フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

また甘いものがやって来た

毎回長くなるドライブ・ハイキング記の合間にちょっと一息ということで、今回はみよん家の日常編です。


元ダンの実家から毎年今の時期に送られてくるものがあります。今日11月25日は聖カトリーヌの日で、田舎ではお祭りをする地方もあります。


中にはお菓子が。地元のお菓子屋さんのものです。
チョコレートがけされた豚さんの形の薄いパン・デピス(スパイスケーキ)ふたつ。かつて農村部ではこの時期に家畜市が開催されるのが常だった名残だそうです。


豚さんのしっぽは木製の笛になっています。
いい歳して毎回食べる前にピーピー吹きまくるうちの息子たち( ̄▽ ̄;)


豚さんの下にはどっしりとした大きなケーキが。

ホワイトチョコがかかった大きなパン・デピスです。毎年ちょっとずつ違ったのを選んで送って来てくれるのです。
むむむ・・・今年のはまた意表を突いたデコレーションです。白×水色・・・
なんだかティッシュの箱みたい💦💦


中には2種類のクリームが挟まっていますが・・・どっちもイマイチ(;´Д`)
わたしと次男は食べられなくて、長男が何とかひとりで食べています💧


「何も入ってない、プレーンの方がいいです」と以前に何度か言ってあるのですが、忘れてしまうのでしょう。何か入ってる方が愛想になる、と思ったんだろうし、きっとこちらの方が高いことでしょう。好意で送ってきてもらっているものなので、これ以上は言えません。来年はプレーン若しくはもう少し普通なのが(何か入ってるバージョンでチョコクリームとかが主流のはずなのに)送られてくることを願います😅



先週、タイヤをスタッドレスに替えたのですが(奴隷ふたりが)、空気圧の調整がまだだったので、週末に行ってきました。

あいにくの雨です。仮免中の次男はタイヤの空気を入れたことがありません。
「一人前のドライバーとして必要なことやで?」とやり方を車内から口頭で説明して学んでもらいました(*´▽`*)


ついでにガソリンも満タンにしていこう(奴隷が)・・・
満タンにしたはいいけど、最近2週間以上ほとんど毎日お天気悪くて、お出掛け不足です(;´・ω・)


週末には友達が会いに来てくれました。長男の彼女のMちゃんも来ていたので、わたしの友達とは初対面でしたが一緒にお昼ご飯にしました。


長男が撮ってくれました。次男は車関係のイベントで留守です。
わたしはサラダと飲み物担当です。


友達が買ってきてくれたお洒落なケーキ仕立ての前菜。
フォアグラムース&リンゴのタタン風ケーキとディル風味のサーモンクリームケーキ。
どちらもとてもおいしかったです。


食後のチーズ。食事が軽かったのでたっぷりいただきました。


これも持ってきてもらったデザートです。プラリーヌ(赤く色づけされた砂糖掛けアーモンド)のケーキとレモンのケーキ。
しっとりしていてコーヒーによく合い、美味しかったです。


お出掛けなしのみよん家の地味な週末でした。
次回はカラマツ林の山小屋記に戻ります。
お付き合いいただいてありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。