randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

タイユフェール山塊(5月)

タイユフェール山塊は、わたしの住むリヨンから2時間以内で行けるというのにリヨンの人でもハイキングに行かない人は「何それ?どこ?」って言います。わたしがこよなく愛すエクランとベルドンヌ山塊のちょうど間にある小さな山塊で最高峰は山塊名と同じル・タイユフェールで2857m。スキー場やレジャー施設などの開発が少なく、手つかずの自然を楽しめる山のひとつといえます。
スノーシューを履くほどではないけど結構まだ雪が残る5月にこの山塊にひとりで行ってきました。


ひとりで行くときは同行者に気を使わなくていいのでめっちゃ早くに出発します(^^;
どうもわたしの周り、ハイキングに一緒に行ってくれる人はいても、4時出発とか「え??無理!!」って人ばかりで。。日帰りなことが多いので、1日をフルに満喫するために夜明けと同時に歩き出すくらいが理想なんですけど。


まさに夜明けとともに歩き出すことができました。もっと理想をいえば夜明けは山頂で迎えたいんですが、朝3時にヘッドライトで歩き出すほど根性はなく(;´Д`) 山頂もしくはそれに近い場所での夜明けは山で1泊するときのみ・・・

森を抜けるとクロッカスが一面に咲いていました


雪も少しずつ出てきました


一つ目の経由地であるシャレーに到着。



とっても分かりにくい分岐点。はっきりしてる道が地図にも出てるメインコースで、湖が集まってる地帯に続いています。今日はそのすぐ近くにある山の山頂を経由してから湖に行きたいので山頂に向かう道を探します。写真中央下に壊れたケルンがあるんですが、ここから左にうっすらと、踏み均された道が始まっています。


だいぶ雪が増えてきました。


峠になったところを超えて見晴らしがよくなりました。
奥はシャルトルーズ山塊とヴェルコール山塊。長い塀のように一連につながった山が特徴的です。


反対側にはエクラン。
本当だと、この手前の部分には無数の沼というか小さな池が散らばっているのですが、雪に隠れてほとんど見えません。真ん中下にひとつ、雪が融けかけの池があるのが分かります。


山塊最高峰のタイユフェール(奥、2857m)と2番目に高いピラミッド(左、2839m)がすぐ向かいに。


尾根のようになったところを少しずつ上がっていきます。写真の奥のほうまでどんどん歩いて行きます。


そんなに急ではないんですが近いようで結構遠くてちょっとイヤになってきました。。


大きなケルンがありましたが、まだここは目的地の山頂ではありません。
奥に見えるのはベルドンヌ山塊。


もう少し~~

え??まさか、これ・・・?頂上のケルン。。


・・・これですわ山頂。ちょっと様子を見に行ってみましたが先には何もなく、むしろここより低くなってます。つまりここが今日の第一目的地、グラン・ガルベール(2561m)の頂上でした。いや~それにしても地味な山頂です(-_-;)

頂上からの景色は途中の景色ととあまり変わらなかったのと、風がかなりきつかったのとでさっさと下りることにします。
相変わらずエクランが美しいですが少しずつ雲が広がって来ました。



登るときは尾根沿いでよかったので簡単だったのですが、山頂から湖のある方面に下りるにあたって道もケルンもなにも見えないので地形と地図、コンパスで適当に下りていきます。シャモアかアイベックスかの足跡がありますがついて行くのがベストとは言い切れません(ー ー;)


日がよく当たる辺りは雪解けが進んでいます。


だいぶ下りてきました。この大きなケルンが少し手前から見えたのでホッとしました。ちょっと外れたところ歩いてましたけど。



毛深いアネモネの仲間の花。春にしか見られない花です。


中央に小さく見えるのがタイユフェール山塊唯一の管理人のいる山小屋。まだ管理人がいないオフシーズンでしたがとりあえず前までいってみるつもりでした。が、写真の右下のほうに水が激しく流れている音がしていたので行ってみると…



雪解け水が力強く流れる小川でした。わたしが山の景色の中で好きなもののひとつです。
なかなか爽やかな場所なのでここでお昼ご飯を食べることにします。


お昼ご飯休憩の後、湖のいくつか集まる地点まで向かいます。この時期はほんとうにクロッカスだらけです。


この日は日曜日だったのですが、グラン・ガルベールを下りる時に二人組の男性とすれ違ったのみのここまでの道のりでしたが、通りががった無人山小屋(避難小屋)前で休憩していた一家がありました。この男の子はお姉ちゃんふたりよりさっさと歩いてお父さんと共に一足先に到着した山小屋前で座っていました。わたしがこれから行こうとしている湖に山頂は経由せず駐車場から直接行ってきたあと、ちょっと先のここまで足を延ばしてみたそうです。


山小屋の中。比較的充実しています。


山小屋からの景色。う~ん、ここでいつか1泊してみたい!


ここもクロッカスがいっぱいです。


一つ目の湖です。半分凍ってます。


あ~案内看板に久しぶりに出会えた・・・今日は朝一番に通ったシャレー以降コース外だったので看板表示は一切なかったのですが、こうして黄色い看板に再会するとさすがに心強いです。

ひっそりとジョンシアンやソルダネルたちも。


ノワール(黒)湖
昼過ぎから雲が出てきてちょっとうっとおしいですが、雨は降らない様子です。


メインの一番大きな湖、フルシュ湖


色をつけたみたいに華やかな枝が。そのままお店とかの飾りつけに使えそうです。


パンジーもいっぱいです。


駐車場が近づいてきました


駐車場に帰ってきました。・・・おおっわたしの車(左奥)の他に3台も停まっている!!大盛況?です~