randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

水曜日に山に行く人 (その3・最終回)

前回、水曜日に日帰りで行ったサヴォア県はグランド・ルース山塊のエギーユ・ド・レぺスール(3230m)への登頂直前のところまで書きました。
最後ちょっとドキドキする幅の狭い尾根でしたが特に危険なこともなく、13時頃頂上に到着。


頂上\(^_^)/
今年5回目となる3000m以上の山への登頂です。


本日のメインキャスト、エギーユ・ダルヴの皆さんが真正面に。


日曜日にハイキングに行ったヴェルコール山塊から眺めたエギーユ・ダルヴ(左)


エクラン国立公園方面の北部から中部にかけて。中央やや左奥に白く出っ張っているのが最高峰のバール・デ・ゼクラン(4102m)


北エクランのスター達、メイジュ(3984m)とラトー(3809m)にズーム
いつ見てもお美しい・・・
ちなみに日曜日にヴェルコールから見えたメイジュ👇


それと8月に麓を歩いた時のメイジュ👇

メイジュも形からして分かると思いますが、アルピニストにしか登れない山です。でもこのときは麓、2800mくらいの地点まで歩いて近づきました。近くて遠い存在ってやつですね(´Д⊂
・・・思い出話はここまでにして、雪の世界に戻ります。


イタリアに近いセルス山塊


手前は地元スター、グラン・ガリビエ(3228m)。左奥はヴァノワーズ国立公園。


そしてスーパースター、モンブラン


パノラマもひととおり楽しんだのでお昼ご飯にします(*´▽`*)
頂上付近は雪が固くなっていたのでアイゼンを付けました。



そう風も強くなく、とっても気持ちよく1時間ほど頂上でゆっくりしました。数日前から冬時間になったし日が暮れるのが断然早くなったのでそういつまでもここにいるわけにはいきません。


先ほど登ってきたのは南壁になるので雪は少なかったのですが、せっかくアイゼンをつけたことだし雪が多く積もってる東側から降りようと思います。傾斜はむしろこちらの方が緩やかな気がします。


ちょうどいい岩がぽつんとあったのでセルフタイマーで1枚。
やっぱり平日ということもあってかお天気はいいし雪もまだ少ないのに、この日は朝に出発地点の村周辺でひとりハイキング客にすれ違ったきり1日中誰にも会いませんでした。


かなり下りてきました。そろそろ朝登ってきたあたりに戻ろうと思います。


少しずつ下りつつも目を皿のようにしてケルンを探します。
あったあった、これ(写真右下)ケルンだ~


このように👆ぼちぼちあるケルンですが、小さすぎて結構頻繁に見落とします(~_~;)
特に急いで歩いていると…。雪で道が隠れているというのも手伝ってこの後見失いました(;´Д`) でも方角は分かるので適当に下りていくと間もなく土と草のゾーンに戻ってきてそうなると道の形が遠くからでも見えるのでそっちを目指すことができました。


山小屋まで下りてきました。(´▽`) ホッ
しかしだいぶ日が傾きつつあります。


ここから駐車場はノンストップで下りるので最後におやつ休憩を。


朝通ってきた谷を緩やかに下ります。秋の夕暮れは草の色がきれいです。


無人になったシャレー


こっちは完全に廃墟になったシャレー。遺跡みたいになってます。


パンジーがポツンと咲いてました


どんどん日が暮れていきます


谷の底、車を停めている村「おやすみ(Bonnenuit)村」(1670m)にはあかりが灯されつつあります。
その手前の集落(写真右下)に湧水を汲めるところがあったので空のペットボトルを出してきて清らかな水をリヨンまで持って帰りたいと思います。


水も汲んだことだし急いで村まで下ります。これ水汲み場の前だけど、暗くて写ってません(-_-;)


最後に川に落ちないように気を付けます(;´Д`)


ランプまで登場しました。冬時間って怖い・・・


あ~無事車まで戻って来ることができました。これ、まだ18時過ぎくらいなんですがもう真っ暗…日曜日に冬時間になるまでは18時でもまだそこそこ明るかったんですが。危うくおやすみ村でおやすみ💤になるところでした^^;


高速に入る直前のサン・ミッシェル・ド・モリエンヌに農協のショップがあるのでボーフォールとシェーヴル(山羊)チーズを買って帰ります。閉店(19時)の数分前に滑り込みセーフでした(^^;


ただいま~(^^) 21時ちょっと前に帰宅。
これでしばらくはボーフォールを楽しめます。先週のワイン物産展でサヴォアの白をいっぱい買ったところだし完璧です♬


水曜日のハイキング、3回シリーズになってしまいましたがもし全部読んでくださった方があれば、ありがとうございますm(__)m

水曜日に山に行く人 (その2)

昨日はサヴォア県の山塊のひとつ、グランド・ルースのエギーユ・ダルヴ山小屋までやってきたところまで書きましたが、今日はその続きです。


目指すは、有名な3つのとんがった山エギーユ・ダルブ(3 514 m、3 513 m、3 364m)のすぐ東の隣にあるエギーユ・ド・レぺスール(3230m)です。
エギーユ・ダルヴは外見からも分かりますが、アルピニストでないと登れない山。対して後者は普通にハイキングで登れます。


出発地点の村から山小屋までは地図に載ってるハイキングコースなので途中行先看板が何度かありましたが山小屋以降は正式なコースではないので看板はなくなります。
ちょっとワクワクしてきました(^^♪


山小屋の前の看板。これが最後の看板となります。あとは自分で道をしっかり見つけて頑張れよ、と。。
ONFとはオフィス・ナショナル・デ・フォレの略で林野庁に当たると思います。


最初はこういう感じの道です。いつの間にかなくならないことを願う・・・


てか出発から3分で道なくなったし。・・・と思って適当に登っていったらもっと上で見つかりました。
帰りにそこの地点を通って分かったことには初っ端から分岐してて(コース外なので何の説明もなく)、その間違ったほう、行き止まりっていうか続きがないほうにわたしは進んでました(~_~;)


さすがにもうブルーベリーもおしまいです。葉は落ち実も乾燥して萎みつつあります。


少しずつ上がってきました。谷を振り返った風景。


エギーユ・ダルヴが顔を見せ始めました


2500~2600mくらいの地点。少しずつ雪が出てきました。この秋登ってて思ったのは去年の秋の同じ時期に比べるとどこの山も全体に雪が少ないです。でも今週末からしばらく天気が悪く気温も下がるようなので、あちこちの山でどっさり積もることだと思います。
風よけによさそうな岩があったのでここでコーヒー&おやつ休憩にします。


この山は場所によって地質が違うみたいで色んな石で構成されていて面白いです。


わたしが好きな岩々したエリアにやってきました。ただし道もケルンも既に見失ってしまったので適当に登っていきます。


少しずつ急になってきます。


登るにつれ3つでひと組のエギーユ・ダルヴ全体が見えるようになってきました。
一番手前のはエギーユ・セプトントリオナル(ややこしい名前ですが要は「北の」って意味)またはテット・ド・シャ(猫の頭)って呼ばれています。


おおっ、北東にモンブランが見えてきました。


わたしが登っている山との間はものすごい急な崖になっています。特に高所恐怖症ではないわたしですが、なんか見てると気分悪くなりそうでした。


上を見てると頂上はすぐそこっぽいんですが、地図を見る限りそう甘くはなさそうです。


あ~出てきた・・・地図で頂上直前は尾根になってるようだったので覚悟はしてましたが、しかしかなり細いな~


今日はここまでトレッキングポールはリュックサックに留めたまま歩いてきたのですが、出番がきたようです。



・・・今日も最後まで書く時間が十分に時間がないのでまた明日以降に最終回を書きたいと思います!読んでくださった方、ありがとうございます。続きもよろしくお願いします(#^^#)

水曜日に山に行く人 (その1)

水曜日なのに山に行ってしまう・・・それはわたしです(〃ノωノ)
日曜日の他に平日に休みが1日あるので、それが今週は今日水曜日でした。
3日前の日曜にも山に行ったばかりだけど、今週末は雨の予報なので。。今日は3日前に行ったヴェルコールとは違う感じの山にしときました。
フランスで山王国な県といえばサヴォア県、イゼール県、オート・ザルプ県にオート・サヴォア県あたりそれにピレネーやオーヴェルニュの方面ですが、今日行ったのはサヴォア県。複数の山塊が所狭しと県の面積を埋めています。
今日の行先はグランド・ルース山塊。そんなに大きな山塊ではありませんが遠くからでもよく見える目立った3つのとんがった山、エギーユ・ダルヴ(Aiguilles d'Arves)を含め3000m以上の高い山がいくつもあります。


家から2時間半かかるので早起きしました。トゥール・ド・フランスの定番コースとなっている道路を通ります。


ロードバイクをしている人たちの聖地?のひとつ、テレグラフ峠


本日のハイキングの出発地点の村に到着。標高約1670mの地点のその村の名前は「おやすみ(Bonnenuit)村」・・・しかしなぜにそんな名前になったのかo_0 ??


今日の主役、エギーユ・ダルヴやその周辺の山の説明が。
ただしエギーユ・ダルヴは眺めるだけで(;´д`)すぐ隣にあるエギーユ・ド・レペスール(3230m)に登ります。


登り始め。おやすみ村が遠くなっていきます。ローズヒップが色を添えています。


1845mの地点にある集落。ってもシャレーが3つあっただけでした。
エギーユ・ダルヴ山小屋までは地図に載っているハイキングコースになっているので看板があります。


は~看板があるっていいですね。安心して歩ける・・・でもアドレナリンのでてくる機会がないのがちょっと残念・・・?


谷を歩いて行きます。おやすみ村から谷に着くまでちょっと急な坂でしたが、谷は緩やかな登り坂でとっても気持ちよく歩けます。


谷の南北の山々から流れ込む川(滝?)が集まって何本かの川になり谷を流れていきます。ところどころに簡単な橋が架けられていて助かります。


おやすみ村から約1時間45分、エギーユ・ダルヴ山小屋に到着。シーズンはとっくに終わっていて管理人はいません。


テラスで休憩してから本日の目的の山に登ろうと思います。


また午前1時を過ぎてしまったのでまた明日に続きを書こうと思います^^;