randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

コッシュ峠(2963m)を越えてエタッシュ湿地帯へ

シーズンオフで管理人さんのいない山小屋(2270m)に1泊してのハイキング。2日目はこれといった頂上を目指すわけではなく湖や峠を経由しつつ1日目朝に車を停めた駐車場(1660m)まで大きく周回します。
大きく、と書いたのは途中から谷に向かって下りて川沿いに駐車場のある集落に戻ることもできるけど、時間的気分的な余裕さえあればさらに標高をいくらか上げつつ山の中を遠回りして同じ駐車場に戻るルートもあり、結果としてそちらを選んだからです。


ひとつ目の目的地、ノワール湖(2800m)。水溜り的な小さな湖だとこのくらいの標高にも時々ありますが、そこそこ大きい湖としてはちょっと珍しいと思いました。
風のひとつもなく、水面には昨日登ったばかりのモン・ダンバン(3378m)がくっきりと映っています。
朝ご飯から大して経ってないのですが、あまりに気持ちがいいのでコーヒーとドライフルーツ入りパンでおやつ休憩しました。今日は距離的には長いしアップダウンはたくさんあっても地図に載っているコースばかりを歩く予定なので、まさに癒し系ハイキングといえそうです。休憩しまくってもいいじゃないか✨


でもまぁ駐車場に帰るのが遅くなるのも嫌だし、そろそろ腰を上げて湖を後にします。
そうだ、すっかり忘れてたけどわたしのタイヤ、行きにパンクしてスペアタイヤでここまで走ってきたんだった💦 あれで帰るんだったら高速無理だろうから時間かかるし、明日は朝から仕事だしあんまりダラダラもしてられないな~(;´Д`)


これは正反対のところにある湖をズームで。まさに氷河湖です。わたしが好きなタイプの場所😻 さっき山小屋のある谷から登ってきた後、まずはこちら方向にハイキングコースは向かっていたのですがしばらくして先ほどの湖の方角へと急旋回したのでした。コースからずれたとしても大した距離じゃなかったので、こちらに寄り道してこればよかったなぁ(;´・ω・) ここからだと既にかなり離れてしまって、往復すると1時間近くのロスになりそうなのでやめておきますが・・・残念。


傾斜はそこそこあるものの歩きやすい斜面がしばらく続きます。


奥の方へ道は続いているようです。


ガレ場っぽくなってきて道の形は分かりにくくなってきましたが、先に峠が見えきてそちらに向かえばよいだけなので問題はありません。


峠の真下まで来ました・・・
何じゃこりゃ(@_@) ジグザグ道作るの面倒くさくて一直線に登る道にしといたんでしょうか。


下の方は砂と小さな石だったので滑って難儀しましたが、途中から草も生えている岩もある地面になったので登りやすくなりました。とはいっても傾斜自体はキツいです。


ようやく頂上・・ってか峠に着きそうです。


コッシュ峠(2968m)に到着。これが恐らくこの日の一番標高の高い位置になりそうです。


下から見て看板かと思っていた細い板は、放牧の羊が遠くまで行きすぎないように囲うための網を張るときの杭でした(;´Д`)
地図に載ってるコースなのに峠には何の看板もありませんでした。そういえば先ほどのノワール湖でも看板見なかったな~・・・


峠の反対側。こちらに下りていきます。ワクワク(^^♪
地図を見ると、湿地帯というか小さな湖だか池だかいくつもあるようなのですが、最近ずっとお天気が良くて気温も高いので水嵩が減って小さくなってしまっているのかもしれません。地図に載っているほどの数の水溜りは上からは確認できませんでした。


下り始め。


ほぼ1日中日陰になっているせいでしょう、雪というか凍っている場所がありました。


平たい場所に下りてきました。ガレガレで道の形がほぼ全くないのでケルンを必死で探します。写真の右下に写ってる、このくらいの控えめなものが時々あるだけで方向が分からずに結構何度もウロウロと迷いました。


めっちゃちっちゃいです。水溜りとしか呼べません(^^;)


この辺り、道が分からなくて一番苦労した辺りです(^^;


これ違うな、と思うたびにちょっと引き戻しては、少し別の方向に進みなおす、の連続でした。これはひとつ前のケルンまで戻ってみているところ(~_~;)


あれはヴァノワーズ国立公園南部のようです。昨日や今朝には見えなかった景色が急に現れるのは周回コースの醍醐味です。


地図に載ってる水溜りだか湖だか(いずれも名前はない)らしきものがあったのでそちらに向かいました。ハイキングコースはそのすぐ隣を通っていることになっているからです。道の形になっているところが見つかり、(´▽`) ホッ


きれい💕
枯れたワタスゲがいっぱいあります。満開の時に来てみたいです。


正に湿地帯です。


すごいワタスゲだらけ~


もはや水溜りとは言えない結構な大きさです。どうして名前付けてもらえないんだろう?(;´・ω・)


もう道のことはどうでもよくなって、写真撮るために湖の周りぐるぐると歩き回ります( ̄▽ ̄;)


一部凍ってます。そんなに寒い感じしないんだけど・・・夜中から朝方にかけて凍ってたのが融けきってないということでしょう。


大き目の湖を後にして歩き続けます。無数の水溜りに出会います。青空が映って、水も透明でどれも絵になります。



湿地帯の写真多すぎて長くなりました(^^;)
次に続きます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。