randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

今シーズン初めて雪どけの湖を見に行く

今から調度1週間前の日曜日のハイキング記になります。晩ご飯に友達をうちに招待していたのでその準備もあるし早く帰って来たいので半日で帰って来られるお手軽コースを選びました。行き先は比較的近いベルドンヌ山塊南部。北部になると高速道路からして方向が違い、時間的にも2時間以上かかってしまうのですが南部は1時間半から2時間弱で行くことが出来ます。


標高1283mの駐車場に着いたのは5時半過ぎです。
なんと既に7、8台の車が停まっています。晴天の予報の日曜日で、しかもかなり大きな町であるグルノーブルから30分ちょいで来られるので人気があるエリアです。向かいの黄色い車の人はスキーを準備中。山スキーヤーさんのようです。


わたしがいつも通り準備にやたら時間かかってると、また1台車やって来ました。
おそらくみんな山スキーヤーさんなのでしょう。日が高くなってお日様が照りだすと気温も上がって雪の状態が悪くなるし雪崩も起きやすくなるので、彼らはめちゃくちゃ朝早いです。夜明け前後に歩き出してお昼くらいには帰って来るという人も多いです。


わたしがこんなに早く来たのは
①友達を迎える準備があるから早く帰りたい
②朝のお日様の低い時間帯にしか見ることのできない景色を見たい
という理由があるからで、普通スキーでないハイキングの人はもう少し遅く来ると思います。 


しかし、山スキーヤーさんがまだこんなにいるのか。。つまり雪まだいっぱいあるってこと??今日は行き先はっきりとは決めていないんですが、とりあえずは1974mの地点にある湖までは行く予定です。今年は雪が多かったので、今ごろこれくらいの標高の湖がようやく氷が融けつつあるんではないかと推測してのことです。2000mまでならそんなに雪ないんじゃないか、あってもスキーやスノーシューで散々踏みならされて歩きやすくなってるんじゃないか、とポジティブシンキングでスノーシューは車に置いて行こうと思っていたら(一応車には積んでる。ピッケルとかも)、後から来た車に乗ってた二人組のおじさま山スキーヤーが「えっ、湖着く前から雪いっぱいあるよ。その先も行くんだったらスキーかスノーシューなかったら歩けないよ」と・・・
結構長そうな雪のない森の部分をスノーシュー、ザックに引っかけて歩くというザ・春の雪山ハイキングになってしまいました😅


1200m台は全く雪がありません。ただし結構最近まで雪があったのでしょう、雨は最近降っていないので恐らく雪融け水で地面がぬかるんでいました。
一度出発してすぐ、車にプロトレック(高度計付き腕時計、かさが高いので外して運転してた)を忘れたこと思い出し、一度戻ってる間に二人組おじさまに先を越されました。でもどうせ抜かされるので(ほとんどの男の人はわたしより登るの早い)その方が気が楽…


向かい頭一つ出っ張っているのはシャルトルーズ山塊の最高峰、シャムショウド。2082mと決して高くはないものの存在感があります。


さらに進むと・・あれ、案外おじさまたち歩くの遅い・・・そっか、スキー板やスキー靴しょってるから重たいんでしょう。わたしもスノーシュー重たいけど比べるとまだましです。よっしゃ、抜かしてやる~! いっつも雪のあるところでは山スキーヤーに抜かされるので(下りは当然だけど、登りでも💧)、仕返しじゃい( ̄▽ ̄;)


ブルーベリーの木が新芽を息吹かせていました。


シャムショウドの他のシャルトルーズの山も見えてきました。


さらに北に見えるのはボージュ山塊です。こちらもそんなに高くはありませんが、シャルトルーズよりはもう少し高い目になります。
・・・と写真を撮るのに何度か立ち止まってたんですが、下からおじさま二人の話し声が聞こえるとドキっとします。「一度抜かしたからには抜かし返されてはいけない」・・・妙な競争心が芽生えてきました。というか、結局早く歩けないくせに張り切って抜かした、という状況が耐え難い(;´Д`) ようし、大差をつけて引き離してやるぜ!勝手にライバル扱いしてどんどん登っていきます。


はァ、はァ。。なんで無理してこんな大急ぎで歩く必要があるんでしょうか・・・
1400m台、残雪が少し現れ始めました。


しばらくするともう切れ目なしで雪が残ってるエリアに入ってきました。トレースはしっかりあるのですがトレース自体、幅が狭く急斜面のためザックに引っかけていたポールを伸ばして使い始めました。これだけ幅が狭いとスノーシューでは歩きにくいのでもう少しスノーシューなしで歩き続けます。


空が朝のピンクに染まってきれい。今の時間限定の贅沢です。もちろん夕方もきれいですが、気分的に遅い時間に山を下りるのは緊張するので、朝日の方が理想的です。最近日が昇るのが早くなってよっぽどうちを早くに出ないといけなくなってきましたが。


うっとりです。また一枚、少し登ってはまた一枚、と何度も立ち止まります。
・・・( ゚д゚)ハッ! いかんいかん、奴らに追いつかれてしまう!(勝手に奴ら扱い)ダッシュで立ち止まった分の遅れを取り戻せ~!!


そんなことしてると、35分で400m近く登ることが出来ました( ̄▽ ̄;) やればできるじゃん😅 いや、長続きしないですけどね・・・


もう敵が追って来ないことを確認し(いや、敵でもないし・・・)、歩く速度を緩めます。わたしはトレランしに来てるんじゃないぜ~(≧∇≦) 第一、雪の量もどんどん増えてきて早く歩けません。


夏の代名詞(のひとつ)野性のルバーブがあちこちに生えだしていました。もうじきルバーブ畑のようになってしまうんでしょう・・・


おお。。シャルトルーズが神々しく浮き上がっています。


その支配者、シャムショウド。
長く続かない朝の神秘的な時間帯です。早起きしてよかった・・・


まだ木はボチボチありますが、森らしい森はさっきのところでおしまいです。


かなり急な斜面を登っていきます。


ここでようやくスノーシューの登場です。


嫌でも岩々の合間を通ることになりますが・・・


岩の周辺って踏み抜き率高いからほんとイヤ。しかし、結構厚く積もっています。確かこのあたりちょろちょろと小川が流れてる辺りです。


誰かが少し前に踏み抜いた跡・・・深くて奥がよく見えないくらいです。たぶん膝か太ももくらい。踏み抜いたら下は小川ってのはやめて欲しいパターンです。。


右上の窪んだ地形の辺りに向かって歩きます。


しかし・・・晴天の予報だったけど曇ってるなぁ・・・時々青空は覗くんですが、また雲が奥からどんどんやって来ます。


急です。ヒーーッ(;´Д`)


でももうちょっとな感じです。直に登ってたけど息切れして最後らへんはジグザグに。


シャルトルーズの真上は晴れてるんだけど・・・
実は今日の行き先、ふたつ候補があってもうひとつはシャルトルーズで2番目に高い山の頂上から雲海を眺める、だったんですが雲海は出るかどうか分からないし、湖の氷が融ける時期はそう長く続かなので少し迷った結果、こちらに決めたのでした。


間もなく到着のはずです。融けてるのか・・凍って雪を被って真っ白なままなのか・・・ドキドキです。


あ~っ、嬉しい、ちょっと融けてます😻
これは広い湖の手前の部分。奥がもっと広い湖になっています。


湖の周りをまず手前からぐるっと回ります。テントが設営されています。いいなぁ、こんな絶景のところでキャンプ✨


湖に近付き過ぎて落ちないように気を付けながら右へと進んでいきます。


いや、近付き過ぎないようにって・・ほら、落ちたら冷たいから(~_~;)
水色がきれくてついつい間近で見たくて近付いてしまうのでした。


雪が底に残ってない部分は水色になりません。


湖畔に沿ってぐるーっと回ってると朽ち果てた避難小屋?が。


少し高いところに登ってきました。こちらが湖のメインの部分です。融け始めたところですね。クロゼ湖(1974m)、夏はファミリー層をはじめハイキング客で賑わう人気のある湖です。


なんか氷河とか流氷とか北極・南極とかそういう単語が連想される光景です。


散々周りをグルグル歩いたので、満足。まだ8時にもなっていないのでこの先に進んで行こうと思います。ちなみに宿敵ふたり?には湖の写真撮ってる時にとっくに抜かされました( ̄▽ ̄;)
トレース(主にスキー)はしっかりとありますが、結構な斜面をトラバースしていくことになるので滑り落ちないように気を付けます。


しばらくすると少し急なところがまずあって・・・


それを越えると斜面の傾斜がましになり、トラバースが楽になります。
気がつくと、先ほどまでの雲はどこかに消えてしまい、ほぼ青空になっています(*´ω`*)


クロゼ湖を振り返って。奥には常にシャムショウドなどシャルトルーズの山が見えていますが、先ほどの天からスポットライトを浴びたような特別な光は消え失せてしまいました。


わたしが目指していた辺りのもう少し右上の辺りから山スキーヤーがひとりシャーっと滑り降りてきました。カッコいい💖随分早くに出発したんだろうな・・・
もう5月なのに、たかだか標高2000mそこそこでまだこんなにスキーができちゃうんですね。


次回に続きます。

タイヤ交換&雪の予報Σ( ̄□ ̄|||)

4月の下旬にわざわざ雪の特に多いところに行って1日中スノーシューで歩いた後、2回ハイキングに行きました(;'∀')
でも今回はちょっと息抜きでハイキング以外の話題です。


リヨン中心地にあるオテル・デュ―。元々市立病院だった建物で、数年間かけて工事を行い先月商業施設としてオープンしたところです。工事はまだ完全には終わっていません。竣工が予定よりも大幅に遅れているため、仕方なしに一応オープンさせたようです。未完成のままオープンって、日本じゃとても考えられないですよね…そもそも工事が大幅に遅れるってことも少ないんではないでしょうか。


オテル・デュ―の正面。18世紀にスフロが手がけました。パリのパンテオンなどで有名な建築家です。わたしにとっては仕事の行き帰りに毎日通るなじみ深い景色です。


橋を渡っている間にどんどん空の色が変わってきます。山の景色と一緒で、雲のある時の方が朝焼けや夕焼けは絵になる気がします。仕事の行き帰りにはカメラは持っていないので、うわっ綺麗っっ、って思ってもスマホなのがちょっと残念・・・


先週、しばらく会っていなかった友達がご飯でも食べに行こう、というのでむしろうちに来てもらいました。
友達はリヨン市内の人気ビストロのオーナーシェフ。気合入れて作り慣れないものに挑戦して失敗するのは恥ずかしいので、デザートはうちの定番のひとつ、リンゴのタルトにしました。フランスでは最もポピュラーなデザートのひとつです。
で、メインは・・・言わずとも知れたチーズフォンデュですやん(≧∇≦)
もう暖かいを越して暑い日も増えてきて、こんな季節にフォンデュ食べてる人はそうそうないと思うんですが(フランスでは完全に冬の料理です。鍋みたいなもんでしょうか…)うちはみんなチーズが大好き&わたしがハイキングの帰りに買ってくるので我が家では通年メニューとなっています。
いや、だって彼シェフだしさ・・変なもん出したくないしさ・・・試合放棄みたいな献立ですけど。。一応サラダも添えますよ(;'∀')


寝かせる時間が必要なので前の日にブリゼ生地を作っておきました。あとは当日延ばして、さらに冷蔵庫でもう一度落ち着かせます。あとはクリーム(わたしレシピでアーモンドとヘーゼルナッツのクリーム)を塗ってリンゴを並べて焼くだけです。
実は・・・この日の午前中、半日の短い目のハイキングに行ってました(≧∇≦)


友達が来たのは夜7時半過ぎです。サヴォアの赤ワイン、モンドゥーズを持って来てくれました。わたしがハイキングにばっかり行ってるのを知っていて(サヴォアもよくハイキングで行く地方)面白がって選んだみたいです。彼んちのお庭に咲いていたというリラ(ライラック)、いい香りです。
白ワインはフォンデュにも使った南ブルゴーニュのシャルドネ。7、8年前から年に1回くらい直接買いに行ってる大好きな生産者のもので、料理人の彼もとても気に入ったようでした。


長男の彼女Mちゃんも参加(*^^*)
友達「いやー、フォンデュ好きだけど食べるの何年ぶりかなー。しばらくスキーに行ってないから…」そう、フランスではフォンデュって家でする人案外少なくてスキー場で食べるイメージです。


生クリームを泡立てて、以前旅行したケベックで買ったメイプルシュガーパウダー・バラ風味を混ぜたものを添えました。
久々に会う友達との会話も弾み、楽しい夜が更けていきました。


同じ週の夜・・今からちょうど1週間ほど前になりますが、面倒くさくってつけっぱなしになっていた冬タイヤを夏タイヤに交換することに。さすがにもう雪は降らんだろう・・・ここ2回ほどはタイヤの交換を長男が手伝ってくれています。
すると今回は15歳の次男が「僕も・・お手伝いする?」と自ら名乗り出てくれましたΣ(゚Д゚)


次男は2か月ほど前から自動車教習所に通っており、それ以前にオタクといえるほど車好きなので(ただしメカニックが好きなわけではなく単にカッコいい車を見るのが好き💧)、そういう気分になるのも当然かもしれません。フランスでは免許のある人と一緒だと運転できるという何の役に立つのかあんまり分からない免許が15歳で取れるようになっています。通常の免許は18歳からですが、その免許で一定の時間以上運転した後は通常の免許に簡単に移行できるみたいで、その順番で免許を取る人もまあまあいるみたいです。
ちなみに長男はまだ免許を取っておらず、大学受験が終わってからでいい、と言っています。


長男はもう2回わたしのアシスタントをしたので、タイヤの替え方は覚えています。わたしが説明するまでもなく次男に教えていきます。わたしの仕事は車を出し入れするだけ。。 あの・・これって児童虐待とかじゃないですよね??ましてや奴隷でもないですよね(^▽^;)??


実は夏タイヤも冬タイヤも秋に新品に代えたばかりなんです。どちらも前の持ち主から買ってから一度も交換してなくてそろそろ変え時だったんですが、たまたま10月末に夏タイヤ、12月に冬タイヤがパンクして(;´Д`) それぞれをきっかけに4つ(てか8つ)とも買い替えたという・・
夏タイヤはほとんど走らないまま冬タイヤに取り換えたため、タイヤの位置を書いてありませんでした。改めて前輪右、とかホイールの部分に書いてるところ。


わーい、夏タイヤおかえりなさい(*´ω`*) いっぱい走ってね💕


・・・で、
👇これ明日日曜の天気予報なんですけど・・・

色んな山の麓の町で雪の予報ですΣ( ̄□ ̄|||)
元々、天気さえよければ近場の山に午前中だけ歩きに行こうかなと思ってたんですが・・
麓の町、多分標高700mくらいとかだと思うんですけど(一番左のやつ)、そんな標高高くない場所でも雪(*_*)


そういや、去年の今頃南仏のケラ山塊に1泊で遠征した時も雪が降った直後でした
👇

新雪がどっさりと。5月7~8日の遠征でした。
面倒で冬タイヤ付けっぱなしにしていたのが功をなしました(;^ω^)


1日目。岩に張り付いた雪が新雪っぽいのが分かっていただけるでしょうか。


2日目。確か2600m台・・・真冬ですね(^^; でも暖かかったです。



頼むで・・・もう夏タイヤにしちゃった後に積もらんとって(;´Д`)

4月下旬のスノーシュー・下山編&アルペン猟兵ご一行に出会う

4月の下旬に多分今シーズン最後の本格的なスノーシューハイキングとして挑戦したエギーユ・ド・レぺスール(3230m)。駐車場から単純計算でも高低差1600mで距離も長いので、日が長くなってくるのに加え雪の状態も安定し雪崩の危険が弱まるこの季節を待ってのことでした。


休憩込みで6時間ちょっとかかりましたが無事到着。めっちゃ疲れましたが、幸せホルモンがドサーっと出て、しんどかったことはもう全部忘れました(翌朝目が覚めた時、体があちこち筋肉痛で思い出されましたが)。


もう何度も写真に出てきますが、エギーユ・ダルブ3兄弟の真横になります。


ここの頂上はわたしが知ってる場所でも指折りのパノラマの素晴らしさです。色々と見えるうちでもすぐ近いせいで存在感があるのはお隣セルス山塊の最高峰、グラン・ガリビエ。右下の雪が多い辺りにツール・ド・フランスがよく通るガリビエ峠があります。


メイジュ(右)やバール・デ・ゼクラン(中央奥)などエクラン国立公園のスター達の美しさも圧倒的です。


ヴァノワーズ国立公園方面


そしてモン・ブランもよく見えていますが、登ってる最中はずっと見えておらず、最後らへんでやっと見えてきました。


岩にちょうど椅子のように窪んだ場所があったのでタイガース座布団を設置。応援席の完成(違)。


もちろん日本で購入の春雨スープです。


ボーフォールチーズの他にちょっと端っこだけど、ブルーベリー入りとスモークのものとサラミは2種類持って来ました。
1650mの駐車場では風が強かったのに、3230mの頂上は全くの無風とは誰が想像できたでしょうか。晴天で暖かい(そのせいで雪が柔らかくて歩きにくいとはいえ)のに加え、運が良すぎるとしか言いようがありません。


ゆっくりと1時間ほど頂上に滞在しました。最近は日が暮れるのが遅くなっているとはいえ、早く帰って学校から戻った子供たちと晩ご飯を食べたいのでそろそろ腰を上げることにします。車で2時間半以上かかる少し遠いところなのです。


行きと全く同じところを通ってもいいけれど・・・もっと早く下りられそうなところがあるかも、と眼下を見下ろしてみます。


谷の部分をズーム。山小屋が見えます。ここを通ってきましたが、必ず通らないといけないわけではありません。山スキーコースは山小屋経由で地図に線が引っ張られているため、おそらく登りはその方が登りやすい場所を通るんでしょうが、登るのは難しくても下りるのは簡単、という場所もあります。特に雪山では。
夏山でも、昨年登った3000m級やそれに近い山では峠から稜線伝いに登頂した後、登ることはまず不可能なザレ場をズルズルズルっと半分滑るみたいに下山する、というパターンが多かったです。


今朝はまず谷底を写真の左側から歩いてきました。その時、目の前の斜面の様子は見ていたので通れない岸壁とかは特になかったことは覚えています(地図もありますが)。山小屋よりも少し遠い地点を目指して下りていくことにしました。


距離が短縮されても大きなアップダウンがあっては元も子もありません。歩きながらデコボコの感じを見て方向修正しつつ下りていきます。


もう山小屋はデコボコに隠れて見えなくなってしまいました。


得意の尻スキーで滑り降りました。普段は結構途中で引っかかって止まってしまうことが多いんですが、かなり遠くまで滑り降りられて無性におかしくてひとり声を出して笑ってしまいました。

近くの斜面でジタバタと遊びまわっているマーモット2匹。この日の午前中に今シーズン初のマーモットを見かけたところだったのでした。


雪の上を転がりまわって遊んでいます。長い冬眠から目覚めて(10月くらいから見かけなくなっていました)、よっぽど楽しいんでしょう。


すぐ向かいには、ジャージャーと雪どけ水が滝のようになっているところが。


トレースのある地帯に合流することが出来ました。最後の部分は夏山コースと同じあたりを通ります。


行きにも通った標高1800m台の集落(シャレーがたった3軒)まで戻って来ました。


ここでスノーシューを脱いで・・・


最後の急傾斜の斜面を流れる小川でスノーシューを洗います、、って、この後また駐車場まで雪がたくさんあったことは行きに通って分かっていたのに、なんで洗う??横をジャージャー流れてる川を見るとつい洗いたくなってしまったんですね・・・一度スノーシュー洗ってしまったからにはもう履きたくありません。下手したら膝近くまではまる雪道を意地でもツボ足で駐車場まで下りました(^▽^;) ちなみに行きによじ登った雪のない部分は下りるには急すぎて却下でした。


駐車場に帰ってきたらえらいことになってました・・・朝にも軍隊のトラックや兵士たちが次々にやって来たのを見かけたのですが、1日中訓練をしていたと思われる兵士たちが駐車場に下りてきて帰る準備をしているところでした。やれやれ、行きも帰りもおんなじタイミングかよ。。


朝も見たんですが、またヘリコプターが降下してきました。しばらく空中で停止していたのち、駐車場の隣の少し広くなったところに着陸しました。


駐車場から数キロ先のヴァロワールのスキー場まで道路沿いに戦車やトラックや軍隊関係の車両がどっさり停まっていました。


彼らは普通の陸軍ではなく、山岳専門のChasseurs Alpins(山岳猟兵)と呼ばれる部隊です。19世紀にイタリアがアルプス越えで攻めてくるのを懸念して設置されました。現在では縮小されているものの3部隊あり、この日はそれが一挙に集まった(600名の兵士)めったにない大規模な訓練だったようです。翌朝のネット記事で知りました。
👇


そういえば登ってる途中でパンパン、またはドドドドッと射撃訓練の音が聞こえてきたときがありました。そう長く続かなかったのですっかり忘れてたのですが、記事によると最高40㎞の距離まで50メートル以内の誤差で狙うことが出来る大砲「Caesar(シーザー)」も試したんだとか・・わたしの歩いていたところは狙われなかったようで(´▽`) ホッ


このあと高速に入るまでに寄りたいところがあります。


2か月くらい前にも来た高速2区間分先(帰る方向に)にあるラ・シャンブルの町のボーフォールチーズの農協です。
ただし今日の目的はボーフォールではありません。


サヴォア地方の名産品であるディオというソーセージ(茹でるタイプの)、2か月前にここで買ったハーブ入りのがめちゃくちゃおいしくて、子供たちもわたしもとても気に入ったのでまた買おうと思ったんですが、ハーブ入りのものだけ売り切れΣ( ̄□ ̄|||)
仕方なしにプレーンなものを購入。前回は買わなかったけど、もっと前にここで買った生ハムも絶品だったのでひとパック・・・


あとはサラミを。この日頂上で食べたのは前回ここで買い求めたサラミでした。
チーズ農協に来てチーズの一切れも買わない客・・・(;´・ω・)


ラ・シャンブルの町を出て高速に入る途中の県道。今日はさっきまで雪の世界にいましたが、山の麓とは言え、下界はもう完全に春が訪れていました。