randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

子供たちと1泊でエクラン中部へ(昨年初夏・その3、最終回)

この週末はお天気が悪いので、シーズン初めの昨年5月半ばの連休に、子供たちとエクラン国立公園中部にてハイキングしたときの回想録を書いていますが今回で最終回です。


溺愛するエクランに半年ぶりに行けることに興奮し過ぎ、日が長くなってきていることもあり調子に乗って非常に長いコースを組み立ててしまい(約20㎞、累計標高差約1700m。おまけに道を間違えたため結果的に約1900mほどに・・)、子供たちから超ブーイングがでました。当然です(~_~;) 彼らは疲れてしまい「明日は僕たちは行かないから。民宿でゴロゴロしてるから」宣言も出ました。当然です。お母さん、反省・・・

元々は2日目も早朝からノリノリでハイキングする予定だったのですが、わたし自身ちょっと疲れてしまって翌朝は起きてきた次男とゆっくり目の朝ごはんを食べた後(長男は爆睡中)、ひとりでお気軽コースのハイキングに出かけることにしました。2年ほど前に友達4人と一緒に来たことがある場所ですが、当時まだそんなに山に目覚めてなくて連れてきてもらっただけだったため、道のことも出発地点のこともほとんど覚えていませんでした、恥ずかしながら…
長男はまだ寝ていたので、次男に「お母さんもし13時までに帰って来られたらここ(民宿)でご飯作るから一緒に食べよう。もし13時にまだ帰ってなかったらお兄ちゃんとこの材料でパスタ作って勝手に食べといて」と言い残し、「お昼過ぎまで滞在してくれても大丈夫ですよ」と提案してくれた民宿のご夫婦には子供たちが民宿のお庭で遊ぶと思います、わたしはお昼前後に帰ってきます」と説明して車で出発しました。


ラ・シャペル村を出たあたり。


きれいな景色で運転しているだけでもワクワクする山道です。…この時軽く後悔。今日はもう歩かない宣言していた子供たちだけど、車から景色見るだけだったら喜んだかも…長男が起きてくるの待って単にドライブだけという手もあったかな・・・などと考えつつ車を走らせていました。


20分ほど走った山道の終点「ジオベルネー山小屋ホテル」前の駐車場に車を停めます。
ここで既に風光明媚なシチュエーションです。車で来られるだけあって山小屋というより山小屋風ホテル兼レストランといった感じでレストランの規模も大きいです。ハイキング関係なしにここだけに来る人たちもありそうです。
この時思い付きました。「子供たちに民宿でパスタ茹でさせてる場合じゃな~い!ここで3人でお昼食べよう!」
携帯は通じなかったので「お母さんがお昼に帰るの待ってて。3人でレストランに行こう」と言うために山小屋ホテルの固定電話を貸してもらいます。電話に出た民宿のご主人に伝言をお願いし、遅めのお昼に3人分予約しました。この日は連休2日目だったので満席ということもあり得るかと思ったのです。
ちなみにうちは極端に外食しない一家で、普段の生活で外で食べるということはほとんどありません。旅行先とかでは別ですが…なので、普通の人が気軽に「じゃあ今日のお昼は外で食べよう」と決めるのとは全然違った感じです。こんな気軽なレストランであっても、思い切って💦と言う感じです。


山小屋レストランを背にした景色。


いくつかのハイキングコースの出発地点になっています。
わたしがこの日行こうと思ったのはロゾン湖(2008m)への周回コース。約2時間です。


上り始めて30分ほどの地点。中央右はエクラン中南部では最も高いLe Sirac (3441m)。この辺りではあちこちから見ることが出来ます。


5月半ばなのでさすがにまだあちこちの山に雪が残っています。


そろそろ地図で見ていた湿地帯エリアに入ってくるはずです。


小川が流れていたり・・・


小さな湖というか水溜りがいくつかあります。ただしこれはまだ目的地のロゾン湖ではありません。地図で見る限り、多分あと10分か15分くらいで着きそうなのですが、そこまで行っていると子供たちと行くお昼のレストランの時間に間に合わなくなる可能性が高いです。ハイキングコース上に雪が残っているところが結構あり、思ったより時間をくってしまいました。もうちょっとというところで悔しいのですが、昨日のリベンジという意味も含めた?レストランなので帰って来るの遅くなって子供たちをがっかりさせたくありません。すっぱり諦めて(この水たまりで我慢して、、笑)今来た道を一目散に駐車場まで戻ります。何せ民宿に戻るのに20分、ここまでまた戻って来るのに20分です。


約1時間後。民宿まで往復し、子供たちと山小屋ホテルのレストランでお昼ご飯です♬
しかし。ここで大変恥ずかしいことが起こってしまいました。
フランスはカード社会で少額でもカードで買い物できる店が多く、日本と比べて現金をあまり持ち歩かない人が多くてわたしもその類なのですが、山小屋に泊まるときはさすがにカードでは払えないので現金または小切手を準備していきます。このレストランはいわゆる山小屋とは一線を画したほぼ普通のホテル・レストラン(とわたしには思えた)だからカードは使えるだろうと楽観していました。というか払えないかもしれないとか頭にもよぎりませんでした。
席に通され子供たちと着席し、おもむろにお品書きを開くとそこには
「カード使えません」の文字がΣ(゚Д゚)
いや、お金持って来てたんだけど今朝、民宿払うのに使っちゃったのよね~・・・
その時点ではお昼にレストランに行く予定などなく。民宿は食料品店もやっていたので絶対にカードでも払えたはずなのに~。。と思うと現金で払ってしまったことが悔やまれます。現金は20ユーロくらいしか残っていません。豪勢?にひとり20ユーロくらいの定食でも注文しようと思ってたのに・・・
とかウダウダ後悔しても仕方ありません。考えられる選択肢としては
①事情を説明して撤退
②事情を説明して現金を調達しに行く
③事情は説明せずに飲み物だけ注文して撤退(お昼予約してきたのに・笑)
④食い逃げ…(;´Д`) なバカな💦
焦ります。脂汗でもでてきそうです。子供たちに昨日のお詫びという意味で来ためったにないレストランなのに・・・
ふと、オプション⑤があることに気付きました。
3人でオムレツを注文する。グリーンサラダと共に最も安い単品であるオムレツは7ユーロです。祝日のお昼に予約して来て飲み物もデザートもなしにプレーンオムレツだけ3人で食べていく人ってのも珍しいと思うんですが、周辺の最大都市(汗)であるラ・シャペル(民宿のある人口100人ほどの村)にはATMさえなかったし、祝日である今日は何もかも閉まっています。山奥では現金も調達できないわけです…


上の写真はそんな複雑な事情で注文された貴重なオムレツを食す息子たちです( ̄∇ ̄;)


オムレツくらいでお腹が一杯になるはずもなく、ホテルレストランを出て即、インスタントラーメンを作って食べました(^^ゞ 


ハイキングはしてないのにいかにもたくさん歩いたかのような写真です。


滝がすぐ近くにあるので行ってみることにしましょう。


近付くとすごい勢いです。ちなみに「花嫁のベール」という名前の滝です。


サクラソウが旬であちこちに咲いてました。


翌朝は子供たちは学校、わたしも仕事なので早い目に出発します。何よりも前日のハイキングの疲れがまだ残っています。。


帰り道にはデヴォリュ山塊の最高峰、オビウが美しかったです。


さらに進んだ先から見えたオビウ。中部~南部エクランに行くときによく通る道なのですが、行きに通るときはまだ暗く帰りはもう暗くなってることが多く、案外こんなにきれいにオビウを見るのはないことでした。この5月の時点でまだ行ったことがなかったのですが9月に登ることが出来ました。👇




今回3回にわたって書いた5月のハイキングは子供たちにとって厳しすぎる行程で(わたしにとっても…)可哀そうなことをしました。
長男には宣言されました。「これからはハイキングに行く前には僕もコース確認するから」と。この時以来、子供たちと一緒の時は標高差が1100~1200mを超えないように注意しています(^^;
長々と書いてしまいました。読んでくださってありがとうございます!












子供たちと1泊でエクラン中部へ(昨年初夏・その2)

お天気がとっても悪い今週末はせっかく久々の土日休みだというのに山に行けません。気持ちのいい季節に思いを馳せつつ、昨年5月半ばに子供たちと1泊で出掛けたエクラン国立公園の中部、ヴァルゴダマール地方でのハイキング記を書いています。


その1では、道を間違え、修正しようにも正しい道が見つからなくて困り果てたところまで書きました。1時間くらい正しい道を探してウロウロしたのですが、どこにもそんなものは見えません。地図にも載っているコースなのでもう少しはっきりした道だと思ってたのですが・・・
ハイキング後しばらくして、ネットで調べたり人に聞いたりして分かったことには「地図に載ってるコースとはいえ、真夏のシーズン以外はあまり人が来ない」「ザレ場の部分が多く、雪が融けた後は前シーズンに歩いたハイキング客によって作られた道の跡は雪の重みによってかき消されてしまっていることも多々ある」
確かにこの日は連休中だというのに、朝から晩までひたすら歩いてほとんど誰とも出会いませんでした。駐車場から30分くらいのまだ森の中を歩いている時に出会った地元のおじいちゃんはこう言ってました。「えっ?レ・ポルト村経由でベランヌ峠?あ~それ、途中から道なくなるよ」それを聞いても「はっ?地図に載ってるのにそんなわけないでしょっ」と特に気にしていませんでしたが、ほんとその通りでした_| ̄|○
その後、これもまだ森を出るか出ないかというときに若い男女3、4人のグループに出会いましたが、そのあとは誰ともすれ違いませんでした。


 

ああ・・・こんなに美しい景色の中にいるのにわたし達は迷っている・・・


疲れ果てている次男


お兄ちゃんが迎えに行きます。


励ましつつ歩かせます。


もう道が全然見えないので長男とふたりでコンパス、地図と地形を見比べつつ、これだという方向に登っていきます。そうしたら峠っぽいところの直前でなーんとなく道っぽいところに交わりました。やった!!しかし、その道にしても言われてみれば道に見えないこともない、程度のもので遠くからは全く見える代物ではありません。雪融け以降まだあまり誰も歩いていないみたいで、ケルンは全くありませんでした。
そして、このザレ場についてその晩泊った民宿のご主人によれば「2012年に滑落死した人があった」後でネットで見たのは「ここを下るのはとっても危険。上りで通るように」(;゚Д゚))
はい、確かに傾斜がかなりあってズルズルと滑るので立ってるだけでもやっと、歩くのが本当に大変でした。しかもわたし達急いでるしね・・・2度ほど滑ってコケて手を擦りむきました。地図に載ってる道がこんなに危険な場所というのは後にも先にもなかったことです。
地図に付いた血痕が思い出がわりです👇


地図ついでにこの日のコースを。👇 血まみれの地図です(~_~;)


さて、この恐怖のベランヌ峠ですが、もうひとつびっくりなことが。ハイキングのサイトで山歩きする人たちが意見を交換するフォーラムを後日見てて知ったのですが「公式地図上のベランヌ峠の位置が、実際の位置より1センチくらい間違っている」らしい・・・
( ゚Д゚)頼むで、地図!!


峠らしきところを超えたら・・・看板がありました。わたし達が探していたベランヌ峠(2450m)でした。必死でたどり着いたので、方向探しに参加した長男は嬉しそうです。いつもわたしに付いてくるだけ、または先を歩くにしてもはっきり道と分かる道を行くだけだったので。写真に付いてる情報によればこの時18時04分。朝8時過ぎに歩き始めて実に10時間が経っています。
そしてこの次に向かうのが、というか探すのがぺタレル峠。看板には右って書いてるんですが右も広すぎて、どっちに行ったらいいのかまるで分からない・・しかも右方面はガスで視界がほとんどないのです、この写真以上に。
この峠からいきなり雪は太ももくらいまであります。さすがは北壁・・・
適当に進んで行っても別の峠らしきものはありません。というかさらに何も見えなくなり、5分ほど進んだあたりで次男が泣き出しました。「ここで死にたくない~~」
長男「お母さん!僕たち、遭難してるんと違うん?足が冷たい~~凍傷になる~~救助のヘリコプター呼んで~」
みんな疲れがMAXに達していました。いつも優しい長男が本気で怒っています。「お母さんは何でもできるって思ってるかもしれんけど、世の中できないこともある」むむむ、確かに一理ある・・・
いや、それもそうだけどここは一家の主べく皆を落ち着かせなければならない~!!
「あのね、5分前には自分たちどこにいたか分かってる場合は遭難したって言わないの。まだ日が暮れるまで3時間あるし、誰かが捻挫や骨折してるわけでもない。そんなんでいちいちヘリコプター呼ばないの!お母さんがもう一回じっくりコンパスと地図で方向探すから。それで次の峠見つからなかったら、ヘリコプター呼んであげるから!」
で、落ち着いてこれだという方向に進むと(一歩一歩雪に太ももまで足が埋まるので歩くの大変でした)、靄の中から峠っぽいところが見えてきました。(´▽`) ホッ 


ふたつ目の峠、ぺタレル峠から。いきなりガスが晴れています。結局ガスってたのはふたつの峠の間だけでした。
眼下には湖が見えます。2300mくらいの地点にあるスベラス湖です。


ここら辺、わたしはザクザクズボズボと走り下りましたが(なんせ急いでいるので)、子供たちは上着に座ってそりで下りてきました。


そのさらに下にあるのがこの日の最終目的地、ぺタレル湖群です。


谷の向かいにあるのは左がピック・デ・スーフル(3091m)と右がピック・チュルバ(3028m)。この時、あの向かいの山に登りたい・・・と思って実現したのが8月初めに登ったピック・チュルバです。👇 


ピック・チュルバの右隣、雲に隠れているのは名峰・オラン(3564m)。向かいの3つの山のうちハイキングで登れるのはピック・チュルバだけで、他のふたつはアルピニスト向けです。


この辺りの標高は2090mくらい。かなり下りてきたので雪はほとんどなく湖もほぼ完全に融けています。


先ほど下りてきた峠方面を振り返って。
さて、この写真の情報を見ると19時22分となっています。5月半ばはまだ山小屋は開いてないので近くの村の民宿を予約していました。19時までに来てくださいと言われていたのですがもうとっくに過ぎています。そして連絡するにも電話は全然つながらない
(;´Д`) 結局このあと10分ほど下りた辺りでようやく電話がつながりました。「すみません、行程を甘く見ていました。まだ下りるのに1時間以上はかかります」と言うと「分かりました、気を付けて下りてきてください」


森の中を3人小走りで下りていきます。これまた結構遠くて全く休まずに半分走って下りても2時間近くかかりました。なんせ1000m下りなければならなかったので当然と言えば当然です。朝に車を停めたレ・ザンドリユー村(1043m)に戻ってきたのは出発から13時間後の21時15分。かなり日の暮れるのが遅い5月ですが、ほぼ真っ暗になりつつありました。


…おっ、わたしが車を停めてる村の入り口の小さな駐車場に3、4人おじさんが集まって話しています。何だろ、こんな時間に?
何と、彼らなかなか下山してこないわたし達を心配してわたしの車の前に集まっていたのです!朝、車を停めたときに道を挟んだ向かいの家の庭に出ていたおじいさんと話をしました。早い時間に森の中で会って少し話したおじいさんもいます。小さな村では全員がコネクトしているんですね。「あと30分待って下りてこなかったら警察に連絡しよう、と話してたところ」と言われました。…いや~ご心配おかけして申し訳ありません・・・隣村の民宿を予約している、と言うとひとりのおじさんが「そこは数年前まで僕が経営してた食料品店&民宿だから、今の経営者もよく知ってるよ。案内するから僕の車に付いてきなさい」・・・村と村間もコネクトしてますね~


車で5分ほどで民宿に到着。民宿は朝ごはんだけで夜は付いていない代わりにキッチンを使えるという形だったので、自宅から持ってきた食料で簡単な晩ごはんを作り、みんなで食べましたが、わたしに限っていうとあまりに疲れすぎていて逆に食欲があまりありませんでした。
夜、子供たちに言われました。「もう僕たちすごく疲れてて明日はハイキング行かないから。朝寝して部屋でごろごろしとくから、お母さんハイキング行くならひとりで行ってきてよ」いつもならそんな勝手は許されないのですが、彼らがそういうのも当然です。今日1日で1900m登ったんですから(元々の予定1700mプラス間違えた分、200mくらい余分に)…しかも、特に精神的にキツかったと思います。迷ったり雪が多すぎたり、視界がなくなったり、と。
わたしもかなり疲れてて、寝る前には「明日はハイキングせずに朝遅くまでゆっくり寝た後、村の近くでもプラプラしようかな」と思ったくらいです。


しかし、朝起きるとすごくいい天気~💓民宿の庭👆


爆睡中の長男抜きで起きてきた次男と朝ごはん。


美しいお山がすぐそこに迫っているラ・シャペル・アン・ヴァルゴダマール村。
しかもこんないいお天気で・・ごろごろしていられるわけがありません!


はい、今日もまた遅くなりました💦 といっても0時はまだ早い方です。。その3・最終回は明日書きますね!

子供たちと1泊でエクラン中部へ(昨年初夏・その1)

今週末はお天気が悪く山に行けそうにないので回想録です。昨年の5月中旬、聖霊降臨の祝日の連休に子供たちと1泊で出掛けたエクランの中部、ヴァルゴダマール地方でのハイキングの話です。
5月の半ばといえばまだまだ雪の残る季節。1日目は最高2400~2500mの地点まで登る予定でその辺りはまだかなり雪がありそうなので、濡れた靴で1日歩かなくてもいいように雪の多そうな北壁は最後にもってきました。

うちからハイキングの出発地点のレ・ザンドリユー村までは約2時間半。途中に一度休憩した際に子供たちは朝ごはんタイム。


今日の出発地点は標高1043m。村の中心を通り抜けハイキングコースに入ったところ。


まずは森ゾーンです。


奇妙なキノコがあります。初夏なのに…


色違いで青もありました。


ゼンマイ…?


キクラゲ…?
エクラン中部は日本と同じ土壌で気候だということなのでしょうか◎_◎


天気予報では晴れって言ってたけど、曇ってるやん。。と思ってた矢先に空が明るくなりました。


嬉し~(≧∇≦) 晴れてきた!


木の間から差し込む光が神々しいです。


森ゾーンを抜け、岩々した場所に出てきました。


摩訶不思議な形の岩がそそり立っています。...ん~まだ結構曇ってるな~~。。


彼らにとっては久し振りの山なのでふたりおしゃべりしながら歩くスピードはゆっくり。キツめの行程を作っていたわたしは内心イライラ。でも「もっと早く!」とか言っちゃうと歩くのイヤになられそうなのでぐっと我慢してました(^^;


ブルーベリーの若い実。まだまだ食べるには程遠いです。


レザン・ドゥルス(熊のブドウ)、これも熟すのは夏以降です。


初夏が旬のジョンシアン。青が印象的です。

ナヴェット川とその谷。レ・ポルトの村が奥に。


緩やかに下りていきます。
え、まさか?


はい、そのまさかなんです。
せっかく500mくらい登ったのに別の村(レ・ポルト村、標高1245m)まで300mくらい下りて別の面を登りなおすんです。我ながらなんと悪趣味なコース・・・累計標高で約1700m。周回コースなのが売り?です。レ・ザンドリユー村から往復なら標高差約1400mでした。
というのも日が長い5月、久々のエクランを満喫したくてこんな意味不明なコースを考えてしまったのでした。長男は多分わたしより体力は上だけど次男がわたしより少し下。こんなキツいコースで彼らには可哀そうなことをしてしまいました。


標高が下がってきたので野イチゴの花も登場。この辺に夏来たら食べ放題です´▽`


レ・ポルト村。中心を通り抜けます。こじんまりとした可愛らしい村でした。


先ほど上から見えていたナヴェット川。初夏は雪解け水が流れ込むので川の勢いはすごいです。


40分ほど川に並行したところを歩きます。


再び登りに入る前にお昼ご飯にします。


お腹も満足したので再び歩き始めます。


川というか滝が勢いよく流れ落ちています。地図によるとシャランリー川といいます。


水を汲んでいきます。


早速飲んでます。冷たくておいしい!


山の側面から山の内側?に入ってきました。


この辺はまだ道分かりやすかった・・・


しかし、この辺りから道が見えなくなってきました。


これぞ、エクラン!的な風景が広がります。


これ、唯一道っぽかったのでここを歩いていったら、なんとこれは間違っていました。
地図では西に向かわないといけないのに、気づけばどんどん南に向かってたのです。気付いてよかった…と元来たほうに戻るも、正しい道が見つからない…
1時間で同じ辺りを2往復し、ここで無駄に標高100m×2回くらいはアップダウンしてしまったと思います。これで元々の1700mに加えて1900m(;´Д`)… 軍隊の特訓のような感じになってきました。


もうかなり疲れている次男…


対して長男はまだ平気です。


また今日も夜中1時30分になってしまいました。
明日以降にこの初夏のエクランハイキング記(サブタイトル「悪夢の」と入れてもいいくらいです)の続きを書きますね。修羅場もでてきます(~_~;)