randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

グランド・ムシュロールからプチット・ムシュロールへ

先月末に登ったヴェルコール山塊のグランド・ムシュロール。手前の二姉妹峠で出会ったハイキング客の男性と一緒に歩いてきました。


グランド・ムシュロール頂上。南北に連なっている山塊の頂上を眺めて。


さて次は、今来たのとは反対側の峠を挟んで向かいにあるプチット・ムシュロールに登ります。


今が旬の山ツツジですが、この日歩いたあたりにはほとんど見ることがありませんでした。これは例外的に見つけたものですが、よその山で見るのと比べると木が低く地面にとっても近い位置で花が咲いています。


先ほどからたくさんのアイベックスを見ましたが、こちらの斜面にもまた雌が何匹かいました。


峠に向かってどんどん降ります。


急なので慎重に降ります。



ネギだらけです。シブレット、英語でチャイブと呼ばれる細いやつです。うちにもベランダにあるけど、こっちの方がずっと元気がいいのでよっぽど束にして持って帰ろうか思いました(^^; うちに着く前にしなびそうなので止めておきましたが・・・


上から石が何度か落ちてきた音がしたので見上げると、またアイベックスでした。


もうすぐ峠に到着です。


ほとんど峠まで降りてきました。向かいがプチット・ムシュロールです。


ムシュロール峠に到着です。この日、初めの分岐以降ずっとコース外を歩いてきましたが、この峠以降駐車場までは地図に載っているコース。つまり各分岐ごとに行先案内板が立っています。


この峠で中学生くらいの男の子を連れたご夫婦に会いました。この日2度目に出会うハイキング客でした。この日は平日なのであまり人に会いませんでしたが、この峠からプチット・ムシュロール、そしてその次に通る峠のあたりは人気のあるハイキングゾーンで週末には多くの人が歩きに来ます。


一家と少しの間話をした後、プチット・ムシュロールに向けて再び歩き始めます。


すこし急でしたが大した高低差ではなかったのであっという間に着きました。このケルンのたくさんある頂上は見覚えがあります。去年の秋に子供たちと反対側の峠からここに登ってきています。


プチット・ムシュロール(2156m)頂上\(^_^)/


結構距離のある周回コースだったのに加え、花やアイベックスの写真が多くて日帰りなのにえらい長いハイキング記になってきました(^▽^;) 次回が最終回です💦