フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

山小屋ライフを楽しむ2日目

・・・というタイトルにしてみたけど、単に風が強すぎて外に出る気がせず山小屋や周辺でダラダラしていただけのことです(^^;) 
午前中は山スキーに挑戦してみたり、スノーシューでウロウロしたりと一応アクティビティらしきものを試みました。これで「1日中ダラダラしていた」とは言わせません(^^♪


今回のお宿、ラ・ブランシュ山小屋。冬の定員は40名。夏はメインの小屋以外にも使える小屋があるのでその倍近く泊まれるそう。標高2500mの地点の湖畔にあります。と言っても今の時期、湖は凍って上には雪が積もっていて全然見えないですけど・・・
上の写真は夕方に撮ったものです。


小屋の入り口👇

この網の上で靴をトントンとして雪を落とします。
こんな風になってる小屋はあまり見ませんが、いいアイデアです。


10人や15人寝られる大部屋のみという山小屋もありますが、ここはいくつもの小さめの部屋に分かれていて、わたしたちは4人部屋を一家3人で使わせてもらいました。各部屋には高山植物の名前が付いていました。
洗面所、トイレ、シャワーは共同です。シャワーは別料金が必要な山小屋もありますが、ここは無料でした。


窓が大きくて明るい食堂。奥は厨房と管理人さんスペースになっています。


窓の外では山小屋の方が雪下ろし&雪かき中です。


先ほどはチーズフォンデュ食べ過ぎて、デザートの入る余裕がありませんでした。少し下がってきたので(^^;)おやつにしよう🎵
こちら方面のお山地方に来るときに時々寄る養蜂農家兼お菓子屋さんの胡桃ハチミツタルト。すっごくおいしくてリピートしています。
飲み物は山小屋で注文することも出来るけどケチってジェットボイルで作ります。屋内でバーナー類は禁止ということろも多いのですが、ここは先ほどチーズフォンデュOKだったのでジェットボイルも使っちゃいました。


ゲームで遊んだり・・・


本を読んだり。
少しずつ他の宿泊客の方たちも食堂にくつろぎに来たのでおしゃべりして過ごしました。


しかし、雪深い・・・
1年前に来た時はここまでの積雪量はありませんでした。


空の色が綺麗になってきたので、外に出ます。昨晩からずっと吹いていた強風は収まってきたようです。


寒いけど日が沈むのを見届けました。


さて、お楽しみの夕食です。今夜も昨日と同じで約15〜16人の宿泊客です。

同じテーブルには食事前から話をしていたグルノーブルから来た一家が。お父さんはエクラン国立公園で山岳ガイドをしているそう。高校生から大学生までの男の子3人でお母さんも含めみな山スキーが得意という山エリート一家(^^;)。


昨晩はクリスマスイブで特別メニューでしたが、今晩は通常メニューです。
色々野菜のポタージュとラザニア、サラダ。どれもシンプルだけどとてもおいしかったです。量がたっぷりでお代わりもしっかりできるところが嬉しい。


地元チーズ。昨日は3種類あったのに今日は2種類しかない(._.)昨日は食事が色々あり過ぎてチーズパスしちゃったんですよね・・・
デザートはラズベリーのフラン(カスタードっぽいケーキ)でした。


昨日も星空撮ったけど、晴れているので今晩も一応(^^;)

三脚を忘れてテーブルも雪に埋まっていたけれど、雪にカメラを軽く埋め込んで固定させて撮りました。撮るのに7~8秒かかるのです。



最終日に続きます。
お読みいただいてありがとうございました。