フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

2泊でベルドンヌ山塊へ(その6)

2泊3日でのベルドンヌ山塊でのハイキングも終盤です。わたしが泊まったふたつの避難小屋を始め、ほかにも複数避難小屋があるエリアなのでハイキングしつつそれらのいくつかを覗いて行きたいと思います。


レ・プラチエール避難小屋は見晴らしの良い場所にあったので40分くらい小屋や小屋の前でのんびりと休憩しました。電波があったので、溜まっていたメッセージに返信したりしていると、10時15分になっています。そろそろ歩き始めます。
次に経由する避難小屋は同じハイキングコース上にあります。上の写真で森の部分が少し切り開かれて道みたいになってるところの奥にある白いものがそれです。


咲いてる時点で既にドライフラワーみたいなカーリン。


昨日おとといはあまり見かけなかったbugle pyramidaleがこの辺はあちこちに咲いています。


11時前に次の避難小屋に着きました。


1720mの地点にあるラ・グランド・モンターニュ避難小屋です。レ・プラチエールの小屋からは100m以上下りてきたことになります。


さっきの小屋よりもだいぶ広いです。そしてストーブではなく、暖炉です。木のストックも少しあります。2階部分で寝られるようになっていますが、いい状態のマットレスに加え、毛布までありました。


思い出ノートがあったので外にもって出てベンチに座って軽く目を通してみました。すると・・・


ラ・プラチエール避難小屋の思い出ノートの実に3分の1くらいは彼が書いたんじゃないかと思われるアールヴィラ―ル村のダニエルさんですが、なんとここのノートにも彼の書き込みがびっしり(゚Д゚;) このエリアの超常連ってことですね。


さて、ここから登り坂になります。


日陰のないところに出ました。そんなに急ではないもののしばらく上りが続きそうです。
暑い・・・


1850mまで上がってきました。
なんか牧場っぽいところに出てきました。杭や柵みたいなものもあるし、多分放牧地帯になっているんだと思います。フランスでは通常6月半ばから9月半ばくらいが放牧期間なのでもうじき牛さん達、上がって来ることでしょう。


おおっ、意外なところ(=日当たりいいし標高も高くない)に結構たっぷり雪が残っていました。ただし雪どけ真っ最中でかなり道がびちゃびちゃでした。


なるほど、このあと向かう方向の地形が見えてきました。地図を見てもいまひとつどんな地形になっているのか想像ができていませんでした。


盆地のようになっているところに下りていきます。沼のようになっているところがありました。


そのすぐ下に次の避難小屋がありました。プラン避難小屋(1800m)です。
時間は11時35分になるのでお昼はここで食べようか・・・。


トイレもあります。
さて、早速中も見てみます。


広いし、なかなかきれいです。右下の写真、学校から持ってきたみたいな机と椅子ですが(;'∀')


ちょっとお昼に早い気がするので少し周辺をウロウロしてみたいと思います。
盆地になってるだけあり風もないしむっとするような湿気というか熱気のようなものを感じます。下りてくる前のところに比べて気温も2、3度は高そうな気はします。
ふと気になって小屋のすぐ上の斜面に生えてるヤマツツジをチェックしに行きました。そしたら案の定・・・


やっぱり咲いてました!朝一番に泊まっていた小屋の近くで一つだけ咲いてるのを見たほかはまだ咲いたのには出会っていませんでした。やはり開花時期は気温によるのかもしれません。


ここに限ったことじゃありませんが、今回ほんと一気に花が出てきていた感じでした。もう、もったいないほど(笑)咲き乱れていました。


小屋の前か、それとも沼の畔あたりでお昼ご飯にしようと思ったのですが、何せ暑い。。
小屋の中はひんやりとしていて気持ちよかったのでちょっと薄暗いけどドアや雨戸を開けて出来るだけ明るくして中で食べました。


避難小屋には利用した人が置いて行ったろうそくや、乾物などの食料品がいくらか置いてあることがよくあり、そういうのを見るのも好きなので今回もチェック。


インスタントコーヒーや紅茶、ケチャップ。チリコンカンやパテの缶詰・・・
わたしもさり気に抹茶ミルクを置いて行きました。アルファベットで「Macha Milk」って書いてあるし、作り方のところにも「160㏄」と日本語が分からないにでも分かる数字が見て取れるのでチャレンジャーな人があれば飲んでもらえると思います(;´∀`)


食料品が入っている戸棚に貼ってあったシール。現フランス代表チームの監督を務めるディディエ・デシャンの現役時代のものです・・古いっっ(^^;)


小屋の建設に関わったボランティアの方たちの名前が記されていました。




今回で終えようと思ったのですが微妙に長くなりすぎそうな気配なので(でも写真はいっぱいあるので載せたい…)あと1回に分けたいと思います。


人気ブログランキング














2泊でベルドンヌ山塊へ(その5)

避難小屋に2泊してのベルドンヌ山塊北部でのハイキング。お天気にも恵まれ3日目の朝も爽やかな夜明けを山小屋の前で迎えます。


小屋の前から。
右がロジエール山塊、奥にボーフォータンとモンブランが。


小屋の辺りから少しずつ上がっていく道があるので歩て行ってみました。


12,3分歩いてきたでしょうか。
とってもきれいですがスマホの写真では限界があります。。


ふと、こちら側でなく小屋の後ろ側(峠方向)に行ってみようという気になったので小走りで小屋の方面に戻ります。明るくなり切ってしまう前に小高いところに登りたいので急ぎます。


戻れ戻れ(;'∀')
小屋の右手の小高い丘(真後ろのでなく)に登ってみます。
左の大きな山の塊の真ん中が前日に登ったロニエ。


ま、あんまり変わんないですけどね・・。ちょっと高いところから見るってことの満足感だけです(;^ω^)


小屋からは見えないシャルトルーズ山塊もここからだと見えます。


道は特になかった(多分‥)のでブルーベリーやジュニパーベリー、ヤマツツジでびっしりの坂を高そうなところ目指して適当に登りましたが、あんまり踏みつけるのもかわいそうなので出来るだけ何もない土のところを選んで小屋に向かって下りていきました。


ひとつだけぽつんと咲いていたヤマツツジ。今季初めての出会いです。


小屋の手前にほんの少しだけ残っていた雪。


小屋の左手に物置になっている穴倉のような小屋があります。


この地方では放牧が盛んでここの避難小屋も元々はチーズ作りをしていた場所だったといいます。そしてこの穴倉みたいなところでチーズを熟成させていたそうです。


この地方の放牧の歴史について書かれた看板が小屋の壁に掛けてありました。


改めて。小屋の入り口の表札。


ウロウロしてて案外いい時間になりました。もう7時前です。
今日は距離はそこそこあるものの標高差は大したことない楽なコースを考えているので昨日よりゆっくり目の出発で大丈夫です。


緑が3日目のコースです。昨日の晩、焚火の前で考えました(;'∀')
小屋に泊まってた若夫婦はこの辺りをよく知っているので聞いてみると、奥さんが「いいアイデアね。とっても奇麗なところよ」と言ってくれました。


わたしが朝ご飯を食べていると母娘が起きてきました。ルナちゃん(娘)は昨日夕方ここに来た時は人見知りをしてたのにすっかり打ち解けてくれて、お母さん曰く朝起きたらわたしがいないので「どこに行ったのか。もう帰ってしまったのか」とめっちゃ気にして早く外に見に行きたがったそうです。可愛い(;´∀`)


旦那さんがまだ寝ているのでルナちゃんとふたりで朝ごはんを準備するマチルドさん(奥さん)。


しばらくするとシリルさん(旦那さん)も起きてきました。みんなでおしゃべりしながらゆっくりコーヒーを飲み終えるとわたしも向こうも出発準備に入ります。
意外にもあちらの方が手際よくわたしより早く終わって(;^ω^)先に出発していきました。ここから少し上がったところにある湖を経由して駐車場まで戻るんだそうです。シリルさん(お父さん)「ルナ、カエルが見たいか?」ルナちゃん「見たい、見たい!」
子供を背負ってのハイキングなので短いお手軽なコースなのよと言っていました。色んな山に行っておられるご夫婦で色々情報交換してとても楽しい滞在になりました。


さて、もう8時になろうとしています。さすがにわたしも出発しようと思います。


まずは峠まで。ゆっくり歩いて約30分の道のりです。


昨日登ったロニエ(奥)を再び眺めます。標高大したことない(2342m)割にかなり手強いやつでした(^^;  特にこれ以上雪が残っていたら無理だったと思います。それに、わたしが歩いたコースではいくつもの峠を越えて麓に辿り着くまで、そして下りてくるときの途中からの道が分かりにくかった。決めたの前日の夜、避難小屋でだったし下調べできてなかったんですね‥でももう勝手がわかった分、次に来たらもっと楽なはず✨


「野性味たっぷりの手つかずの自然が残る」ことがウリのベルドンヌ山塊北部ですが、手つかずすぎて看板ないわ、道は薄れてまたは荒れ果ててはっきりしてないわ、道を聞くにもほかにハイキング客おらんわで体力的にというよりも精神的にキツかった初めの2日でしたが、3日目に歩くエリアは道もしっかり踏みならされていて分かりやすいし、何よりも分岐点に看板があったので何度も地図とにらめっこしたりコンパス合わせたりしないで爽やかに歩くことができました(*'▽')


今日のコースは短いので、この小高い丘のような山「Le Chapotet(ル・シャポテ)」にもピストンで登っておきます。頂上まで20分ということなので大して時間ロスにはなりません。標高2079m、峠が1984mなので100mもないくらいです。


あっ、いきなり昨日一昨日で全く見なかったマーガレットが。このあとしばらくいっぱい咲いていましたが、少し上がるとなくなりました。不思議です。


たった20分なので偽ピークとか出てくる暇はないでしょう・・・


もう着きそうです。


着きました。12分でした(^▽^;)
しかし、こんなどうでもいい控えめな頂上にまで行先案内板があって、昨日、一昨日登ったこのエリアを代表する山々の周辺にないってのはどういうことなんでしょうか。コース自体は地図に載っているのに・・・


同じサヴォア県のボージュ山塊が霞んで見えます。


小屋からもよく見えていたロジエール山塊とボーフォータン山塊。それらもサヴォア県になります。モンブランは霞みまくってほとんど見えなくなってしまいました。


あ、水溜りがあります。ひとつは融けかけ!ラッキー(好きなんです、融けかけが・・)


シャルトルーズ山塊方面。そういやこっちの山には長らく行ってないです。去年11月に2度スノーシューしに行ったとき以来かも。
ベルドンヌと向かい合わせのこの山塊、グルノーブルや、リヨンからでも近いためポピュラー過ぎてとっても人が多いコースが多いんでついつい避けてしまうんですね。。まあウイークデーならそこまででもないんで、近いうちに久しぶりに行ってみようと思います。


もうすぐ見納めのクロッカス。


さて、散々写真も撮ったし(^^;もう下りよう。。


下りてくるのは10分でした。
この後、昨晩泊まったのとは別の避難小屋に向かいます。
実は1日目にコースから少し外れるのにわざわざ見に行った小屋です。その時は3日目に通ると思ってなかったので小屋の様子を見たくて寄り道したのでした。


分かりやすいしかもなだらかな道が続きます。あ、これこそ癒し系ですね。そうだ。今日は癒し系です!!


小屋に着きます。


9時25分、レ・プラチエール避難小屋(1853m)に到着。


小屋の前から


比較的小さな小屋ですが、暖炉やテーブル、マットレスまであってとても快適そう。
1日目に通った時は若者4人グループがいたので遠慮して写真撮れなかったのです。


避難小屋にしては意外なデコレーションがΣ(゚Д゚)


なんか可愛いことになっています。空になった平たいろうそくのケース(アルミ製)に水を入れてあります。おそらく今朝まで誰か泊まってたんでしょう。


定番の思い出ノートがあります。


すごい勢いで何度も書き込んでいる人がいます。1か月に1、2回しかも毎回2~3日滞在している様子で毎回歩いたコースをくまなく記してあります。アールヴィラ―ル(ここからそう遠くない村)のダニエルさんだそうです(;'∀')


もちろん水場も前にあります。
小屋の窓枠に電話を置いてセルフタイマーで撮りました。



癒し系の割には結構長い道のりの帰り道だったので(しんどくはないんですが)、写真が思いのほかいっぱいあります💦
次回を最終回にしたいと思います。


人気ブログランキング

2泊でベルドンヌ山塊へ(その4)

避難小屋に2泊してのベルドンヌ山塊。2日目のメインイベントであるロニエ(2341m)の頂上に着いたのは3時過ぎ。お腹ペコペコのはずが疲れすぎていて逆にあんまり食欲がありません。が、少しは食べないと続きを歩く元気も出ないと思うのでとりあえず遅い目のお昼ご飯にします。





行き先表示板も何もないエリアだったので、頂上になかなか立派なものがあってびっくりしました。十字架もやたらデカいし・・その割に普通に山の名前と標高の入った看板はないという・・(~_~;)


頂上からのパノラマ。


3時40分。山頂での休憩は約30分とりました。この後も少しかかりそうなので結構疲れているもののあまりゆっくりする気になりません。家を出発する前に見た天気予報では夕立の可能性もあるようなことを言っていたし(山ならなおさら)、天気が大丈夫なうちに避難小屋に到着したいというのもあります。
ここから急こう配な尾根を下りていくようです。地図に載っている道なのでペンキマークがあります。


しかし地図に載ってる道(=普通に誰でも行ける道、とわたしは解釈)にしては結構キツそう・・・とちょっとびっくりしています。


サクシフラージュの一種(saxifrage à feuilles opposées)が咲いてました。


ほんとにここ?えっらい細いし危ないところに道あるけど・・・


わたしの今までの経験では地図に載ってる道ってものはもう少し普通のところを通るはずなんですが・・これ、頭おかしい人、命知らずな人のみによって踏みならされた道としか思えないです。


あっ、でもペンキマークあるしΣ(゚Д゚)
やはりこれが地図上の道みたいです。。ここにしても、半歩踏み外したら真っ逆さまだからね~(;´Д`)


振り返って。そりゃ今までいくらでもこんなところ歩いてるけど、コース外のときばかりです。


道細いわ下は崖だわで慎重に歩く必要があります。
危ない道は地図上で点線になってるはずなんですが、ここの部分は全く普通の表示です。ファミリーコースかと思って小さい子供とか連れてきてしまったら大変なことになります(◎_◎;)


危ないのでそろりそろりと足元見ながらゆっくり歩くので花もよく目に付きます(^^;


振り返って。


まだしばらく続きます。
が、その後道が消えてなくなってしまいました。いや、ほんとに(;´Д`)
歩く人が少なくてあんまりしっかり踏みならされていないからでしょうか。道は見えないものの続きの岩の上を怖々歩いて行きました。そしたら目の前はほぼ断崖絶壁みたいになっています。これはどう考えても下りるの無理だろ・・・
とりあえずなんでもいいから(多少遠回りになってもいいから)下に下りなきゃ!と少し戻って稜線の左側に何とか下りられそうな傾斜の部分を見つけて必至のパッチで下りていきました(~_~;)


こんなところを下りてきました(;´Д`)


そしたらなんか踏みならされたっぽいところがあった??


おお~~っ!これ、道やん!!(≧∇≦)


こんなとこ通らされたにしても、道の形にはなっています✨


細いけど道ですよ~道♪


しかも方角的にもあってる(*'▽') さっき岩の上で四面楚歌絶体絶命みたいになってたときは「なんでもいいからとりあえず下に下りたい(つд⊂)💦 変なところに下りてしまったにしてもそれはあとで修正すればいいだけの話」って思ったけどバッチリ峠に向かってますやん!まさにさっき歩いてた道の続きのようです。


しばらくてくてくと歩いていると看板がある峠に近付いてきました。


嬉し~~(;'∀') 昨日の朝通ったペルシュ峠に戻ってきました。ある意味、昨日のグラン・ムーランや先ほどのロニエに登頂した時よりもよっぽど達成感あった瞬間でした(^^;


あとはこの平和的な風景の中、めっちゃしっかりした道を山小屋まで歩くだけです。


先ほど登ったロニエが奥に見えています。


昨日の朝通過したアルバレタン避難小屋に到着。今晩のお宿にするつもりです。
時間はもうすぐ6時になろうとしています。朝出発したのが6時45分くらい、休憩は合計でも1時間もしていないので(休憩らしい休憩はお昼の30分以外は5分ほどロニエ登頂直前におやつ休憩したのみ・・あとは地図を見たり写真撮ったり服やアイゼン、ゲイターの付け外しなどで1~2分止まることはよくある)10時間半くらい歩いたことになります(^▽^;)


これでもかと言わんばかりの量の木のストックがあります。まるでこれから冬になるのかという勢いです(◎_◎;)


中は誰もいません。


2階に上がる階段。小屋の中も木のストックでいっぱいです。しかも全部既に斧で割ってあって親切。小屋は麓の町の管轄で、ほかにもこのエリアにあるふたつの小屋も町が責任をもって管理しているそうです。めっちゃやる気のある職員がいるとみました。


2階部分。直接床に置いているマットレスもベッドもあります。写真に写っていない手前らへんにもマットレスがあるので計10人くらいは泊まれそうです。


小屋からちょっと離れたところにトイレがあります。


中はこんなんです。


水場も小屋の前にあり水がジャージャー出ています。


小屋の1階部分で晩ご飯に必要なものを出しつつザックの整理をしていると小さな女の子を連れた若い夫婦が小屋に到着しました。とても気さくな人たちでまず名前を聞かれ、自己紹介しあいました。小さな女の子はルナちゃんといって、ここの小屋には何度か連れてきているそうです。小屋に1泊することが目的で、明日朝歩いて30分くらいの湖にだけ寄って帰ると言っていました。ドイターのベビーキャリアでお父さんがルナちゃんを担ぎお母さんが全員の荷物が入った大きなザックを担いでました。しかもお母さん妊娠6か月でお腹大きかったです。小さな子連れでも妊娠中でもごく普通に山を楽しむ一家の姿が素敵でした。


お父さんが晩ご飯づくりを始めました。起こした火をわたしも使わせてもらいました。


ご飯のあと鍋を洗いに行くルナちゃん。絵になる(*´ω`*)


9時20分。小屋の前で。ご飯のあとハーブティーを作って焚火の前で飲みながら奥さんと話していましたが(旦那さんはルナちゃんを寝かしに行って)、1日歩いて疲れたのでそろそろ寝る準備を・・・



その4はこれでお終いです。次は3日目、最終日の模様です。


人気ブログランキング