フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

モン・タボール(3178m)に登る

朝のうち降ってた雨も上がってくれて、気持ちの良い青空の下、モン・タボールの頂上に隣の山ふたつを経由しつつ稜線沿いで近付きます。これはメインではないコースですが、山小屋で聞くと雪は融けてるから大丈夫と言われたので安心してチャレンジです。ここから登って反対側の一般的なコースから下りて2泊目の山小屋に向かうつもりです。


ロッシュ・デュ・シャルドネ山頂を経由、ヴァルメニエ峠を通過したところ。


renoncules des glaciers ルノンキュールはキンポウゲ科の花一般を差しますが、これはその名(グラシエ=氷河)が示す通り、氷河跡などの乾燥したザレ場に多く見られる種です。白が多いんですがこのようにピンクも。


雪が結構残っている地点に来ました。




といっても本当に雪の上を歩かないといけないところはそう長くありませんでした。


このあたりもいたるところにエゾムラサキが可憐な青色を添えていました。

また峠っぽい地形のところに到着しつつあります。


ラ・シャペル峠です。あと200mちょっとです。


前方右手が稜線のようになっています。どうやらあれがメインな登山道のようです。


ザレた急なところを登ります。
すぐに合流するのかと思いきや・・・



あ、そういうことね(^_^;) さっき思ったのよりもっと遠い位置で合流するみたいです。


ここがふたつのコースの合流地点です。
ところでふたつの峠が示されていますが、わたしが通ってきたのはCol des Muandes、帰りに通るのが Col des Méandes。名前似すぎてます(@_@)


雲が結構あるけど見晴らしはまあまあです。気持ちのよい眺望の中登り続けます。


うわぉΣ(゚Д゚)
マウンテンバイクが2台頂上から滑り降りてきました。なんだか山スキーヤーを彷彿させられるスピード感でした。気持ちよさそうですが担いで登るの大変そう・・・


上に何か見えてきました。


地図にも載っている頂上の少し手前にあるチャペルです。頂上に十字架くらいあることは多いですが、こんなチャペルが(ほぼ)頂上にあるのは珍しいです。でも聞く話によると、イタリアでは山登り=巡礼みたいなところがあり(イタリア人、フランス人より信心深いイメージです)山頂に結構立派なチャペルが建っていることは珍しくないんだとか。ここはイタリア国境も近い(出会ったハイキング客が「ここは以前イタリアだった」と言ってました)ことを考えると不思議ではないのかもしれません。


中はシンプルです。


キリストの木造があり…


落とし物?忘れ物?のアイゼンなどの装備が置いてありました。


チャペルを後にして頂上を目指します。

隣にある山のひとつ、ピック・デュ・モン・タボール。3207mと今向かう頂上よりも少し高くなっていますがクライミングでないと登れなさそうです。


頂上のケルンが見えてきました。


10時45分、モン・タボール頂上\(^_^)/


頂上に着くまでも眺望はよく、一番上だからといって特別色々見えたわけでもなかったので(^^; 10分も滞在しないで下り始めました。


チャペルまで戻ると、トレラン男性が大型犬と共に上がってきました。イタリア人でした。しばらく何やかんや言ってくれたのですがすべてイタリア語だったのでほぼ全く分からず(;´・ω・)


チャペルを後にして下りていきます。


おおお・・(*_*) やっぱりこうやって登ってきてたか。。何人かの人が自転車を押したり担いだりしつつ登ってきました。わたしが登ったほうのコースは登りも下りも自転車は無理なのでこちらの広い登山道限定でしょう。
みんなと挨拶を交わしましたが、全員イタリア人でした。このほかにも犬を連れたトレランの女性、普通のハイキング客数名とすれ違いましたがフランス人カップルがひと組あった以外は全員が「ブオンジョールノ!」でした(;´∀`)


途中に3つくらい十字架がありました。こんなにあちこちひとつの山に十字架があるのは見たことがありません。


ほとんど下りたところでいっぱい登ってきています。・・・なんと小学生くらいの子供たちでした(;゚Д゚) もう学校はとっくに終わっているので地域のグループとかそんなんでやってきたのでしょう。こっちの道は広くて危なくないけれど、傾斜はかなりきついです。みんなほぼ手ぶらとはいえ、ちゃんとした靴でない子も多いしキツそう。そのうち何人もの子に聞かれました。「あと頂上までどれだけ?」最寄りの山小屋からなら600~700mの高低差なはずですが、駐車場からだと一番近くても1200mは登ることになります。確かに景色は良かったけど、ついさっきまで天気は不安定だったし結構ハードな遠足だなぁと驚いてしまいました。


峠まで下りてきました。大きなケルンがふたつ門柱のように積まれています。


先月日本のアウトレットで購入のプロテックですが・・
誤差、30m。。頼むでーカシオ~~ 
まぁ今朝山小屋であわせたきりで先ほど頂上で調整するのを忘れたのも悪いとは思いますがいつも案外誤差が大きくちょっとがっかりです。でもまあ全然ないよりはましなのでこれからも持って行きますが・・・


この先がまた谷になっています。これを下りて進んで行くことになります。


草のところとザレ場ガレ場が交互に出てきます。


少し離れたところにマーモットがちょろちょろ動いてたので立ち止まって見ていたら・・


オコジョがそのすぐ近くを走り回ってました😻 マーモットと違ってすばしっこく、じっとしてないので写真に撮るのは難しいです。


さて12時半ですが、もうすぐ湖があるようなのでお昼ご飯はあと少し我慢して歩くことにしました。もちろん朝食のあと2回くらいビスケットやシリアルバーのおやつは食べています(^_^;)



明日に続きます。

セルス山塊2日目朝、雨に降られる

1日目は山小屋に向かっている途中に降り出した雨の中の到着となりました。夕食時間中に翌日の天気予報を山小屋で教えてもらいましたが(ネットは当然繋がりません)、曇り時々晴れ、時々雨という一番役に立たない予報です(;´・ω・)
翌日晴れることを祈って寝床に着きました。


翌朝、6時前に朝食を作りに食堂に下りると窓から見えた景色。
・・・降ってますやん(つд⊂)エーン
それでも食後片付けて出発準備を進めているうちに雨足は弱まってきたようです。


6時半。待っていたからといって天気が回復に向かうという予報でもないので思い切って出発します。昨日は北西方面から谷へ下りてきましたが今朝は北東方向に登ります。出掛けようとしていたら昨晩一緒に夕食を食べた男性ハイキング客が地図上の道に途中で交わる細いけど歩きやすい登りがあることを教えてくれたのでそこから行くことにしました。まだ山小屋からはほとんど誰も出て行った気配がありません。みんなゆっくり朝食をとりながら雨が止むのを待っているようでした。


こんな空模様ですが、それはそれで幻想的といえるかもしれません。


荒涼とした草原が広がります。あと2~3か月後には草が黄色く枯れて秋の柔らかい光に照らされて美しいことでしょう。


出発して約40分後、ひとつ目の湖に到着です。山小屋からだと300mほど上ったことになります。雨は上がり、青空さえ広がってきました。


畔にはケルンが積まれていました。


ワタスゲは雨に濡れてしんなりしています。


このような取るに足らない水溜りのような名もない湖はそれこそ無数にあります。


白と赤のペンキマークが目印です。白赤はフランスじゅうでGR(グランド・ランドネ)と呼ばれる大きなコースでいちいち番号が付けられています。一番有名なのはコルシカ島の縦断コース、GR20でしょう。ここはGR57となっています。


シャモアだかアイベックスだかの頭蓋骨がケルンのてっぺんに( ゚Д゚)



なんかまた暗くなってきたなぁ、と思っている間にまた降り出しました。かなり強くなってきて、ゴロゴロと雷の音も聞こえます。そんなに近くではなさそうなのですが、のんきに歩く気は起りません(;´Д`)


とりあえず、身の丈より高い岩の陰に避難します。風が強く、あちこちの方向から雨に打たれていたので岩にくっつくだけでも半分くらいですみます。


10分くらいは岩に張り付いてじっとしてたでしょうか。雷が聞こえなくなり、雨も少しましになってきたようなので再び歩き出すことにしました。


この辺りはまだ降っているけれど、西の空は明るくなりつつあります。


15分も歩かないうちにまた雨がひどくなってきました。今度は雨宿りの適当な岩も周りにはありません。遠くにはあるけど、ハイキングコースから大きく外れることになってしまいます。雷は聞こえません。うう・・辛い・・・とノロノロと歩いているとふたりの男性ハイキング客が後ろから楽しそうにしゃべりながら歩いてきて抜かしていきました。…そうか、その手があったかΣ(´∀`;)楽しく歩くという!!わたしもやけくそで二人を追うような形でスピードアップして登っていきました。


しばらくすると、嘘のように晴れ間がどんどん広がってきました。わたしはこんなに濡れているのに、いきなり太陽がまぶしく暑いくらいです。自然の一部になったような気分になった瞬間でした。


だいぶ高いところまできました。
ちなみにこの日の予定は、近くにあるモン・タボール(Mont Thabor 3178m)の山頂やいくつかの湖や峠を経由しつつ次の山小屋へ移動するというものです。
モン・タボールへは地図に載っているメインコースで行くのが一般的なようですが、わたしが泊まった山小屋からだと別の山の山頂を通って稜線を伝ってアプローチする方法があるようです。地図を見つつ「ここ通れるのかな~ここから登れたら登りと下りで違うところ通れるし周回するには無駄がないんだけど」と考えていて山小屋で聞いたら、ちょっとハードなコースだけど雪がもうほとんど融けてるから大丈夫だろう、とのことでした。


湖がいくつも見えています。


おおぉ・・なんて楽しいんでしょうか💖


乾燥したザレ場が大好きなリネールがあちこちに咲いていました。かわい😻


眼下には少しの雪と青い湖が。


この岩々ザレザレしたアドベンチャーっぽい稜線・・・幸せ(≧∇≦)

ヴァルメニエ峠に到着。山頂まではあと300mほどの高さを登ることになります。




ここで一休みです(^_^;)
また続きは明日書きます~

セルス山塊 湖の間を縫って山小屋へ

夏休み最後の3日間はイタリアに近いセルス山塊で山小屋ふたつを泊まり歩いてハイキングをしてきました。


お昼ご飯休憩をした直後に50歳くらいの男女4人組が前から歩いてきました。今日初めて出会うハイキング客です。7月の最終週末というのに案外誰も歩いていなくて意外です。この人たちはわたしと同じコースを逆回りで歩いているとのことでした。


登ってきている谷を振り返って。少し雪が残っています。谷をそのまま下っていくとヴァロワールの村にたどり着きます。ヴァロワールもわたしが出発したヴァルメニエ村同様、スキー場を擁する村です。


何かの頂上・・というわけではないんですが十字架がありました。


花咲き乱れる中、峠に到着しようとしています。


分岐が見えています。


わわ、湖も見えてきています。キレイ(*‘∀‘)


プラニェット峠(2525m)に到着しました。時間は1時を過ぎたところです。


湖は大きいものがふたつあります。こちらは向かって左にあるLac Rond …ロン(丸い)湖です。


こちらが右側のLac du Grand Ban グラン・バン湖。雪渓の上で遊んでいる子供たちがいました。うちの子たちも一緒だったら間違いなくここで滑って遊んでたと思います(^^;


ところでこのふたつの湖のすぐ手前までこの春にスノーシューで来ました。別の駐車場から出発してグラン・バン湖まで別の峠を越えてやってきました。雪が積もっていて分かりにくいですが、湖の畔になります。👇

ここでお昼ご飯にして折り返したのでした。この時、夏に来てみたいなと思ったのが実現しました(^^♪


湖までまず下りて、セルス峠を目指します。


峠ですから、当然またアップダウンということになります。
奥に見えるのは隣の山塊、グランド・ルース山塊のシンボルであるエギーユ・ダルヴ(3つセット)です。

峠までもうすぐです。


そのあと下ります。
空が先ほどから怪しくなってきていましたが、ついにポツポツと降りだしました。


眼下に見えてきたのは・・・


Lac des Cerces セルス湖です。
先ほどの峠といい、この湖といい山塊の名前と同じ「セルス」なので、どんな特別なとこかと思ってわざわざ通り道でもないのに寄り道したのですが、フツーのとこでした(;´Д`)


さて雨も降ってることだし急ぎ足で峠まで戻って湖まで下ります。


まだ先月捻挫した左足首が本調子でないので走りたいところを我慢して早歩き程度に急ぎます。2泊で毎食自炊だし荷物が重いので出来るだけ足首に負担をかけないように丁寧に歩くことを心がけました。


エゾムラサキがあちこちに咲き誇っていました。


湿地帯エリアは苔のような草の色が鮮やかです。


ふたつの大きな湖まで戻ってきました。雨のせいか、先ほど湖の畔にいくらか見られたハイキング客はみんないなくなってしまいました。


こちらの湖(Lac Rond)の畔を歩きつつ1泊目の山小屋へ向かいます。


もう旬は終わりかけているジョンシアン・プランタニエールがこの日はまだたくさん見られました。


ハイキング道を外れて湖の近くの湿地帯の水際ギリギリを歩いてみます。


めちゃくちゃワタスゲが咲きまくっています。


こちらはネギ坊主・・・似てる!?


雨は少し強くなってきました。ザックカバーとソフトシェル(主に雪のシーズンに愛用してるやつ)の登場です。


また湖が近付いてきました。


もうちょっと青空だったらなぁ・・・(;´・ω・)


クラレ湖(Lac Clarée)。セルス山塊の中でもこのエリアは別に「クラレの谷」と呼ばれ、つまりクラレ川という川が流れている谷なのですが、この湖はその川が生まれる場所です。
今まで何度か人にクラレの谷はすごくいいよって勧められていたものの、それがどこにあるのかイマイチはっきり分かっておらず(山塊名ではないだけに)行くつもりにもなっていなかったのですが、今回知らず知らずのうちに来られてしまいました( ̄▽ ̄;)
この週末は膝を悪くした友達にキャンセルされたあと急いで決めたため、山小屋の位置くらいしか確認しておらず、細かい通る場所なんかはちゃんと下調べせずに出発していました💦・・まぁ、いつものことです(^_^;)


雨も相変わらずなので先を急ぎます。
山小屋はここよりもまだ200mほど下った場所になります。


また小さな湖(水たまり)がありました。


水草が水面に・・・ちょっと気持ち悪いことになっていました(゚Д゚;)


もう少し先にはまた湖。もういい加減飽きてきました(~_~;)


おおっ、でもこちらにはまたワタスゲが~!!


後ろのごちゃごちゃした山(その合間から歩いてきました)も併せて絵になります。


ごちゃごちゃした山とワタスゲが遠くなっていきます。


雨は・・少し弱まった気もします。空も明るくなってきました。


どんどん下っていきます。


今晩のお宿が谷底に見えてきました。


ドライエール山小屋(2170m)に到着です。時間は3時半です。朝7時に駐車場を出て8時間半が経っています。正直、駐車場からはどれだけかかるのか知らずに出発していました。他にふたつの駐車場が最寄りなのでそちらのコースタイムは山小屋のHPにも書いてあったのですが、わたしが出た駐車場は遠かったので載っておらず・・地図を見る限り「まあ夕方までには着くだろう」くらいには思ってましたが、結構寄り道もいっぱいしたし少しドキドキでした。


窓ガラスに可愛い絵が描いてあります。マウンテンバイクも停めてあります。この日は乗っている人を見かけませんでしたが、翌日は何度もすれ違うことになります。
さて、雨がまだ止みきっていないので早く中に入ります。


窓口で山小屋をネット予約して10ユーロ既に払っている旨を伝え、部屋に案内してもらいます。濡れた服やザックカバーを入り口近くの荷物置き場の洗濯ひもにかけさせてもらいます。ストーブがついているのであっという間に乾きそうです。
寝室の寝床に自分のシーツをセットして場所取りし(場所はちゃんとあるのですが、好きな場所を取りたいので)、食堂まで下りていきます。
ちなみにここの山小屋は料金は素泊まりで大人18.80ユーロ、夕食・朝食込みだと44ユーロです。


手書きのメニュー。なんかカフェかパブのようです(;'∀')


さて、お楽しみのビールですよ、ビール(*^▽^*)
サラミとオリーブがおつまみに出されました。おつまみのサービスは山小屋では珍しいです。


「ガリビエ」は地ビールも地ビール、この山小屋に一番近い村であるヴァロワールに会社があります。このビールは時々山小屋で出されているのを見かけます。
例えばちょうど1年前、友達と2泊でエクランにハイキングに行って1泊目に泊まったオラン山小屋で出てきたのは「ガリビエ」の白ビールでした。友達が「これ‥超おいしいっ」と感激してたのを思い出します。ロケーションが良かったというのを差し引いても(^^;
👇

👆あ~この日はカンカン照りだったなぁ・・駐車場から1300m急傾斜な上りが死ぬほど暑くて山小屋で飲んだこのビールが死ぬほどおいしかった・・・


ちなみに「ガリビエ」は山の名前。山自体よりもツール・ド・フランスがしょっちゅう通るガリビエ峠のほうが有名かもしれません。山の名前は正確には「ル・グラン・ガリビエ」、3228mの山でハイキングで登れる数少ない3000m級のひとつなので時間があればこの夏にでも挑戦してみたいと思っています。


対して今日は小雨の降る肌寒い午後なので、ビールもチビチビといきます(^^;) 爽やかな軽いタイプのビールではなくてなんかしつこいみたいな味なので(ワインと違ってビールはあまり飲まないので味を表現するボキャブラリー不足)それでちょうどいいです。


山小屋のテラス席。天気がイマイチなのでお客さんはおらず、代わりに小屋で飼われているニワトリが占領していました。


雨は止んだようです。外にちょっと出てみました。山小屋の前で撮った一枚。


ドライエール山小屋はベッド数64の中規模の山小屋ですが、この晩はほぼ満員でした。今日1日、ハイキング客にあまりすれ違わなかったので意外でした。いつものことですが、そのほぼ全員が夕食と朝食も注文しています。自炊派はわたしの他に40歳前後くらいの男性客ひとりだけでした。


奥が食堂です。わたし達がいるのは自炊の人が使える小さな部屋。流しとテーブルに椅子があります。ふたりだけでしたので隣同士に座ってずっと色々な話で盛り上がりました。
面白いことに、この人もわたしと同じリヨンの人で、住んでる最寄りの地下鉄の駅もふたつしか違わず、なんとお互いの職場も徒歩10分以内でしたΣ(´∀`;)


ご飯のあと洗い物を済ませて外に出てみました。


まだ雲はいっぱいありますが、美しい夕焼けでした。



次回は2日目の様子です。