randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

2泊でエクラン中南部、シャンプサー地方へ その5(最終回)

2泊3日のエクランハイキング記、随分引き伸ばしてしまいましたが今回で最終回にしたいと思います。


出発前日に予約しておいたトゥロン山小屋。1700メートルちょっとの森がちょうど途切れて視界が広がりつつある場所にあります


質素かつ温かみのある内装


シーズンも終盤に差し掛かっているのと日曜の晩だったということもあってか、わたしの他はドイツ人のカップルがいただけでした。1週間のバカンス中でエクラン中部をハイキングしているそうです。たまたま彼らが今回行った山、行く予定の山がこの夏わたしが行ったところと重なってたので話が盛り上がりました。


いつもは管理人がいてご飯も頼める山小屋(refuge gardéといいます)に泊まってもご飯は頼まず自炊するんですが、今回ちょっと贅沢にご飯もお願いしておきました。これがとってもおいしくて、ラッキー。
・野菜のポタージュスープ
・サラダとトマトのタルタル
・ジャガイモとポワロー葱、ニンニク入りタルト
・豚肉のなんかよく分からんけど軽く燻製させたものを煮込んだもの
・地元のチーズ
・ブルーベリータルト
・ジェネピと呼ばれる、同名の野草を漬け込んだ手作りアルコールを食後酒に


…ほとんどレストランです!普通はもっと簡素な内容。しかもおかわりがふんだんに準備されていて、ドイツ人が結構モリモリ食べていたのに安心してわたしもおかわりしまくりで「山で食べ過ぎる」という史上かつてない経験をしてしまいました。。。


翌朝、午後から仕事だしリヨンまでの道のりは長いしであまり時間がなかったんですが、山小屋の人たちに勧められ歩いて30分のところにあるという滝までミニハイキングに出かけました。
看板には片道30分と書いていたけど急ぎ足で往復35分といったところでした


山小屋の管理人、ステファン(右)と従業員ピエール


あのおいしい料理を作ったのはピエールらしい。ふたりともとっても親切でフランスだけでなく世界の山のこともよく知っていて、朝もいっぱい話して帰るのが名残惜しかったです


また来シーズンに来ます!と約束して(ほんとは1泊目した小屋のほうがもう1回行きたいんだけど。。まあ両方来るということで…)帰途へ


ハイキングコースの出発地点の村に到着。
そのあと駐車場まで1キロ弱だったのですが、ちょっと急いで歩いていくと(山道が軽く分岐してたのですがしっかり確認せずに)・・・


なんと道を間違えて駐車場でないところに出てきてしまいました。まあ同じ県道の北に800メートルくらいのところだったんでそのまま道路を歩いて駐車場まで戻りましたが自分の方向感覚のなさに最後の最後で打ちのめされました


これが車停めてた場所。
道路経由で到着!!(恥)


さあ午後から仕事です(信じられん。。)さっさと帰りましょう


全5回にわたる長い長いエクラン2泊ハイキング記でした。全部読んでくれた方がもしあれば、ありがとうございます!