フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

骨折後初めてのスノーシューハイキング(12月初旬)

書く順番が入れ替わりましたが、12月初めのリハビリハイキング旅行記です。


たっぷりの新雪が美しい南仏ケラ地方に骨折後、初めてひとりで1泊で遠征しました。


以前に一度来たことのあるコースですが、その時と同じだけは歩けないので最初の林道の部分だけでも歩けたらと思っています。


前に来た時は雪は多かったけど11月だったのでクロスカントリースキーのコースはまだ整備(=圧雪)されていませんでした。
今日はご覧のとおり、楽勝です\(^_^)/少なくとも、初めのうちは。


駐車場近くは雪がぎっしりと硬かったので全然スノーシューは必要ありません。ザックに引っ掛けて歩くことにしました。重たいからイヤなんだけど(^-^;


30分ほど歩いたところにある看板。標高で100mほど上がったようです。


まだなしで歩けるけど、重たいしそろそろスノーシュー履いて歩くことに。


少し後にあった看板。駐車場まで2km。。えーっ、出発地点(雪のない時の)に着くのにまだあと2キロぉお~!?この辺りまで来ると、道は圧雪されてはいるものの来る人が少ないのか、圧雪されて時間が経っているのか結構足が沈み、歩きにくくなってきています。


行き先方向。岩壁の左側に回り込みます。


少し広くなったところがあり、そこで除雪・圧雪が終わっていました。看板は見当たらなかったけれど、おそらく夏の最終駐車場なのでしょう。


ここからが正念場。ズボズボ地獄です。新雪で柔らかく何の抵抗もなく沈みます(-_-;)


わたしのズボズボトレース。し、しんどいっ💦💦
こんなにしんどかったのか、スノーシュー・・・すっかり忘れてました。毎年冬の初めに同じこと言ってる気がしますが。。


振り返って。だいぶ登ってきました(*´▽`*)


峠っぽくなってる方向に進んでいます。右側の斜面が雪崩になった跡があります。
さっき駐車場で出会った兄さんがここの地点について話していました。
「雪崩になりやすい場所なんだけど大した量ではないし、しかも既に一度雪崩れた後だったからもう崩れる雪はなかったよ」とのことでした。


峠っぽい広場のような場所に到着しました。2050mの地点です。駐車場から300mほど登って来たことになります。距離では3キロほど。
もう少し進めるかなと思ってたんですが、足首が結構痛い・・・この後往復して駐車場まで帰らないといけないことを思うと、ここでやめておいた方が賢明です。


じゃあ、ここでランチにするか~、と食べるのに良さそうなテーブル、は無理としても雪から露出した岩とかないか探してみましたが、何もありません😓


こんなかわいい小川があって・・・


こんな秘密兵器があって・・・(本来は雪崩に飲み込まれた人を救出するためのスコップ。雪山ではビーコンやゾンデ棒とあわせて持参が望ましいとされています)


川に木の橋が架かっていたので、手すりの部分を除雪して(;^_^Aテーブル代わりに。


大して登っていないけど、ここって絶景レストランかもしれません(*´▽`*)
先ほど買ったばかりの地元の食材です。ただ、手すりなので幅が狭く、安定悪い💧
ジェットボイル持ってたんですが、こんな狭いところに置いて倒してしまうかもしれません。真下は表面ちょっと凍り気味だとはいえ川です。悲劇が起こる確率は70パーセント以上と見て、スープなしのご飯という賢明なチョイス😓



次に続きます。
お付き合いいただきありがとうございました。

骨折後初めてひとりで泊まりでお出かけ(12月初旬)

順序が前後しましたが、記事にする時間がなかった12月初めのお出掛け記です。
この少し前に初めてひとりで日帰りドライブ&ハイキングをして自信が付いたうえでのチャレンジでした。


行き先は、クリスマスに子供たちと出掛けたのと同じ南仏のケラ地方です。
このブログでは非常に登場回数の多いロータレ峠道路を通ります。


峠で日の出を迎えられるように計算してうちを5時に出ました。
ここで3分の2ほどを運転したことになります。峠の駐車場で5分ほど休憩しました。


峠から15分ほどの地点。ここでもよく写真を撮ります(デミたんの)。
しかし12月初めというのに雪が多かったです。考えたら11月から結構積もっていたのでした。ただ、12月後半から天気が良く気温も低くないため地方によっては1月現在、あまり雪はたくさんありません。


うちで4時半に朝ご飯を食べたので、もうお腹が空いてきました。
テーブル席のある駐車場でおやつ休憩します。ちなみに、この時はまだ先日ブログに書いた「手作りクッキーブーム」は訪れておらず、市販のチョコチップ入りクッキーです(^^;)


ケラ地方に入りました。前日に雪が降ったばかりだったので木に雪が残ったままできれかったです。これがあるのとないのとでは雪景色と言っても全然違います(*´ω`)


唐突に現れる牡蠣の売店。山深い地方なのに一体どうして。。
まだ朝早いからか閉まっているようでしたが、クリスマス明けに子供たちと通った時には行列が出来てましたΣ(゚Д゚)


大好きな峠道路のひとつ、イゾアール峠道路の始まる地点であるアルビュー(Arvieux)村に着きました。峠道路自体は10月末から5月末くらいまで冬季閉鎖されていて、この村の少し先が最終除雪地点になっています。


村の食料品店寄ってお昼ご飯と晩ご飯のお買い物をします。


小さいながら、色々揃っています。夏はハイキング客やサイクリストさん達、冬はスキー客が多そうですが、地元の人もよく利用しているようです。近所のおじさんがパンとハムを何枚か買いに来ていました。パンは少し離れた村のパン屋さんのものだそうです。


チーズやサラミなど地元商品が多く、値段は小さな店にしてはかなり良心的、って思って見てたら・・・

「ブルー・ド・ケラ」はこの近くの会社が作っているとてもおいしいブルーチーズなのですが、なんと製造元のブティックよりも安い値段で売ってたΣ(´∀`;)
左が食料品店、右が翌日訪れた製造元のブティックのショーケースです💦


このブルーチーズをはじめチーズ3種類、サラミ2種類、パンと地元の会社のタルト(ラズベリージャムのとレモンジャムのと)を買いました。


メイン道路からカラマツ林の中を走る小さな道路に入ります。


ここが最終駐車場です。クロスカントリースキーの建物があります。
3年前に初めてケラ地方に遠征した時に来たコースなのです。その時はスノーシューで初めは除雪されていない道路(といっても雪のない時でも一般車両は通行禁止、シャレーの持ち主や放牧関係者のみ通行可能)、そしてその続きのハイキングコースを歩きました。足首が治っていないので、同じだけは歩けないけど、初めの道路の部分だけなら安心です。記憶では、道路の部分だけでもカラマツと雪景色がとても美しかったのでここをチョイスしました。


駐車場で、スキーから戻ってきた地元の兄さんとしばらく話をしました。
前回来た時は、雪は結構あったけどまだ11月だったのでクロスカントリースキーのコースはオープンしておらず、好き勝手歩いたんですがスキーヤーのために道が均されているようなので、どこを通ってもいいのか、いけないのか教えてもらいいました。


この日はスノーシューを持って来ました🎵この少し前にひとりでドライブ&ハイキングした時はそんなに雪がなかったのでトランクにスノーシューは置いていったので、これが骨折後初めてのスノーシューハイキングになります。



次に続きます。
お読みいただいてありがとうございました。

リハビリスキー合宿に来ています

前ブログに書いた山スキーヤーのOさんは自ら若い時に足首を複雑骨折した時、なかなか治癒しなかったものの山スキーや自転車でひたすらリハビリしてほぼ完治した経験から、わたしに山スキーを教えてくれ始めました。


前回は急に決まって半日しかレッスンができなかったので、数日間まとめてリハビリ合宿してもらうことに。南仏のお山地方、オート・ザルプ県です。


スキー板と靴を合わせてもらいます。踵の留め具が硬くて、わたしの不安定な足首では力が入らなくて止めらないので、チタン製のものに代えてもらいました。


Oさんはバカンス中ではないけれど仕事の時間に融通が利くので、山スキーレッスンの時間を作ってくれます。


しばらく天気が良過ぎて雪が少ないので、毎回行き先はスキー場です。スキー場はいっぱいある地方で4日間で3つのスキー場に行きました。


行き先はスキー場ですが、リフトには乗りません(つまり無料)💦山スキーの特徴は自分の足で登ることです。滑り止めの帯を貼り付けます。


雪の上をスッスッと板を滑らせつつ登ります。Oさん曰く、この運動がリハビリに良かったそうです。


登る登る💦今日は合計高低差900m登りました。
確かに靴やスノーシューで登るよりは痛くありません。でも怪我以降あまり運動してなくて体力的にキツい!


これは、2度行ったオーシエールというスキー場。自然の地形を利用した日当たりの良いスキー場で気に入りました。


これは今日お昼ご飯を食べた山小屋前です。



また帰ってからゆっくり報告したいと思います。お読みいただきありがとうございました、