フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

初遠征のユバイ渓谷よりダイレクト♫

バスクシリーズの最終回が書けていないのですが、今日明日と仕事が休みで、火・水ではお付き合いしてくれる人がいるはずもなく、ひとり旅でちょっと遠くの地方に来ています。

でも、2日間どこもお天気悪そうだったので直前までどこにも行かないつもりでした。


これは近場シャルトルーズ山塊の予報ですが、どこもこんな感じです(ーー;)


しかし、かなり遠い地方にはお日様マークも見られます。ハイキングの行き先候補をあちこち天気予報サイトに登録してあります😅


その中ではまだ近いユバイ(ウバイ?)渓谷。山塊、と呼びたいくらい険しく高い山が多いのに(3000m級もいっぱいあります)、何故か「渓谷」呼ばわりです💦


うちからは4時間半以上(うち高速1時間弱)かかります。メルカントゥール国立公園に行った時に通りがかったことはありますが、歩いたことが一度もないのです。しばらく前から行きたいと思っていたので地図は1年くらい前に買ってあります。


毎回のことながら、行くと決めたのが前日の夜9時半。もう寒くてとてもテント泊できないし、山小屋も閉まっているし勝手に使える山小屋、避難小屋がエリアには見つかりません。行きたいハイキング先の最寄りの村の民宿を予約しようと思い、調べたり電話したりしたのですが閑散期のため、全て閉まっているみたいです。11時になってしまい、ホテルならまだしもさすがに民宿には電話できないので、苦肉の策で少し離れたエリアの民宿をブッキング・ドット・コムで予約しました。少数ですが、ブッキングとかのホテル予約サイトに登録している民宿もあるのです。


さて。今の時期、確かめないといけないのが道路情報です。特に峠道路は天候などの影響で急に閉鎖されたりもするのでいざ近くまで来てあれ、閉まってる⁉︎、なんていうのは困ります💦緑がオープン、赤が閉鎖中、オレンジがスノータイヤかチェーンがお勧め、または義務。よりによってわたしが通る予定のロータレ峠とヴァルス峠は両方がスノータイヤかチェーンが義務∑(゚Д゚) でも心配ありません、


先週の土曜の晩に長男に手伝ってもらって代えたばかりです🤩


下調べ&荷物の準備に時間がかかり、寝たのは2時半過ぎ💧目覚ましは4時前にセット、1時間ちょっとしか寝られませんでした。


今朝。今回必要なものをアパートの地下カーブに取りにいきます。何かって…アレですよ!スノーシューです。ワインのダンボールの上に置かれています( ̄▽ ̄;)


今回の荷物。テント泊するわけではないし、ひとりなので思ったほど大した量ではありません。


その後のことはまた後日、記事に詳しくアップするつもりなので、最低限だけ…


お天気も現地に近づくにつれて回復😊これはヴァルス峠(2108m)にて。


ヴァルス峠の道路標識(バイクや自転車のクラブのシールだらけ💧)をバックにセルフィー😆あまりの強風&マイナスの気温に独り言で悪態つきまくる…

青空と真っ白の雪、カラマツの黄色が鮮やかに美しかったです。


新雪で一歩一歩沈むのでめちゃくちゃ疲れましたが…


とっても気持ちがいい💖


夜中に破れかぶれで予約した民宿もとても快適です。明日も少しスノーシューしてからドライブを楽しみつつゆっくり帰りるつもりです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。