フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

1年ぶりにジュラへ(その1)

子供たちがおじいちゃんおばあちゃんのところにしばらくお泊りするので、今日は東フランスまで送って来ました。かなり遠いので、途中地点であるフランシュ=コンテ地方のジュラ県のある村で待ち合わせをして連れて帰ってもらいます。


うちを出たのは6時半。ついうっかり山行きの高速方面に行きかけてしまいました(^^; どっか遠くに行くとしたら10中8,9山なので。。
今日は北東部に向かいます。当然、山に行くときとは全く違う景色です。雄大なアルプスの代わりに地平線が果てしなく続く・・これはこれできれいです。


幹線道路の部分だけ高速に乗った後、料金所の手前で下りてあとは県道をひたすら走ります。色んな町や村を通過したり景色を見るのが好きなので毎回高速は使わずに行きます。もちろん高速代の節約という意味も大きいです。


途中、鶏で有名なブレス地方を通ります。ブレスの鶏は国内で唯一AOP(原産地呼称制度)指定されており、高級食材です。


フランスのあちこちのスーパーで売っているブレス・ブルーというチーズの工場の前を通ります。


3分の2ほど来たところの村の駐車場で一度トイレ休憩です。高速と違って公衆トイレが道路上にほとんどなく、ここジュード村の公衆トイレ付駐車場は大変貴重です(;´∀`)


ほぅ。。ジュード村の周辺にもハイキングコースがいくつか設けられているようです。たぶん来ることはなさそうですが(^_^;)


ジュラ県の県庁所在地であるロンス・ル・ソニエを通過中。フランスの国家「ラ・マルセイエーズ」の作詞をしたルージェ・ド・リールの生誕地として有名なほか、世界中で愛されるポーションチーズ、La Vache Qui Rit(ラーフィングカウ)の工場もあり、数年前にはラーフィングカウ博物館も作られたそうです。


9時15分、待ち合わせ時間に15分も遅れて到着(;´Д`) 途中何度も道路工事があり、あとバカンス時期なのでキャンピングカーやトロトロ走る外国の車が多く、いつもよりも相当時間を食ってしまいました。
おばあちゃんは当然とっくに到着しています(-_-;)ごめんなさい・・・
おばあちゃんはヴィッツに乗っていてわたしのデミオと並ぶとここは日本かという風景です。ちなみにヴィッツはYaris(ヤリス)、デミオはMazda2(ドゥー)といいます。


…てか、おばあちゃんの車あるけど、おばあちゃんいないし( ゚Д゚)
ここは実はパン屋さんの駐車場なので、もしかして中にいるのかと入ってみましたが、いません。パンが案外おいしそうだったのでバゲット一本買っておきました。お昼はピクニックというか外で食べるつもりなので丁度よかったです。


あっ、これはガレット・オ・シュークルといってこの辺りの地方菓子です。ブリオッシュ生地を延ばして生クリーム(サワークリームみたいなとろりとしたもの)をたっぷり塗った上に砂糖を振りかけて焼いただけのシンプルなお菓子です。ジュラよりもブレス地方のほうがよく作られています。というのも、ブレスの生クリームはAOP指定されているほどの特産品なのです。今日からしばらくわたし一人なので大きすぎるので今回は買いませんでしたが好きなお菓子のひとつです。


5分ほどするとおばあちゃん、帰ってきました。わたしらを待ちつつ散歩に出かけたら遠くまで行き過ぎて帰ってくるのに時間がかかってしまったらしい、、


子供たちを受け渡しした後はドライブ&お買い物しつつ帰路に着きます。


ええと、まず寄るのはジュラワインの中心地であるアルボアです。


アルボアはパスツール生誕の町として有名。


アルボアのシンボル的時計台のあるサン・ジュ教会。


小さな町なので町の中心地まではすぐです。


中心となるレピュブリック広場。


バカンス時期で観光客が結構多かったので車停められるか心配でしたが、いつも通り広場からすぐのところに停めることができました。


この町でのお目当ては・・お菓子屋兼チョコレート屋のイルサンジェHirsingerです✨
東京にもお店があるのでご存知の方もあるかと思います。



その1はここまでです。
長かった夏休みもあと残り3日間を残すのみ。明日からひとりで2泊で山歩きに行くつもりなので今から荷物の準備です(^^♪

エクランから帰ってきました!

子供たちとの2泊3日のエクラン国立公園でのハイキングから今晩、無事帰ってきました。
わたしが左足首を捻挫気味だったため、サポーターを付けて「ほんとに大丈夫なんかな」と恐る恐るのハイキングになりましたが、行程的にも無理のないものだったし、ゆっくり歩いて休憩を頻繁にとるようにしたので大丈夫でした。「めっちゃゆっくり歩いたり休んでばっかりの人にもそれなりの理由がある(かもしれない)」ということを身をもって知ることができてよかったです。怪我も病気も滅多にしないため、そうでない人に対する思いやりがどうも少し足りないことが多いんですね・・・


ハイキング記はちょっと長くなりそうなので、今晩のところは帰り道の話だけ・・・


駐車場をでて帰途につき始めてすぐ。ハイキング中序盤にも目の前にあったロータレ氷河。大迫力です。


バカンス時期はこんな陽気な車もいっぱい走ってます。しかもこれはオランダの車でした。こんなものくくり付けて北の国からはるばるやって来たのでしょうか・・・


ラ・グラーヴ村のすぐ手前。ル・ベック・ドムやメイジュといった北エクランを代表する山々が 並びます。白く輝くタビュシェ氷河とメイジュ氷河。


ツール・ド・フランスでよく使われるロータレ峠道路ということもあり夏は自転車の人がたくさん走っています。


だいぶ戻ってきてベルドンヌが正面に見えるところまできました。つい先日初めて登ったクロワ・ド・ベルドンヌも中央に見える山の一部になります。


もう少し走ってグルノーブルの少し手前の町を通過しているときに助手席に座っていた次男が「あ~!!ランボルギーニ・クンタッチ😻」と叫びました。
次男は自動車オタクで、先日の日本滞在でも車の写真ばかり撮りまくっていました。新旧のスポーツカーと90年代の日本のスポーツカーが彼の得意分野?です。日本で道を歩いていても「あ~っ改造シルビア~~カッコいい!」とか言ってすぐ走っていってしまいます💦


「なにっ、お母さんUターンしたるから任せとけ!」ランボルギーニのためにはUターンくらいどうってことありません✨ 


しかも伝説のモデル、クンタッチ(カウンタック)です✨


40歳前後のお父さんと小学生くらいの息子さんでした。


ひょえ~~カッコええーー
次男曰く、何種類かあるコンタッチのうちでも600台位しか造られなかったモデルだとか。昨年日本に帰った時に1台すれ違ったのと併せて実物を見るのは2回目だそう。
しかし残念ながら故障してるらしく、持ち主の兄さんは困り果てて修理屋さんか何かに電話中でした(^_^;) 高級スポーツカーといえども、相当古くなりつつあるので手入れも大変そうです。
10分間ほど隣に停車していましたが、その間に3、4台の車がわざわざランボルギーニを見に駐車場にやって来ました。「なかなかカッコいいアイロンですな」とか誉め言葉もシャレが利いていてなるほどという感じでした。兄さんは「アイロン熱くなりすぎて壊れちゃってね」とシャレで返してました(;´∀`)


山と関係ない話で終わってしまいました(^-^;
明日から子供たちはフランスのおじいちゃんおばあちゃんち(=元ダンの実家)に泊まりに行くのでわたしが途中まで送ります。おばあちゃんがそこまで迎えに着ます。受け渡しが終わった後はドライブしつつ帰る予定でとても楽しみです(^^♪ 山ではないけれど、森や川、湖などの自然が豊かなジュラ地方です。


ザック×3の中身が廊下に散乱しているので今からちょっと片付けてみます💦てかもう眠くて明日の準備もできてないので多分タイムオーバーでしょうが・・・

クロワ・ド・ベルドンヌ(2926m)へ 最終回

周回コースで挑戦したクロワ・ド・ベルドンヌ。日の長い今の季節だからこそ余裕をもって楽しむことができる長いコースです。


帰りに通ったラ・プラの谷の小さな湖周辺にはワタスゲがあちこちに。


ベルドンヌ山塊は湖がたくさんあることのも魅力の一つです。約70もあるそうです。


ラ・プラ峠(2170m)まで降りてきました。
この行先案内板からすぐのところでふたりの男性ハイキング客が座って休憩しています。挨拶をすると「頂上では青空は出てきたかい?」・・あ、この人たちはクロワ・ド・ベルドンヌ頂上に到着したとき入れ替わりで降りていった二人です。その時、写真を撮ってもらったのでした。
ここでわたしも彼らと話しつつ5分ほど休憩しました。なんとパリから遠征のおふたりでしたΣ(´∀`;) ベルドンヌ、わたしは大好きで近いからよく行きますが、全国規模で見るとそんなにメジャーな山塊ではないのでバカンスシーズン以外でそんなに遠くからのハイキング客に出会うことはかなりめずらしいです。


先に見えてきたのはクロゼ湖です。


ここは湖の畔ではないけれど常に小川が蛇行しているのでワタスゲがところどころまとまって咲いているのが見られました。


「森のゼラニウム」ゼラニウム・デ・ボワ


エゾムラサキ

クロゼ湖に到着します。ここは一番近い駐車場からだと680mの高低差なのでファミリーコースとして週末には多くのハイキング客が訪れます。
冬にスノーシューで来たとき↓

まだ誰も歩いてない新雪を歩くのが気持ちよかった♪


アザミが大きくなりつつあります。


湖の端まで来ました。


周回なので行きとは違う場所ですが朝と大体同じ方角に戻ってきました。


時間は午後4時前。出発から10時間経っています。


1月の同じエリア。


真向かいはシャルトルーズ山塊。
あとはどんどん降りていきます。ただしこの日車を停めているのは1月にスノーシューで来た時より離れた場所にある駐車場です。


この少し先で60歳前後の男女ハイキング客が数人座り込んで休憩しているのを見かけました。挨拶だけ交わして先に進みましたが、保険証がどうのという話をしていたのが聞こえました。もう少し降りていくと、ヘリコプターが・・・


初めは上空をちょっと行ったり来たりしていましたが、先ほどのグループの一人がタオルを降ってアピールしています。間もなく隊員がひとりロープにぶら下がって降りてきてひとりが救助され去っていきました。救助の場面に遭遇したのはヴァノワーズ国立公園でも一度ありこれで2度目です。


猛暑の時期でしたが、木の陰がある場所はありがたいです。


暑すぎて水遊びしていきたい気分です。


小さなつり橋を渡ります。


帰り道長い(;´Д`)


しかもあまり大急ぎでは降りられない種類のところがほとんど・・・


野イチゴが少しですが赤くなっていました。6月上旬の南仏の山で今年初めて熟しているのを見ましたが、ここら辺では初めてでした。


は~~やっと平らな道になりました(-_-;)


えーっと分岐分岐・・・少し前に通った分岐で地図と見比べつつ「次の分岐では山小屋ではないほうの方向へ」とだけ覚えていたのでもうここでは地図を出さずにそのように進みました。


・・・地図で見る限りアップダウンもないし15分か20分で着きそうな感じだったのになかなか着きません。おっかしいなぁ・・と思いつつも速足で降りていくと。。
別の駐車場に着いてしまいましたΣ(゚Д゚) わたしが停めたところよりも100mも低い地点です。な・・なぜに??
狐につままれたような気分で地図を取り出して確認すると。。今歩いてる道に、ハイキング道ではない林道が交差した地点があります。通常分岐地点の行先案内板はハイキング道同士が交差する地点にしかないのですが、ご丁寧に案内板がその地点にもあったようです。「ひとつめの分岐で山小屋ではない方向に進む」とだけインプットしていたのですが、先ほどの余計な分岐ではわたしの停めた駐車場と山小屋とはまだ同じ方向だったのでした…
まあまだまだ明るいですし、全く逆方向に歩いたという訳でもありませんが最後の最後にこんなオチを作ってしまいました。


100m低いところまで来てしまったのでなだらかとは言え、また上り坂です。
もともと1730mの累計標高差に自ら100m付け足してしまいました(;´Д`)
急ぎ足で歩いたんですが、疲れていたせいか20分かかりました。


午後6時半、駐車場に到着。出発してから12時間半が経っています。


最後の最後でわたしらしいどんくさい失敗が出ましたが、それでもバラエティに富んだとっても楽しいハイキングになりました。何より、いつも色んな場所から眺めてきたベルドンヌの象徴の山の一部に登ることができたのは嬉しかったです。