randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

(明日も雨かよっ)ボーフォータン山塊(昨年10月中旬) 前半

どうやら日頃の行いが徹底的に悪いようで、明日も雨、どこも雨の模様です。お天気アプリには20か所ほど、ハイキングの出発地点になり得るところを登録していて、お天気がよさそうな所を選んで出かけることも多いんですが、明日は全滅です。南仏、しかも地中海沿いくらいまで行かないとお天道様は望めそうにありません。それにしたって、曇り時々晴れって程度。今年の春~初夏にかけてはフランスめちゃくちゃ天気悪くて(特になぜか週末)仕方なしに唯一天気予報で晴れだったマルセイユ近くまで土日で遠征したことも2度ほどあったんですが(また近いうちに記事にしたいと思います)、高速で片道3時間半かかるし雨が降るたびにそんなクレイジーなことばかりしていられません。

なのでこのブログにて回想録で現実逃避の週末にしたいと思います。そして家の中を掃除!街路樹の葉っぱやマンションの上の階の人のベランダの植物から落ちてくる色んなもの(枯れ葉とか花びらとか)がいっぱい入ってきて荒れ放題のベランダを掃除する、という目標2本立てでいきたいと思います。


回想録のほうのテーマはボーフォータンです。ブログ村山ガールランキング1位のへっぽこアルピニスタさんの記事で初秋の立山の写真を見て、あ、これはボーフォータンに似ている!と感じたので昨シーズン(ってかオフでしたが)、3度行ったボーフォータンを写真を交ぜながら紹介したいと思います。


第一回は10月中旬。子供たちと友達と4人で出掛けました。
この日はわたしのハイキング史上かなり悪夢な1日でした。まず、ナビとして使ってるグーグルマップがトチ狂って(ときどきある)、めちゃくちゃ遠回りの長い林道を通るルートを示してきたため、歩き始めが思っていたよりだいぶ遅れました。


いや、それ以前に高速下りてすぐにチーズ買うために寄り道してたのもいけなかったです。なにせフランス、日曜の午後はすべてがCLOSEDなもんで…ボーフォータンはその名の通り、ボーフォールというハードタイプのチーズが名産で、これを買わずには帰られない、という思い込みがありハイキングの終わった後では買えないので(7、8月のハイキングシーズンやスキーシーズンだと日曜でも午後開いてたりもするんですが)、朝のうちに買っておこう!と。。。


・・・ここまで書いたところで急用が発生、夜遅くまで続きが書けそうにないので下書き保存しようかと思ったんですが、ここまでだけでも結構長くなってきたのでとりあえず今回はこれだけで投稿したいと思います。
肝心の立山に似ているボーフォータン?の画像を含んだハイキング内容は次回に投稿します!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。