randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

ヴェルコール山塊最高峰へ(最終回)

ヴェルコール山塊で一番高いグラン・ヴェイモンの頂上にてちょうど居合わせた5人組のハイキング客と早めのお昼を食べた(ってかご馳走になった)あと、まだ時間が早いので尾根から少し反対側に下りていってみました。


ヴェルコールのシンボルのひとつでその特徴的な形から遠くからでもよく分かるモン・テギーユ。クライミングする人に人気です。


雪はほとんど残っていなかったのですが、ちょっと溜まっているところを見つけました。


先ほど頂上ではハイキンググループの持ってきていたものを色々ご馳走になったのですが、暖かいものをまだ飲んでなかったのでインスタントスープとコーヒーを連続で作ります(^^; 先ほどから風が強くなってきていてかなり寒く、朝一番に着ていたダウンが再登場したままです。ここは風がシャットアウトされてた場所なので一休みにちょうどいいです。


あまり下り過ぎると後で後悔するのでそろそろ元来た方向に戻ることにします。


ヴェルコールらしい面白い地形です。


パラグライダーを楽しんでいる人たちがありました。


あっ、これはさっきわたしが間違えて登って行ったところです。まじ危ないな・・
ファミリーコースなのにこんなとこ通るわけないだろ…(~_~;)
でも道っぽくなってますよね!?


タンポポみたいだけど茎がワイルドなやつ


分岐点に戻ってきました。
行きと違うところを歩きたいのでヴェイモン避難小屋経由で帰ることにしました。


初めだけ雪がありましたが、あとは歩きやすいよく踏みならされたハイキング道です。


山塊最高峰だけあって貫禄のある姿です。


あっあれは・・・


融けかけの雪の橋です。危ないので上の雪のない辺を遠回りして渡ります。


あとはまた気持ちの良い分かりやすい道が続きます。


振り返って。



プルサチーユとソルダネル。この日よく見た2種類です。プルサチーユはもうじき終わり、ソルダネルはあと1か月くらいは見られると思います。もちろん山や標高にもよりますが。



少し前を年配の女性がふたり(たぶん70代くらい)が歩いていましたが、これが結構スピード速い!負けた・・・_| ̄|○


経由地点、ヴェイモン山小屋に着きました。林野庁が所有しているようですが、誰でも使えます。中を見てみましょう、いつか泊まるかもしれないし・・


1階部分


ハシゴを登って2階へ。寝室になっているはずです。しゃがまないと入れない小さな扉です。


あ~だめだ。マットレスがない(;´Д`)


ヴェルコールの連なった頂上がよく見えます。


森には山とは違った森の花がさいています。


行きに通った道と平行してきました。


水溜りや小川が好きなお花。


このように小川に沿ってどんどん咲いています。


スイセンがたくさん咲いています。集めに来ている人たちもありました。


午後3時。駐車場に到着です。こんなに早くに帰って来ることは珍しいです。
朝はわたしの他はキャンピングカーが2台停まっていただけでしたが、結構いっぱい停まっていました。人気コースだけあります。こんな登山客っぽくない車までありました
(;゚Д゚)