フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

お盆に次男とハイキング(後編)

日本のお盆のごとく多くの人が連休(または夏の長期休暇中)となる8月15日(祝日)。次男が「あまり登りのしんどいとことでなくて、でも景色のきれいなところに行きたい」というので駐車場が既に2200m台で高低差も少なく散策できる丘陵地のような場所にやって来ました。


最終目的地は湖ふたつだったのですが、駐車場から近いエリアになるので人が多そうです。少し手前の峠でご飯を食べました。
風が出てきて急に寒くなってきたのでわたしの上着を貸しています。わたしはもう1枚あるので。彼は今回いつもより気合が入ってなくて「サングラス」「帽子」「上着」を忘れてきました(;´Д`) 他の持ち物はわたしが準備してあげたのですが、服は任せてあったのです。途中から曇ってきて結局最後まであまり晴れなかったので幸い帽子やサングラスはなくても大丈夫でした。


お昼ご飯のあとは湖に向かいます。


あっ、ハイキング道に放牧の牛が・・・
「怖い。。」と次男。
基本襲ってきたりはしませんが、たまに気の荒くなっている牛とアクシデントが起こったりもゼロではないらしいので「牛さんのいるところは道から離れて歩きなさい」とアドバイスしました。


「・・・。」
怖気づいている次男(^^;


知らんぷりして横をさり気に通り過ぎれば大丈夫です。
ごめんね~お邪魔しました(;・∀・)ってね。


ハイキング道周辺にいたのはアボンダンス種の牛でしたが、丘陵地の低い辺りには黒に背中に一文字に白いラインが入ってる牛がいました。ここら辺では見ない品種です。


しばらく歩くと見えてきました。レリエ湖(Lac Lérié)です。
お盆(みたいなもの)だけあり何人かハイキング客の姿が見えます。


曇ってきたのが残念。青空や向かいの山が映し出されずに湖の魅力が発揮されきれていません(;´・ω・)


次の湖に向かいます。


てくてくと登ってくる次男。


ノワール湖(Lac Noir)に到着しました。「黒い湖」・・・フランスの湖で2番目くらいに多い名前です。一番はおそらくLac Blanc「白い湖」でしょう。


大きいケルンがありました。すぐ隣はものすごい深い谷になっています。覗き込んでいた次男が「怖っっ」


そのすぐのところにエーデルワイスが咲いていました(*‘∀‘)


ノワール湖の湖畔を通ります。この辺りも放牧の牛がいっぱいでした。


牛さんがぺろぺろと身繕いし合ってました(*´ω`*)


大き目のふたつの湖のほかにもう一つ、クリスタリン湖という小さな湖の近くも通りました。極小の湖なのに地図に名前が載ってるのが意外だったのですが、よく見るともっと大きかった湖が枯れてきてこんなに小さくなってしまったということが分かります。


この日ここまで歩いたところには全くなかったのですが、駐車場が近くなるこの辺りにだけブルーベリーがありました。


頑張れ、次男~!駐車場まであと30分くらいです。


うう・・最後は登りになっています。特にたくさん登った印象はないにしても1日中アップダウンのある丘陵地を歩いてきているので最後のこれはちょっとキツかったです💦


はーーやれやれ。ようやく駐車場に着きました。朝は3、4台しか停まってなかったのに満車とは言わないまでもかなりの盛況ぶりです。


重たい登山靴を脱いでほっとする瞬間(;´∀`)


帰りも平均時速15キロでしか走れない7キロある山道が待っています(~_~;)


向かいの山のジグザグもこのあと通る道です・・・


山道終わってしばらくしたところにある村に停まった時。砂だらけ(@_@)


この後、少し前のブログに書いた「聖母マリアの被昇天祭(長っ)の祝日」のクラシックカーの集まりを見に行って帰宅したわけです。
車好きの次男はきっとそっちの方がいい思い出になったことだと思います(^▽^;)

お盆に次男とハイキング(前編)

8月15日は祝日で、前後の週末とくっつけて日本のお盆のように数日間休みになる人が多いフランスですが、当然あちこちお盆のように混みます(~_~;)
長男は友達一家のキャンプに招待してもらっていて留守だったので次男と二人で日帰りでどこかにハイキングに行こうという話になりました。「あまりしんどいところはイヤ」という次男のために「高低差が少なく景色はきれい」というところを探すのに結構苦労しましたが、見つけました。よく人から「きれいよ」と勧められるものの、あまりに高低差が少なすぎて歩き甲斐がないように思えて(それなりに遠いし)今まで行く気になれなかった「アンパリ台地 (Plateau d'Emparis)」です。
15日は4連休だった人たちにとっての休み最終日となるので夕方、道は普段の日曜祝日以上に混みそうです。なので楽ちんコースではあるけれど6時前に家を出ました。


途中通ったベッスの村。


村を出てから細い道をどんどん上がっていきます。舗装されていないので時速10~15キロでしか走られない山道なのですが、グーグルマップいわくこれを7キロ(◎_◎;)です。すごい時間かかりました。
あまり歩きたくないけど高い山のきれいな景色が見たい・・・標高高い駐車場から出発するしかありません。


8時過ぎ。サン・ジョルジュ峠の駐車場に到着です。


この駐車場ですでに2245mあります(^^;
今日はこのエリアをぐるっと回りつつの丘のような山にちょっと登って最後に湖のある方に行ってみる予定です。


出発は8時20分でした。駐車場から既にメイジュやラトーといったエクランのスター達が正面に見えています。出発地点なのに山頂に到着して眺めるようなパノラマが広がっています(^_^;)


まずはラ・ビュッフ山小屋方向へと向かいますが、残念なことに下り坂です・・つまりそれだけまた登らなければならないわけです。


春の訪れを知らせる花、クロッカス。
なんで8月半ばに咲いているのでしょうか・・・謎です。


草原の中歩いて行きます。秋に草が黄色に枯れてきたころはきれいなことでしょう。
お盆(みたいなもの)なので人が多いかと思ったらそんなことはありませんでした。


この日は朝歩いた部分だけマーモットが駆けまわっていました。


シャレーかなにかの廃墟


丘の上の方に見えている白い部分・・・


何と羊の群れでした(;´∀`)
こんなに広大な土地なのに密集しすぎです💦


真向かいの山、何気に3000mちょいあって手前左のなだらかな稜線から登ることが出来るみたいです。わたし一人ならまずひと登りしとくと思うのですが(この地点からだと高低差700mくらいしかないし)、「山はまあまあ好き、きれいな景色は大好き、でも歩くのはあまり好きではない」次男には提案さえしませんでした(;´Д`)
今は真北に進んでますが手前で右側にぐるっと回ってデコボコの丘陵地の高い位置を歩きながら峠(こんな緩やかな丘でも一応峠はあります(^^;。。)を越えて湖の方向(南)に向かうのです。このメインのハイキング道を外れると後は特に道らしい道もないのですが何せこういう草原なので地図があって方向さえ分かっていればどこを歩いてもOKという感じです。いつもの山とは全然違うタイプの土地で案外面白かったです。


おお、前からひとりハイキング客の男性が歩いてきました。60歳前後のイギリス人でしたがフランス語が少しできたので少し話をしました。ハイキングをしているとヨーロッパの他の国の人にも結構出会いますが、多いのは順番にドイツ人、オランダ人、イギリス人、ベルギー人あたりでしょうか。イタリア国境に近い場合はイタリア人もいっぱいいるのですが、そうでない山だといきなり見かけなくなります。


ぐるっと右に回り出したあたり。右の丘の斜面をボチボチ登り始めます。
この日のハイキングの印象のひとつとなったのはバッタです。初めのうちそうでもなかったのですが、この辺りからバッタだらけになってきました。黄色と赤の派手なバッタが多く、一歩踏み出すたびにピョンピョンと10匹も20匹も草むらから飛び跳ねるのです。かなーーりウザかったです(~_~;)


あんまり登ってないけど次男がしんどそうだったのちょっと休憩です。中央の丘の先の一番高くなっているところ(2600m台)まで登ってそこから真下に下りて行って少し左に位置するであろう峠に向かって下りていくつもりです。


振り返ると今回行けなかった3000mほどの山。緩やかで何の障害もなさそうなので1時間もかからずに山頂まで行けてしまえそうなだけに(この地点で2400m台)ちょっと残念です。


休憩を終えてデコボコの丘を進んで行くと・・・
何気に通り越せない崖になっていました(;´Д`) 地図で見て単にアップダウンが激しいだけかと思ったんですが実際見てみたらちょっと越えるのは大変そう。右側に迂回しつつある程度下りて登りなおそうと思います。


一度かなり下りてきました。こんな風に山の低い位置をぐるっと回りつつ少しずつ登っていこうと思ったのですが。。
少し先を歩いている次男がなかなか高い位置まで来てくれません。
「おーい、もっと高いところ歩いて~!」
・・・「はーい」と言いつつ全く上がってきてくれないのでこれ以上言うのも面倒なので山頂無視してこのまま山の下の部分を歩いてぐるっと南方向まで行くことにしました。次男はお兄ちゃんがいるときはカッコつけてなのか、結構ちゃんと歩いてくれるのですがこの日は気合ゼロだったのでこちらも妥協しました。というか妥協案があるルートだったからということはありますが。


結局2600m台の山の2450mくらいまでは登っていただけにちょっと残念ですが、喧嘩して山が嫌いになられては元も子もありません。ゆっくり一緒に歩いて行きます。


シーズンを過ぎたワタスゲがこんなことに(;´・ω・)


川に沿って少しずつ下りていきます。

魚がいっぱいいました。ものすごい速さでビュンビュン泳ぐ体長10センチくらいの魚でした。


道のように見えるのですが、単に水がほとんど枯れた小川です。草のところはチクチクした種が靴に入るのでこの小川の跡を歩きます。バッタもいないし(^^;
この辺りを歩いていていくつか小動物の骨が落ちていました。朝一番にいっぱい出会ったマーモットとかではなく、シャモアかアイベックスのようなもっと大きな動物の骨でした。放牧の羊かとも思ったのですが、羊よりは小さな動物のようでしたがよく分かりません。


たくさん種類があるうちでも水辺に多く咲くサクシフラージュ。


もう少し進んで地図にも載っているハイキングコースに合流した辺り。マウンテンバイクの3人組が。一番前が50代くらいのお父さん、後のふたりが二十歳前後の娘さんでした。「パパー、ちょっと待ってよ!」・・お父さん、元気過ぎです(;・∀・)


緩やかなものの坂が続きます。


朝いちに駐車場周辺で見えていたエクランの立派な山々が見えてきました。


ようやく峠に到着です。12時半を過ぎています。案内表示によるとふたつあるうちの近い湖まで25分。わたしのイメージでは湖畔でお昼ご飯だったのですが、なにせお盆、わたし達みたいに無駄に北方面の丘陵地を一周したりせずに直接湖に行った人も多いはずです。駐車場からだと1時間半ほどで行けるので手軽なファミリーコースになっていることでしょう。多分結構人も多いと思うので、景色のよいこの辺りでご飯にしてしまうことにしました。


メイジュ(3984m)とラトー(3809m)を背景に贅沢なピクニックです✨
まずはサラミを。。


ポテチの袋はもちろんパンパンに(^_^;)


今日は先月末にジュラで買って冷凍していたスモークソーセージを持ってきました。あとはズッキーニと玉ねぎ。


素材を切ってジュージュー炒めます。
あ、やっぱり湖でなく誰もいないこっちでよかったです。日帰りのハイキングでこんなことしてる人少ないので注目浴びるところでした( ̄▽ ̄;)


雲が出てついでに風も出てきて急に寒くなってきました。でも熱いものを食べるにはむしろ都合がいいです。
、、いただきまーすヾ(*´∀`*)ノ



後編に続きます♪

リヨンの町を早朝散歩(後編)

昨日は休みだったのに山の天気予報が悪かったのでハイキングには行かず、朝日を見に町の高台に歩いて行った後、久しぶりに好きな界隈を歩いてみました。気分はツーリストです♪・・てか風景の写真とか撮ってるしどっから見てもツーリストにしか見えてないことでしょう(^_^;)


ゴシック、ルネサンス期の建物が多く残る旧市街地の一番北の端のエリアまで歩いてきました。中世にユダヤ人が多く住んでいたことに由来するジュイヴリー通り(フランス語でユダヤ人はジュイフ)。
角に17世紀の大きな邸宅、ドゥガ館があります。ライオンの頭がいくつも装飾に用いられているため、別名「ライオンの頭の館」と呼ばれています(そのまんまですが💦)。
アーチ形の部分の造りが典型的なフィレンツェ風(当時の)だといわれています。


よく見るとひょうきんな顔をしています。


この通りの素敵なところは、その住所にかつて住んでいた一家(どれも名家です)の名前と紋章、その時期がかかれた看板が昔風にかかっていることです。これはここの通り以外のところでは見ることができません。時期もバラバラですし、当時こんなものが実際にかかっていたわけではないにしても、雰囲気を醸し出す素敵なアイデアだと思います。


通りにはレストラン、掛け時計屋さん、古本屋さんなど数軒の商店があるのですがこんな朝早くに唯一灯りが付いてて誰か働いてたのは何と設計事務所でした(;・∀・)


通りはそんなに長くなくて、間もなく終わりになります。その前に見ておくものがあります。このような看板を旧市街地を中心に時々街中で見ることがあります。歴史的建造物の説明となっています。この建物もそうなのですが、一部の歴史的建造物の住宅は町と協定を結んでおり、管理費を町が払う代わりに建物の内部を観光客に開放する、というものです。つまり夜間や週末以外は建物の入り口が解放されておりそこの住民でなくても建物の中に入れるというわけです。
日本は治安が良いからなのかどうか分かりませんが、マンションやアパートのエントランスに鍵が必要なくて誰でも建物の中に入れてしまうところも割とあるように思うのですが、フランスは基本、住宅として使われている街中の建築物のエントランスには鍵がかかっていることが大半です。


こんな感じです。ちょうど管理係らしい住民のおじさんが開け放って、自転車で出勤?していきました。


人んちなので、もちろん郵便受けが並んでいます。


ここは旧市街地の中でもわたしが特に好きな建物です。
何がすごいかというと・・・


まずは井戸もある小さな中庭があります。
そして・・・


薄暗い廊下を進むと・・・


もっと大きな、そして華やかな中庭が現れます。空が見えていますけど、これは表に全く面していない、四方を建物に囲まれた中庭です。つまり、建物の中でふたつの中庭が連携しているのです!16世紀前半にリヨン出身の天才建築家、フィリベール・デロルムがわずか26歳の若さで「建物を壊さずに」ふたつの中庭を繋げ、しかも当時のフィレンツェの劇場風の優美な装飾を施すことに成功しました。


大きな中庭から見た小さな中庭。


建物から出てジュイヴリー通りを振り返って。


すぐにサン・ポール駅があります。小さいですがれっきとした国鉄駅で、郊外に行く電車が出ていて主に通勤・通学の人に使われています。教会はサン・ポール教会。


この辺りはソーヌ河に近いです。つり橋があるので渡ってみます。


建物の壁がピンクだったりオレンジだったり、屋根はレンガ色をしています。これをもってリヨンがフランスを南北ふたつに分けた場合「南の入り口」とする人もあるようです。冬は底冷えするしとても南という感じはしないですが・・(^_^;)


つり橋から振り返ると、先ほどまでいたフルヴィエール寺院の塔の端っこが見えています。エッフェル塔もどきのテレビ塔も。


つり橋をわたったところに可愛いパン屋さんがあります。しかもおいしいのです✨


石うすで挽いた小麦粉のバゲットとスペルト小麦のパンを買いました。めちゃくちゃいい匂い😻


建物の外には配達用の電気自動車が停まっています。


そのすぐ裏に観光名所として有名な建物があります。


リヨンには壁にだまし絵の描かれた建物がたくさんあるのですが、これは圧倒的に有名なものです。リヨン出身の歴史上の有名人が勢ぞろいして建物のベランダや窓に佇んでいるのが描かれています。ポール・ボキューズ、星の王子様の著者アントワーヌ・ド・サン・テグチュペリ(リヨンの空港も「サン・テグチュペリ空港」といいます)、映画を発明したリュミエール兄弟などが誰でも知っているところです。


フランスでもなかなか見ないヴァイオリン専門店です。


しばらく歩き続けると・・・


市庁舎のあるテロ―広場に到着します。


これは・・もう1年以上修復工事しているのですが、ニューヨークの自由の女神の作者であることで有名なバルトルディの噴水があります。なんでこんなに時間がかかるのか…フランスで謎なことのひとつです。


これは裏側ですが、市庁舎が広場の一角にあります。


こちらは市立美術館になっています。


広場から市庁舎沿いに歩いて建物の反対側、つまり正面玄関側にきました。こちらも広場になっています。


向かいにあるのは先ほど丘からも見えたオペラ座です。
管弦楽団が独立しており、ディレクターは日本が世界に誇る偉大な指揮者・大野和士さんが10年間務められましたが、昨シーズンを最後に辞められたばかりです。


ここからローヌ河を渡ると新市街地側になります。うちまで歩いて帰りましょう。
20分ほど歩くと、わたしのお気に入りのパン屋さんがあります。


さっき寄ったパン屋さんはパンは超おいしいのですが菓子パン類がイケてません。こちらはどっちもおいしい💕でもパンの味というかタイプもちょっと違うので、どちらが美味しいか、とは即答できません(^^ゞ
いっぱい歩いてお腹が空いてきたので(朝ごはん食べたんですけど)、ちょっと休憩です。ここは広くてイートインスペースもあります。


スペイン式、レンガのハンドルでくるくる回すタイプの石窯があります。なので、店内がめちゃくちゃ暑い(◎_◎;)


いただきまーす(≧∇≦)


めっちゃ細いフィセル(細いバゲット)。皮好きで中身あんまりいらんわたしにさえ細すぎる・・・


いろんなパンが並びます。


そして、場違いにクルミオイルが売っているのです。親戚だか実家だからしくて、秋から冬にかけては殻付きクルミそのものも売っています。以前2度購入して、とってもおいしかったので(何より風味がフレッシュ)、買っときました。クルミやヘーゼルナッツオイルは古くなると匂いがウッとなるので、製造から流通まで時間がかかるスーパーよりも直接小規模の生産者から買うのが一番です。リヨンから近いグルノーブルあたりはクルミがとても有名で、小粒ながら甘みのある美味しいクルミを産出しています。このオイルもその周辺の村で作られています。


6時前に家を出て、3時間後の9時に帰ってきました。まだ1日ほとんどまるまるある(^O^)


夕方にはお父さんちに2泊で遊びに行っていた子供たちが帰ってきました。
おいしいパンがあるので夜はフォンデュです。フランスでは冬の寒い時期にしか登場しないフォンデュですが、チーズ好き一家である我が家では通年メニューとなってます(^^;
チーズは以前ハイキングの帰りに買ったボーフォールと放牧牛のミルクで作ったグリュイエールタイプのチーズを冷凍しておいたのを使いました。チーズ、そのまま食べる分にはあまりお勧めできませんがフォンデュなど調理して使う分には冷凍しても特に差し支えはありません。
スペルト小麦のパンはとても水分を含んでいフォンデュにはもっちりとし過ぎだったのでサイコロ状に切った後、テフロン加工のフライパンで軽く表面を焼きました。暑いのでオーブンを付ける気がしなかったので(^_^;)


サラダには普通のヴィネグレットと最後に少し買ったばかりのクルミオイルをかけました。薫り高くてサラダが一気にご馳走風になります。次男が特に大好きです。
ワインは以前にご近所さんとブルゴーニュ地方のブドウ畑にドライブに行った時に生産者から直接買った(買ってもらった)ペルナン・ヴェルジュレスの白です。




今回はお散歩にお付き合い下さり、ありがとうございました♬
次回からはまた山です(;・∀・)