フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

火山の国・オーヴェルニュ地方へ(その3・民宿編)


今回のオーヴェルニュ地方への一泊の旅は民宿に泊まりました。
オーヴェルニュ地方の中心都市でありミシュランタイヤの本拠地であるクレルモン・フェランの近くにヴュルカニア(Vulcania)という火山関係のテーマパークがあり、そこに行くことが今回の旅の第一の目的でした。あと1日はオーヴェルニュのなだらかな山を散歩しようというのが初めに描いた旅の輪郭でした。
観光客の少ないシーズンなため開いている民宿が少なく、ハイキングコースとヴュルカニアの中間くらいにあって高くなくて夜ご飯も作ってくれる・・という条件を満たしたところを探すのに苦労しましたが何とか予約できてホッとしたところで「ヴュルカニア」のホームページを開くと。。
3月まで冬季休業中
・・・旅の主軸となるイベントなんですがぁ!?
ショボい博物館とかだったら用心して調べるけど、オーヴェルニュ地方を代表する観光施設であるテーマパークが11月から3月まで閉まるとは想像もしませんでした。フランス生活も長くなってきましたが、いまだに打ちのめされることは時々あります(;´Д`)
ヴュルカニアの代わりにちょこまかした行程で2日目は埋めることにしました。


出発前からハプニングに見舞われましたが、今回は泊まった民宿がとってもかわいくてご飯もおいしく大当たりでした♫
しかも完全に日が暮れてしまう前に迷わずに一発で来れたのもよかったです。


,昨晩予約の際、電話で話したマダムが出迎えてくれました。電話でもかなり英語訛りの強いフランス語を話していたのでどこの人かな~と思っていたら(わたしも人のこと言えないですが(^^;)、在仏26年のイギリス人でした。



入り口を入ってすぐがダイニングキッチンだったのですが、あまりに可愛くてビックリ。


まずは部屋に案内してもらいました。わたし達には隣り同士の二部屋をあてがわれました。二段ベッドのある部屋を子供たち、わたしにはダブルベッドのある部屋。それにわたし達専用のバスルーム兼トイレがあります。


廊下もかわいいです。


下で飲み物でもいかがですかと誘われ、ミルクティーを淹れてもらいました。
晩ご飯の準備まで少し余裕がありそうなマダムとしばし雑談。あとはハイキングや観光の本を出してくれたので暖炉のそばでそれを読んでました。


10日ほど前に1日がかりでクリスマスの飾りつけをしたとのことで、家じゅうがクリスマスムードでした。家の前の大きなモミの木にも電気の飾りがついてました。



何よりも素敵だったのが、このダイニングスペースです。台所にも家族用のテーブルがありましたが、この日はリヴィングでみんなで食卓を囲みました。


20年以上前に牛舎であったこの農家を買い取った頃には人が住めるスペースは今ダイニングキッチンになっている部分だけだったそうです。何年もかけて工事を重ね今のような素敵なおうちになったのこと。このリヴィングのテーブルがある辺りは干し草を置くスペースだったそうです。そういうおうちの歴史も聞いていると楽しかったです。


民宿の方たちと食前酒を楽しみます。わたしはリンゴと栗のリキュールに発泡酒を足したものをいただきました。
ご主人(というかマダムの彼氏)は以前は山のガイドをされていたそうで山の話題で盛り上がりました。,息子さんもガイドを目指しているそうです。素晴らしい(*´▽`*)


まずはサラダと野菜とベーコンのスフレのようなものをいただきました。
メインにはこの地方特産の高級牛肉(乳牛も存在する)であるサレース(Salers)の煮込みとマッシュポテト。これは地味な見た目ながらひしひしとおいしかったです。
牛肉ってフランスでは赤ワインを入れて煮ることが多いんですが、彼女は「イギリス風牛シチューよ。イギリスではワインは入れないの」と言ってました。


地元のワインが食卓に。サラダにはシャルドネ。あまり辛口でなく穏やかな酸味。適度にフローラル。
ピノ・ノワールは軽い目なものの、若干感じられる独特の乾いた渋みが全体の軽やかさを引き締めています。


シェーヴルはここらのものではありませんでしたが、長く熟成されたカンタルと、わたしもこの日の朝農家を訪れて買った超・地元チーズ、サン・ネクテール。
軽めのピノ・ノワールがよく合いました。


お楽しみのデザート💓
・・・正体不明の紙袋のようなものが現れました( ゚Д゚)
ピザの一種でこんなんありますよね、包んで焼いてるやつ・・・でもそれではない・・・


アップルパイでした(´▽`) 
カスタードソースをかけていただきま~す


はぁお腹いっぱいです。どれもおいしかった~
あ、そうそう。パンも自家製でした。パン焼き機とかで焼いたんでなくて自分で丸めて
オーブンに並べて焼いたもの。
最後にエスプレッソを淹れてもらってお部屋に引き上げました。


翌朝は昨日と同じスペースで朝ごはん。
ヴュルカニアに行けなくて時間持て余し気味なので、朝ごはんも遅い目で8時45分ころにお願いしました。ぐっすり寝ることが出来て子供たちも満足。どうも通常はわたしがスケジュール立てるとキツキツで早朝から行動、みたいなパターンが多く子供たちには不評です。


また手作りパンが出てきました。2種類あって一つは全粒粉入り。クリスマスツリーの飾りがされています。もうひとつはミルク入りパン。
ジャムも手作りでアプリコットとブラックベリーとがありました。


不思議なものが食卓にありました。はちみつの入れ物に入ったコンデンスミルク?のような白濁してとろりとしています。何のことはない、はちみつの入れ物に入ったはちみつでした。白黄色っぽく濁ったクリーミーなはちみつは時々見ますが、こんな真っ白なのは初めて見ました。味は結構普通でした。


ゆったりと休日の朝ごはんを楽しんだ後は、荷物をまとめて出発です。
マダムの素敵なセンスが発揮されたおうちと気合の入った料理のおかげで旅行全体に華やかさが加わった気がします。
またぜひ来ます!と約束して民宿を後にしました。


2日目の様子は明日にでも続きを書きますね😊

火山の国・オーヴェルニュ地方へ(その2)


昨日今日と仕事が休みだったので既にクリスマス休暇に入っている子供たちとフランス中央部オーヴェルニュ地方に行ってきました。その1ではハイキングコースから歩き始めたところまで書きました。


このフランスの真ん中の辺りはマシフ・ソントラル(中央山塊)と呼ばれる広大な火山地帯となっています。昨日歩いたのは中でも自然保護地区に指定されているところでした。


歩きなれたアルプス山系の山と違い、穏やかで広大な丘陵地といった感じです。


一度森を出ると枯れていない植物はほとんどありませんでしたがヒースの花はあちこちに残っていました。


今日はへっぽこアルピ二スタさん達の用語でいうところの浮かれポンチ系です。


なにせ息子たちが「今年はもう山登りはおしまい」宣言をした10月最後のヴェルコール山塊以来、すでに2回目の山です(^^; 「これは山ではない。丘である」と言い張るためにはキツイ登りがあってはいけません。オーヴェルニュの山は理想的ななだらかさです。


まだ登り始めて1時間半ですが、出発が11時でもうお腹が空いてきたので山頂ではないけどお昼ご飯にします。少し風が強かったので風よけになる岩のそばで休憩。


標高差は1000m以下となだらかなものの、19キロと結構長いコースなのであまりゆっくりしていられません。食べ終わるとさっさと歩き始めます。しかも1年で一番日が短い12月後半。17時には暗くなるのでそれまでに駐車場に戻るのが理想です。


「これは丘である」という言い訳が通用しなくなりつつある景色になってきました😅



峠に到着。ここから少し急になります。


わくわくするところも通ります。


振り返った景色


最後は階段になってました。珍しい・・・こんな山頂は初めてです。


周辺の山について、火山についての説明がありました。


さて、日が暮れるのが早いので山頂にも長くは滞在できません。速足で帰りを急ぎます。


次男、凍った川で転倒、みたいな写真ですがズルズル滑って遊んでます。
お兄ちゃん「もうええ加減にしとけや。ほんまにこけるで」


で、当然雪のところでも遊んで停滞する・・・



めっちゃ凍ってます



帰りは森ゾーンが長くて1時間半ほど歩きます。行きは30分ほどで森を抜けれたのですが。下に見えるのはスキー場として有名なモン・ドール(Mont-Dore)の町。


急ぎ足で下りてきたので夕方4時半に駐車場に着くことができました。


駐車場の前には結構立派なレストランがあります。一応営業中でしたがスキー場自体雪がなくて閉まっているし町からは遠いのでお客さんはあまり来なさそうです。


さて、予約している民宿へと急ぎます。
いかにも見た目からして火山って山がいくつも見えて景色も楽しいです。


日が落ちてきて草原が燃えるように赤く照らされます。


地元チーズ、サン・ネクテールの看板。朝2個買ったしもういいです(^^;)


えーと、この道をどんどん進む・・・グーグルマップのおかげでわけの分からないところにある民宿やらワイン農家やらに昔より簡単に行くことが出来るようになりました。ハイキングの出発地点もです。しかし、過信はいけません。してやられた、ってことも何度もあります。前日の晩に予約した際、民宿のマダムに口頭で行き方も聞いておいたので万全です。


夕方5時過ぎ。民宿に到着~
毎回のことですが、行先を決めたもの宿泊先を決めたのも前日夕方。シーズンオフで開いてる民宿も少なくて3つ目に電話を掛けたところにしたのですが、ここがとっても素敵でした💖


また遅くなってしまったので続きはまた明日以降に書きます。うちに帰って荷物もまだ解いてないし(;´Д`)

火山の国・オーヴェルニュ地方へ(その1)


今週は日月が仕事休み、子供たちは先週末からクリスマス休みなので1泊でどこかに行きたい…と考えていました。
スキーが一番喜ぶんだろうけど、あいにくフランスは最近全く雪が降っておらず、ほとんどのスキー場は雪不足。
それで思い付いたのがフランスの真ん中に位置する地味目な地方、オーヴェルニュ。行政的には今年からわたしの住むローヌ・アルプ地方と合併され「オーヴェルニュ・ローヌ・アルプ地方」となっています。


火山地帯であることで知られ、ヴォルヴィックが有名ですが水がきれいで温泉町もたくさんあります。雪が少ないことを利用して火山が連なる中央山塊をハイキングしに行きました。


サービスエリアで朝ごはんタイム。
自分一人や友達と来たときはちんたら地道で行きましたが、あまり道のりが長いのは子供たちが嫌がるのでささっと高速で。約2時間で行けます。


途中ずっと濃霧のなか走っていたので本当に天気予報通りに晴れるのか不安でしたが、目的地直前に晴れ間が広がってきました。
見慣れたアルプス系の山とは違った光景です。


まず初めに目指すのはこの地方の伝統的なチーズ。サン・ネクテールを作っている農家。以前2度来たことがあり、おいしかったので前日に連絡して買いに行きました。
サン・ネクテールはルイ14世のお気に入りのチーズだったことでも知られる牛乳製チーズで、標高900m以上の指定地域で飼育、搾乳、生産されたもののみが名乗れる農家製の割合が多いチーズです。熟成されたものはクルミのようなヘーゼルナッツのような独特のコクがでてきます。


朝搾乳したミルクから直接チーズ作りをします。


味見させてもらいます。
ちょっと若かったのですがアパートの地下カーヴに少し置いておけばいいだけの話なのでふたつ購入。


道を挟んだ反対側にはチーズ熟成専用のカーヴが並んでいます。ここの農家以外の別の農家が使っているのもあります。


さてハイキングの出発地点に向かいます。農家から約20分の道のりです。


スノーシュー用コースの看板が立てられていましたがあいにく雪は全くありません。


今日目指すのは中央山塊最高峰、ピュイ・サンシー(Puy Sancy 1885m)。



…ここまで書いたところで、一旦投稿します。今民宿に泊まっていてそろそろ出発します。
また家に帰ってから続きを書きます^ ^