高い山でもないし、と甘く見てアイゼン持って来てへんやん(T_T) 登った先にも残雪が溜まっているのが見えています。
・・・「行き先変更!!」あっさり撤退です( ̄▽ ̄;)


代わりの目的地を定めなきゃ・・・分かりやすい辺で、このまま谷の真正面に進むというのはどうでしょう?
地図を見るとロシャイユの頂上と同じ稜線上にあるというかほとんど隣同士になります。ただしこちらからは登れないに違いないのですが(もしこっち登れるのなら、あんな変な隙間みたいなところから登らせたりはしないはず)、ロシャイユの頂上からとほぼ同じパノラマが楽しめるはずです。


地図でも全然ハイキングコースにはなっていないし、ケルンも道も何もないですが登れそうなところを遠目に探りつつ進んで行きます。


一応その前の峠っぽいへんを目指してここまで進んできました。ふたつ窪みがあるけど右の方は残雪(正確には一応氷河。ロシャイユ氷河、と地図に載っています)があるので避けて、左側の窪みに向かっています。


広い雪渓の部分(氷河)を避けても、ところどころに小さな雪渓はあり、全部は避けられません。ちょっと滑りやすいのでそれだけ注意しつつ歩きます。
登ってる最中に左側の景色がどんどんよくなってきました。奥に広がる遠くの山が連なっているのが見えてきたのです💓


モン・ブランも見えてきました。夏は天気が良くても遠くが霞んでいることが多いのであまり期待していなかったのですが、この日はそんなには暑くなかったせいでしょうか、遠くの山も結構しっかりと見えていました。


フト気が付くと結構遠くまで来ちゃってます。出発地点のヴィラ―ル・ノートル・ダム村がはるか向こうに。。あそこまで帰んなきゃいけないと思うとブルーになります(-_-;)


下から見て大体行けそうと思っても、登ってくると下からよく見えていなかった障害物(プチ岩壁とか)が現れたりもするもんですが、ラッキーなことにそういうイヤなものはなくて(避けることが出来て)、歩く場所さえ選べば稜線部分まで行けそうです。


ロシャイユ氷河(跡)の真横を歩いてここまで登ってきました。真ん中に見えている白い滝みたいな雪のあるすごい急なところが、さきほど諦めたロシャイユ頂上に向かうコース。やっぱりアイゼンなかったら無理やろ・・・改めて思います。


頂上、てかNew目的地はすぐそこです。


ヴォトゥール(タカの一種)が2羽、ゆったりと大きな円を何度も描きつつ飛んでいました。羽を広げると2m60センチほどにもなる大きな鳥ですので大迫力です。


また日陰になった部分を歩いていましたが、今日3回目の(^▽^;)日の出です


最後はこんな感じ。案外あっさりと来られました。


元々の目的地、ロシャイユがすぐ隣です。ここよりも200mちょっと高くなっています。


稜線の約2800mの地点に到着です。形はちょっと峠っぽいけど峠ではないみたいで名前は地図にありません。眼下には北エクランのローヴィテル湖が。標高1500m台のはずなので、ここからだと1300mも下ということになります。奥の山々はエクラン国立公園になります。




次に続きます。

1泊での南仏の山から帰ってきました

3日前の日曜のハイキング記が途中なんですけど・・・


今日15日はフランスでは祝日でした。昨日は夕方まで仕事だったので、同僚のS君と仕事のあと直接山に行ってきました♬


S君の車で行きます。仕事場から直接行くので山行きの荷物を全部持って出勤です💦靴とか食糧とかもあるので月・火の2日がかりで持って行きました。徒歩通勤なので一度に大量に運べないのです。しかも既に山歩きの恰好で現れたのでいくらわたしが山好きと知ってる同僚たちもビックリしてました(^^;


S君の方が先に仕事が終わっていたので車で仕事場からすぐの場所まで迎えに来てもらいました。午後4時30分に出発しました。渋滞がなければ約3時間40分の距離です。



リヨンを出る高速道路。
バカンス時期真っ最中の祝日前日の夕方ということで渋滞がとても心配でした。何度かちょっと混んだところはありましたが、大渋滞に巻き込まれることはなく(´▽`)ホッ 


途中、雲がかなり空を支配してきていたのでこれも渋滞と同じくらい心配していたのですが、リヨンから2時間半のロータレ峠を越えた辺りからお日様の勢力が増してきました(*^▽^*) この峠のあたりで天気がガラッと良くなるのは今まで何度も見てきました。


今回はなんと・・・テント泊なんですよ(≧∇≦)
わたしはテント持っていなくて、S君のものです。S君は10代の頃からテント男子なんだそうです。


本日の頂上から。素晴らしいハイキングでした✨


日が短くなってきたとはいえ、まだ8時半9時までは十分に明るいので晩ご飯もピクニックして帰りました。S君と出かけると毎回食料が大量に余るので(あり得ない量で色々持って来てくれる)💧余分に1食でも2食でも作れちゃう感じでした(^▽^;)
うちに帰ったのは10時。1日半にも満たない、1日と三分の一くらいのハイキング旅行でしたが、とっても充実した内容になりました。日曜のハイキング記が終わり次第こちらも記事にアップします(*^^*)