randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

セルス山塊へ初遠征(その2)

天気予報もいまひとつだし、2日前にボーフォータン(ちょっと遠い)に日帰りして来たばかりだったので出掛けるつもりがなかった日曜日。しかし予定がキャンセルになったところにドンピシャなタイミングで既に現地入りしている山友からお誘いがあり、これまた遠いんですが未体験のエクラン最北部へ早朝出発しました。


友達の泊まっている村で8時半に待ち合わせ、ハイキングの出発地点に向かいます。
この写真の場所はロタレ峠といって、ツール・ド・フランスがよく通る有名な峠なので一度車を停めて下りてみました。標高2057mの峠なのにこの時期道が閉鎖されていないので驚いたのですが、友達曰く、冬でもまず閉鎖されない道路なんだそうです。ただしトラックは冬の間は通れないようです。


どうってことはなく、道路がちょっと広くなっていて2、3建物があるだけでした。間違えてもお土産屋さんはありませんでした(-_-;) 日本ならツール・ド・フランス煎餅や峠饅頭が買えそうなものです。時間がもったいので速攻再出発します。


待ち合わせた村から15分くらい走ったでしょうか、本日のハイキングの出発地点、ル・ポン・ド・ラルプに到着。標高1710mあります。
準備を整えて歩き始めたのは9時10分。


友達はこの地方を自分ちの庭のごとく知り尽くしているのですが、初めて来る私のためにハイキングコースを3つ考えてくれていました。わたしに好きなのを選べ、と朝会った時に言われました。
①峠に登り、窪地に一度下りてからその先にある丘のような小さな山に登り別の面から駐車場に戻る周回コース。盆地でのアップダウンを計算して標高差1100mほど。
②1のコースに周辺にある山の稜線を歩いて往復するのを付け足す標高差1300mほどのコース。
③ピック・ブラン・デュ・ガリビエに往復ピストンコース。2955mの山なのですが、駐車場が1900mくらいの場所にあるそうなので大したことないらしいです。


出発がそれほど早くないことや、雪の量がよく分からないので1300mのはちょっと無理っぽいし、いくら今年雪が少ないといっても3月にほぼ3000mの山に登るというのは現実離れしています・・・アルピニストじゃないよ~わたし達…(^▽^;)
友達は①は色んなところを通るのでバラエティに富んでる、と言います。それに決めました。


で、今回のハイキング記のタイトルなんですが、エクラン最北部の部分の麓の村に来たのに、ハイキングはその向かいに位置するセルス山塊(Massf des Cerces)ですることになりました。セルス山塊、初めてなのでドキドキします。



登りはじめ。雪はあるけど踏みならされて硬いのとこのあとすぐに雪のないゾーンに入るのでスノーシューは履きません。
正面に見えるのはエギーエット・ド・ロゼ(2717m)。


登り始めてすぐに左手に候補②だったピック・ブランが見えてきました。
真っ白やけど?? 遠くから見て結構山肌が見えてても登ってみたら案外たくさん雪があったりするもんだけど、これは遠くから見ても一瞬の隙もない真っ白さです  (゚Д゚;) 友達よ、わたしが「じゃあ」って言ったらこれ行ってたのか??無理だろ。。


下に見えるのは出発地点からすぐのところにある村、ロゼ(Lauzet)。


地図に載ってる道は画像の右の方に写っているのですが、友達は「もっと近道がある」と・・・


近道はいいけど、傾斜があるし雪もまあああ残ってるしちょっと怖いです。


雪はなくなったけど…足元がズルズル滑って不安定で歩きにくいです。
そもそも全然道じゃないしな。


雪が増えてきました。


ようやくスノーシューの登場です。


必死こいて登ってるわたしを友達が激写してました。
真後ろに見えるのはモンターニュ・デ・ザニョー(3664m)。直訳すると「子羊たちの山」…


笑顔ですが実はゼーゼー言ってる💦


最後は傾斜も穏やかになってきました。


11時50分、峠みたいになってるところ(2550m)に到着。


少し休憩した後、次の目的地に向かいます。次はエギーエット峠(2534m)です。


振り返って。
山頂とか峠とかって風が強くて寒いことが多いし、低いところからから見る限り雪が解けた部分がなさそうです。折り畳み座布団があるとはいえ、雪の上に座るのは寒い~~
寒がりのわたしは友達に提案します。峠に付く前にご飯にしよう、と。


雪が融けて草の部分が出ているところがあったので、そこで昼ご飯休憩をすることにしました。


うちにたくさんチーズやらパンやらあったので友達の分も持っていきました。


デザートにはリヨン名物の赤いプラリーヌ入りブリオッシュ。


エクラン側は少しお天気が回復してきているようです。
最高峰のバール・デ・ゼクラン(4102m)が顔をだしています。


ゆっくり休憩したので峠に向けて出発したいと思います。


続きはまた明日以降に書きます。お天気も少しずつ回復してきていい感じで周回ができそうです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。