フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

谷の奥のシャレーでの夕べ

イズラン峠(2770m)で厚い雲に覆われた夕暮れ空を堪能した後は(;'∀')そそくさと麓の村のシャレーに戻ります。


これは10月半ばのドライブ記ですが、その後イズラン道路は他の標高の高い峠道路同様、積雪のため冬季閉鎖期間に入りました。再開通は5月末から6月初めころになります。


今回素泊まりで泊まった山岳協会の所有するシャレー。
戻ってきたときにはもう真っ暗でした。これは夕方到着したときに撮ったものです。
定員は15名だそうでこの日はわたし達の他には3人組の宿泊客があったのみでした。


台所。ガス台や冷蔵庫、電子レンジ、食器や調理器具類もあり自由に使えます。
ただし冷蔵庫は古くて扉がちゃんと閉まりませんでした(;^_^A


2階の洗面室。トイレやシャワーは他の山小屋と同様、共同になっています。


とりあえずは宴会の準備です。


サラミは昼間、地元のチーズ農協で買ったもので、スモークのものとハーブ入りのものと。3人組の宿泊客の方たちにも勧めます。


乾杯🎵✨
南仏から来られた60歳くらいのノリがよく楽しいおじさま3人組。ロゼワインをわたし達に分けてくださいました。
10日間ほどかけてこの地方を回っておられるそうです。30年以上昔から一緒に山歩きをする仲間らしく、フランスじゅうの山にめちゃくちゃ詳しい!いっぱいお話、情報交換をさせていただきました。


カップに隠れている白髪のおじさまは、20年以上昔、登山中に滑落して足首をわたしと同じような複雑骨折をし、やはり完治はしなかった(足首の複雑骨折は完治が難しい)ものの、相変わらず山に行きまくってるみたいです。
「今日は山から下りてきたからきつかったよ」とびっこを引いておられましたが、この方とお話をしていて何だか勇気が湧いてきました\(^_^)/


お喋りが白熱し、サラミだけでは持たずにビールとパテとパンも登場です。
で、バカスカ食べてるとなんかお腹いっぱいになってきちゃったけど・・・


一応お料理もしなくちゃ。
昼間に買ったお肉と、うちから持ってきた野菜があります。


台所にはフライパンとかも常備されてるけど、大きくて洗うのが大変そうだったので(^-^; うちから持参のモンベルのフライパンを使います。


食器も色々あるのに持ってきたやつで😅
いただきま~す(^^♪


デザートには昼間に農協で買ったヨーグルト(180g入りと大きい)と・・・


スーパーで買ったスモモと梨。
あまり期待してなかったけど、どちらも甘くておいしかったです。


デカフェインのコーヒーを飲みながらしばらくおじさま達とおしゃべりしているともう10時半を過ぎています。
3人は洗い物をしながらもう少しうだうだしているというので次男と寝室に上がります。


2段ベッドがいくつも並んでいる様子は普通の山小屋と同じです。
毛布やまくらはありますが、めったに洗わないので😅フランスの山小屋では各自シーツ持参が義務付けられています。これはわたし達がよく利用する相部屋式の民宿でも大抵同じシステムです。


寝室の窓から。



2日目に続きます。
お付き合いいただいてありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。