フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

友達とウサ晴らしランチ

すぐにしてもらえると思い込んでいた再手術がもっと先のことらしいと分かり、落ち込んでいたので仲の良い友人がご飯を持って遊びに来てくれました。


わたしは飲み物とつまむ物だけ準備しました。


日本人の友達が日本風ポテトサラダ、サラミとパンを、フランス人の友達がレンズ豆のサラダとパプリカとフェタチーズのサラダ、それにデザートを持ってきてくれました。


わ~いヽ(^。^)ノ
決してお料理するのが嫌いってわけではないんだけど(^^;)全部持ってきてもらうのは正直助かります。いただきます.。o○


デザートは色々デコレーションされたフィナンシエでした。へ~っ、今こういうのあるんだ。外に出ないので😅全然知らなかった・・・
ラズベリー味、チョコレート味、プラリーヌ(砂糖掛けした赤いナッツ)風味。


奴隷にコーヒーを持って来させました。


リヨンに本店があるパン屋さんです。箱にはボルドーの住所もあるので新しく店を出したのかな…パリのアンバリッド界隈にも出店してたのですが、箱に住所が書いていないところを見ると撤退しているみたいです。


気心の知れた友人たちとおいしいものを食べてバカ話をしていると少し元気が出ました。友人たち、ありがとう!


加えて、この場を借りてブログで励ましの言葉を送ってくださる方たちにも改めてお礼を言わせていただきます。いつも本当にありがとうございます。



おいしいものを食べて元気になった後はお山の美しい雲海の写真でさらに元気を保つ作戦です。


ヴェルコール山塊、2016年10月
雲海の定番スポット、ヴェルコール山塊の「東のベランダ(またはバリケード)」と呼ばれるエリア。晴れの予報なのに早朝、道路が超ガスってたので雲海が見られることはほぼ確実でした(^^♪


ベルドンヌ山塊、2016年10月
シャルトルーズ山塊との間に雲海。登り始めて1時間くらいで森を抜けたところからだったと思います。これもすでに薄くなりつつある雲海ですが、この後ほとんどなくなってしまいました。スマホ写真でイマイチな画質で残念。確か友達と一緒だったので待たせるのが嫌ですぐ取り出せるスマホで撮ったのでした・・・


トリエーヴ山塊近辺、2016年10月
道路からです。この日の天気予報は曇り時々晴れ・・・
朝日が厚い雲に映って神様でも出てきそうなビームになっていますΣ(゚Д゚)


デヴォリュイ山塊、道路からの雲海と同じ日
この日は上りは晴れており、きれいな青空も出たのですが、2758mの頂上では雪。下りは小雨でした。


ボージュ山塊、2018年3月
雲海とただの靄と境界線だと思いますが・・・写真では伝わってこないですが風が恐ろしく強い日でした。2枚目は必至で登ってくる山スキーヤーさん(わたしは下り)。


リヨン市内、2017年2月
全然お山じゃないけど( ̄▽ ̄;)
リヨンの高台、フルヴィエールの丘からもうひとつの高台、クロワ・ルスの丘方面を臨んで。街の雲海というのも風情があるものです。



今日もお付き合いいただきありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。