randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

セルス山塊へ初遠征(その3)

曇り空の中歩き始めた初体験のセルス山塊。お昼ご飯を食べたころから少しずつ青空が広がってきました。


モンターニュ・デ・ザニョー(3664m)やバール・デ・ゼクラン(4102m)といったスター級の山をバックに峠を目指します。


珍しくわたしが前を歩きます。そろそろ峠に到着しそうです。


エギーエット峠(2534m)に到着。


ケルンを作る友達・・・
この日のコースに目の前にある山の尾根をプラスすることが出来たようですが、この後周回して帰るのに結構まだかかるし、帰りのドライブも長そうなので今回はやめておきました。


エクラン方面。


さて、次の目的地は目の前にある小高い丘です。そこに登ってから左側にぐるりと回り谷を下りていく予定です。


引き続きわたしが前を歩きます。


小さな丘のような山の頂上に到着しつつあります。


羊飼い小屋がありました。
雲に浮かんでいるような、もしくは大海をさまよう船のようにも見えます。


友達も到着。もう10回以上は来ているそうです。ここから行くことのできる山の説明をしてくれます。雪の少ないときでないと無理そうですが…


グラン・ガリビエ(3228m)などハイキングでも登れるいくつかの3000m級の山が周りに見えます。この夏行きたい山のひとつです。


さて、そろそろ午後3時半。ここから駐車場はこれくらいの雪の量だと2時間近くかかりそうなので、とっても気持ちのいい場所ですが長居は出来ません。名残惜しいけれど羊飼い小屋を後にします。


この回(その3)で終えたかったのですが、ちょっと写真がたくさんあり過ぎてそして今日はもうPCに向かう時間がないのでここで一度投稿します。
明日にでも最終回を書きます!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。