randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

ベルドンヌ山塊・南部 その2

中・南部に人気コースが集まるベルドンヌ山塊ですが、「7つの湖」を意味するSept Laux(セット・ロー)と呼ばれる地方も山塊の中南部に位置します。
ベルドンヌは雪が多い山塊なのにスキー場が少なく(それからも自然が守られているという印象を受けます)、そのうちのひとつにはこの「7つの湖」という名が付いていますが、正確にはハイキングコースからは少し離れているので風情のないスキーリフトや木が刈り取られた山の斜面のすぐ隣を歩くというわけではありません(初めのうち少しは見えますけど)。
1200mほどの標高差でそう難しいところがあるわけでもないのでポピュラーなハイキングコースなのですが、わたしが行ったのは去年の11月でしたので日曜だったにも関わらず1日で7,8人しかハイキング客に出会いませんでした。


フランス中でハイキングコースに一番よく使われているのがこの黄色い方向案内。行先、距離、たまに所要時間も書かれています。…その下に誰かが手作り看板を付け加えた様子です。遠くから見た時、お祭りかなんかのお知らせの看板かと思った。。誰ですか、このお姉さん(汗)


ひとつめの経由地の峠に到着。ここは風情のないスキーリフトが近くに見えたけど仕方がない。。この後は離れていくばかりで見えなくなり、気になることはありませんでした。


少しずつ急な斜面も登場し始めました。そうこなくっちゃ♬


雪も少しずつ出てきました。そうこなくっちゃ♬


ひょえ~~。。雪っていうより凍っててツルツルで危ないです。


ふたつ目の峠、Col de la Vieille(2090m)日本語に訳せば「姥が峠」に到着。北東にはサヴォアのモリエンヌの山々が見渡せます。


一つ目の湖、ノワール(黒)湖に到着。フランスの湖の名前にやたら多いのがブラン(白)湖とノワール(黒)湖。どちらもわたしが行っただけでもベルドンヌにふたつずつあります。もっと凝った名前付けろや。。


次の湖に進みます。しょっちゅう凍ってるのでしょうか、鎖場になってありましたが、わたしは単に写真左上に位置する草の生えてる凍ってない場所を歩いて登りました。


ふたつ目の湖、真四角湖(…もう訳さないほうがいいのでしょうか^^; Lac Carée、キャレは正方形という意味です)


景色もきれいなのでここら辺でお昼ご飯にします。


湖プラス雪・・・山の景色でわたしが一番好きな組み合わせです。


奥に見えるのは山小屋。シーズンオフで管理人はもういませんでした。


真四角湖の次に登場するのはコットポンス(訳しようがない…あ、訳さなくていいです?)湖。


最後に通りがかったのはコス湖。それにしても次々といっぱいあるな~!


まだこの先にも湖はあるようなのですが11月で日の暮れるのが早いのでここ「7つの湖峠(2184m)」、全然峠っぽくないんですが、ここを折り返し地点に周回しました。


行きはワクワクして歩いたいくつもの湖の畔。どの湖も結構大きくて、帰る道のりが長くちょっとゲンナリしてきました(贅沢…)。


既に日がだいぶ傾きつつあります。下りは一気に下りてしまいたいので最後にコーヒー休憩。ちょうどシャレーの廃墟のようなものがあり、いい風よけになりました。


下りは上りと違う道なので急ぎつつも景色を楽しみます。


駐車場に到着。ちょうど日が暮れて街灯に灯がともされたのと同時でした(;´Д`)
駐車場のあるこの村の名前は「Fond de France」。フランスの底、奥、って意味ですが19世紀後半にフランスに統合されるまでベルドンヌ山塊はシャルトルーズ山塊などと同じくサヴォア公国とフランスとの国境となっていました。この村も、国境の手前にある最後の集落でした。
は~真っ暗になる前に帰ってこられてよかった・・・

ベルドンヌ山塊・南部 その1

わたしがよく行く&大好きな山であるベルドンヌ山塊のことは以前ブログで紹介させていただきました。その時は中部と北部の話でした。
去年の秋の話で申し訳ないのですが、南部に2度行った時の話を写真を交えながらさせていただきます。


ベルドンヌ山塊は国立公園(Parc National)でも地方自然公園(Parc Regional)でもありませんが、3000メートル近い山が多く、野性的な自然が魅力です。氷河(glacier)もいくつか残っていて、大小あわせて70の湖があると言われています。
知名度は家族向けのハイキングコースが揃ったシャルトルーズ山塊などに比べて低いのですが、雪解けが遅く、難しいコースも多いためアルピニストにも愛される山塊です。


フランスの祝日のひとつ、諸聖人の日(11月1日)の前後2週間はフランスの学校は休みになります。去年の10月末、このバカンスの初めにベルドンヌ南部の湖がいくつか集まった場所に子供たちとハイキングに行ってきました。


紅葉がきれいでした


駐車場から10分くらいで橋を渡ります



標高約1100mの地点にある駐車場から歩くこと約1時間。初めの目的地の滝に到着。


まだ標高1600mほどなのに既にこれだけの雪。・・・突如不安になります。


子供たちは雪が嬉しいようです


2200mちょっとまで登る予定なんだけど大丈夫かな、と不安を拭いきれないままとりあえず様子を見つつ進みます


結局一番急な登りは南壁だったので大丈夫でした。2000mくらいまで登って開けたところに出てきました。雲海がすごいです。確かに、駐車場に向かう途中は曇り空で濃霧が激しかったです。



凍ってます。。。まだ10月、そんなに高くない山なのに~


景色のいいところでお昼ご飯休憩です。その数日前にリヨンの町を案内させていただいた日本の方がお土産に持ってきて下さったにゅうめん。かなりおいしかったです(*´ω`)


お昼ご飯の後は湖に向かって歩きます。見えにくいですけど、中央やや左下にもひとつ湖があります。


目的地のひとつ、ラ・プラ山小屋。ここを周回コースの折り返し地点にしました。山小屋の管理人のいる期間はすでに終わっていました。


クラレ湖に到着

👇石投げてる

そしてロンジェ湖


続いてレアマ湖。少し低い位置にあり、ガスが溜まってます


日本人のわたしには湯けむりのたつ露天風呂のようにも見えます


どんどん歩き進みます


その後まただいぶ登ったので濃霧地帯から脱出。お天気のいいところに出てきました。
でも実は上の写真とこの下の写真の間で迷いました。雪が結構積もってるところが続き、道が見えないわケルンもあまりないわで厳しかったです。だーれも通りかからないし、足跡もないし。この日、「おれたちゃ毎日バカンスなんだぜ」と豪語していた定年退職のおじさま二人組のほかには誰ともすれ違いませんでした。

最後に通った湖、というには小さすぎて、地図にかろうじて形は載ってるものの、名前は記されていませんでした。


そしてまた雲の下の世界へ戻ります

おおっ、なんじゃこりゃ?!
コースの最後は行きと同じ地点を通ったのですが雪に「おかあさん」。。行きにわたしの後ろを歩いてた次男が書いてたのです。何のためにかは不明ですが可愛い(#^^#)


あと一息!



駐車場までもうすぐです。
あ~~雪がないって歩きやすい。。

今シーズン初のチーズフォンデュ

我が家の定番メニュー、チーズフォンデュ。フランスでは冬の料理ということになっていて、スキー場とか観光地で食べるってイメージが強いみたいで、家で食べてる人は意外に少ないのです。同じくチーズがメインになった料理でもラクレット(ひとくちサイズに薄く切ったチーズを溶かしてはゆでジャガイモやハムやサラミなどにかけて食べる)はとてもポピュラーでひと冬に何度もするという人が多いようです。


寒い時期に恋しくなる感じは日本の鍋料理みたいなものでしょうか。みんなで同じ鍋をつつくあたりも似てますね。
ただ、我が家は寒くない季節にでも恋しくなります。よって、チーズフォンデュのシーズンオフは7、8月のみ


こないだサヴォアでハイキングの後に買ったチーズが残ってたのを使います。ちょっと上品なボーフォールっぽい味なので理想的です。


え~っと。。ちょっと多いけどいいか・・・(3人分)


残念ながらサヴォアのワインが今家にないのでジュラのシャルドネで。あまりフルーティー過ぎずちょうどいいです。


いただきます(≧∇≦)


これは前シーズン最後(=今年の夏)のフォンデュ。

夏のフォンデュはスイカがデザートだったりする・・・