フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

次男、車の運転を始める!

フランスでは普通免許は17歳6か月から取得可能ですが、コンデュイット・アコンパニエ(=付き添ってもらっての運転)といって学科に受かっていたら免許取得者が同乗すれば15歳から運転することが出来るシステムがあります。日本の仮免許みたいなものと言えるでしょうか。早くから経験を積むことによって慎重なドライバーになるという調査結果もあるようです。


18歳の長男は免許をまだ持っておらず、今現在も9月から始まった大学の授業の復習や宿題でとても忙しいので今すぐ教習所に行くつもりはないようです。
来月16歳になる次男は車オタクなので、やはり自分でも早く運転したくて夏から教習所に行っていました。7月に学科に一発で受かり、その後日本に行ってたり教習所が夏休みで閉まったりしてたので実際に運転の教習を始めたのは8月末でした。フランスは日本と違ってサーキットのようなものはなく、いきなり路上で練習を始めることになります。


30時間の教習が終わった時点で大体ちゃんと運転できるようになっているのであれば、このコンデュイット・アコンパニエを始めることが出来ます。最終の教習はわたしも来てくださいと言われていたので先週金曜日の午後に行ってきました。


教習所といっても町中に事務所みたいにあります。


学科の勉強をするパソコン。


教官と挨拶をし、教習車に向かいます。駐車場とかもなくて😅教習車は路駐です。ここの教習所は5台あるみたいで、まあ平均的な大きさだと思います。


教官と前回の教習で注意された点などを一通り話してから運転の練習を開始します。
まぁ後は日本の路上教習と大体同じだと思います。街中を少し走って環状道路にも入って出てから縦列やロータリーの練習をして戻って来ました。
確かに大体ちゃんと運転できています。スピードが遅すぎることが時々あること、歩行者にちゃんと気を配ってなかったことなんかが少しあったくらいで、そんなに問題点はないように思われました。


教官も「大丈夫だね」OKサインが出ました\(^_^)/
次男には教習の話は時々聞いてましたが、運転しているところを見るのは初めてでなんか不思議な感じでした。わたしの中ではまだまだちっちゃな子供なのに運転してる💦
教官からわたしにも練習時の付き添いについてのアドバイスをしてもらいます。


嬉しそうな次男。


練習時に車に付けるマグネットをもらいました(*^▽^*)


この教習のあと・・・大急ぎで子供たちと山に出発しました(^▽^;)
というのも、先週末は久しぶりの土日休みだったので本来ならば翌日土曜日の朝から1泊(もちろんテント泊♬)で出発するつもりでした。しかし週末の天気予報が日に日に悪くなってきて、直前の予報では土曜の午後から日曜まで曇りや雨、と出ています(@_@)
 苦肉の策で、金曜夕方に出発してテント泊して土曜に早い目に帰ってくる、というのを思い付いたのは当日の朝です。行き先も天気予報がコロコロ変わったため、アイデアを練っていたエリアがことごとく無理になり、行き先を決めたのは出発5分前でした(^▽^;)


出発前に自動車保険会社に電話して、次男を保険に付け足してもらいました。だって次男・・・早速今回のお出掛けから運転する気満々です(;'∀')
とは言っても、行きは時間が押していたので(うちを出たのは5時10分)わたしが運転しました。帰りはゆっくりでいいので、次男の出番です。


ラ・クロワ・ド・フェール峠(2067m)から運転開始。マグネットを付けます。


ミラーを調整・・・



練習中に最低3000㎞を運転することが必要だそうで、いちいち走行距離とか注意点とかノートに書き込みます。一度、1000km(または4か月後)の時点で一度教官に乗ってもらって教習があり、進歩の具合をチェックされるそうで、その時もわたしが同行するらしいです。


まずはぐるりと峠の駐車場を一周します。


教習車では街中ばかり運転していたため、初めての田舎道、というか山道です。


「わーお母さんの車、運転しやすい♬」と次男。
教習者は最新のプジョー208、ディーゼルの5速MT。硬い感じだったそうです。デミオ(ガソリン、5速MT)はとても柔らかいそう。ディーゼルとガソリンではクラッチのつなぎ具合が違うので初め2回ほどエンストしましたが、後は大丈夫でした。


初めての高速のチケット取る所では遠いところに停まりすぎました。想定内です(^^;
峠道路を含む山道の県道を50キロほど走った後は高速を150キロほど走ります。「疲れたら代わるよ」と声を掛けましたが、結局200キロちょっとのうちまでの距離を次男が運転しました。


運転中の次男が「あっ・・・お母さん、ちょっとカメラ出して前の車写真撮ってくれる?」えっ、ハイハイ。おお、アルピーヌ・ルノーのレース仕様。キッチュなオレンジ色が可愛い!それに続いてBMW2002が。どちらも1970年前後くらいの車でイギリスナンバー、お友達のようです。


料金ゲートではバッチリなところに停車できました(^^♪


ガソリンも入れました。



これから自分が運転したいがために、ハイキングに一緒に来てくれることが増えそうです(^^;)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。