randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

グラン・シャルニエ(2561m)へ (前編)

先週は最高気温が37度くらいまで上がる猛烈な暑さが続いたフランス。
春くらいからかなりリピートしているベルドンヌ山塊北部に日曜日にひとりで出掛けてきました。行き過ぎて、このエリアの地図はもうボロボロです(^^;


高速を出てからしばらく地道を走ります。ベルドンヌ山塊北方面はサヴォア県に位置し(大半はグルノーブルが県庁所在地のイゼール県になります)、ワインも生産している地区を通ります。ブドウの木が青々と育っています。


今日の出発地点はスキー場であるシュペール・コレ(1630m)。7時ちょうどの到着です。
高い地点からの出発ですがアップダウンがあるコースで合計1170mの高低差になるようです。


わたしが一番乗り・・と思っていたらトレランの男性がふたりすぐに到着。ワインで有名なブルゴーニュ地方からの遠征だそうです。
1週間前のヴァノワーズで登った2600~2700mあたりには結構雪が残っていたので、この日行くところがどうかよく分からなかったので、一応アイゼンとピッケルは車に積んできました。彼らは地元の民宿に宿を取り毎日ベルドンヌ山塊でトレランしていているそうで、わたしが行くところの近くまで前の日に行ったそうです。雪はほとんど残ってなかったよ、山頂の手前は見えなかったから分からないけど、というのでとりあえずピッケルはいらんな、と。アイゼンもいらなさそうだけど地形のせいで変に雪が残っている地点があるかもしれないので一応連れていくことに。


スキー場なので来るまでの道も良かったし駐車場も広く、トイレがあったりもします。


徒歩1時間5分(コースタイム)のところに山小屋があります。泊まれるようですが駐車場からの距離を考えるとカフェ・レストランとしての利用が多そうです。


準備を整えて出発したのは7時15分。トレラン男性たちには先を越されています(;´Д`) いつものことながらみんな準備が早い・・わたしが遅いだけなのか??


ワタスゲがいっぱい咲いていました。今年初めての出会いです。


だだっ広いスキーのゲレンデを登っていきます(-_-;) スキー場からの出発は好きではないのですが、グラン・シャルニエに登るにはここからの出発しかないので仕方ありません。


奥にはシャルトルーズ山塊が見えます。


リフトの終着地点です。


2081mの地点になります。


さて、この後はスキー場からは離れていきます。やれやれ・・・


左にあるのが今日の目的地、グラン・シャルニエ。後ろに並んでるのは同じベルドンヌ山塊でも中部から南部の山々。


まずは稜線を歩いて行く気持ちの良いコースです。


ほんのちょっと雪が残っていますが今日中にでも融けてなくなってしまいそうな量です。


しばらくなだらかな稜線を歩きます。・・・が、グラン・シャルニエに登る前に峠に向かって下っていくことになります(;´Д`)


こういう感じです。。


あれ、まだグラン・シャルニエに着いてもいないのに山の説明が書かれた立派なな看板がありました(◎_◎)


下りだしました。あんまり下らないでぇ~💦


1956mのクララン峠に到着です。100m以上下ってしまいました・・・


峠から直接まっすぐ登っていけるのがプチ・シャルニエ(2181m)。地図に載っているのはここに行くコースで、グラン・シャルニエへの道は途中までは「メインの道ではないが細い道が存在する」という意味の細い黒の点線がありますが途中で切れています(・・;)
でもこのエリアを代表する山でもあることだし、しかもさっき立派な看板まであったし、道がないってことはないでしょう(;´∀`)


しばらく登っていくと、、あっ、手作り看板が立っています。「プチ・シャルニエあっち、クララン峠あっち」・・・グラン・シャルニエは関係なしですかい!!??あんな立派な看板作っておいて??でも地図で見ると右に分かれていくほうがそれです。


なるほど、プチは簡単に登れてしまいそうです。奥のグランにしておいて正解です。


傾斜も緩やかで爽やかな道が続きます。


木や草が伸びすぎて通りにくくなっているところもあります💦


これほんとに上っていってんの?と疑わしくなるほど緩やかな道です。


上の写真の奥のほうまで進んだとき、話し声が聞こえるのであっちから人が歩いてきたのかと思ったら、男性がふたり座っています(・・;)


シャモアを観察中でした。立ち止まって少し話をしましたが、「猛暑のせいかどうか分からんけどあんまりいない」と言っていました。強面のお二人でしたが動物が大好きらしく、この日も早朝からここで魔法瓶入りのコーヒーを飲みながらずーっとシャモアやマーモットを観察しているそうです(;´∀`) ちなみにグラン・シャルニエには登らないそうです。


さて、目の前の景色の雰囲気が変わってきました。乾燥した感じになりつつあります。


ツクモグサがいっぱいです。


道が急になってきました。


シャルトルーズの南(左)から北まで一気に見渡せます。


振り返って。プチ・シャルニエが遠くなっていきます。


確かにわたしもこの日はシャモアやアイベックスには一度もお目にかかりませんでした。
その代わりにマーモットはこの辺り、グラン・シャルニエの麓のあたりでたくさん見かけました。



前編はここまでです。後編に続きます。