randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

子供たちと2泊でエクラン・下山編

標高2841mにあるパヴェ山小屋に泊まった翌朝。5時45分に外に出てみます。


山小屋に泊まるといつもめっちゃ早くに目が覚めてしまうので今回も目覚ましかけずに寝たら結構熟睡してしまいました。心配していた隙間風もそんなに寒くなかったです。大急ぎで外にでると、もう空がだいぶ明るくなりつつありました。危ないところだった・・・


5時55分。
テラス席にバーナーを持ち出してコーヒーを作ります。


6時2分。

幸せ・・・(≧∇≦)


空の色はだいぶ普通になってしまったので、少し湖の方まで歩いてから山小屋に戻りました。


管理人スペースへの出入り口。一番奥が物置兼管理人さんの寝室です。…てか管理人さん、窓開けて寝てるわけΣ(゚Д゚) 暑がりなんでしょうか。。


テラス席で朝ごはんでもいいかなと思ったのですが少し寒かったので(それでも2800mにしてはそこまで寒くありませんでした。少し曇っていたせいもあるのかも)小屋の中で食べることにしました。昨日の朝の食パン(from大阪・上本町のパン屋)の残りとラズベリージャム、シリアルです。


朝ごはんがスタンバイできたので子供たちを起こそう・・と思ったら起きてて寝たふりしながらクスクス笑ってました^_^;


ご飯を食べて後片付けをしたら出発です。8時半を過ぎたばかりです。


パヴェ湖のそばを通りつつハイキングコースに戻ります。


今日は下りるだけ・・なのですがまずは上りです。初めと終わりにアップダウンがあるのです。


下りていく谷。まだ朝の光です。


長男と。


ケルンに石を積み足す次男。


「お母さんはゆっくり下りてきて~」と駆け出す長男。次男もそれに次いで走り出します。わたしは1ヵ月前に捻った足首がまだ治らなくてゆっくり目に歩きます。


下の方で待っていた長男が提案してくれました。お母さんのザック、弟のと交換しよう、というのです。既に長男のザックは結構重たいのですが次男のザックは軽いのです。疲れやすい次男にはいつも重たい荷物は持たせないのですが、「お母さんはまだ足首痛いから下りは特に出来るだけ衝撃が少ない方がいい」と長男が言ってくれます。3日目になって食料がほとんど空になった分、荷物も行きよりは軽くなっているのですが子供たちに甘えることにしました(^_^;) ありがとね~~
長男がザックのベルトを次男の体に合わせて調節しています。


わたしのザックを担いで歩き出す次男。


だいぶ下りてきました。お昼になろうとしています。ここらでお昼ご飯休憩にしようか…


3日目ともなるとかなり手抜きになってきました(~_~;)


一応乾燥わかめと小さな麩を具に入れてみます。


わたしが担いでた次男のザックに蝶がくっついて離れませんでした。
子供たち曰く「草むらで花粉がくっついたんと違う?」そんなとこかもしれません。


お昼休憩の後は川に沿って谷を下っていきます。


下りてくるにつれ、どんどん花の種類が変わってきます。


1泊目した山小屋の前まで下りてきました。長男が水を汲んでくれています。
次男は・・・


ロバに・・・ロバに夢中です(;´Д`)


下りてきて標高の低い辺りの方がお天気は良かったです。


滝を越え・・・


花が咲き乱れるエリアを通り抜けると駐車場はもうすぐです。


たっだいま~~\(^_^)/
3時半には駐車場に着くことができて、そんなに渋滞もなく6時過ぎにはうちに帰ることができました。
また8月終わりか9月くらいに山に来ようね、どこの山がいいかね~・・と帰りの車の中で話しました。
いつものことながら長いハイキング記でしたが読んでくださった方、ありがとうございす。