randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

リベンジ!グランド・ムシュロール(2284m) その2

昨年5月に残雪と強風のため撤退したグランド・ムシュロール。雪も融けてしまった今の時期、お天気さえよければ何の障害もありません。よく晴れた先月末の平日にチャレンジしてきました。
ただしグランド・ムシュロールの前に登らないといけないのが二姉妹峠です。峠を越えた反対側にグランド・ムシュロールの頂上があるのです。


峠の真下まで行きます。
手前が「アガット姉さん」と呼ばれる山で2194m、奥は「妹ソフィー」で2162m。ふたつ併せて「二姉妹岩」、その間の峠が「二姉妹峠」ということになります。


アガット姉さんのすぐ手前にはこんな山が並んでいます。


ちょっとズルズルと滑るところもあるので慎重に進みます。これは渡り終えた後で
振り返って。


どんどん近付いてきました。


こんな岩の麓を歩いています。


振り返ると奥に山塊最高峰のグラン・ヴェイモンが白く見えています。雪が積もっているのではなく、石灰岩の白さです。


二姉妹峠に来るのは昨年4月に季節外れの積雪の翌日に来てしまって撤退したのを併せると3回目です。あとの2回は別の道から峠の真下まで行ったのでこのアプローチの仕方は初めてですが景色のいい細い道を通るのでとても気持ちがよかったです。


かなり急な斜面ですが適度に岩があるので場所さえ選べば結構普通に登れます。


初めの部分だけ鎖場になっています。


歩いてきた方面を眺めて。グラン・ヴェイモンの頂上は隠れてしまいました。


鎖場は終わりです。


あとはだいぶなだらかです。


高くなるにつれまたグラン・ヴェイモンがしっかりと見えてきました。


下を見下ろして。少しずつ登ってきました。


ちょっと遠景も眺めてみます。ベルドンヌ、エクランの山々ですが霞んでいます。晴れていても気温が高すぎると立ち上がってくる水蒸気でこういう見え方しかしないようです。


半分以上登ったでしょうか。


妹ソフィーの横顔。


峠の奥の方。もうちょっと・・が結構長いいつものパターンです(^^;


さすがにもう最後っぽいです。


おお、なんか化石がありました(*_*)


色々寄せ植え風に可愛いことになっています。


ふととなりの岸壁を眺めると洞窟みたいになっています。石灰岩の山なので洞窟が結構多いです。もうひとつの道から峠の麓に来る場合、「二姉妹洞窟」と地図に載っている洞窟の前を通るのですが、今日のコースでは寄り道なしに入れる洞窟はありませんでした。


こんなに岩々のところにも頑張って咲いている花があります・・・が、単に石灰質の岩場が好きだということみたいです(^^;


ようやく到着します~~
峠の麓まではいいペースで登ってたのですが、その後写真の撮り過ぎでペースダウン💦
もうすぐ8時になろうとしています。


・・・なんかさっきから時々落石があるな、危な・・と思っていると。。


あ~(≧∇≦)
若いアイベックスの雄です。可愛い(;´Д`)
あんたか、石を落としまくってたんは・・・


ゆったりと座っています。


この後リベンジに挑戦するグランド・ムシュロールが見えています。


こっちの様子をうかがっていますが、逃げません。




二姉妹峠を登り切ったところでその2は終わりです。次回は本題のグランド・ムシュロールへの登頂です。