フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

今年初めてのスノーシュー(その2)

その1では2か月ぶりのスノーシューをしにボーフォータン山塊にやってきて標高1400mの駐車場から歩き出し2117mの地点にあるシャレーに到着したところまで書きました。
休憩した後目的地であるモン・ロッセ(2449m)に登ります。


シャレーを後にして登り始めます。


どうってことないなだらかな山です。


なだらか・・・と思ったんですが案外登り甲斐があります(^^;


おおっ、、


今日初めての青空が雲の合間から覗きました!どんどん広がっていくと嬉しいな~って思いましたが、この状態が約1分間続き、その後は1日中二度と青空は顔を出しませんでした。これが曇り時々晴れ、の晴れの部分だったんだと思います(~_~;)


単調な登りです・・・
頂上か!?と思うとまだ続きがある・・の連続でした。


最後は稜線になっています。


さすがに頂上に近付いてきました。


北西方面に飛び出ているのはボーフォータンのシンボルのひとつ、ピエール・マンタ。遠くからでもよく見えます。


「LE DOU DE CRECHEUCHA」???
頂上に着きましたが「モン・ロッセ」とはどこにも書いていません。間違って違う山に来てしまったのかと思わず地図出しましたが、そんな名前の山は周辺を見てもどこにも記載されていません。後で調べたら、地元でのモン・ロッセの呼び名だそうです。全然似ていない・・・
考えてみたら、正式なコースは下のシャレーまでなのでおなじみの黄色い看板はこの山頂には立ってないのでした。



さて、まだ12時過ぎです。先ほどシャレーでがっつりおやつを食べたためまだそんなにお腹が空いていません。結構いいリズムで歩いてきたので16時までに駐車場に戻るにもまだ少し余裕があります。
天気がよかったら景色を満喫するのに休憩も長くなりがちなのですが、特別寒くはないもののこの曇り空でテンションも低く、休憩するより歩きたい気分です。
左側(西側)に傾斜が大したことなくスノーシューでも登れそうな峠っぽい場所があるな~と先ほどから見ていたのですが、こっちに寄ってから下りることにしました。


まずは谷まで下りないといけません。登ってきた南側は傾斜が緩やかなのですが、こちら側は急なところが多いので様子を見て下りられそうなところを探します。同時に無駄に低いところまで下りたくないので向かいを登るのによさそうな場所を狙って下りていきます。



峠っぽいところまであと少しです。


こちらの斜面は同じくらいの高さでもモン・ロッセの南壁より随分雪深く、スノーシューでもズボッと太ももくらいまではまることもあり、歩くのに苦労しました。


うさちゃんの足跡


峠…に見えていましたが、その部分は結構長くほぼ同じ高さのまま奥まで続いています。


振り返るとさきほど登ったモン・ロッセの全貌がよく見えます。


いくらでも続きがあります(;´Д`) げんなりしてきました。
ふと時間を見ると午後1時半になろうとしています。お昼ご飯もまだ食べてないし、さすがにもう帰り始めないと4時までに駐車場に戻れないかもしれません。その1に書きましたが夜7時から新年会があるのです。


昨日と同じパターンですが今から仕事です~
また晩か明日に続きを書きます!

今年初めてのスノーシュー(その1)

雪不足だったフランスにも先週あたりから雪が積もったので、仕事が休みだった昨日はボーフォータン山塊にスノーシューをしに行きました。昨年11月初めにどっさり降った時以来約2カ月ぶりです。


昨日の天気予報は2、3日前までは大体どこの山でも「曇り時々雪」だったので諦めてたら前日午後辺りから「曇り時々晴れ」に変わっているではありませんか~! 慌てて前夜、どこ行くか考えて荷物を準備しました。普通のハイキングと違ってスノーシューで行けるところは結構限られているので行く場所を探すのに時間がかかります。


フランスで売っているオフィシャルなハイキング用地図には山スキー向けコースも少し載っているのでこれを結構参考にしています。スキーの人が行けるならスノーシューでも行けるはず・・・(下りるのに時間がかかるだけで ^^;)


フランスのハイキング地図。濃いピンクの細い線はハイキングコースで分岐点には行先案内看板(大抵黄色の)が立っています。
紺色(写真では黒に見えるかもしれません)のところどころ切れている線が山スキーコース。こちらは特に看板はありません。もちろんこれはポピュラーなコースってことで土地勘のある人は他の場所でも山スキーしてます。


7時半、駐車場に到着。去年来たことがある駐車場です。その時は別の山に行きました。本当はこの先もう少し行ったところに停めたかったのですが、除雪されておらず坂もあったのでこの駐車場から歩くことにしました。
昨日は夜7時から新年会の予定があり夕方4時には駐車場に戻りたかったので早い目の出発となりました。ボーフォータンはうちからちょっと遠いのですが交通量の少ない早朝は2時間20分で来ることができました。


こちらが本来出発地点にしようと思っていた駐車場。わたしが停めた場所からは徒歩10分程度でした。
スノーシュー用の看板が立てられていますが、これは「スノーシューのやつは低い辺りうろうろしとけよ」的コースの看板なので無視して通常コース看板通りに進みます。
あと森の部分は多くの人が歩いた跡(大抵は山スキーヤー)がある近道を地図で確かめつつ通ることもあります。
森を出て見晴らしの利くところは地図はもちろん参考にしつつもトレースはないときも多いし、基本目で見て「普通ここ通るだろ?」的な歩き方になります。昨日歩いたところも経由地のモン・ロッセのシャレー以降は全くトレースがありませんでした。


朝早かったので向かいの山の中腹にある村にまだ灯りがともっています。


駐車場は標高1400m、既に雪がありすぐにスノーシューで歩くことができました。
スノーシュー結構重たいので、ザックに入れて(ひっかけて)歩くの大嫌いなので助かりました。


辛うじて流れている川。もうじき完全に凍ってしまうことでしょう。


1640mの地点。1800m台くらいまでは放牧用のシャレーが数軒集まった集落の間を縫って登っていきます。


なだらかなところが多かったですが、急な登りもあります。



やっと積もったとはいえ向かいの山を見ても例年ほどにはとても及びません。


森を抜けてきました。
曇っていますがヴァノワーズ方面が辛うじて朝日に照らされています。


こちらの高くなっている方に上がっていきます。昨日は曇りでしたが、特にこの辺りより北側が雲が厚くて、南方面の方が空が明るかったです。それも天気予報どおりで、そっち側(グルノーブル方面)の山も考えたのですが、帰りに予定があることを考えると夕刻必ず渋滞するグルノーブル周辺の幹線道路は避けなければならず、渋滞の少ないシャンベリー方面(うちから山に行くにはグルノーブルかシャンベリーどちらかを通る)を選んだのでした…


通過予定のシャレーが見えてきました。もちろん道は無視して最短距離でまっすぐ登っていきます(;´∀`)


モン・ロッセのシャレー(2117m)に到着。
結構大きなシャレーで、写真の建物以外に大きなものがもうひとつ隣にありました。
というのも、扉の表示を見る限り、放牧だけでなくチーズもこの場所でつくっているようです。チーズとはもちろんボーフォールです💖


シャレー前のベンチでコーヒー&おやつ休憩です。
奥に写ってるのがもう一軒のシャレー。おそらくこの建物でチーズを作っているのでしょう。夏に来てみたいものです。


ふとベンチの足元を見ると、チーズが一切れ落ちてました。ボーフォールではありません。色を見る限り羊か山羊チーズのようです。皮まで取ってあり、あとはパクっと食べるだけ・・というときに落としたんでしょうね、ここで休憩した人。


シャレーから見える景色。あちらのほうが天気いいです(´Д⊂
グランド・ルース山塊(中央)、エクラン北部(左)。


さて、休憩した後は本日の目的地であるモン・ロッセ(2449m)に登りますが今から仕事なのでまた夜か明日以降に後編は書きますね!

次男とヴァノワーズ国立公園で3日間ハイキング(7月、その3・最終回)

次男とふたりで出掛けた夏のヴァノワーズ。2泊目の山小屋、ルフュージュ・ド・プレザンス(2170m)に夕方到着したところまで書きました。
2日目の行程自体がまあまあ長かったのに加え、途中道を間違えたりして既に疲れていた夕方、山小屋まで600mほど登らねばならず、次男はもちろんわたしもクタクタになりました。でも圧倒的に迫力があり美しいヴァノワーズの山の中で疲れ果てて眠ることができるなんて本望としかいいようがありません。


山小屋のマスコットの猫ちゃん


山小屋前のテラスにて。今ふと気が付いたこと・・・
どうしてわたしビール頼んでない!!??
おそらく疲れすぎてて、到着しただけで満足しちゃってたんでしょうね…


ちなみにここは宿泊客の洗面所です。小さな山小屋はどこもこんな感じで、みんなここで歯を磨いたり顔を洗ったりします。トイレももちろん外~~


かなりバテてた次男ですが、山小屋からの景色に大満足。猫好きなので可愛い猫ちゃんと遊べてそれも嬉しかったようです。
ちなみに背もたれにかかっているアンパンマンのタオルは、彼は帽子を忘れたため日差しがきついときにバンダナがわりに使っていました。


2泊のハイキングでしたが、食事はすべて自炊!食料が重たかった・・・山小屋に泊まっても食事を頼むことは稀です。でもどこの山小屋でもテーブルの一角を使って食べるよう提案してくれます。夏でも夕方以降は外は結構寒いので、調理は外でしますが、食べるのはお言葉に甘えて中で食べることが多いです。寒くなくて天気さえよければテラスで食べますが。
ちなみに朝食は少々寒くても厚着してテラスで食べます。朝の景色、空気はとっても気持ちいいので・・・


典型的な山小屋の寝室。ベッド数38と比較的小規模な山小屋です。


山小屋が川に近くて、しかもじゃんじゃん流れてて結構うるさかったので(山奥なのに騒音…)寝られるのか心配でしたが、寝室からはそんなに聞こえず疲れもあって結構寝られました。
さて、3日目のハイキングに出発です。今日は1日目に北側から上ってきて近くを通ったプラーニュ湖に南西側から近付きます。


プラン・セリー峠(2609m)に到着。
アンパンマンタオル、大活躍(*‘∀‘)


7月も後半だったし、あまり高いところまで行かなかったので雪渓はまれでした。
ここは窪地になっているので少し残っています。


そりを試みましたが、傾斜が十分でなくあまり滑りませんでした(;´Д`)


このあとハイキングコースは湖に向かってどんどん下りていきます。


プラーニュ湖(2146m)が見えてきました。行きは下から登って来たのですが、高いところから見る湖は一段ときれいです。


牛たちが急な坂をどんどん下りてきます。



放牧の牛が湖水浴?しています。牛が水に入ってるの初めて見た・・・・
茶色い牛たちはサヴォア地方特有の品種、タリーヌ種。ボーフォールなどこの辺りの名産チーズ作りには欠かせません。
湖の畔にあるのはアントル・ル・ラック山小屋。


サヴォアのもうひとつの品種は白い顔にメガネが特徴のアボンダンス種。こちらもタリーヌ種と共にボーフォールを作るのに指定されている品種。アボンダンスとはオート=サヴォア県の村の名前で、そっちの方面にはボーフォールと同じくハードタイプのアボンダンスというチーズもあります。


湖から流れ出る小川の隣で少し遅いお昼ご飯にしました。あとは行きと同じルート、川に沿って下っていくだけです。


といってもまだ午後2時を過ぎたくらいなので、その前に少し川で遊んでいきます。
うちまで車で3時間くらいかかるので、早い目に駐車場に帰ることができるのは嬉しいです。翌日朝は仕事だし(;´Д`)


お兄ちゃん欠席で次男とふたりだけでの2泊3日ハイキングとなりましたが、それはそれで楽しかったです。今回に限らず、彼らと出かけたハイキングは日帰りでも泊りでも、毎回かけがえのない宝物のような思い出になっています。
全部読んでくださった方、ありがとうございました。