randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

ヴァノワーズ国立公園(6月)

日曜に冬みたいな景色のベルドンヌ山塊の写真を載せまくった後で恐縮ですが、初夏にヴァノワーズ国立公園へハイキングに行った時の話です。ヴァノワーズ国立公園は東の端はイタリアと隣り合わせになっているサヴォア県にある国立公園で最高峰、3855mのグランド・カッスをはじめ標高の高い山々が連なり、それはそれは美しい場所です。同じ国立公園のエクランが男性的な荒々しい景色が魅力なのに比べ、どちらかというと女性的、というかエレガントな感じのする風景が特徴的・・・というのはわたしの個人的な意見で特に何かにそう書いてあるというわけではありません(^^; そう思わされるひとつの理由は牛の放牧(アルパージュ)が盛んであること。対してエクランは羊の放牧はところどころであるものの、牛を放し飼いにできるほど草が豊富ではありません。羊は乾燥したところでもOKですので。つまりヴァノワーズのほうが全体的に緑が豊かと言えます。


感動しがちなわたしですが、夢のように美しい・・・とうっとりしてしまう頻度が高い場所のひとつがヴァノワーズです。うちからだと車で近い辺りで2時間半、遠い辺は3時間半くらいかかってしまうのはエクランも同じです。高速代で言うとエクランのほうが安いのと、ヴァノワーズに比べるとエクランの方がマイナー気味で(場所にもよりますが)人が少ないというのもあって何となくエクランのほうによく行ってるんですが、6月の雪解けのシーズンに行った美しいヴァノワーズの写真をいくつか載せたいと思います。


スキー場として知られるプラロニャンが出発地点。最初こそ味気ないリフトの隣を歩かされますが、すぐに遠ざかりこのような場所に出てきます。


6月上旬でしたので小川に雪解け水が激しく流れ込んでいます。


川に沿って上流に向かい登っていきます。


今日は湖ふたつに行く予定です。一つ目がそろそろ現れるはずです・・・


一つ目の湖、ヴァッシュ(牛)湖に到着



この湖の特徴は湖の真ん中を歩けること~


いい歳してはしゃぎまくりです(;´Д`)


今日は日帰り(片道3時間近くかかるのに・・)なのでゆっくりしてられません。


ちょっと雪が残っていますが歩けないほどではありません。


お~見えてきました、ロン湖(Lac Long)。


また・・・いい歳してはしゃぎまくりです


紅葉も長続きしないけど、湖の氷が融ける時期(半融けの状態)も長続きしないのでシーズンになると急いで見に行きたいもののひとつです。


雪融けシーズンによくみられるソルダネル。これプロフィールに使ってる写真ですが。。


帰り道に出会ったマーモット。よく見るといじわるそうな目をしています。

晩秋・・というよりは初冬みたいなベルドンヌ山塊へ

昨日ケベックから戻ったばかりなのですが、今日は日曜、天気もまあまあっぽかったので友人と車で2時間ほどのベルドンヌ山塊にハイキングに行ってきました。


出発地点の村(1370m)に向かう最中。今日は珍しく友達の運転する車で来たので楽ちんです(^^)


歩き始めて20分くらいの地点。シャルトルーズ山塊がきれいです。


カナダほどではありませんがそれなりに木が秋っぽく色付いています。


森を抜けた辺り


駐車場から2時間ほどでファミリー向けのコースとして知られるクロゼ湖に到着。水位がめちゃくちゃ下がっています( ゚Д゚)


その後30分ほどでラ・プラ峠に到着。


クロゼ湖、峠を後にどんどん登っていきます。


ラ・プラの谷を歩き進みます


クラレ湖(手前)とロンジェ湖。去年の同じくらいの時期に子供たちと周辺を歩きました。


さらに上がったところにあるダヴィッド湖。


ダヴィッド湖以降はコース外になるため表示がなくなるので地図を真剣に確かめる友人。


そしてその間にブルーベリーを食べるわたし(;´Д`)


ダヴィッド湖が遠くなります


約2300mの地点。この辺りから雪が積もってます


エクランの山が見えてきました


振り返った景色。わたし達の足あとのみです。


だいぶ登ってきました。


もうじき頂上です。


ラ・グランド・ロジエール(2741m)頂上


エクラン方面


モンブランも顔を出してます。珍しく雲がかかってない!富士山同様、頂上がよく雲に隠れているんです。


そんなに寒くない1日でしたがさすがに頂上は風が強くて寒いのでご飯を食べたらさっさと退散です。日も短くなってきているし・・・


行きとほぼ同じルートで下ります。見ているだけで寒くなってくる風景が続きます。


って、わたしのリュック開いてるやん(~_~;) 友達よ、写真撮ってる暇があったら教えて欲しかった・・・


かなり下りたので雪や凍ったものはおしまいです。(´▽`) ホッ


今回たくさん湖のある地帯に来ましたが、6月の雪解けのシーズンは最高にきれいのでまた来年初夏に来たい場所のひとつです。

モントリオール 食べ物編

ケベックに滞在した1週間のうち3日間は田舎、残りは友達のいるモントリオールにいました。
3回ほど外食した以外は全部買い食いと自炊。なのでグルメ情報では全くないのですが、食べること大好きなわたしの目に留まったケベックの食べ物についてです(^^♪


田舎では道路沿いに近所の農家が野菜や加工品を売るショップが時々あり、手作りお菓子もよく売ってました。わたし達はマフィンとパンプキンパイを買いましたが、どちらもとても美味しかったです。


パンプキンといえば…

大手カフェチェーン店の期間限定商品の宣伝。

・スパイシーチャイ・ラッテ、カボチャ風味

・カフェ・ラッテ、カボチャ風味

・ホットチョコレート、カボチャ風味

・ フラッペ、カボチャ風味

…なんでもカボチャにしておけばいいって問題でしょうかƪ(˘⌣˘)ʃ


ポルトガル系パン屋さん兼チーズやサラミなどの食品を扱う店兼カフェ。ポルトガル出身の人たちで賑わってました。

1月に旅行に行って以来ポルトガルの食べ物のファンになってしまったわたしは迷わず中へ。



わたしの大好きなパステル・デ・ナタが〜〜


当然近くのカフェでお茶休憩(*´-`)


町で一番有名なプーチンの店、ラ・バンキーズへ。プーチンとはフライドポテトにチーズ、不思議なソース(グレービーソースらしいけどちょっと甘い)をかけて混ぜた見た目がかなりやる気無いケベックの名物料理。


なんと24時間営業。いつでも混んでるそうです。

お天気がいいのでテイクアウトにしてすぐ近くにある公園で食べることに。


すでに容器からはみ出しています


あんまりにこんもりと満タンだったので少し食べて嵩を減らしたところ。1食で1日に必要なカロリーが摂取出来そうです。しかしここまで見た目を気にしない盛り付けな料理は珍しいと思います。


ヴュー・モンレアル(旧市街地)は港からすぐのところにあるフランス人パティシエのお店、クリスチャン・フォールへ。2年前に改装したばかりだそうでとっても綺麗。

パッションフルーツとラズベリーのタルトとカヌレを買いましたが、前者はまあまあ。若干ゼラチンの量が多い気がしましたが(ちょっと弾力あり過ぎ)味のバランスは悪くなかったです。

カヌレは残念ながら焼きが甘くて肝心な歯応えのアクセントが感じられず、唯一よく焼けていた底の部分だけが完璧でした。


市内北部にある常設と仮設が入り混じった市内最大の市場、ジャン・タロンへ。

ここでは本気買い物モードに入ってしまったので写真がほとんどありません(-。-;


カナダの名産品の一つ、クランベリー。カンヌベルジュってフランス語で言います。秋は収穫のシーズンなので生のものもいっぱい売ってましたがそのままだとかなり酸っぱく、やはり乾燥させるか火を入れてソースにするとかが定番です。


色とりどりなミニトマト。


チーズ専門店「アメルHamel」にてプーチンに使うカードチーズを発見!


チャイナタウンにある日本っぽいパン屋さんへ


日本っぽい菓子パンに加え和菓子や中華菓子っぽいものもいっぱい混じっていて大興奮。買ったのはどれもかなり美味しかったです。安いし。住んでたらリピーターになること間違いなし…

ケーキも充実。


日本のお菓子コーナーもありました。