フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

2泊でベルドンヌ山塊へ(その4)

避難小屋に2泊してのベルドンヌ山塊。2日目のメインイベントであるロニエ(2341m)の頂上に着いたのは3時過ぎ。お腹ペコペコのはずが疲れすぎていて逆にあんまり食欲がありません。が、少しは食べないと続きを歩く元気も出ないと思うのでとりあえず遅い目のお昼ご飯にします。





行き先表示板も何もないエリアだったので、頂上になかなか立派なものがあってびっくりしました。十字架もやたらデカいし・・その割に普通に山の名前と標高の入った看板はないという・・(~_~;)


頂上からのパノラマ。


3時40分。山頂での休憩は約30分とりました。この後も少しかかりそうなので結構疲れているもののあまりゆっくりする気になりません。家を出発する前に見た天気予報では夕立の可能性もあるようなことを言っていたし(山ならなおさら)、天気が大丈夫なうちに避難小屋に到着したいというのもあります。
ここから急こう配な尾根を下りていくようです。地図に載っている道なのでペンキマークがあります。


しかし地図に載ってる道(=普通に誰でも行ける道、とわたしは解釈)にしては結構キツそう・・・とちょっとびっくりしています。


サクシフラージュの一種(saxifrage à feuilles opposées)が咲いてました。


ほんとにここ?えっらい細いし危ないところに道あるけど・・・


わたしの今までの経験では地図に載ってる道ってものはもう少し普通のところを通るはずなんですが・・これ、頭おかしい人、命知らずな人のみによって踏みならされた道としか思えないです。


あっ、でもペンキマークあるしΣ(゚Д゚)
やはりこれが地図上の道みたいです。。ここにしても、半歩踏み外したら真っ逆さまだからね~(;´Д`)


振り返って。そりゃ今までいくらでもこんなところ歩いてるけど、コース外のときばかりです。


道細いわ下は崖だわで慎重に歩く必要があります。
危ない道は地図上で点線になってるはずなんですが、ここの部分は全く普通の表示です。ファミリーコースかと思って小さい子供とか連れてきてしまったら大変なことになります(◎_◎;)


危ないのでそろりそろりと足元見ながらゆっくり歩くので花もよく目に付きます(^^;


振り返って。


まだしばらく続きます。
が、その後道が消えてなくなってしまいました。いや、ほんとに(;´Д`)
歩く人が少なくてあんまりしっかり踏みならされていないからでしょうか。道は見えないものの続きの岩の上を怖々歩いて行きました。そしたら目の前はほぼ断崖絶壁みたいになっています。これはどう考えても下りるの無理だろ・・・
とりあえずなんでもいいから(多少遠回りになってもいいから)下に下りなきゃ!と少し戻って稜線の左側に何とか下りられそうな傾斜の部分を見つけて必至のパッチで下りていきました(~_~;)


こんなところを下りてきました(;´Д`)


そしたらなんか踏みならされたっぽいところがあった??


おお~~っ!これ、道やん!!(≧∇≦)


こんなとこ通らされたにしても、道の形にはなっています✨


細いけど道ですよ~道♪


しかも方角的にもあってる(*'▽') さっき岩の上で四面楚歌絶体絶命みたいになってたときは「なんでもいいからとりあえず下に下りたい(つд⊂)💦 変なところに下りてしまったにしてもそれはあとで修正すればいいだけの話」って思ったけどバッチリ峠に向かってますやん!まさにさっき歩いてた道の続きのようです。


しばらくてくてくと歩いていると看板がある峠に近付いてきました。


嬉し~~(;'∀') 昨日の朝通ったペルシュ峠に戻ってきました。ある意味、昨日のグラン・ムーランや先ほどのロニエに登頂した時よりもよっぽど達成感あった瞬間でした(^^;


あとはこの平和的な風景の中、めっちゃしっかりした道を山小屋まで歩くだけです。


先ほど登ったロニエが奥に見えています。


昨日の朝通過したアルバレタン避難小屋に到着。今晩のお宿にするつもりです。
時間はもうすぐ6時になろうとしています。朝出発したのが6時45分くらい、休憩は合計でも1時間もしていないので(休憩らしい休憩はお昼の30分以外は5分ほどロニエ登頂直前におやつ休憩したのみ・・あとは地図を見たり写真撮ったり服やアイゼン、ゲイターの付け外しなどで1~2分止まることはよくある)10時間半くらい歩いたことになります(^▽^;)


これでもかと言わんばかりの量の木のストックがあります。まるでこれから冬になるのかという勢いです(◎_◎;)


中は誰もいません。


2階に上がる階段。小屋の中も木のストックでいっぱいです。しかも全部既に斧で割ってあって親切。小屋は麓の町の管轄で、ほかにもこのエリアにあるふたつの小屋も町が責任をもって管理しているそうです。めっちゃやる気のある職員がいるとみました。


2階部分。直接床に置いているマットレスもベッドもあります。写真に写っていない手前らへんにもマットレスがあるので計10人くらいは泊まれそうです。


小屋からちょっと離れたところにトイレがあります。


中はこんなんです。


水場も小屋の前にあり水がジャージャー出ています。


小屋の1階部分で晩ご飯に必要なものを出しつつザックの整理をしていると小さな女の子を連れた若い夫婦が小屋に到着しました。とても気さくな人たちでまず名前を聞かれ、自己紹介しあいました。小さな女の子はルナちゃんといって、ここの小屋には何度か連れてきているそうです。小屋に1泊することが目的で、明日朝歩いて30分くらいの湖にだけ寄って帰ると言っていました。ドイターのベビーキャリアでお父さんがルナちゃんを担ぎお母さんが全員の荷物が入った大きなザックを担いでました。しかもお母さん妊娠6か月でお腹大きかったです。小さな子連れでも妊娠中でもごく普通に山を楽しむ一家の姿が素敵でした。


お父さんが晩ご飯づくりを始めました。起こした火をわたしも使わせてもらいました。


ご飯のあと鍋を洗いに行くルナちゃん。絵になる(*´ω`*)


9時20分。小屋の前で。ご飯のあとハーブティーを作って焚火の前で飲みながら奥さんと話していましたが(旦那さんはルナちゃんを寝かしに行って)、1日歩いて疲れたのでそろそろ寝る準備を・・・



その4はこれでお終いです。次は3日目、最終日の模様です。


人気ブログランキング

2泊でベルドンヌ山塊へ(その3)

避難小屋に2泊してのベルドンヌ山塊。5時過ぎに目が覚めました。他の泊り客はみんなまだ寝ているようです。荷物を全部持ってそろりそろりと1階に下りました。


小屋の前で。5時21分。


5時45分。


小屋にトイレはないので少し離れたところまで行きます(^^;


6時過ぎ。小屋の前で朝ごはんにします。


6時15分、シャルトルーズ山塊。台のように飛び出してるのはグラニエ。
山で朝焼けを見ながら朝ごはん・・・この上なく幸せなひと時です。


出発は6時45分。
今日の行程も長くなりそうです。


👇今日はこんな感じ(オレンジの線)です。黒い線は前日の分。

今日のメインイベントはこのエリアで前日登ったグラン・ムーランと並んで「ハイキングで登れる(装備のいらない)高い目の山)」であるポワント・ド・ロニエ(略してロニエ)です。地図でも分かりますが、アップダウンの多い複雑な地形のところを麓まで歩いて行きます。


草の生えたエリアからザレ場に移行しつつあります。


フレッシュ峠(Col de la Freche)は写真の手前すぐ左の急傾斜のところを上がるようですが、目の前の小高い山辺りやその次の小高いところも特に障害物がなく続けて歩いて行けそうです。気持ちの良いところなのでそちらに寄ってから峠を越えようと思います。朝はそういう余裕のアイデアが浮かんできますが、日が高くなり暑くなって疲れてきたら最短距離!!が基本です(^^;


障害物ない、と書いたけれどまずこれをトラバースです💦
朝でまだ気温が低く日陰なため雪が結構硬くなっていたので、ここでアイゼン登場となりました。
数歩分だけトレースがありますが、すぐ終わっています。アイゼンがなかったかなんかで引き返したのでしょうか。少し下に細い目のトレースがありますが、後で合流してみるとシャモアかアイベックスが駆けていった跡のようでした。


渡り終えました(´▽`) ホッ
道の形っぽくなっているところを目指して渡りましたが、到着した土ゾーンには薄っすらと黄色のペンキマークがあり、さらに(´▽`) ホッ


振り返って。


あとは楽そうです。


上のほうまで行ってみます。一部雪がかなり溜まっています。


わ~い💛反対側が見えました。
峠に到着して今まで全く見えていなかった山の裏側の景色が目に飛び込んでくる瞬間・・・山歩きをしていて最も面白いことのひとつです。
峠自体はもう少し手前の低くなっている辺りのようですが、こうやって反対側を覗いてみると特にどこで越えても同じことのようです。
そしてその後は写真右奥にある次の峠を越えていきます。


とりあえず峠は置いておいて、もう少し稜線上を行けそうなので引き続き登ってみます。
振り返った景色。写真の中央あたりがフレッシュ峠で、道の形が薄っすら見えている部分があります。


きりがいいそこの尖がったところまで登ってみます。その続き(写真左奥)は一度かなり下りることになるのでもういいです。


はい、来られるところまで来ました。地図によるとここは「ポワント・ド・ラ・フレッシュ」(2268m)のようです。霞んでますけどいい景色です。
あとは峠まで適当に下りていきます。


看板もありませんが、大きなペンキマークがあるので多分これがフレッシュ峠(2183m)。


奥の峠に向かって山肌に沿った小さな道を歩いて行きます。地形上、だいぶ下りつつまた峠に向かって上がるという道です(~_~;)


振り返って。どんどん下りて来ちゃってます(;´Д`)


アザレ・デ・ザルプがびっしりと。ひとつひとつは1センチにも満たない小さな花です。まだ満開ではありませんが、薄いピンクが可愛いです。


やれやれ、こんなに下りちゃいました💦 ここら辺から峠までは上りになります。


登りつつ、来た方向を振り返って。もっと高い位置を歩いていたらこのアップダウンはないわけなのですが、写真中央の岩壁とかのせいで一度下りることになるようです。


近いようで遠い峠・・・


もうちょっとだ~~


・・はぁはぁ。。ぜぃぜぃ(;´Д`)
ようやく着きました。看板もないですが、フォール峠(Col Fort)、2145m。こんなにしんどかったのに先ほどの峠とほぼ同じ標高(むしろ少し低い)という。。
ここで中年のご夫婦が休憩されていました。今日初めて会うハイキング客です。ロニエまで行って反対側から下りて避難小屋に行くというコースを説明すると「うっわ~大変だね。1日退屈することはないよ」とのお返事(^^;


この峠からも先ほどと同じパターンで一度底に近い辺りまで下り写真の左側にある別の峠を越すことになります。・・・いい加減イヤになってきました。。


でも飽きてきただけで、別に危険とかいうわけではないので諦めて先を急ぎます。
振り返って。峠の真下の急なところはおしりで滑り降りました(^^; かなり速度が出て面白かったです。


振り返って。あ~。。まただいぶ下りてきてしまったな(~_~;)
雪や岩々の地形のせいで道が全然分からず結構不安になったのですが、「あれが次の峠かな」と一応そちらに向かってた場所から大型犬を連れたハイキング客のカップルが下りてきました。すれ違う時に聞いたら、それで合っていたようです。これで晴れやかな気分で前進できます。


着きました。今日3つ目の峠、プレ・レミ峠です。気が付けばもう12時を回っています。
ここからもまたかなり下りないといけないんですね・・これから山に登るっていうのに(本日のメインイベント、「ロニエ」に)・・・納得いかないです(;´Д`)


越えてきた峠を振り返って。先ほどよりは少ないですけど、また雪の中を歩いてきました。ゲイターはひとつ目の峠から下りてくる時くらいからずっと付けています。


さて、雪ゾーンからしばし解放されそうです。・・・しかしまだ下りるかぁ(;´Д`)
今下りてる分、この直後また上りなおすのかと思うとかなりへこたれます。。


かなり底に近いところ(多分1700m台)まで下りてしまいました。ほーんと案内板がないコースですが、ロニエに登る人用に唯一あった印がコレ。黄色のペンキに赤で何か書いています。ほとんど消えていましたが多分Rognierって書いてるんだと思います。想像力を働かせないと読めない表示なんですね~。。普通、地図に載ってるコースなら分岐点にいちいちその場所の名前と標高、分岐先の道の行先が書いた案内板があるはずなんですが。昨晩泊まった小屋の辺りにはあったのですが、それ以降ひとつもありません(◎_◎;)


やっぱりな~って感じの単純な上りが待っていました。


でも可愛いの咲いてたからいいか。。
Tabouret de Kernerという初夏だけに2000m前後の山で見られる花です。


暑い・・・


ちょっと一段落つきそうなところまできました。目の前の平たくなっているっぽいところまで行くとどんな景色に変わるのか楽しみです。


おおっ、ちょっと高い山っぽい景色になってきました。


来た方向を振り返って。


思った以上に遠い山頂・・・もう2時になってるうえ、30分やそこらでは到底頂上まで行けそうにありません。お腹空いたし疲れたし、半端な場所だけどここらでお昼ご飯にしようか・・と座り心地の良さそうなところを探していると、後ろから40代くらいのカップルが登ってきました。「きついわね~この上り!」と奥さんのほうが話しかけてきました。「もうお腹すいちゃって元気でないんですよ。頂上まで待てないからここで食べちゃおうかと」と答えると「わたし達もまだお昼は食べてないわよ」とスタコラと行ってしまいました。そこで「じゃあわたしも」という気になり、さすがに水は飲んでシリアルバーだけささっと食べて彼らを追いかけました。


今まではトレースなしの雪の上をわたしがトレース作ってましたが、彼らのトレースの上を歩きます。


お椀型の地形の内側に沿って上がっていきます。


だいぶ上がってきました。雪渓の先の方にふたりの姿が見えます。


この後山頂の方面に向かった彼らはわたしが稜線の辺りで写真を撮っていると戻ってきて「山頂近くの急な斜面に雪があって危ないから最後まで行けなかった」と言います。
え・・でもわたし頂上から別の方向に出ている道を通って今晩泊まる避難小屋に向かう予定なんですけどΣ(´∀`;) 山頂まで行けないとなったら、今来たところをぜーーんぶ戻って?えっとその後は?昨日来た道引き返すの??頭がクラクラしてきました(;´Д`)


そりゃ考えてた通りに周回できた方が嬉しいけど、危険を冒してまで行くつもりはありません。とりあえずどんな風に危ないのか自分で様子を見てみます。用心深く進みます。


ゆっくり行けば大丈夫な程度の雪です。


15時10分。ポワント・ド・ロニエ(2341m)に到着\(^_^)/
お昼過ぎまでには着くと思っていたのですが全然でした(^▽^;)



きりのいい山頂でその3はお終いです。これ書いてて、しんどかったのめっちゃ思い出してまたしんどくなりました(^^;


人気ブログランキング

2泊でベルドンヌ山塊へ(その2)

2泊3日の予定でやって来たベルドンヌ山塊。いつものことながら予定を組むのが遅く、行き先を決めたのも前日の夜中。民宿などを予約する余裕もなかったので避難小屋に2泊して大きく周回することにしました。


1泊目の避難小屋でお昼を食べたあとは寝袋など必要のないものを屋根裏(雑魚寝スペース)に置いて午後のハイキングに出発です。


チャレンジするのはベルドンヌ北部最後の高い目の山、グラン・ムーラン(2495m)。南側の尾根から登るのが一般的で地図にも載っているコースなのですが、そこから下りてくることにして登りは北西の岩々の尾根からアタックしたいと思います。
まずは避難小屋から先ほど通ったペリエ―ル峠(2003m)まで行き、その辺りの岩々のへんから登り始めます。こちらはコース外ですが登る人も結構いるため、ケルンがそこそこあるし土のところは踏みならされていることが多いので見た目ほど大変ではないという印象です。というのも昨年の初夏に子供たちとそのようなコースで登ったことがあるからです。長男には余裕でしたが、次男は下から眺めたとき「ここ、僕ほんとうに登らんとあかんの?」と泣きそうな顔をして聞いてきましたが、彼のペースでゆっくり行くと大丈夫でした(^^♪
峠から数分のここの地点から1時40分に登り始めました。


登り口がよく分からんかったので適当に登り始めます。


振り返って。


急ですが案外安定しているので大丈夫です。高所恐怖症でない限りゆっくり進めばそう危ないことはありません。


primevère velue。
今が旬であちこちにありました。プリムラのなかでも早くに咲く品種です。


下から見ても上の辺りがガスってましたが時々完全に飲み込まれます。
昨年一度来ているとはいえ、万が一全然視界がなくなった時のことを考えてコンパスは山頂に合わせてあります。


かと思えばすうっと向かいの山が見えたりもします。


このように小さいながらケルンが時々作られているので目安にして進みます。


急な斜面はおしまいで山頂近くはなだらかになっています。と同時に雪が増えてきました。


アイゼンがいるほど硬い雪ではないけど靴に雪が入って濡れると嫌なので(なにせあと2日あります。靴下の替えはあるけど靴を出来るだけ濡らしたくない)ゲイターを付けます。


3時15分、グラン・ムーラン頂上\(^_^)/
残念ながら視界ゼロ・・・


頂上付近をウロウロしていたら心なしか空が明るくなってきた・・?


あ~~いきなり晴れてきた(≧∇≦)


大急ぎで先ほどの壊れた十字架か何かの跡のところに戻ります。


はい、改めてグラン・ムーラン頂上(;´∀`)



ここも高くなってるけど・・どの位置が本当の頂上なのかよく分かりません(~_~;)


頂上には15分ほどいたでしょうか。ここは下りる時の景色がまたきれかったのでゆっくり下りて行きたいと思います。


グラン・ムーランの南の尾根はグラン・ミソ―(2669m)、ピック・ド・フレーヌ(2807m) 他と連なっています。


なんかピース✌ みたいなうさぎさんの耳みたいな岩があります。


指の間(または耳の間)から。。


どんどん下りてきました。


2、3種類いたうち一番見かけた蝶


この辺りは多分明日通ることになる道です。


あとは小屋まで緩やかに下りていくのみ・・のはずがさり気にアップダウンしていて恨めしくなります。


夕方5時。避難小屋に帰ってきました。
わたしが午後の散策に出かけている間に2ファミリー+若者4人組が到着しており、小屋は満員御礼!この山小屋は景色は良いし最寄りの駐車場からだと1時間もかからないという便利さで家族連れや、特に張り切ってハイキングするわけではないけれど山小屋で一晩楽しく過ごしたいというような人たちにも人気なのです。


焚火をするための枯れ木を集めて下りてくる男性がありました。挨拶をすると・・なんと朝、出発地点近くの山小屋に泊まっていて話をした若いお父さんでした。わたしと同じルートで来たのかと聞くと、子供が小さいので最寄りの駐車場まで車で移動してきたそうです。
もう一組の家族とも挨拶がてら会話を交わしましたが若者グループは少し離れた地点で一列に座って黄昏ていたのでそっとしておきました。


野性のルバーブがボーボーに生えている中に座ってぼけーっとしたり、明日の行程を確認するために地図を見たりしてましたが7時半になったのでこのまま外で食べることに。
定番になっているサラミとチーズにパンの組み合わせ、インスタントスープ。そのあと豪華なものが登場です。日本の方が持ってきてくれたインスタント雑炊✨ 


ご飯を食べ終わってもまだ8時過ぎなので夕陽がよく見えるちょっと高いところまで散歩に行きたいと思います。まずはお昼に通ってきた峠まで登ります。150mほどの高低差(峠まで)なのですぐです。


(その1)でも出してきた地図ですが、小屋その2が今晩泊まるところです。黄色が午後に散策したグラン・ムーラン。青色が夕食後のお散歩コースです。


雪が溜まっている場所がありました。


峠に着きました。ここで終わりでも良かったんですが、すぐそこに小高い丘のような山があるのでそっちまで行ってみたいと思います。


何とっ。。後ろにもっと高いのが隠れてました。行くしかないでしょう・・

はい、この後は低くなってるのでもういいです。今日はこれでおしまい(-_-;)
1分くらい滞在して速攻山小屋にリターンします。


帰りつつ写真を撮ります。奥はピック・ド・フレーヌ、中央がグラン・シャルニエ。


先ほど登ったグラン・ムーラン。


少しずつ闇が訪れます。


シャルトルーズ山塊北部。


9時半。小屋はもうすぐです。


小屋に戻ると2家族合同のバーベキューが終わってマシュマロを焼いているところでした。


わたしも呼んでくれたのでお言葉に甘えて参加させてもらいました(#^^#)
食べ終わった後、小さくなっていく焚火の前でお父さんの一人と近辺の山の話で30分くらい盛り上がりましたが、遅くなってきたので大人しく寝に上がりました。


避難小屋ではよく寝られないことが多いんですが、この日は比較的寝られました。心配していた寒さですが、寝袋に加え、ヒートテックの長袖シャツ、フリースにダウンジャケット、ヒートテックのレギンス(プラス昼間履いてるスポーツ用レギンス)で暖かかったです。それ以前に標高があまり高くないですし5月にしては気温も高く、山小屋自体の造りがしっかりしていて隙間風もほとんどなかったことも大きいでしょう。
そして前日2時間くらいしか寝ていなかったことやこの日合計で1700mくらい高低差歩いたのでかなり疲れていたということもあると思います。



その3に続きます。