フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

氷河の麓の山小屋に一泊

子供たちと先週2泊でエクラン国立公園の北部をハイキングしてきました。2泊目に泊まるのはクロ・デ・キャヴァル氷河の麓にあるパヴェ山小屋(Refuge du Pavé 標高2841m)です。氷河湖であるパヴェ湖がすぐ隣にあります。


えらい質素な造りの建物です。ドアや窓も隙間だらけだし・・・避難小屋でももっとましなとこいっぱいあります(◎_◎;)
予約しようと電話した時はもう一つ下の別の山小屋(1泊目したとこ)に繋がり、「上の山小屋は今電話が不通なんですよ、電気がなくってね」太陽光パネルはあるもののほとんどストックできないらしく少しでも天気の悪い日が続くともうアウトらしい…管理人さんの話では2年後に改装される予定なので、それまでは電気をストックするシステムも他の工事も予算が出ないらしいです。
まあわたし達は1泊するだけだから掘っ立て小屋ぶりも楽しくていいですが♪(;´∀`)


管理人さんスペース。台所兼事務所。一番奥が物置兼寝床でした。


こちらが建物の大半を占める宿泊客用寝室です。26人寝られるそうです。


細長い寝室にはふたつドアがあり、そのうちひとつを開けた風景。


そのドアですけども、ちゃんと閉めてもこのように隙間が結構あります(~_~;) 夜寒いんじゃないの??と不安がよぎります。


そのドアから出てみた風景。先で開いてるドアがメインの出入り口(食堂スペースのドア)です。


トイレはもちろん屋外です(;´Д`) 小屋から少し下りたところになります。
水は近くの川から直接ホースで引っ張ってきた水で、常に流れています。
これを見た子供たちが言いました「僕、夕方以降あんまり水飲まないようにする・・・」夜中トイレに行こうとして滑落、は避けたい事態です。


そして水場はこれです(;'∀') トイレに水を取り込んでいるのと同じホースですがトイレの直前に蛇口が取り付けられています。歯を磨いたり顔を洗ったり飲み水を汲むのもいちいち勇気が要ります。


ベッドメイキングをする子供たち。毛布はありますが、シーツの持参を義務付けられています。
小屋に到着してすぐに管理人さんに明日の予定を聞かれました。アルピニストがほとんどの山小屋らしいのですが、このように細長いので行動を始める時間が遅い人たちから奥のベッドになるようです。わたしたちは「明日はのんびり下山するだけ」と答えたので一番奥になりました。ただしわたしは朝日を見るために6時くらいには一度外に出ると思います、とも付け加えておきました。


寝床の準備ができたので湖の方まで散策しに行くことにしました。


山小屋と湖の間のごつごつした岩のエリア。


小屋から湖はすぐです。


子供たちはこの湖が思いのほか気に入ったようです。畔で結構な時間それぞれに黄昏ていました。次男は黄昏過ぎて注意散漫になり両足をドポンと水に浸けてしまい靴下を替えに先に山小屋に帰っていきました(;´Д`)
乾燥しているおかげで靴も靴下も翌朝には乾いていました(絶対無理だと思ったんだけど💦)。


小屋に戻ると、前のテラス席で二人のアルピニストがビールを飲みつつ寛いでいました。


小屋に戻ってまたクイズ遊びです。
小さな山小屋だと「バーナーは屋内では禁止」、大きなところだと「屋内は指定の場所でのみOK」というパターンが多い気がするのですが、ここは「中で使ってくれて大丈夫ですよ、テーブルの上でどうぞ」と言われたので遠慮なく飲み物を作らせてもらいました。


またまたおやつに出てきたのは日本で買ったポテトチップスです。今回スナック菓子を3日分で5袋も持ってきました(^◇^;)


ぼちぼち晩ご飯の準備に取り掛かります。


乾燥ボレ茸(セップ茸の仲間でもう少し安い)をぬるま湯で戻します。


もうさすがに肉はないので、日本で買ってきた肉団子っぽい大豆製品を使ってご飯を作ってみます。まずはお湯で戻すようです。スーパーで売ってるお肉にかける用のインスタントソースを持ってきました。イマイチでしたが、大量に入れた乾燥キノコのおかげでなんとかなりました( ̄▽ ̄;) それとパスタ(タリアテッレ)を茹でました。


ポテチをつまみながらのご飯作りです(^_^;)


頂きま~~す(#^^#)


この日はわたし達の他に5人の宿泊客があっただけでした。このテーブル長いんですけど、わたし達のすぐ左側で管理人さんも交えて食べています。ちなみにメニューは野菜スープの後に豚肉のロ―スト、プルーン添え。それにポレンタをグラタンで焼いたものが付け合わせでしたが管理人さんが「初めて挑戦した」と言ってただけあり、緩すぎて全然グラチネ(焦げ目をつけること)できてなくてとろっとろでした(^^; 宿泊客のひとりが差し入れで持って来たチーズ、トム・ド・サヴォア、そしてリンゴのタルトのようなケーキがデザートでした。

彼らは全員アルピニストで明日登る予定の山、ここ数日で登った山の話をそれぞれがしています。フランス人の中年男性3人とドイツ人の中年カップルですが、ドイツ人もフランス人並みにエクランの山をよく知っていました。エクランはスイスに近い方のアルプスとかに比べると外国人は少ないのですが、例外的にドイツ人には結構出会います。


山小屋の周りにはアルピニスト向けの険しい山がいくつもあり、その代表的なものは小屋と湖の名前にもなっているル・パヴェ(Le Pavé、 標高3823m)やピック・ガスパール(Pic Gaspard、標高3880m)などです。これらはアルピニストでも上級者向けで、もう少し楽な、といっても普通のハイキングではやはり無理というピック・ノール・デ・キャヴァルやピック・シュッド・デ・キャヴァル、ポワント・デ・シャモアなど3300~3400mの山がすぐ近くに構えています。


この夜、そして以前に別の山小屋でも聞いた話なのですが、ひと昔前まではフランスの山小屋はアルピニストの人たちが宿泊客の大半を占めていたところが多かったそうなんですが、ここ10年20年でハイキング客のほうが多いという山小屋も増えてきたらしいです。もちろん小屋の立地条件にもよりますが。なので、一般的にそこまで山小屋に快適さを追求してこないアルピニストだけでなく(どうせ彼ら夜明け前の暗いうちに出ていくし💦)、小屋での滞在時間が長く、小奇麗さ・快適さを求める一般ハイキング客の受けをよくするためにデラックスに改装してベッド数も多くしてどんどんお客さんに来てもらいましょう、というところが増えているそうです。
この山小屋も2年後に改装を控えているそうですがどんな小屋になるんでしょうか。何にしても、今回このボロボロな(スミマセン)状態のところに一度来ることができて良かったと思います。


さて晩ご飯も食べて色々面白い話も聞けて満足満足(#^^#)
暗くならないうちにトイレと歯磨きをすまして明日に備えて早寝しようと思います。


次回は下山編です。

山小屋から山小屋へ

子供たちと先週2泊で出かけたエクラン国立公園。今回は北端の高い山が集まっているエリアにやってきました。エクランには3500mを超すような山がバンバンありますがハイキングで登れるものは全くありません。3000mちょっとくらいの山だと登れるもののありますが、それ以上の山は残念ながらアルピニストでないと無理なものばかりなので、遠くから見て楽しむだけです。それでも高い山の雰囲気だけでも味わえるエリアなのです。


1泊目の山小屋、アルプ・デュ・ヴィラ―ル・ダレーヌ(2079m)
子供たちはまだ爆睡中の6時に小屋の外に出てコーヒーを飲みながらゆっくりします。


6時過ぎにはこんな感じ


6時半。雲がどんどん消えていきます。嬉しい(´▽`)


子供たちはもう少し寝かせておいてやりたいのでもうしばらく小屋の周りをウロウロしてみます。


小屋の外のストック置き場。アルピニスト達も泊まっているようです。


さて7時前になったので子供たちを起こしに寝室に戻ります。他の人達ももう起きて朝食をとりに行ってるか毛布を片付けたり身の回りの準備をしています。わたし達も出発準備をしてから食堂に行きました。


今回、日本から戻ってすぐだったということでやたら貴重なものが登場します(^_^;)
大阪は上本町の有名パン屋「パリゴ」の食パンです。ここのすぐそばのイタリアンで友人と食事をしたのですが、パン屋さんの前を通って友人が「ここおいしいから」って買ってくれたのです(その後の食事もご馳走してもらいましたが💦)。冷凍してフランスまで持って帰ってきました( ̄▽ ̄;)
もっちりしていてフランスではお目にかかれない食感でした。しっかり目が詰まっていて食べごたえがあり美味しかったです。


バリエーションを加えるためにシリアルも持ってきました。牛乳はちょっと山には持って来たくないので(^^; スキムミルクを少し多い目にシリアルに混ぜておきます。それで水を注いだら牛乳かけた、みたいな感じに大体なります。


自分にはコーヒー(もう2杯目)、子供たちにはホットチョコレートを作ります。ホットチョコレートはココアパウダー、ブラウンシュガー、スキムミルクを混ぜたものを持って来ています。


朝ごはんをゆっくり食べて洗い物をして出発したのは8時40分です。遅っっ(^^;)
わたし一人なら遅くとも6時半には出るんですが…軍事訓練っぽいことは嫌がられるので彼らと一緒の時はソフトな行程になってあります(^▽^;)


寒がりなので厚着しています(-_-;) 朝はどうしても寒いんですよね・・・歩いてるとすぐに暑くなるんですが。


まずは山小屋から100mちょっと下の谷底まで下ります(出たっ、子供たちの大嫌いなアップダウン!)。その後別の谷に向けての登りが始まります。実はこの日のコースは最後にも一度下りてまた上がるところがあるのですが、今のところ言わないでおこうと思います(^_^;)



ブルーベリーが一部熟してきていました。


今が旬の花たち。ジュバルブ(サボテンの花みたいなやつ)は2,3種類あるのですが今の時期ほんとにたくさんあちこちに見られます。


今日もマーモットが何匹も通りかかりました。


後ろからカランコロンと聞こえてきたなと思うと放牧の牛たちが歩いてきました。
一部の牛たちはカウベルを首に下げているのです。


誰に付き添われるでもなく、自分たちだけでさっさと歩いて行きました。賢い・・・(◎_◎) そして結構なスピードです。牛がのろのろ歩くなんて嘘です!!



まだまだ山小屋は遠い。。


いかにも毒キノコっぽいのが生えていました。


いい年して岩の上に登ってはしゃいでます(-_-;)


乾燥した土地ですが、それを好んで咲く花もあります。


あっ、エーデルワイス😻今年初めての出会いでした。


ここまで緩やかな登りでしたが少しずつ急になってくるようです。もう12時に近くなっているのでちょっと上がった大きい岩のある辺りでお昼休憩をしようということになりました。


わたしがご飯を作る間、子供たちには日本で買ったきた貴重なスナック菓子をつまんで待っていてもらいます。もちろんわたしも作りながら頂きました。


今日のお昼はサヴォアのスモークソーセージ、ディオ・ドゥ・サヴォアと玉ねぎを炒めてじゃがいもポタージュスープを濃い目に溶いたものをソース代わりにして、小さく切ったチーズを最後に絡めたもの。
ソーセージは家からペットボトルを凍らせたものと共に保冷袋に入れてきてので今朝はまだ冷たかったのですが、そろそろ常温まで戻りつつありました。そんなに猛暑ではなかったので何とか持ってくれました。しかし肉ものはこれが最後、今日の夜と明日の昼は肉っ気のないご飯となります。


ゆっくりとお昼ご飯を食べた後、再び歩き始めます。
このように少し盛り上がって稜線のような形になったところを進みます。


氷河の麓に近付くにつれ景色が変わってきました。乾燥しきって草はほとんど生えていない石ころばかりの景観(フランス語でミネラルな、と表現します)です。


飛行機雲が…
クロ・デュ・キャヴァル氷河。他の氷河と同様、温暖化により後退しまくってほとんど消滅しつつあります😢


ちょっと休憩・・・
今回、いつもよりいっぱい休憩しつつ歩いています。いつもなら暑さに弱い次男のためなのですが、彼らが捻挫が治っていないわたしに気を使って「お母さん、足首は?休憩しよか?」と何度も言ってくれるので、そう痛くはないんだけど明日は駐車場まで下りないといけないし、週末には別のハイキングも計画しているしで用心のため、そのたびに数分休憩しながら登りました。


高度を上げるにつれ花の種類が変わってきました。右下のはジェネピといって、お酒に風味を付けるのに山でよく使われる花です。ハーブティーにもできますが、ここは国立公園内なので採集は禁止されています。


山小屋まで20分の表示が。


長男が撮ってくれていた1枚。


あ、これです。地図でチェック済みだった最後のアップダウン(^^;)
アップダウン大嫌いな彼らも、もう最後なので文句を言わずにさっさと進みます。


最後・・が案外長い。。20分じゃ無理な気もします。


もう少しです。


まずは氷河湖であるパヴェ湖が現れ・・・


そのすぐ近くにある今夜のお宿、Refuge du Pavé パヴェ山小屋に到着します。
昨晩泊まった山小屋とは全然違って小さくて質素な様子です。



次回に続きます。

子供たちと2泊でエクラン(1日目)

日本から帰った2日後、子供たちと2泊でエクラン国立公園にハイキングに行った時の記録です。


1日目の予報は「朝が雨、午後から回復に向かう(でもまた夕暮れ時~夜に雨)」というものだったので、かなり遅い目の9時ごろに出発しました。約2時間半の道のりです。空はまあまあ明るいものの結構降っています。


ラ・グラーヴ村近辺。目的地が近づいています。雨はだいぶ小降りになってきたようです。


ああっ、また降ってきたっっ・・ (つд⊂)エーン


これは想定内だったのですが駐車場でカップ麺の昼食です。2個しか写ってないけどちゃんと3個あります。確か子供その1(どっちか忘れた)が早速食べ出したからです(^^;
日本で買ってきた貴重なカップ麺です。これに、スナック菓子の海苔天ぷら(わさび味)を乗せて食べたら絶品でした😻
雨がひどくなってきたので、普段は汁物などややこしいものは飲食禁止になっている車の中で例外的に食べました(^_^;)


想定内だった割には、カップ麺用に持って来るつもりだった水の入ったペットボトルをうちに忘れてきてしまったため、ハイキング用の飲み水を使ってしまったので、少し先のロータレ峠のホテル兼カフェ(レストラン)に水を汲みに行きました。


ツール・ド・フランスで有名な峠ですので、自転車の人が多く訪れます。


この日はイタリア人サイクリストが多かったようです。イタリアとの国境もそう遠くはありません。水だけ汲ませてもらうわけにもいかないのでコーヒーだけ注文しました。


駐車場に戻って、さらに30分くらい待ったでしょうか。だいぶ雨も小降りになり空も明るくなってきたので準備を整えて出発することにしました。


まあ時々まだぱらつくんですが、それは仕方ありません。


なんか派手に咲いてるところがしばらく続きます。


日本に行く前に既に咲いていたものもあれば、新顔もあります。


ロータレ氷河が雲から顔を出し始めました。


トリコロールは国立公園内に入ったことを意味します。


なだらかな登り道です。


最もよく見られる蝶の一種、ジジェーヌ・デュ・トレーフル。黒に赤の斑点がお洒落です。写真撮ろうと近付いても全然逃げないのが特徴(^^;)


あっ、滝があります。ようやくちょっと難関っぽくなってきました。


ここはちょっと幅が広いし流れも激しいので少し上がった辺りを通りました。


少し行くと、マーモットの子供が3匹いてじゃれあっていました。遊ぶのに必死すぎてわたしが近寄っても全然お構いなしに取っ組み合いしてました。


さらに谷の奥に入っていくと・・放牧地帯になっているようで牛がいます。エクランというと羊の放牧は多いのですが、牛はとても珍しいです。次男がすかさず言います。「うわー、なんかヴァノワーズ国立公園に来たみたいに錯覚するね」わたしも同じことを思ったところでした。放牧の牛といい、なだらかな緑の丘とい、エクランよりはヴァノワーズを彷彿させる光景です。


しかも品種はサヴォアが原産のタリーヌ種のようです。


あっ、穴からマーモットが出てきました。次男が携帯で激写しています。


かわいい♡ けど、ネズミが嫌いな人はネズミ並みに気持ち悪いみたいです(;´Д`)


今晩のお宿の山小屋が見えてきました。


アルプ・デュ・ヴィラ―ル・ダレーヌ山小屋に到着。


管理人室。


15人部屋で確か12、3人埋まっていたと思います。


「(わたしは)毛布を畳むのを忘れません」の張り紙が・・幼稚園かい(;´∀`)


食堂。


食堂の窓から。お天気は良くなってきているけれど、風がものすごいです。
それ以前に、先月捻挫した左足首がちょっと痛くて本来ならここに荷物を置かせてもらって谷の奥にある氷河&氷河湖までハイキングしたかったのですが、無理をすると明日の行程に響くので山小屋でのんびり休憩することにしました。


多分強風のせいでしょう、山小屋内では多くの人が寛いでいました。駐車場から簡単に来られる山小屋なので子供連れの一家も多かったです。


クイズで遊ぶ子供たち。
わたしは明日歩くところや、今日見えた周りの山などをチェックするために地図を眺めつつコーヒーを飲みました。


山小屋のキッチン。左の男性が管理人で3人ほどお手伝いのスタッフがありました。
94人泊まれる比較的大規模な山小屋です。


日本で買ってきた貴重なスナック菓子をおやつに出してきました。


さて夕食作りに取り掛かります。
今回の2泊3日、山小屋に2泊ですがご飯は一切頼まず自炊です。日本で買ったばかりのモンベルのフライパンも持ってきました💖
豚肉を凍らして持ってきたものは凍らせたペットボトルと共に保冷袋に入れてきたのでまだ半分凍ってるくらいです💦
豚肉と玉ねぎを炒めてインスタントスープを濃い目にソース代わりにして絡めてパスタと一緒に食べます。パスタはたまたまうちに残っていたサヴォアの会社で作られているブルーベリー果汁入りタリアテッレです。
ちなみにわたし達以外に自炊してる人はゼロでした(^_^;)


いただきまーす\(^_^)/


夕食前に少し話した宿泊客の男性があります。彼は国立公園内で働いていて、仕事は主にハイキングコースの整備。今現在のプロジェクトは現存の1週間や10日間のオフィシャルな縦走ハイキングコースに加え、もう少し短い目の3日や4日のコースを国立公園内に設定しようというものらしく、皆さんの意見を聞きたいので夕食の後に希望者だけ集まって談話会をしましょう、と提案して回っていました。
面白そうなのでわたしも参加しました。


結構大勢の人が参加しました。


どうせなのでいい場所を陣取りました^_^;
右が当人です。仕事で来ているのではなく、休みを取ってトレランで3日間回ってるそうです。今日も60キロ走って来たそうΣ(゚Д゚) 彼が 今朝出発したという地点はわたしの中では遥か遠くで高低差も半端ないし心底驚いてしまいました。
わたし自身はトレランしたいとは思ったこともないけれど、こうして普通には到底不可能な行程が可能になる体力は羨ましく思いました。


それは置いておいて、討論好きなフランス人のことなので遠慮なく自分の意見を言う人も多く、興味深かったです。コースの話の他に、彼自身トレラン愛好者なことから「トレラン人口の激増におけるトレランの人VS一般のハイキング客の共存、マナーの問題」といった話題にも発展しました。
日本でもトレランは最近ぐんぐん人気を増しているようですが、フランスでも昔より格段に人口が増えているようです。わたし自身、たくさん山に行き出してまだ2年と少しなので実感はないのですが何十年もハイキングをしている年配の方などは、トレランの人が前から後ろから走ってきてその度に彼らが「自分優先」といった態度でいることに我慢がならないようです。この男性はトレラン愛好者代表として非難を浴びて「そうですね、そんな失礼な人もいます。僕は気を付けていますけど・・」と縮みこんでました💦
トレラン専用コースを作ればいいんじゃないか、とまで言う人たちもありました。よっぽど気に入らないのでしょうね(^▽^;)


討論会は終わりそうになかったので(出た、おしゃべり好きフランス人・・)、わたしは適当なところで抜け出して子供たちと寝室に戻りました。


1日目はここまでです。
2日目に続きます。