randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

南仏ケラス山塊へ初遠征(その2)

初体験のケラス山塊。2日目のハイキングの話をする前に今回泊まったジット(数人が同じ部屋に寝るシステムの民宿)と途中たまたま見つけて入ったケラス農協&工芸品ショップのことを書きます。


ハイキングした場所からジットまで30分弱の道のりだったのですが、ほとんどのお店が閉まっている日曜の夕方にも関わらず、ロータリーの一角にあるかなり大きなお店に煌々と灯りがともっています。気になるのでロータリーを2周目しつつ目を凝らしてみると「ケラス農協」「工芸品」の文字が~もちろん入ってみたのは言うまでもありません。


店内は半分くらいが食品、残りは工芸品を売るスペースになっていました。
工芸品は彫り物をした木製の商品やおもちゃ、家具、焼き物などが多かったです。
山、森が大半を占めるこの地方は林業が盛んなようで、泊まったジットのすぐ近くにも木製おもちゃのアトリエがありました。


ワインのお供に良さげな瓶詰めのパテの類。


こちらはチーズ💖牛乳製だけでなく、山羊乳、羊乳製のものもたくさんあります。


そしてとっても充実していたのがジャム系。しかも安い~Σ(´∀`;)
珍しい種類の果実のものもいくつかありました。大好きなのに見つけるのが難しいフルーツのものもあり、もちろんお買い上げ(^^♪


そしてフルーツやハーブのシロップやリキュールもたくさんありました。しつこいようだけど、こういう小規模生産の商品の値段としてはかなり良心的です。


焼き菓子やタルトなどの郷土菓子もいっぱいあります。



食べ物の写真ばかりになりましたが(^^; 店の残り半分には工芸品が。


素敵な家具だけど、こんなん何気に買っちゃうツーリストもいるのかな(◎_◎)


食器も結構可愛いのがあります。一部、なんとなく日本っぽいテイストが入ったものがありました。


(家に帰って撮りました)欲しいものだらけでセレクションが大変でした(^^;)


チーズも少しずつ・・・


きれいな茶飲み茶碗~(エスプレッソカップだそうです)



さてさて民宿に急ぎます。グーグルマップが探し当ててくれなかったので(;´Д`) 途中電話して民宿に到着~~  夕方6時過ぎでしたが、もう真っ暗です。


部屋に案内してもらった後は、どうぞ居間の暖炉で温まってください、と勧められました。わたしが使う部屋(5人部屋にわたしひとりでした。。)も暖房が入ってましたが、暖炉はやっぱり暖かさの度合いが違います。


その日の午後、屋根裏部屋の整理をしていて出てきたというお菓子の型やアンティークなものたちが。


値段は夕食、朝食込みで39ユーロでした。


お腹いっぱいになってお部屋に戻ります。
おやすみなさ~い


次の朝。いいお天気だ~♬ 部屋の窓からの景色。


ドアから見た景色


昨日は着いたとき既に真っ暗だったので何も見えなかったですが、朝見ると可愛いシャレー風なおうちです。


猫ちゃんが2匹いました。


今日もいっぱい歩くのでガッツリ食べます。


さあ、荷物をまとめてお宿のご夫婦にご挨拶をして出発~


・・・えっ・・


夜の間に降ったみたいです( ゚Д゚)
温暖な地域に生まれ育ち、まあまあ寒いリヨンでも雪はそんなに降らないし、いつもアパートの地下駐車場に停めてる自分の車がこんなことになるのは人生でほとんど起こっていないことです。雪国の方たちにとってはしょっしゅうのことだと思うのですが。


フロントグラスの雪をはらって本日のハイキングに向けて出発です。
もちろん今日もスノーシューです\(^_^)/



今日もまた午前1時になってしまいましたので、明日以降にその3(最終回)を書きますね。