フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

スノーシュー 雲の上展望レストラン

友人Cさんと久しぶりのスノーシューハイキング。標高1300mの駐車場からしばらく歩くとすっぽりとガスの中から出ることが出来ました。そこは雲海の上。飛行機にでも乗っているかのようなフワフワ感がありました。


2056mのタイユフェール山小屋を通過、目的地にしていたグラン・ガルベール(2561m)目指してさらに登り続けます。


今向かっている北側は唯一晴れている方角です。


雲海から出た直後には晴れていた南方向も今ではこの有り様(;´・ω・)


これ・・間違ってもまだ頂上ではありません(^^;
幾度となくこういう盛り上がりを通過します。


きれいけど、いつ自分たちも雲に飲み込まれるかと思うと焦ります。


そして、相変わらずさり気に急傾斜。


このように、盛り上がりに着くたびに奥に次の盛り上がり(偽ピークというのはまだ頂上から離れすぎてる)が現れる、の繰り返しです。


ちょっと雪が融けていて地面が露出している部分もありました。


標高を上げるにつれ、今まで見えていなかった西側も見えてきました。こちら側にはヴェルコール山塊が連なって見えるはずなのですが、2000m以上くらいのあたりからしか雲海から顔を出していません。


ケルンがあったので、Cさんを待ちつつ記念撮影(ザックの😅)。


もうしつこすぎるくらいこの日撮ったラ・ピラミッドとその仲間たち(^^;


なかなか友達が上がって来ないのでセルフィーとかしながら待ちます。


間もなく追いついたCさんと相談。もう1時過ぎてるし、あと少し登った適当な場所でお昼にしよう、ということに。


1枚撮ってもらいました。


もう少しグラン・ガルベールに近付きます。・・・が、なんだかこっちの方にも雲がかかってきた感じです。


う~ん、すごい勢いで頂上方面は雲に覆われてしまいましたΣ( ̄□ ̄|||)


ひとつ上の写真で雪庇になっている隣くらいまで行ってご飯にしようと決めました。ここらがその地点です。いつもはもう少し歩くの早いCさんですが、今日はお疲れ気味だったようで(前の週残業がひどかったらしい…)スピードダウンすることが度々。普段はむしろその逆で、わたしが後ろを歩くことの方が大半です。


1時半。標高約2350mの地点でランチタイムにしました。


今日は賞味期限の切れていないインスタントスープです(^▽^;)


それにチーズ・・・
ボーフォールはハイキングの帰りに最もよく買うチーズのひとつですが、もう一つは南ヴァノワーズでたった数軒の農家のみで作られているブルー・ド・テルミニョン。夏の放牧期間の約3か月間の牛乳のみを使い現地でアルパージュ(放牧地帯)で手作りされる幻のチーズなのです。運よく先日ハイキングの帰りに寄った農協で手に入りましたが、売ってないことの方がずっと多いのです。Cさんも「名前は知ってるけど、食べたことない」というので味見してもらいました。


わたしにとっては何よりも最高の展望レストランです。


デザートにはチョコレートとCさんが持って来たリンゴのコンポート(子供のおやつ向けパックですが便利なので山に持ってくる人多し)。それにイタリアで買ったブリオッシュ。


寒いけど雲の上でのランチはとても幸せなひとときになりました。さて、このあとどーする?Cさんと顔を見合わせます。グラン・ガルべール、あと200mほどだから1時間もかからないよ・・・


でも、北側こんなんなってますから(;´Д`)
二人ともテンションだだ下がりです。なーんも見えへんやろ・・・


はい、5秒で即決です。
もう下りましょう💦



下山編に続きます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。