フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

スノーシュー合宿が山スキー合宿に

年末雪山リハビリ合宿第二弾。1日目はスノーシューハイキングを楽しみました。
2日目は、第一弾で泊まった山小屋で知り合いになった山スキーヤーさんの地元にてスキーを教えてもらうことになりました。


山スキーの板は普通のスキー板よりも細い目で軽いです。
ちなみにスキーは15年前に1度、10年前に1度したきり。誰もちゃんと教えてくれなかったので全然マスターできず、単に怖い思い出として残っているだけです。
あ、それとこの数日前に山小屋の前で山スキーヤーさん(Oさん)のお友達の女性が少し教えてくれたのと。それがわたしの全てのスキー経験です。


Oさんと次男。次男は4年ほど前にスキーをちゃんと習わせ(2日間だけだけど)何度かスキーに行っていて大体滑れます。Oさんと次男がセット、わたしにはOさんの14歳の息子さんが付いてくれました。
息子さんは先ほどOさんのおうちでは無口だったので「ゲッ、反抗期の中学生かよ…勘弁💦」って思ったのですが、単にシャイなだけで実はすごく優しくていい子でした。とっても丁寧で親切に教えてくれました。ただ、お父さんと教え方の方針が違って時々注意されてましたが(^^;)


こんなところを登っていきます。


傾斜の緩いところでかろうじてポーズ:(;゙゚''ω゚''):
怖いし、教えてもらってるしで写真なんてほとんど撮ってる余裕なし💦


Oさんと息子さんは午後のスキーのトレーニングの時間があるので先に帰ることに。
「うちの鍵開けとくから、帰るときに勝手に入ってスキー板と靴置いて行って」とスタコラサッサと去っていきました。
家の鍵開けっ放しとか、会うの2回目の人に自由に家に出入りさせるとか、おおらか・・・(@_@)


もうお昼過ぎです。
近くに小さなスキー場があり、そっちで練習するのもいいんじゃない?と言われたのでとりあえずスキー板を車に積んでスキー場方面に向かいます。ほんの数分の距離です。
スキー場ではピクニックもしにくいだろうから、その前に食べちゃおう。


わたしはスキー靴のまま(^▽^;)次男に運転させました。
時間がもったいないのでジェットボイルとかややこしいものは登場する余裕はありません(;'∀') 食べたのは今回の旅行で買ったものばかりです。


ピクニックした駐車場にて。
塩カルで史上最強の汚れ方のデミたん。汚れを何とかしようと試みて余計あちこちに広がってしまいました_| ̄|○


このあと、スキー場に向かったのですがバカンス中ということもあってかなり混んでいます。小さな子供にぶつかって怪我をさせては困るので(初心者コースならお子様が多いだろうし)、結局先ほどの場所にもう一度戻ることに。タダだしね・・・(^^ゞ


スノーシューや普通の靴と違って、滑らせて上るので足首に衝撃がほとんどなくだいぶ楽です。


下りるときは、このシールをはがします。




コケた~~💦💦
でもコケても足首はスキー靴でガッチリとガードされているので心配ありません✨


しばらく自己トレーニング( ̄▽ ̄;)して、車に戻りました。
この近くに、以前何回か来たことのある美味しいお肉・豚肉加工品屋さんがあるので寄っておきたいと思います。


ここのスペシャリティに豚皮で巻いたソーセージというのがあり、とっても美味しいのですがあいにく売り切れでした。でも他のものも美味しいので何種類か買っていきます。


塩カルだらけの可哀そうなデミたんとピッカピカのマセラッティ様(ノД`)・゜・。


Oさんちに戻る前におやつピクニックをしていこう・・・スキーをしたせいか(大して滑れないのに)お腹が空いています。


標高はあまり高くないけど景色のよい道路を通るのです。


買ったばかりの塩味系パイ。トゥルトンといってここら辺の地方の特産品です。
ジャガイモとポワロー葱のピュレが入ってます。ひとつ50サンチーム(60円くらい)。


「わーおいしい!僕これ大好き!」


Oさんちに向かう車の中から。


沈む太陽の光を受けた山肌が美しいです。


結局、トレーニングから帰ったOさん親子とほぼ同じ時間に戻りました。


Oさんちで紅茶をご馳走になりしばらく雑談しました。
「今回あまり時間がなかったけど、次はもう少しゆっくり来なさい、もっとちゃんと教えてあげるから」とOさん。
泊っていってたら?せめて晩ご飯くらい食べていったら?と提案してくださいましたが、翌日は予定があったのでお断りして帰途につきました。次男が運転してくれました(^^♪



2度に渡った年末雪山合宿はこれでお終いです
お付き合いいただいてありがとうございました。