randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

お天気回復\(^_^)/明日どこ行こ

👇 ハイキング出発地点候補の一つ、サヴォア県ティーニュの明日の予報♪


台風の影響で雨が多く(うそです。フランスに台風は来ません)、休み2回連続で山にいけなかったのですが、明日は仕事休みで晴れの予報。
どこに行こうか考えてはワクワクしています。


念のために入れている(←ほとんど意味ない)二つ目のお天気アプリでも晴れ~


ひとつめの候補は、少し前にブログでも何度か紹介したベルドンヌ山塊。うちから1時間半~2時間で行ける割には3000m近い迫力のある山々の合間に大小の湖が散りばめられ、それはそれは美しいのです。その山塊の最高峰グラン・ピック・ド・ベルドンヌ(2977m)はアルピニストでないと登れないのですが、すぐ隣のクロワ・ド・ベルドンヌ(2928m)へは装備なしでも登頂可能。湖の近くも通れるし、魅力的なコースです。



ふたつ目の候補。シャンベリー方面でうちから約2時間強のグランド・ルース山塊。特徴的なとんがった山頂が3つ連なり(そのうちひとつは猫の頭のように見えます)遠くからでもよく見える3500m強のエギーユ・ダルブ、それらはアルピニスト向けの山ですが、そのすぐ隣にハイキングで登れる山、エギーユ・ド・レペスール(3230m)があります。友達がこの夏行って「まあまあ普通に登れたよ」と言っていたので近いうちにチャレンジしたく思っている場所の一つ。いつも遠くから眺めている3つのエギーユ(って、針っていう意味でとんがった山頂をもつ山によく付けられる名称)を間近に見られます。


で、3つめはちょっと遠くて3時間近くかかるヴァノワーズ、ボーフォータン方面。国境を超えイタリア側にもまたがるアルプ・グレ山塊にあるエギーユ・ド・ラ・グランド・サシエール(3747m)。略してみんな「グランド・サシエール」と呼びますが、ハイキングで登れるフランス国内で一番高い山と言われています。
とはいえ真夏でも雪が多く、途中からは氷河とのギリギリ境の辺りを歩くことになるのでアイゼン着用が好ましいようです。
その場合👇

準備はできてるぜ~


今日1日あれこれ楽しみつつ考えたいと思います(仕事中に笑)。