randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

グラン・シャルニエ(2561m)へ (後編)

1週間ほど記録的な猛暑が続いたフランスです。今では少し落ち着きました。
この日も街中では37度まで上がりましたが、標高が上がってくるとともに涼しいを通り越して風の強い山頂付近では寒いくらいでした。ダウンジャケットは持ってきませんでしたが長袖Tシャツ、フリースとウインドーブレーカー兼雨合羽を総動員。


とはいっても登りがきつい辺りは汗ばんできます。よじ登り系が適度に絡んだいい山でした(^^♪


頂上の手前まで来てようやくある程度まとまった量の雪が見られるようになりました。
奥には薄っすらとモンブランが見えてきました。肉眼でも霞んでいましたが、携帯のカメラだとさらにぼんやりとしか写りません・・・


同じ斜面でも少し上にはもうほとんどありません。念のためにアイゼン持って来てるけど全然いらんかったな・・・


最後の尾根部分は雪が片面だけ残っています。


そして最後の20mほどはきれいさっぱり融けてしまっていました。登りやすい♬


少しよじ登り系があった後は平たくなっていました。
左に見える立派なのはベルドンヌ北部を代表するピック・ド・フレーヌ(2807m)。アルピニストでなくとも登れるギリギリのラインだそうで、雪の融けてきた今、挑戦したいと思っている山のひとつです。


10時25分、山頂\(^_^)/
駐車場を出発してから3時間10分が経過しています。お昼ご飯にはさすがに早いな…とりあえず写真でも撮っておこう。。


一列目はベルドンヌ北部の山々。一番左が先月末にまだ少し雪の残るときに登ったグラン・ムーラン(2495m)。
2列目はロジエール山塊、ボーフォータン山塊(いずれもサヴォア県)、奥にモンブラン(オート=サヴォア県)


手前の2列はベルドンヌ。
奥に3つ並んだとんがり3兄弟・エギーユ・ダルヴ(サヴォア県)。3500m前後ある上に特徴的な形から色んなところからよく見えます。右の方にはゴレオンの氷河がよく見えています。


エギーユ・ダルヴにズーム。一番左の峰は「猫の頭」と呼ばれています。


登って来たのとは違う斜面です。こちらには尾根伝いに少し下りてけそうです。


写真を撮ったり地図を見たりしてると11時前になりましたがそれでもまだ昼ごはんの時間ではないな・・と思っているとトレラン男性がふたり(駐車場で会ったのとは別の)がやってきたのでしばらく話していました。彼らが下りて行って時間を見ると11時過ぎ。それでも早いけど、せっかく景色のいい山頂なので少し風はあるけどここでご飯にすることに。



最近ちょっとした山パスタブームなので、今日もミニマカロニを持って来ています。小さいので早く茹るのがいいです。
ジェットボトルはお湯を沸かす以外は使えないということになっていますが最近ではパスタを湯掻くくらいには使っても大丈夫ということにしています(^^;


ただし持って来ているものはいつも同じです。チーズにサラミ・・・これを小さく切ってパスタに混ぜるだけです。味付け用にバジルソースも持ってきました。


出来上がりました。いただきまーす。
ほんとは湯掻いたパスタ、ほかの材料を最後に軽く炒め混ぜたいところなのですが、そこまではジェットボイルには期待してはいけません(^-^; 


食べ終わって片付けていると、ソロのハイキング男性が。すぐ下の町に住んでいてこの辺りの山にとても詳しいのでしばらく話を聞いてから下り始めました。
下りている途中に4人組の初老のハイキング客とすれ違いました。今日は日曜だしお天気もいいので人出も多いのでしょう。


上りも急だったので当然下りも急です💦


峠まで下りてきました。今から帰るというのにまたここから150mほど登ります(;´Д`)
行きとは違うこの道で帰りたいと思います。こちらのほうがなだらかそうです。


子供たちが一緒でなくてよかった・・・帰り道に登ることを異常に嫌がるので^_^; その度に「自然の地形だから仕方ないんよー」と答えますが「そういうのないところにして欲しい」と返されます(;´Д`)


帰り道にも花がいっぱいです。特に目新しいものはなかったですが、伸び伸びと咲き誇っていました。


緩やかな上りだったのは最初だけで、下りだしたかと思ったらキツい上りになったりと、ある意味行きに通った道より質が悪かったかもしれません(^-^;


グラン・シャルニエの最後らへんにはよじ登り系の場所もありましたが・・
意外なところ(簡単な道が続いていたので)で鎖場が登場しました。


右下の野原の部分にポツンと見えるのが駐車場に看板が出ていた山小屋です。テラス席に何人か人が座っているのが見えます。駐車場から1時間くらいで来られるので、ここが目的地と思われる小さな子供のいる家族連れに何度かすれ違いました。


まだ2時過ぎになったところですが、特に付け足したいようなコースもなかったので素直に駐車場に戻ると・・・
おおおっΣ(゚Д゚)
朝わたしともう1台しかありませんでしたが、満員御礼といって差し支えありません。
スキー場なのでだだっ広い草原やゲレンデの坂もあるし、マウンテンバイクで遊んでいる人たち(主に中高生くらいの若い子たち)も結構いました。


よく行く辺りから正面に見えているのに登っていなくて気になっていたグラン・シャルニエに登ることができてホッとしました^_^;