フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

ラ・ブランシュ山小屋(2500m)に到着

高校2年生の次男と元旦から3日にかけて2泊で出かけた南仏ケラ山塊。山スキーヤーさんやスノーシューハイキング客の多いエリアなので山小屋も夏の3か月間に加え12月後半から4月中旬まで管理人さんがいると知り、年末30日に予約しました。よく天気予報がコロコロ変わるので、いつも行先を決めるのがぎりぎりになります(^^;) 長男は元旦は友達や彼女と予定があり、3日には大学の試験があったので不参加でした。


2300m台のチャペル。ここを折り返し地点にして駐車場へと帰っていくスキーヤーさんたちが多かったです。山小屋のサイトにはここからさらに1時間とありました。駐車場からここまでゲレンデ整備車のようなものできれいに均された道を歩いてきたので、しんどくはないもののなだらかな分、長く感じられます。


前からすごい勢いでワンちゃんが走ってきました。ボーダーコリーちゃんみたいです。少し後から飼い主さん夫婦が。雪の球を投げたら追いかけた後、ハフハフとかみ砕いては食べてました(;'∀') そして「次のを投げて!」と言わんばかりに飼い主さんにアピールします。ぴょんぴょんと走り回って本当に幸せそうでした😻



小川が流れています。これがずっとこのまま谷底を通って今回車を停めた村、サン・ヴェランやそのもっと下の町まで流れていってるようです。
ここでようやくスノーシューを履きました。


分岐の看板前の岩で休憩する次男。


次男もスノーシューを着用。この日の数日前に購入したばかりの新品です✨
次男とは一度だけ、昨シーズンの最後に一緒にスノーシューハイキングしたのですが(5月半ば、まだ雪深いベルドンヌ山塊の避難小屋で1泊しました)、その時はわたしのを貸して、わたしは以前自分が使っていためちゃくちゃイケてない安物のスノーシュー(新品価格で6000円くらいとか)を使いました。今使ってるアメリカのメーカーのは爪がしっかりとしていて急斜面でも登れるので気に入っていて、同じのを買おうかなと思ったのですが、店員さんに勧められた似たタイプの少し安い、フランスのスノーシューメーカー「TSL」のものを購入しました。山友達の同僚S君も先月、違うモデルでしたがTSLのものを買っていました。


写真の中央に写っているのが山小屋です。


川に沿って上がっていきます。


もうすぐそこです。


着きました。


ラ・ブランシュ山小屋、標高2500m。駐車場から550mほどの高低差でした。ベッド数40の中規模の山小屋です。他の山小屋同様、宿泊だけでなく食事や飲み物だけでも利用できます。


雪かきされているけど、結構な積雪量です。駐車場からここに来る道中では日向では雪がだいぶ融けて山肌が露出しているところもあったので意外でした。周りを3000m前後の高い山に囲まれ、日陰になる時間帯が多くてあまり融けていないのでしょう。


すぐ後ろにはカッコいい感じの山がそびえています。地図を見ても、残念ながら聞いたこともない名前の山でした( ̄▽ ̄;)


北側の奥にはエクラン国立公園の山々が見えますが、こっち方面から眺めたことがほとんどないため、何の山なんだかひとつも分かりません(;´・ω・)
たとえ見慣れた山であっても、眺める場所が異なると全く違う形になってまうのでまるで見当が付きません。


じゃじゃーん✨
山小屋にはスノーモービルがありました。次の日、始動しているのを見ましたが旅行客のカバン(リュックやスポーツバッグや)をいっぱい乗せて引っ張って走ってました。、山小屋での宿泊や食事を含んだスノーシューハイキングツアーみたいなものがあり、その参加者の荷物だそう。こんな緩やかで均された歩きやすい道、自分で荷物持って上がれや~!(;´∀`)
翌々日には、薪や食料を積んだのとすれ違いました。それもあって山小屋までは道幅も広く、きれいに均されていたのかもしれません。


屋内に入って「今着きました」とあいさつしようかと思ったんですが、開いていたドアから覗くと、管理人さんたちがわたし達の前に着いた人の対応をしていたので、とりあえずテラスで一休みすることに。


テラスはこんな感じです。
椅子に座ろう・・あれ?次男はどこいった??


え~~💦

雪の上に寝とるΣ( ̄□ ̄|||) ちょっと、どうしたん?
「だって気持ちいい~(*´ω`)」「いや、でも・・冷えるよ!」
「もうすぐ暖房の効いた暖かいところに入れるって分かってるから大丈夫」
・・そうすか。。おばちゃんは冷え性なので、一度冷えると暖かいところに行っても暖かい飲み物飲んでもなかなか体の芯から再び温まることは非常に難しいんですが。。これが若いってことなんでしょうか。羨ましい。


いつまでもしつこくゴロゴロしてる次男に「でもほら、山小屋の人が窓から見て何かあったのかって心配して出てきてしまうよ」となんとか起き上がってもらいました(;^_^A


お天気はいいものの、完全に日陰なので寒い💦


雪から起き上がってもしつこく雪で遊んでいる次男・・・背は大きくなったけど中身は半分小さな子供みたいです( ̄▽ ̄;)


さて、元日だったのでいいものを持ってきました。お屠蘇です(≧∇≦)日本酒ではないけれどお正月らしい?ゴールドの瓶に入ったイタリアの発泡酒。別にお正月用と思ったわけではありませんが、どこかの空港で何気に買っていたものでした。漆器のおちょこも軽いので持ってきました。


18歳(フランスでは成人)の長男はわたしとぼちぼちワインを味わって「ワインって色々あって面白い!」って言うようになりましたが、16歳の次男はほぼ全くワインを口にしたことがありません。でもお正月ということでほんの少し形だけ(#^.^#) ちなみにおちょこ一杯分も飲めなくてわたしが半分飲みました。 同時に何も食べなかったせいか標高のせいか、ぽわ~んといい気分になってしまいました(^▽^;)



最近あまりまとまった時間が取りにくいので、短い目ですがここで一度投稿します(^^;)

次男と2泊で元旦雪山合宿!

年末は31日まで仕事でしたので、元旦から3日にかけて次男と2泊で山小屋に泊まって雪山散策をしてきました。行先は出発2日前に思いついた(^▽^;)南仏ケラ山塊です。山小屋は電話ですぐに予約できました。
冬にも管理人さんがいて営業している山小屋が少数ながらもあるのは知っていましたが、泊まるのは初めてです。通常、フランスの山小屋は6月半ばから9月半ばにかけての3か月間くらいだけオープン(標高などによって異なります)ということが多く、残りの時期は管理人さんはいないけど鍵は開いていて勝手に使って小切手なり現金なりを置いていくというパターン、もしくは閉まっていて使えないというパターンがあります。前者の、勝手に使って使用料(大抵8ユーロくらい)を置いていくというのは何度かやったことがあります。でも真冬ではなくて秋とか初夏でした。
わたしが予約したところはクリスマスバカンスから4月半ばまで管理人さんがいるようです。


うちを出たのは朝5時過ぎごろでした。クリスマス明けにひとりでスノーシューしに来たロータレ峠で日の出を見られるようにと計算したのです。ロータレ峠は標高2058mありますが、基本的に冬でも開通しているため1年を通してよく通る道路でその美しさには飽きることがありません。数ある峠道路の中には状態の悪い、ただの山道みたいな道路もありますが、ここは道幅も広く舗装状態も完璧、ガタガタのところとか全然なくてドライブもとっても快適なのです。


先日中古で買ったばかりのデミオ2号(この前までもデミオだったので)での初ドライブでもありました。カメラ好きの次男がロータレ峠の駐車場にて一眼レフで撮ってくれた1枚。


ロータレ峠から少し進んだ(下りた)ところから。
クリスマス明けに登ったピック・ブラン(右)、その日の候補でもあったトロワ・ゼヴェシェ(中央のとがったの)が朝日を浴びてピンクに染まります。


この後向かうブリアンソン方面、ロッシュブリュンヌ(左)とケラ山塊の山々(右)。


ロータレ峠周辺で朝ご飯にしようと思ってたんですが、峠の少し手前の駐車場には除雪さえされておらず、何度かピクニックするのに使ったことのあるテーブルは雪に埋もれていました_| ̄|○
めちゃくちゃ寒かったので車の中で食べよっか、とも思ったんですがあいにく面倒くさい感じのもの(ナイフでガリガリと切らないといけない丸のままの大きいパンとか、パラパラとパイ皮が落ちること確実のアップルパイとか💧)ばかりだったので却下。


わたしは出発前にうちで一度朝ご飯を食べているので大丈夫ですが、次男がお腹が空いてるそう。適当なところが見つからず、仕方なく峠からしばらく下りた道路の駐車スペースにて食べることに。テーブルもなしです(T_T) 


山友でもある同僚S君は11月にバカンスで3週間半、キャンピングカーを借りてニュージーランドを放浪旅行してきたのでその時のお土産のはちみつを持ってきました。ニュージーランドの食べ物って全くイメージさえ沸かないですが、このはちみつはクリーミーで香りもちょっと癖がありとても好みでした。
パンはマロングラッセのかけらが練りこまれた贅沢なパンです。有塩バターがとっても合うのですが、痛恨のバター忘れ(´Д⊂グスン うちではスライスしたこのパンをトーストしてにバターを塗って食べてますが、結果としては小倉トーストっぽくなります。マロングラッセと餡子は味が似ているということですね!?


同じ駐車スペースに1台の車が来ました。少し手前で、いいカメラで写真を撮っておられた方たちが移動してきたのでした。「あけましておめでとう!いいもの食べてるね」と声を掛けて下さいました。


うちを出るときに「しばらくは暗いからロータレ峠くらいで運転変わろう」と次男に言っていたのですが、すっかり忘れててもう少し先のスキー場がボチボチある町のあたりで運転交代しました。次男は昨年10月に免許のある人となら運転できるという仮免許のようなものを取っていて、時々練習してるのです。白いマグネットがそれで、15歳から運転練習できるシステムです。しかし普通免許自体は17歳6か月からしか取れません。


オート・ザルプ県第2の町、ブリアンソンに到着します。夏場なら、この後イゾアール峠道路を通ればもう少し早く目的地まで行けるのですがあいにく10月末から7か月間ちょっとの期間は雪のため通行止めとなっているので遠回りで行かなければなりません。


この後オート・ザルプ県の県庁所在地、ガップ方面にもう少し進むと左手に特徴的な山が見えてきました。11月末にスノーシューで2700mの峠まで登ったル・ヴュー・シャイヨールです。突風のためカップ麺の具が吹き飛ばされたという哀しい思い出のあるハイキングでした・・・


ブリアンソンから走り続けること約1時間、ケラ地方の中心部に入ってきました。これはもともと存在した中世のお城を17世紀にルイ14世のもと活躍した建築家ヴォーバンが改築した要塞。ここまでの道のりでもブリアンソンやモン・ドーファンなどユネスコ遺産に指定されているヴォーバンの要塞をいくつか車から見てきました。要塞と言えばヴォーバン、と連想されるくらいフランスでは有名な建築家です。


この後峡谷になった道路を走ります。きれいな景色のところを運転するのが大好きな次男、大喜びでした。


標高を上げていきます。


地形的に行き止まりが近づいているような感じになってきました。


県道の行き止まり、サン・ヴェランに到着。標高2042mでヨーロッパで最も標高の高い村(自治体)のひとつで「フランスで最も美しい村」のひとつにも認定されています。
ケラ山塊や11月に初遠征を果たしたユバイ渓谷はアルプスの南側になり、北半分(フランスのアルプス山系は大きく、北=Alpes du Nordと南=Alpes du Sudに分けけられます。北は県的にはイゼール県、サヴォア県、それとモン・ブランがあるオート・サヴォア県)に比べるとマイナー気味にも関わらず町や村、つまりそれらを結ぶ道路自体の標高が全体的に高く、冬場でも2000m近くまで除雪されていて普通に来ることができます。そんな場所、北半分にはほぼ皆無なのです。スキー場にしても2000mまでは車ではなかなか行けません。


確かに村の中心部は可愛かったです。帰りにちょっと見て帰るとして、今は車を停めるところを探さなきゃ。。村の入り口の駐車場は満車でした💦


二つ目の駐車場に何とか停めることができました。


まだ少しおうちがあります。この道を奥に進みます。


しばらく歩くと・・あーっ。まだあとひとつ駐車場あった💧1960mの地点になります。
でもこちらもほぼ満車。まぁさっきのところで良かったということにしておこう。
それにしても大人気みたいです。まぁ祝日(お正月)だしバカンスシーズンだしお天気いいし、仕方ないでしょう。それにしてもこんなにいっぱい人が来るポピュラーなところにはあまり来たことがないので面くらいます。


ケラ山塊は地方自然公園に指定されています。
そしてこのエリアは夏には放牧地帯になるみたいで、その際はワンちゃんはリードにつないでください、などの注意書きがあります。


サン・ヴェランの村が小さくなっていきます。
しかし、結構雪融けています。11月や12月上旬にかなりどっさり降ったものも、その後お天気がよく雪はあまり降っていないようです。気温も暖冬とまでは言わないまでもそう下がっておらず、じわじわと融けてきてしまったのでしょう。ピレネーなどをはじめ、標高の低いスキー場では雪不足の話が聞かれるようになってきました。


車も走れるくらい広く緩やかな広い道が続いています。これがきれいに均されているため、スノーシューがなくても普通に歩けてしまうのです。スキー板で歩いてる人が半分くらい、他の人はハイキング靴で普通に歩いています。スノーシューをリュックに引っ掛けてる人も、ない人も。確かにこの道を歩くだけならスノーシューもスキーも必要ありません・・・これが車がいっぱい停まってた理由でしょう。普通にスノーシューハイキングをするつもりだったわたし達は拍子抜けです。


次男「スノーシューいらないね~」

うん、でもまあ山小屋からスノーシューで歩けるコースがいっぱいあるみたいだからイヤでも使えるよ!


小さな子供の型が・・・可愛い(^▽^;)


谷に沿った道です。底には川が流れていて、それに沿ってカラマツが生えています。


フランス語でオラトワールと呼ばれるミニ礼拝所が途中2、3ありました。
道の傾斜が緩やかな代わりに距離が結構あります。お昼になっているのでご飯を食べる場所を探しますが、なかなか見つかりません。人が結構通るのでこんな道端では食べたくないし・・・


などと思いつつ、とりあえず歩き続けていると、妙なものが。
線路・・??


なんか建物の廃墟みたいなものが少し上にあります。いいやんいいやん、座るとこありそう🎵


土のところは急斜面でズルズルと滑るので敢えて雪のある急斜面をズボズボなりながら登りました。


井戸かなんかのふちに座ることに。幅が広くて座りやすいです。


これから向う方角を眺めつつのランチです。シャペルが見えています。山小屋のサイトを見ると、シャペルからさらに1時間とありました。案外遠い💧


まずはスナック菓子、それにサラミの代わりに生ハムです。スモークソーセージを輪切りにして焼きました。レンズマメのパウチも持ってきていたのですが、それにパンも食べたりしてるとお腹いっぱいになってしまって、これは食べませんでした。


レンズマメ食べなかったくせに、甘いものは別腹ということでデザートにデニッシュをモリモリ食べる(^▽^;) 甘いものにはやっぱりコーヒーで、一度片付けたジェットボイルを再び出しました。


地図を見ると、ここは昔銅鉱山だったらしいです。昔の機械や作業場の廃墟をあえて残しているみたいです。様子を見に行く次男。


下りて少し進むとこうなっていました。


さらに少し進んだところから。わたしはそんなに興味ないんだけど、「へー面白い♬」と説明書きをしっかり読む次男。


さらに進むと、バス停みたいなものがありました。これ、まさにバス停💦で、7月8月はサン・ヴェランからシャトルバスがでているそうです。逆に言えば7月8月はこの道は通行止めになるということらしく、そして雪のない季節の7、8月以外はこのもう少し先、標高2300m台まで自家用車で来られるみたいです。


まだお昼過ぎだというのに・・もう日がこんなに低くなっています(;´・ω・) 既に日陰になりつつあります(;´д`)これだから12月1月って嫌になります💦



山小屋辺に続きます(*^^*)







2955mで雪山ランチ&下山編

クリスマス明けに一人で出かけた日帰りハイキング記です。
山スキーヤーに人気のピック・ブラン・デュ・ガリビエですが、一般的なコースではない斜面から登ってきたため、頂上まで誰ともすれ違うことはありませんでした(谷底を歩いている人を一人見かけたのみ)。


頂上から今来た方向を振り返って。
左側の斜面から登ってきて稜線に合流、少し細いところや岩々のところもあったので慎重に進みました。頂上に着いたのはお昼前でした。


北側の景色。中央奥の左にはモン・ブランも。冬は空気が澄んでいて、晴れの日だとほぼ必ず遠くまで見渡せるのが嬉しいです。夏だと気温が上がってくるとどうしても霞んでしまい、せっかく高い山に登っても遠くまではっきりと見えなくてがっかりなことも多いです。


モン・ブランにズーム。


こちらは一般的なコースである北東の緩やかな斜面。こちらから下りて行こうと思っています。


とても長い稜線なのですが、頂上は意外なほど狭いかったです。ちょうど真ん中に誰かが掘ってくれた風よけの穴がありました。わたしが頂上に着いたときにはイタリア人の中年の山スキーヤーのご夫妻が一組いただけで、この穴でドライフルーツやチョコレートを食べておられましたが「わたし達はもうご飯食べ終わったから、ほら、あなたこの穴に入りなさい」と勧められました( ̄▽ ̄;) 早速タイガース座布団を広げさせてもらいました。


いい景色の頂上でお昼ご飯です。何の工夫も見られない定番アイテムばかりですが・・・
東ヨーロッパ製インスタントスープ(キノコ&白いんげん味)、ジュラ地方のサラミ、チーズは先日ボーフォータンでハイキングした帰りに農協で買ったボーフォールとオート・モリエンヌ地方で作られているブルーチーズ、ブルー・ド・ボヌヴァル。それにバゲットです。


出発準備などしながらまだ頂上におられたイタリア人ご夫妻と周辺の山の話をしながらお昼ご飯を食べました。上の写真は下りて行かれる奥さん。ご主人はそのすぐ前に滑り下りて行かれました。
わたしがご飯を食べ終わって片付けていると、同じ斜面から高校生くらいの男の子がスキーで登ってきました。お父さん、おじいちゃん(!)と来ているそうで、間もなくお二人とも到着されました。イタリア人ご夫妻が譲ってくれたようにわたしも「みなさん、わたしはもう下りますからご飯食べられるならこちらにどうぞ」と勧めます。そうしたらお茶目なおじいさまが「えっ、行っちゃうの?君もいてくれたほうが嬉しいな~」(≧∇≦)
でもここは狭いし、この後どんどん登ってくるのが見えたので彼らと少しだけ話をした後下り始めました。


なるほど、わたしが登ってきた斜面に比べるととてもなだらかです。それにしてもたくさんの人ですΣ(゚Д゚) 稜線に平行した低い辺りを点々に連なっているのがスキーヤーさん達です。20人以上かもしれません。


少し下りてから見上げて。どんどん登って行きます。いやー、危機一髪でした。早い目に歩き始めていて良かった(´▽`) ホッ


引き続き下りて行きます。スキーのトレースがいっぱいあります。


ところで・・どっち向って下りたらいいんだ?行きは谷をぐるーっと写真右方向に回ってから違う斜面を登り始めたので、ここは朝通ってないのよね。。トレースはいろんな方向に散り始めています。別の駐車場から出ている人もいるからです。例えば、先ほどの3世代スキーヤーさんたちはガリビエ峠の反対側の隣の県から出発されていました(かなりのアップダウンですごい高低差になりそう💦)。

わたしが停めた駐車スペースがいっぱいになった後はみんなその少し先にあるところに停めるので、いろんな方向に向かうトレースがあるわけです。そもそも山スキーとスノーシューでは登りはまあ同じところを通ったとしても、下りは違う場所を通ることはよくあります。人のトレースには頼れないってことです。。


ヒントは・・あれだ!!
ロータレ峠の駐車場や建物が見えています。峠から1キロほど先の駐車スペースに停めたのでした。ここからはその道路の部分は見えないのですが、いい目星にはなります。


ちょうどその時、ひとりの山スキーヤーがシャーっとわたしのほうに滑ってきました。「もうっ💦こんなに広いのにわざわざ嫌がらせ!?」とイラついていると、すぐ前で止まり、サングラスを外すとさっきの山頂で会ったおじいさまでした。「ロータレ峠から下りたところの駐車場って言ってたよね。あんまりこの谷を下り過ぎたら通り過ぎてしまって最後に道路上っていかないといけなくなるから気を付けてね」・・・ご親切にありがとうございます(*^^*)
上の写真の黄色のジャケットに赤のリュックがそのおじいさまです。この方に限りませんが山スキーヤーさんってほんとに若々しくて、滑ってる姿見ると歳は全然分からないです。普通のスキーと違ってリフトでなく自分の足で登るから鍛えられるんでしょうね。


最後にトレースのないところを歩きたくなってわざわざ谷から少しずれた部分をちょっと遠回りしつつ歩きました。


関係ないところにちょっと寄り道するわたしのトレース(^^;)


さて、本題に戻ります。えーと、下り過ぎないように、とは言ってもさすがにもう少し下るよね・・・


その窪みらへん??登りのトレースも下りのシュプールも何もないのが気になりますが💦ここからだと、そこを通るしか思いつきません。


案外急斜面でそろりそろりと下りるのが面倒くさかったので今季初の尻スキーで一気に滑り降りました( ̄▽ ̄;) ちょっとドキドキしたけど楽しかったです。


もう大丈夫です。何となく見覚えのある景色になってきました。


道路や駐車している車も見えてきました。その盛り上がってるところを歩いていけばOKでしょう。


最後でまさかのミニ崖Σ( ̄□ ̄|||)
なだらかなところから下りるには結構引き返して土手みたいなところから窪みに下りないといけません。面倒くせー(時間あるんだけど)・・この真下は雪がほぼ融けた直角みたいな急斜面です。靴がスノーシューに合わせる用の軽いけど底がちゃんとしてないやつなので怖すぎる。。しかし、崖のもう少し左には雪がまだ残っています。


わたしの選んだ作戦は、この雪が残ってる急斜面(ここもほぼ直角っぽい)でズボズボを利用して(よりズボズボになるためにスノーシューも外しました)一気に走り下りることです。ちなみに急すぎて尻スキーは無理そう・・単に落下しそうでした💧 
作戦成功、無事道路までたどり着くことができました(´▽`) ホッ


1時45分、駐車場に到着です。
朝来た時にはわたしの他に1台停まっていただけですが大盛況です。


おなじみの美しいロータレ峠道路を通って帰ります。


ラ・グラーブの村から望むメイジュ。


峠道路を終えた後はグルノーブルに向かいます。これはベルドンヌ山塊最高峰のグラン・ピック・デュ・ベルドンヌで、道路からよく見えて大迫力です。漢字の「山」みたい。
この日は夕方に用事があり、急ぎ足で降りてきた結果、駐車場に早くに着き過ぎたので県道沿いにあっていつも前を通るけど入ったことがないスーパーに寄ってみました。


この辺り(グルノーブル郊外)は胡桃の生産量が多いので、胡桃オイルやスプレッドなど加工品が色々ありました。わたしの家の近くにも同じスーパーがあるのですが、そんなのは全く売っていません。


牛乳やヨーグルトがなくなりかけていたのでちょうど良かったです✨


いつものことですが、休みの日に山に行ってしまって買い物に行けないことが多いので、帰りにスーパーに寄れたら一挙両得です( ̄▽ ̄;)


山での自分の写真はなくてなぜかスーパーでセルフィーΣ(´∀`;)



次は次男とのお正月雪山合宿です。