randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

エギーユ・ド・レぺスール(3230m)頂上へ(4月下旬)

今から2週間前のハイキング記になります。
1650mの駐車場を6時40分に出発、2260mの地点の山小屋のテラスで休憩して再び歩き始めました。目的地は一昨年の晩秋の雪の少ない時期に登ったことがあるエギーユ・ド・レぺスール(3230m)です。


エギーユ・ド・レぺスールは遠くからでもよく見える特徴的な3つの尖がり・エギーユ・ダルヴのすぐ隣に位置しています。


自分のトレース。
あまり急でなくて、かつ無駄にアップダウンしなくて良さそうなところを狙って歩いてきています。


この辺まで来ると、もうデコボコがなくてどこを歩くかあんまり考えなくてもいいようになってきました。選択は①まっすぐ上がるか②ジグザグに上がるか、といったところです(^▽^;)


登ってきた方向、谷の反対側の奥についに顔を出し始めたのはエクラン国立公園の最高峰、バール・デ・ゼクラン(4102m)です。エクラン中北部に位置し、北部には他にも4000m近い山がたくさんあるために隠れてしまって見えないことが多いので出会えると嬉しい😻


こちらはその北部を代表する二つの頂上、ラ・メイジュ(左・3984m)とル・ラトー(3809m)。


いつも遠くの色んな山から眺めているエギーユ・ダルヴが間近に見られるのは嬉しいです。


岩があちこちにあるのですが、岩の周辺って踏み抜き率が高いのでドキドキします。何歩かに一歩は踏み抜いてしまう感じです💦


それ以前に、気温がどんどん上がってきてるせいか雪がめちゃくちゃ柔らかい(~_~;)
ズボズボしつつ進みます。


歩いてきた谷が見えています。写真よりもずっと左側からぐるーっと歩いてきました。


少し前から右手にモン・ブランがきれいに見えています。気温は高かったのに霞んでなくてラッキーでした。


あと100mです。


見た目もそんな感じ。もうこれといった偽ピークはなかったはずです。


ただし最後、ものすごく急です。


今日は2200m台の山小屋までで3人ハイキング客に出会ったけれど、それ以降誰も見かけていません。しかし最近誰か登った跡があります。


少し上ると、一息休憩してくださいよ、みたいな狭いけど平らになった部分がありました。


一部平らだけど、端っこは尖がってます。


👇同じくらいのところから。2年前の晩秋に来た時。

見た目ちょっとびっくりしますが、雪がなかったら特別難しいわけではありませんでした。高所恐怖症でさえなければまず登れます。


もうあとほんの少し・・・


飛行機雲がちょうど通りがかりました。


もう頂上まで秒読みです。


1時前、エギーユ・ド・レぺスール頂上(3230m)に到着\(^_^)/
6時半過ぎに出発して休憩込みで6時間15分くらいかかりましたが、この冬(雪がまだいっぱいあるという意味で雪山シーズン終わった感ありません)一番ぶっちぎりの達成感でした。



シリーズ最終回に続きます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。