フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

アラヴィ山塊に初遠征(その2)

同僚S君とその友達Aさんとのハイキング。行先は彼らがスキーやハイキングでよく行っているオート=サヴォア県はアラヴィ山塊。わたしにとっては初めてのエリアです。


標高2000mを少し超えた辺り。天気は曇りですが、時折青空も顔を出します。


雨水、雪どけ水などの流れによって浸食が激しく進んだラピアスと呼ばれる石灰質の岩のエリアです。時に深さが数メートルにもなることもあるらしく、雪で見えなくなっているときはこういうエリアを歩くときは注意が必要と言われています。


10時20分、グラミュッセ山小屋(2164m)に到着。すごい素朴な絵がでかでかと壁に描かれています(◎_◎;)


山小屋で休憩中のハイキング客たち。お天気は良くなるどころか標高が上がってきて更にガスってきた気もします(;´Д`)


わたし達も水を飲んだりおやつを食べたり10分間ほど休憩しました。
天気はこんな感じ・・・時々少し明るくなりますがまたガスに覆われる、の繰り返しです。待っていても天気が良くなるわけでもなさそうなので出発です~~


先頭をきるのはS君。
山小屋からはコース外になりますが、ペンキマークがあります。山小屋で話した常連のおじさんの話ではこの分かりやすいマークが付けられたのはつい半年ほど前のことだそうです。今日のようにガスっていてどこを目指せばよいのか見えないようなときには頻繁に(見える距離に)あるペンキマークは助かります。


貝殻の化石だらけの地帯を通りました。


迫力のある岩が目の前に迫っていますが、これは登りません(^^; 横を通っていきます。


ああっ、青空青空~💦 写真写真~!!


はい、登りません。麓を通ります💦


迫力の岩の麓はザレ場で歩きにくい・・・


おお~Σ(゚Д゚) ようやく目的地方面の視界が開けました。


直角っぽくなってきました。


そしてこの地形のところに残雪…(;´Д`)
もう下りてくる人たちがいます。慎重にかなりゆっくりと下りてきます。


何人もがいっぺんに通れる場所ではないので下りてくるグループに先に通ってもらいました。ゆっくりチャレンジです。


雪エリアおしまい~!(´▽`) ホッ


いい感じの上りが続きます。


オレンジのペンキマークのおかげです💖


楽し過ぎる・・・(*´▽`*)


花の中でも好きなサクシフラージュの一種。サクシフラージュ・ムスケと呼ばれるもの。


アルピニストの方達が下りてきました。カッコええ~(≧∇≦)
わたし達ハイキング客と違う彼ら向きの岩壁ルートでもあるのでしょう。


最後は細い稜線になっています。


わたし達の一歩先を歩いていた若い男子3人組。めっちゃはしゃいでました(^^;


もうすぐだ~~…最後までとことん急です( ̄▽ ̄;)


12時5分。ポワント・ぺルセ頂上(2750m)に到着\(^_^)/
十字架には郵便受けが。ここには思い出ノートが入っていてハイキング客が色々書き残していっています。


立派な十字架はしっかりと固定されています。頂上は風がきついので、壊れてしまった十字架を時々目にするので見た目はイマイチですが正解だと思います。

えーとAさんは・・・


頂上手前の稜線のところにいます。


頑張れ!もう少しです。
後で「あの細い稜線、怖くて足がすくんだ」と言ってました。でもアルピニズムでもっと怖いとこ行くでしょ?と聞くと「あれはちゃんとロープで繋がってるから安心感があるのよ」とのこと。


テンション高い男子3人組に写真を撮ってもらいました。


隣にもミニ頂上があるので男子3人組はその間を行ったり来たりしていました(^^;


どっかに富士山・・いや、モンブランが見えるはずなんですがまるで分かりません。


仕方ない、モンブラン諦めてお昼ご飯です。



山頂で周りの景色が見えない・・・そんなことはとっても久しぶりです(^▽^;)



きりのいいところでその2は終わりです。その3に続きます(^^♪


 



































アラヴィ山塊に初遠征(その1)

同僚のS君にずっと前から「一度一緒にハイキングに行こう」と言われていたのですがようやく実現しました。「友達の女の子も連れて来てもいい?」と言うので「もちろんいいけど、ちゃんと歩く子なんだろうね?」「大丈夫と思う。彼女、弟や彼氏とアルピニズムもやってるから」・・・置いてけぶりの可能性大なのはわたしですかい(@_@) というのはS君はわたしのようにしょっちゅうは山に行ってませんが普段から走っているし、前に1200mの高低差を2時間で登ったと言ってましたから(・・;) 地形や距離にも寄ると思いますが、どう考えてもわたしには無理です。わたしのベストタイムは1000mを2時間10分。1500mほどの湖から2500mの峠までで、しかもめっちゃ軽い荷物ででした。


どこに行こうかと仕事中に話していて「僕は帰りにチーズ買えるところがいいな」あ、もちろんわたしもできればそれがいいです。S君はわたしに勝るとも劣らないチーズ好き。いつも市内の高級チーズ専門店や旅行先で買ったチーズをおすそ分けしてくれるので、わたしも山の帰りに買ったチーズを分けてあげたりしています。
ふと思い出しました。彼が春先にヴァカンスでスキーに行って買ってきてくれたルブロッションチーズ、あれは人生で一番おいしいルブロッションでした。夏にでもあの辺りに行ったらぜひ同じ農家に寄ろう、と住所などが印刷された包み紙を写真に撮っておいたくらいです(^^; あれが食べたい!!
そうです、時にハイキング先は食べたいチーズによって決まるのです、わたしの場合…


ただしルブロッションチーズの里であるオート=サヴォア県アラヴィ山塊はわたしの全く未開発のエリア。地図さえ持っていません。対して彼は子供の頃から毎年スキーで滞在しています。友達の山ガールさん(いやアルピニストか・・)もよく知ってるらしく、彼らにコース決定はお任せすることにしました。
普段からひとりで行くことが多く、子供たちや友達と行くときも大抵はわたしが決めるので、このように任せっぱなし山登りはとても珍しいことです。


当日朝、S君がまずアルピニストさんをピックアップ、わたしんちに5時40分くらいに来る予定でした。予定通りには無理だろうな~、S君いつも仕事に来るの時間ギリギリだし・・と思ってたら5時45分に電話がかかってきて「彼女寝過ごしたからまだ準備中なので君をまず迎えに行くよ、その後彼女を拾おう」(;゚Д゚) アルピニストというと真っ暗の夜中3時や4時に起き出して山小屋からゴソゴソ出ていくイメージなのですが。。彼女昨晩はパーティーだったようで^_^;
結局6時20分くらいの出発となりました。


7時30分、高速をオート=サヴォア県の県庁所在地、アヌシーで出ます。湖の畔にあり、旧市街地を運河が通る美しい町です。湖畔の道路をしばらく走ります。
S君たちが選んだ今日の目的地はアラヴィ山塊の最高峰、ポワント・ぺルセ。2750mでコースの高低差は1150mだそうです。


湖畔の可愛い町や村を通り抜けます。ここはヴェリエ・デュ・ラック。有名シェフ、マルク・ヴェイラが昔この村にミシュラン3つ星の店を構えていました。現在はここからほど近い山間部に拠点を移し、パリにも田舎風高級料理店を展開しています。サヴォアが世界に誇るグラン・シェフです。


湖畔の道を外れて山道に入ります。おとぎ話に出てくるようなお城が見えます。


8時。出発地点までまだ少しあります。初夏から秋くらいの日曜日って、村ぐるみのイヴェントがあちこちであり、この日もフリーマーケット開催のため中心地を通れない村(そしてどこを通ればいいのかは書いていない・・)、自転車レースが町の中心地を通る村のおかげで到着がどんどん遅れます(~_~;)


うお~💦いっぱい来た・・路肩に停めて通過を待ちます。


すげぇ・・・(゚Д゚;) 数百人はいたと思います。


しかし、、天気悪いな。
最近2週間くらい毎日晴れていたので、今日も晴れなんだと勝手に思い込んで天気予報も見ていませんでした。S君いわく「午前曇り時々晴れ、午後から晴れの予報」だそうですが・・・


ああっ、また前の車が停まっちゃってます。今度は何??
牛が・・・放牧の牛たちが道路を横断中です。


はい、みんな渡り終えました。


パーキングに着いたのは8時40分になっていました。
S君とその友達のAさん。彼女は昨晩のパーティー疲れで車の後部席で爆睡でした(^^;


出発地点は放牧地帯となっている峠です。


しばらく幅の広い道を歩いた後は、小さな道になりました。よく手入れのされたとても分かりやすい道です。


濃霧ではっきり見えないものの、面白い景観の場所を歩いていることは分かります。ピストンなので、帰り道に期待しよう・・・


周りの山もほとんど何も見えません。頂上で展望があればいいんだけど…不安になってきました。


左の稜線の部分を通ってきました。天気さえよければ眺めも良さそうです。


風があるので雲の動きが激しく、時々このようにパーーっと晴れ間が出てくることもあります。・・・が、また雲の群れが戻ってきてしまう、の繰り返しです。


あまり見慣れない奇怪な風景になってきました。うちからもう少し近いボージュ山塊の最高峰、アルカロに2度登ったことがありますが、この景色だけで見るとその山に似ている気がします。S君もAさんもアルカロには登ったことがないそうで意見を分かち合うことはできませんでした。


少し周りの山も垣間見ることができます。


お天気、だいぶ回復してきた??


1時間ちょいで2010mの地点に到着です。
この後は山小屋を経由して目的地のポワント・ぺルセに向かうことになります。



その1はここまでです。最近お天気に恵まれ過ぎていたので「晴れてくれ~晴れてくれ~」と願いながら登るのはかなり久しぶりのことでした(^^;)
その2に続きます。

グラン・シャルニエ(2561m)へ (後編)

1週間ほど記録的な猛暑が続いたフランスです。今では少し落ち着きました。
この日も街中では37度まで上がりましたが、標高が上がってくるとともに涼しいを通り越して風の強い山頂付近では寒いくらいでした。ダウンジャケットは持ってきませんでしたが長袖Tシャツ、フリースとウインドーブレーカー兼雨合羽を総動員。


とはいっても登りがきつい辺りは汗ばんできます。よじ登り系が適度に絡んだいい山でした(^^♪


頂上の手前まで来てようやくある程度まとまった量の雪が見られるようになりました。
奥には薄っすらとモンブランが見えてきました。肉眼でも霞んでいましたが、携帯のカメラだとさらにぼんやりとしか写りません・・・


同じ斜面でも少し上にはもうほとんどありません。念のためにアイゼン持って来てるけど全然いらんかったな・・・


最後の尾根部分は雪が片面だけ残っています。


そして最後の20mほどはきれいさっぱり融けてしまっていました。登りやすい♬


少しよじ登り系があった後は平たくなっていました。
左に見える立派なのはベルドンヌ北部を代表するピック・ド・フレーヌ(2807m)。アルピニストでなくとも登れるギリギリのラインだそうで、雪の融けてきた今、挑戦したいと思っている山のひとつです。


10時25分、山頂\(^_^)/
駐車場を出発してから3時間10分が経過しています。お昼ご飯にはさすがに早いな…とりあえず写真でも撮っておこう。。


一列目はベルドンヌ北部の山々。一番左が先月末にまだ少し雪の残るときに登ったグラン・ムーラン(2495m)。
2列目はロジエール山塊、ボーフォータン山塊(いずれもサヴォア県)、奥にモンブラン(オート=サヴォア県)


手前の2列はベルドンヌ。
奥に3つ並んだとんがり3兄弟・エギーユ・ダルヴ(サヴォア県)。3500m前後ある上に特徴的な形から色んなところからよく見えます。右の方にはモン・ド・ランスの氷河がよく見えています。


エギーユ・ダルヴにズーム。一番左の峰は「猫の頭」と呼ばれています。


登って来たのとは違う斜面です。こちらには尾根伝いに少し下りてけそうです。


写真を撮ったり地図を見たりしてると11時前になりましたがそれでもまだ昼ごはんの時間ではないな・・と思っているとトレラン男性がふたり(駐車場で会ったのとは別の)がやってきたのでしばらく話していました。彼らが下りて行って時間を見ると11時過ぎ。それでも早いけど、せっかく景色のいい山頂なので少し風はあるけどここでご飯にすることに。



最近ちょっとした山パスタブームなので、今日もミニマカロニを持って来ています。小さいので早く茹るのがいいです。
ジェットボトルはお湯を沸かす以外は使えないということになっていますが最近ではパスタを湯掻くくらいには使っても大丈夫ということにしています(^^;


ただし持って来ているものはいつも同じです。チーズにサラミ・・・これを小さく切ってパスタに混ぜるだけです。味付け用にバジルソースも持ってきました。


出来上がりました。いただきまーす。
ほんとは湯掻いたパスタ、ほかの材料を最後に軽く炒め混ぜたいところなのですが、そこまではジェットボイルには期待してはいけません(^-^; 


食べ終わって片付けていると、ソロのハイキング男性が。すぐ下の町に住んでいてこの辺りの山にとても詳しいのでしばらく話を聞いてから下り始めました。
下りている途中に4人組の初老のハイキング客とすれ違いました。今日は日曜だしお天気もいいので人出も多いのでしょう。


上りも急だったので当然下りも急です💦


峠まで下りてきました。今から帰るというのにまたここから150mほど登ります(;´Д`)
行きとは違うこの道で帰りたいと思います。こちらのほうがなだらかそうです。


子供たちが一緒でなくてよかった・・・帰り道に登ることを異常に嫌がるので^_^; その度に「自然の地形だから仕方ないんよー」と答えますが「そういうのないところにして欲しい」と返されます(;´Д`)


帰り道にも花がいっぱいです。特に目新しいものはなかったですが、伸び伸びと咲き誇っていました。


緩やかな上りだったのは最初だけで、下りだしたかと思ったらキツい上りになったりと、ある意味行きに通った道より質が悪かったかもしれません(^-^;


グラン・シャルニエの最後らへんにはよじ登り系の場所もありましたが・・
意外なところ(簡単な道が続いていたので)で鎖場が登場しました。


右下の野原の部分にポツンと見えるのが駐車場に看板が出ていた山小屋です。テラス席に何人か人が座っているのが見えます。駐車場から1時間くらいで来られるので、ここが目的地と思われる小さな子供のいる家族連れに何度かすれ違いました。


まだ2時過ぎになったところですが、特に付け足したいようなコースもなかったので素直に駐車場に戻ると・・・
おおおっΣ(゚Д゚)
朝わたしともう1台しかありませんでしたが、満員御礼といって差し支えありません。
スキー場なのでだだっ広い草原やゲレンデの坂もあるし、マウンテンバイクで遊んでいる人たち(主に中高生くらいの若い子たち)も結構いました。


よく行く辺りから正面に見えているのに登っていなくて気になっていたグラン・シャルニエに登ることができてホッとしました^_^;