randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

今年初めての雪の中でのハイキング(前編)

子供たちと先週末に2泊3日で行ったハイキング記がまだ途中ですが、ちょっと脱線して今日行ってきた雪景色のハイキングをアップしたいと思います。


その2泊3日ハイキングの2日目夕方に天気が崩れ始め、以降ずっと寒くてぐずついているためフランスの山ではどこも結構雪が積もり、一部のスキー場は前倒しでオープンしたところもあるくらいです。


今日は休みだったので午前中に近場の山で軽くハイキング、午後はそこから行ける景色のきれいな道路をドライブ、というプランを2、3日前から考えていました。いつも色んな山に行くのにめちゃくちゃたくさん運転してるのになんでまたドライブかと言うと、今週代車で新型シビック(6速MTで加速もスゴイ😻)を借りているので、これを今日の夕方ディーラーのところに修理が終わったわたしの車と交換しに行く前にとことん満喫しようじゃないか、という考えでした。結局昨日の夕方ディーラーから「修理終わってないんで火曜日に来て下さい」と電話があったのですが・・・


先週末からずっとお天気はすぐれません。往復7~8時間運転すれば晴天の地方まで行けますが、休みの度にそんなこともしてられないので今日のハイキングは近場、片道1時間半で行けるヴェルコール山塊北部に決めました。そしてここから南に続く県道は山肌を削った細い道で、狭いトンネルがあったり洞窟がすぐ近くにあったりで「眩暈街道(La route du vertige)」と呼ばれ有名なのです。


近いのでいつもよりずっと遅い朝6時半に出発しました。
自宅アパートの地下駐車場。わたしの車じゃないので、それがあると分かっていても実際見るといちいちギョッとします(^^;トランクも広ーい💕


朝夕の渋滞で有名なグルノーブル周辺の幹線道路。いつも夜明け前に通過しますが、7時半ごろの渋滞に巻き込まれてしまいました(;´Д`)


すぐに幹線道路は下りて県道から山に向かいます。標高1000m前後くらいから雪が積もっているのが目につき、あっという間にこんなことに。


標高1266mの駐車場に着いたのは8時過ぎでした。


どこの山も標高の低い辺りから雪が積もっていることは天気予報のサイトで確認済みです。ヴェルコール山塊では平均で1000mで5センチ、1500mで10センチ、2000mで15センチ(北壁南壁ともに同じ)と出ています。今シーズン初めての雪のあるところでのハイキングで(先週末に山小屋から帰る時も雪の中でしたが)しかも天気がイマイチな上、午後のドライブのために半日でちゃちゃっと登って下りてきたいので来たことのあるところがいい…と選んだ場所です。


もうひとつ大事なポイントは「デコボコのひどい林道を走って車高の低いシビックをこすってはいけない」ということです(^^; 
ここは上の画像にあるようにノルディックスキーのコースもあり(近くには小さいですがリフトのある普通のスキー場もあります)多くの人が訪れるので道路はアスファルトでしっかりしているし、駐車場もとても広いので安心です。


歩き始めたのは8時半。
少し先にある山小屋風レストランの宣伝の看板が出発点にありました。ただし9月から12月中旬までは閉まっており、スキーシーズンに再オープンの予定のようです。


傾斜のほとんどない広い道を歩きます。


しばらく行くと野原のようなだだっ広いところに出てきました。


その先には山小屋風レストランが見えています。その前を通ります。


うさちゃんの足跡があちこちに。


これは・・?


山小屋風レストランを少し過ぎた辺りから狭い登山道に入ります。
スノーシューの人用コースの看板が既に設置されていましたが、通常のハイキングコースとは別の傾斜の少ない広いところを通るようにコースが作られています。


石についているマーキングは雪のある季節は見えなくなります。
これはほんの少し赤が覗いていたので手で雪を払いのけたところ。


狭いトンネルのようになった木の枝の下をかがんで通り抜けていきます。


ここは1400mになるかならないかという地点ですが、もうこの雪の量です。


ゲイターと、ザックに引っかけていたストックを使うことに。
ちなみに今日はスノーシューやアイゼンは持って来ていません。持って来たくないのでなくても大丈夫そうな場所を選んだというのもあります。


石のペンキマークは見えない代わりに木にもマーキングがあります。


静かな雪の枝のトンネルの下をひとり歩き続けます。


道の形は比較的しっかりしているので雪があっても何となく形が残っていますが、加えてペンキマークが時々あるので心強いです。
この日は誰にもすれ違いませんでしたが、雪のないシーズンには地元グルノーブルの人などに人気のあるファミリーコースなのです。


夏山のハイキングコースをそのまま雪のあるシーズンに歩ける場合もありますが、雪崩の危険のある場所を通る場合もあるので大丈夫な場所なのかどうか事前に調べる必要があります。


しばらく歩くと森から抜けます。
あっ、青空!!


うぉお~~きれい💓


壁のようになったところが多いヴェルコールの山々には雪が降ってもその岩壁部分には積もりにくいのですが、降って間もない時にはこのように薄っすらと白くなります。


少し前に分岐があり、そこからペンキマークの色が変わっています。


今から向かう方面。真正面が峠のようになっているのですが、これではなくもう少し左側(写真には入っていません)に目的地の峠があります。


斜面をひたすら登っていきます。


1600m台ですが、所によっては30センチ以上積もってます。天気予報のサイトで見た情報よりずっと多いです。


峠が近付いてきました。ここを右側にくるっと回ります。


平たいところに出ます。峠まであと少し緩やかな広い部分を歩きます。


お日様が低い位置に。


峠の反対側の景色が気になりドキドキします。よく雲海が出ている場所なのですが今日はどうだろう・・・


峠の標識が見えてきました。


わわわ(≧∇≦)
すごい高い位置まで雲海が昇ってきています。
めっちゃどんよりと曇ってたので実は途中で引き返して1日中ドライブでもいいかって脳裏をよぎったりもしたのですが、来てよかった💖


後編に続きます。


















子供たちと湖畔で焼肉ランチ(^^;

先週末に子供たちと2泊で出掛けたハイキング。まずは宿泊先の山小屋にて荷物をほどきます。


母屋の方の山小屋に置いてあったマーモットのぬいぐるみ。鳴き声がします。
わたしたちはご飯を頼まないので離れの小さな小屋を使わせてもらいます。他に離れの宿泊客はなく、母屋の方もカップルが二組、計4人だけだそうです。というのもこの日金曜は晴天だったのですが土日と天気予報が良くなかったため、予約がほとんどキャンセルされてしまったそうです。


山小屋の飼い犬のボーダーコリー。ごろんとなって日向ぼっこです。賢い品種らしくて羊飼いさんのお手伝いをするのによく飼われています。


子供たちがストーブ用の薪を割るのを少し待ったのち出発です。
山小屋のすぐ裏に親切にも看板が出ていました。最寄りのふたつの湖に行くハイキングコースです。奥にある方の湖でも1時間ちょっと。あまり歩きたがらない子供たちでも嫌がらない範囲内です(;'∀')


みるみる山小屋や他のシャレーが小さくなっていきます。


ゆるやかな登り坂を進んで行くといい感じの荒涼とした風景になってきました。


間もなくひとつ目の湖に到着です。これは湖の手前にある水溜り。


ララモン湖(2359m)に到着。ここでご飯でも悪くなかったのですが、すぐ奥にもうひとつ湖があります。どうしようかな・・・


水面には氷が張っています。


既にこの湖畔でくつろぎムードだったのですが、「次の湖でご飯にしよう!」と言うと、どうせすぐ近くと分かっていたのでさっさと立ち上がってくれました。


このちょっと急な斜面を越えたところが次の湖のようです。


斜面を登り切ったところすぐかなと思ってたらそうでもなく、もう少し先でした。


でももうすぐです。


「あれーっ、やっぱりこっちも凍ってるなー」と子供たち。水切りをして遊ぶのを楽しみにしていたのですが・・・
でも石を投げると表面を転がっていって、ごわーんごわーんごわーん・・・という風な可笑しな音が響くのが面白くて何度もやってました。


ご飯を作って食べるのによさげな場所を探してウロウロしてみます。


大きくて平たい岩がいくつもある一帯があったので子供たちにも来てもらいました。こちらでも早速石を投げて凍った水面を割ってみようと試みる長男(^^;)
最終的には弟とふたりでかなり重たい岩のような石を落として表面を割ってました。


さてお楽しみのお昼ご飯です。
寒かったら嫌だなぁと思っていたのですが、お天気がいい上、風もなくポカポカとした陽気です。絶好のピクニック日和でした。


昨日仕事の帰りに遅くまで開いている馴染みのアラブ系肉屋さんで買ったお肉がメインです。牛肉とメルゲーズ(羊肉と牛肉の唐辛子入りソーセージ)は子供たちの大好物。
お野菜も欲しいところなのでズッキーニを持ってきました。


おつまみのサラミを切る長男


パンパンに膨らんだポテチ。
コンテチーズ風味という最近発見した新商品でしたが素朴な味でとってもおいしかったです。


夏に日本で購入のモンベルのフライパン。2、3人分の調理に大き過ぎず小さ過ぎずいい大きさです。実はもっと小さいのを自分ひとりの時用に買ったのですが、ひとりの時に肉とか野菜とか焼こうという気になかなかなれず(~_~;) 一度も使っていません。
オリーブオイルも持って来ていたのですが、メルゲーズから出る脂をズッキーニが吸収するのでオイルは必要ありませんでした。


結構な量のお肉でしたが、みんな食欲があり問題なく完食。
さて、ご飯のあとはわたしは目を付けていた山に登ろうと思います。子供たちは湖の周辺で待ってると言います。登り1時間半かかるようなので「2時間半で帰るから」と言って出発しました。


湖の反対側に回ったところ。写真の奥のあたりがお昼ご飯を食べていた畔です。
こちら側の斜面から登りのハイキング道がでているようなので探してみます。


次回に続きます。



子供たちとリクゥ山小屋(2115m)へ

先週末に2泊で子供たちとセルス山塊は「クラレの谷(La Vallée de la Clarée)」に行ってきました。イタリアを経由すると3時間で行けますが、トンネル代とイタリアの高速代をケチって4時間弱の道のりで行きました。


調度中間地点に当たるシャンボン湖の地下トンネルの入り口近くの駐車場にて朝ごはんタイム。といってもわたしはすでにうちで一度食べてきているのですが軽くもう一度(^^;
長男は眠たいそうで後部席で寝たままでした。


仕方ないので?長男の分の朝ご飯を食べるわたし( ̄▽ ̄;)
ダムになっており水力発電を行っています。手前にEDF(エレクトリシテ・ド・フランス)の看板が。


ちなみにシャンボン湖のトンネルは2年半前に天井か壁だかが崩落して以来、大規模工事のため通行止めになっています。この夏、夏山シーズンに2、3週間だけ仮オープンしていた時期に子供たちとトンネルを通りましたが、その後工事を終えるためにまた閉鎖されています。その間通るのがトンネルとは反対側の岸に作られている仮道路です。トラックやキャンピングカーは通行禁止となっています。
上の写真のように広いところもあれば、細くて対向車が来たらすれ違うの大変なところも何か所かあります。


トンネルを抜けて間もなくオート=ザルプ県に入ります。トンネルから30分ほどでツール・ド・フランスで有名なロータレ峠に到着します。セルス山塊、エクラン山塊(国立公園)、グランド・ルース山塊と3つの山塊の交わる地点にある峠です。


この辺りの風景は何度通ってもうっとりさせられます。峠自体2000mくらいあり、エクランの氷河なども見どころのひとつです。


そのまま南下してオート=ザルプ県第2の町、ブリアンソンを通過したのち再び北上します。県道ではあるものの道は細くなってきます。小さな町をいくつか通過しました。


そのあとはときどき通過するのは家が数軒集まった集落のみです。


唯一ちいさな町を通過します。「クラレの谷」の中心都市💦、ネヴァッシュ(人口320人)です。
一応スキー場でもあるようなのですが、リフトは全く目に着きません。地図で確認すると谷の南北にごくごく短いものが1本ずつ。これでやっていけるのでしょうか・・・ノルディックスキー中心なのかもしれません。


ネヴァッシュの町を抜けると、シャレーがぼちぼちある以外はもうほとんど何もありません。野性味あふれる景色の中、駐車場まで運転します。


標高1857mの駐車場に到着したのは9時を少し過ぎた頃でした。5時にうちを出て約4時間が経過しています。2泊3日もあるのでもう少しゆったりと出てもいいところだったのですが、なにせ晴天の予報が出ているのはこの日のみ。早い目の出発となりました。


目の前にはスイスナンバーの車。ふたりのハイキング客が出発準備を整えています。


わたしのすぐ後ろはドイツナンバー。この地方、イタリアからはすぐなのですがスイスやドイツとはかなり離れています。国立公園でもなければ地方自然公園にさえも指定されていないものの美しさでは定評があるのです。わたしの周りでも山に興味のない人は「聞いたことない、どこそれ」ってフランス人でも言うのですが、今みたいなローシーズンでもこうやって遠く外国からもハイキング客が訪れます。


わたしひとりなら1分も時間を無駄にするまいと大急ぎで出発準備するところですが(その割にはいつも2回目の朝ごはん食べたりもしてますが) 今日は子供たちのリズムでゆっくり動きます。楽しそうにふたりじゃれあいながらダラダラ準備してますが、したいようにさせて行き先案内の確認などしつつ待ちます。


登山口の真ん前の路肩に停めましたけど、川の反対側に広い駐車場がありましたが、ガラガラでした。夏にはいっぱいになるのかもしれません。レストランかカフェのような建物もあります。
目の覚めるような青空の中、山小屋に向けて出発です。


黄色いカラマツが景色を暖かい色に染めています。


幅の広い登山道を登ります。山小屋の他にシャレーが何軒もあるため、車でも上れる(わたしの車では無理ですけど)ようになっているようです。


2泊3日で毎食自炊となるため、食料関係がすごい量になりました。合計7食分です。
ちなみにふたりが一緒に持ってる小さなリュックにはフォンデュ鍋とその関連グッズが入っています(;´∀`)


写真のシャレー、これが山小屋かと思って(山小屋のHPで見た写真に似てた)子供たちに「もう着くよ」って言ってしまったのですが、結局違ってぬか喜びに終わったため二人は「ちょっとここで休憩する~」と10分間ほど座り込んでしまいました。もうあとほんの少しだったのですが(^^; 


偽ピークならぬ偽山小屋に騙された5分後、シャレーの数軒集まった平たいところに出てきました。この中の1軒が山小屋のようです。他のシャレーはどこも雨戸が閉まっており誰も使っていない様子でした。


この日は見ませんでしたけど、夏場に人がいる時はニワトリを放し飼いにしているようで「犬はリードにつないでください」とのメッセージがありました。目立つので効果的であろう看板を立てるわけでなく石に直接書いてる辺り、景観を損なわないようにしている心意気だなぁと思いました。


奥のほうにある少し大きい建物が目指す山小屋でした。ベッド数19とかなり小規模です。6月中旬から9月下旬に管理人さんがいるのはよそと同じですが、10月下旬の諸聖人の祝日のバカンス(フランスの学校は2週間休みになります。わたしたちが行ったのはその最後の3日間でした)と1月からのスキーシーズンにも管理人さんがいてご飯も頼めるようになっています。この後聞いたところによると周辺には山スキーをする場所が結構あるようです。ただし下の駐車場までは来られないのでネヴァッシュからスキーなりスノーシューなりで登ってくることになるそうです。
ご飯を頼まないわたし達が滞在するのは離れの小屋になります。


山でもっともよく見るワンちゃん、ボーダーコリーが日向ぼっこ中でした。
ドアが開いており中から物音がしていたので挨拶をしに行くと管理人さん本人ではないけれど自分が唯一の従業員だという若い女性が出てきました。イングリッドさんというそうで、なんとわたし達の住むリヨン出身の女性でした。もうひとり彼女の友達だという南仏は地中海に近いモンペリエの女性がお手伝い兼バカンスで小屋の中を掃除していました。
しばらく天候やこの地域の話を交えつつ、小屋の使い方を説明してもらいました。


左が母屋でそのすぐ隣のこちらがわたし達が使える小屋のようです。かわいい💛
そんなに大きいように見えないですが、屋根裏部分が寝室で12人寝られるようになっているそうです。わたし達以外には誰もいませんでしたが・・・
金曜だというのに母屋の方も4人しか予約客がないとのことです。というのも土日の天気予報が悪いため結構入っていた予約がほぼキャンセルされてしまったのこと。
土曜は午前中曇り時々晴れ、午後から下り坂に向かうとの予報。日曜は午前が雨、午後が雪と出ています(;´Д`)
ただ、どうせ満員ってことはないと分かっていたし土日の天気がさらに悪い方に変わるかもしれないし、小屋自体、そして周辺の様子もどんなところかはっきりとは分からないので金曜晩だけ予約してきました。
駐車場が小屋から近く道も危ないような箇所はゼロだったので雨の中の下山も問題ではありません。
小屋自体は快適そうで周辺のハイキングコースについても説明してもらいましたが、なかなか良さそう。しかも最新の天気予報では土曜に天気が崩れる時間帯が遅くにずれてきています。2泊します!とイングリッドさんに伝えると・・・
「それは構わないけど、わたしたちは明日の予約は全部キャンセルになってしまったのでもう明日のお昼過ぎには山を下ります。発電機も切っちゃうので灯りはないですよ」
ランプもろうそくもあるので大丈夫です、と答え子供たちに「2泊できるよ。わたし達だけだよ」と伝えると「やったー」(^^♪
他の人いたらイヤというわけではないのですが、彼ら薪ストーブの火おこしを楽しみにしてたので、誰かいると既に火がつけられちゃってたりするから(わたしだったらラッキーって嬉しいけど)困るみたいです(^^;


エコトイレが少し離れたところにあります。


水をあげるからポリタンク持って来て下さい、と言われ母屋に。


イングリッドさんと子供たち。


薪ストーブの説明を受けます。我が家は長男が火おこし隊長なので彼に丸ごと任せます( ̄▽ ̄;)


薪ストーブに入れる薪のストック。


ポリタンクをスタンバイしました。


他に宿泊客もないということで遠慮なく荷物をほどきあちこちに置きまくります(^▽^;)


食料品が半端なくすごいことになってます。
これでもこの日のお昼ご飯の材料は既に除いてある状態💦


夕方、ハイキングから戻った後にストーブに入れる予定の薪を今のうちに小さめに切っておく、という長男とアシスタント役の次男。
帰ってからでいいやん~と思ったのですが、火おこし隊長の彼に任せてその間わたしは小屋内のザックの荷物を使いやすいようにセッティングします。今ハイキングに持って行くもの、帰ってきて夕方から晩に使うもの、夜使うもの・・と。4つのザックにかなりめちゃくちゃに突っ込んで持って来たので探し当てるのも一苦労です^▽^;)



次回に続きます。