フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

色々出来るようになった\(^_^)/

両足首骨折のうち、軽度だった右足のギブスを先週外してもらい、自宅に週3回来てくれる理学療法士と右足を地面につける練習が始まりました。いかにもリハビリっぽくなってきて嬉しいです。


まだ松葉杖で自由に歩くところまではいっておらず相変わらず車椅子での生活ですが、片足のギブスが外れたことによって思わぬ変化がありました。


一つ目は、夜寝るのが楽になったことです。今までは左足に固定器具(パイプ)、右足にギブスだったので一晩中両足を真っすぐに伸ばした体勢で仰向けのまま寝ざるを得ませんでした。両足が真っすぐ=上半身も真っすぐなので夜中に腰や背中が痛くなり、何度も目が覚めてはベッドで上半身を起こし凝りをほぐして?また寝ようと試みる、という辛くて長い夜でした。


ギブスが取れた右足は今では自由自在に曲げられるし、寝返りを打つことや横を向いて寝ることはできませんが、腰そして上半身の姿勢を少し変えることができます。そのおかげで寝ているときの背中や腰の痛みはかなり改善されました。


二つ目は車椅子に乗るときに今では右足はぶらんと垂らす形になり、二つあった前方の足を乗せる台が一つになったので移動しやすくなりました。
今までアクセスしにくかった台所の流し台など色んなところにも手が届きやすくなりました。


退院して自宅にに戻った時は車椅子に慣れていないことや、腕や指の筋力さえ落ちていたし、山で怪我をしたときの打ち身で何となくまだ体もあちこち痛い感じで家事や料理などとてもできない状態でした。子供たちや、友達の好意に甘え切っていたのですが、先週から急に色々料理ができるようになりました。腕や指が筋肉痛になりましたが、徐々に慣れていくことでしょう。


レンズマメとスモークソーセージの煮込み。固くなり過ぎたサラミも小さく切って入れました。
他に鶏肉の煮込み、パスタ、ニース風ジャガイモサラダ(ツナやオリーブ、トマト、さやいんげんなどが入ります)などガッツリ料理しました。
洗い物も半分以上はわたしがやるようになりました。掃除機はまださすがにかけられません。


昨日、週1くらいで顔を出してくれる友達夫婦がお見舞いに来てくれたのですが・・・

わたしがまだ料理全然できないと思ってまた手料理(肉団子トマトソース煮、カリフラワーのグラタン)やフルーツ(リンゴとキウイ、マンゴー)、プチトマト、パン、マルシェでしか買えないおいしいチーズ、そしておやつのブリオッシュ(写真撮り忘れ)を持ってきてくれました。
ズルして生活保護受け取ったみたいな?罪悪感(ーー゛)
友達は「そんなのいいから!」って言ってくれましたけどゴメンナサイ💧


背中や腰の凝りがなくなると気分も良くなるもので、友達とはいつも以上に話が弾みました。怪我をしてから次男の仮免練習に付き合えなくなってしまいましたが、友達の旦那さんが遊びに来たついでに1時間半くらい次男と一緒に運転に出掛けてくれるので助かっています(*´ω`)




同僚で山友のS君も定期的にうちに寄ってくれるひとりですが、今月初めからバカンスでアメリカへハイキング旅行に行っています。


こんなエキゾチックな場所の写真を送ってきました。アーチーズ国立公園だそうです。
むむむ、悔しい・・・アメリカなんて遠征したことがありません_| ̄|○
対抗するためにフランス国内のハイキングで行ったエキゾチックな感じの場所の写真を集めて返信しました( ̄▽ ̄;)


フランスの山って感じじゃないでしょう!?実は全部わたしが溺愛するオート・ザルプ県で撮った写真です。左上だけエクラン国立公園、残りはすべてデヴォリュイ山塊。
・・フーっ💧思い知ったか(^O^)/


そしたら数日後にこんなのが送られてきました。

ぬぬぬ~~美しいΣ( ̄□ ̄|||) グランドティトン国立公園だそうです。


よっしゃ、我らがオート・ザルプ県にも似たようなもんがあるわい!!

・・・ね、ほとんど同じ(≧∇≦)
(ケラ山塊、2017年12月)


今頃はイエローストーン国立公園の予定だそうです。
う・羨ましいっっ(´Д⊂ヽ



最後まで読んでくださってありがとうございました。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。