フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

1泊旅行 帰り道はゆったりと

お天気に恵まれた1泊2日のハイキング旅行(いい予報が出ていた地方に来たというのはありますが)もそろそろ終盤です。3時間弱の行程ですが、とってもきれいな道なのでわざわざゆっくりと帰ることにします。


まずは午前中のハイキングのあと羊チーズ農家に寄りました。ハイキングに行く前に来てみたら、今手が離せないから10時から12時の間に来てもらえませんか、と言われたので大急ぎで下りてきたのです。


羊チーズ農家なのですが・・・鴨も何羽かいました。なんかやたらジタバタとしています。間違いなくわたしのせいでしょう(~_~;)


こちら羊が飼われている小屋。初夏から秋にかけては放牧されているみたいですが、寒い時期はこうやって小屋で飼われています。


農家の反対側にブティックのスペースがあります。


ドアを開けて「こんにちはー」と入ります。ほんとなら12時までで閉めるところを山を下りながら電話して待っててもらうようにお願いしたのでした。
羊チーズだけでなく、鴨のフォアグラや砂肝のコンフィ、リエットなどの瓶詰め、胸肉などがありました。他にも野菜や果物の加工品、ジュースなどが何種類か売っていました。
羊チーズ何種類かと鴨加工品(フォアグラは高いのでパス💦)を購入。


塩カルで車が汚れまくりなのでせめてフロントガラスだけでもきれいにしようとトランクからマジックリンみたいなやつ出してきたら・・・凍ってました(;´Д`) 車のウォッシャー液って容器にマイナス何度まで対応とか書いてるけど、そうでない普通の洗剤ってほんとに凍っちゃうんですね・・・


シャリシャリのシャーベットみたいな洗剤液を少しずつ融けるのを待ってタラタラっと垂らしてきれいにしようと試みましたが、汚れがあちこちに広がっただけでした(~_~;) これだから冬は困ります(;´・ω・)


それでもまぁ何とか最低限はすっきりとさせました。次から次へときれいな景色が畳みかけるように現れる道なので、ガラスが汚すぎると残念です。


時間は1時を過ぎたところです。ガソリンスタンドに寄った後、適当なピクニックゾーンのある駐車場を探しながらゆっくりと走っていると・・・


めっちゃいいパーキングありました(*'▽')


県道ですが交通量がとても少なくて車はほとんど気になりません。朝よりも気温も上がって風もなくてとっても暖かく(いや、冬にしては、というね・・洗剤凍ってたけど😅)まるでどっかでハイキングしているような気持ちの良い景色の中、お昼休憩ができました。日本と違って気軽にお昼ご飯食べられるようなお店がなかなかないんですよね・・・てかお店自体ほとんどない道ですΣ(´∀`;) 
村はときどき通っても、シーズンオフ(夏山シーズンとスキーシーズンの狭間)ってこともあってか、元々ある数少ないお店は大抵閉まっています。もちろんコンビニは存在しません(;´Д`)


お昼ご飯を食べながら眺めていたのはこれ、エギエット・デュ・ロゼ。今年の春にスノーシューで友達と、夏の終わりに普通のハイキングですぐ麓を歩いています。頂上には見た目から分かるようにクライミングでしか登ることができません。


さて、お腹も満足したところで出発です。まだしばらくきれいな景色が続きます、車がほとんど走っていないのがまたいいです。


標高2000m強のロータレ峠に到着です。夏も冬も美しく、わたしの大好きな場所のひとつです。しかしほんっとに誰も走っていませんが、スキーシーズン入りするとかなり多くの車が行き来することになります。


あっ、この場所は・・・


今年の7月の終わりに子供たちと2泊3日ハイキングに行った時の出発点にした駐車場です。雪でえらい変わりようですが、確かにここでした。あの時はお天気悪くてお昼ご飯食べたりしつつ1時間以上ここで時間潰して雨が小降りになるのを待ってから出発したのでした。


そこからさらに少し進むとまたいい駐車場が💓
さっきのお昼ご飯ではコーヒー飲まなかったので、今一度コーヒー休憩です。


まずはヴィラ―ル・ダレーヌ村に向かい・・・正面にはベック・ドムが。


間もなくラ・グラーヴ村を通過。ここのスターはメイジュ(3983m)。昨日のハイキング先からもよく見えていました。


そしてさらに15分ほど走ると、多分今回が通り納めになると思われるシャンボン湖沿いの仮道路。反対の岸を通るトンネル工事の期間中に準備された道路ですが、今月半ば(ちょうど今頃のはず)に工事終了を控えているので何度もお世話になったこの道路ですが、恐らくこれが最後になるはずです。


そしてさらに30分ほどでブール・ドワザンの町周辺を通過します。標高1000mにも満たないのにかなり積もっています。


グルノーブルの幹線道路に入ってしばらくすると見えてくるのはシャルトルーズ山塊。この日の3日ほど前に雪崩による死者3名を出した山塊です。


料金ゲートを通過してしばらく走っていると・・・
何とも言えない不思議な光の中に突入しました。


光から出ると・・・天気悪っっ!!


ときどき吹雪のようなみぞれのような雨が降ってきます(◎_◎;)
さっきまでの青空が信じられない悪天候です。


そしてリヨンに到着。天気悪いなー・・・
遠くまで出かけた甲斐があったってもんです(;´∀`)


そして羊チーズ農家での控えめな今日のお買い物。



いつも通り、かなり長くなったハイキング記、読んでくださってありがとうございました。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。