フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

家族3人で南仏の山に遠征!

今月上旬に「今シーズン最後?」というタイトルで子供たちとテント泊した時の様子を記事にしましたが、「?」が物語っていた通り、10月21、22日にもう一度行ってきました(^▽^;)
日月だったのですが、子供たちも学校が秋休みに入っていたため(大学生の長男1週間、高校生の次男2週間)3人で行くことが出来ました。今月初めにテント泊した時は「もうさすがに寒くなってくるし天気も悪くなってくるだろう…」と思っていました。これを書いている10月末はお天気が荒れ気温も冬並みに下がって山では雪というか吹雪いてますΣ(゚Д゚) いくらわたしがクレイジーでもテント泊など夢にも考えないお天気ですが、ほんの10日前には信じられないほどのいいお天気が続いていました。


今回は片道5時間弱かかるオート=ザルプ県のイタリア国境になる地方が目的地です。高速は1時間弱で後はほとんど風光明媚な山道ばかりというドライブの要素も強い1泊旅行ですので、ドライブ中に通る場所や途中で食べるご飯(外食はほぼしない主義です😅)にも注意を払って計画を立てました。と言っても、何日も前から準備したのではなく前日の夜仕事から帰ってからだったので(^▽^;)持ち物の準備を終えて寝たのは夜中の2時半を過ぎていました💧
うちから約2時間半のロータレ峠で朝ご飯を食べたかったので、日の出の7時半を目安にうちを5時に出発。


7時半過ぎ、ロータレ峠(2058m)に到着です。
右がロータレ峠の駐車場になります。そのほんの少し下りたところにあるハイキングの出発地点にもなる小さな駐車場に車を停めました。少し周辺を散歩します。


秋色の山肌を朝日が照らし始める心がウキウキする時間帯です。


わたしのお気に入りのテーブル✨ 駐車場の奥にふたつあります。次男は自分の一眼レフを持って来ました。しかしお天気はいいものの、標高2000m以上なだけあって寒ーい!!早く温かいもの飲もう~~


山とこんなに美しい空を見ながらの朝ごはん、山小屋に泊まったわけでもテント泊をしたわけでもなく単にドライブの途中に車から降りてささっと実現できてしまうのですから峠道路万歳です。


リヨン名物の赤いプラリーヌ(砂糖がけアーモンド)入りのブリオッシュ、オレンジジュース、子供たちはココアでわたしはコーヒーという朝ごはんです。わたしはうちを出る前にも食べていたので2度目の朝ごはんになります(^^;


ベック・ドム、ロータレ氷河が朝日に照らされます。綺麗な景色でさらにお腹が満たされます⁉


一度出発しましたがフロントガラスに虫がいっぱいくっついて汚れがひどかったので景色が綺麗なところを走るのに残念過ぎるので、ちょっとガラスを拭くために峠のメインの駐車場でもう一度停まりました(;'∀')


さて、南に向かいます。オート=ザルプ県第2の都市ブリアンソンに向かう県道です。奥の山のラインの、左に尖がってるのは8月に同僚と登ったロッシュブリュンヌ。その麓近くに位置するイゾアール峠が次の経由地です。


秋から冬に向かって少しずつ移行していく風景を眺めながら気持ちの良いドライブを続けます。


ブリアンソンを通り、イゾアール峠方面に向けて県道はどんどん高度を上げていきます。
色付いたカラマツがとってもきれいです。


途中、ミッションがひとつ・・・
前回3人で出かけた帰りに拾って帰った焚き火用の木の枝を車に積んでいて、それもそこそこあるのですが、夜寒そうだし足りないと嫌なのでもう少し拾っていくことにしました。今日テント泊するつもりでいる周辺は標高が高く、地図を見ても周辺に森などなさそうなので、こうやって前もって拾っていくのです( ̄▽ ̄;)


初めは車の中でボーっと待ってたんですが、なんか虐待みたいかと思って💦わたしも参加。長い枝は運びやすいように折ります。


たっぷり集めました。


さて、イゾアール峠に向かいます。


峠道路の始まるル・ラウスの集落。可愛い古いおうちがいくらか集まっています。峠道路が冬季閉鎖されるのはこの地点からになります。


去年の12月にスノーシューしに来た時、同じ場所にて。ここに車を停めて歩き始めました。


峠に着く直前。右に写っているのは19世紀に創業のナポレオン山小屋。この地方の主要な峠にナポレオン3世の時代に5軒作られた旅籠のうち、現存するもののひとつです。


大体同じ角度から12月に撮ったもの。まるで別の場所のようです。


イゾアール峠に到着します。


同じ場所。スノーシューで(*'▽')
でも、この日は峠道路を登ったのはナポレオン山小屋からのみで、その前はぐるっと遠回りで森の中から上がってきました。ものすごーくきれかったのです✨とってもいい思い出・・・👇

とってもいいお天気だったけどペットボトルの水もガチガチに凍るマイナス15度とかそんな気温だったのでした(;゚Д゚)


イゾアール峠に到着しました。2360mで峠道路としては国内で5番目の高さになっています。


有名な峠なのに・・日曜なのに・・最高のお天気なのに・・誰もいません(;´∀`)
10分ほど休憩です。


イゾアール峠はブリアンソネ地方(今来た方)とケラ山塊(今から下りていくほう)の境界線になります。これは、ケラ方面を臨んで。


ケラ山塊は地方自然公園に指定されています。


峠を越えて初めのうちは乾いた感じのザレザレの景色ですが・・・


色付いたカラマツの森の中を駆け抜けます。


景色のよいところには大抵数台停められるスペースがあり、テーブル席がひとつふたつ設置されているのが親切です。わたしたちも、何の予定もなければこんなテーブルのひとつでピクニックでもよいのですが、今日は決めていることがあるのでお楽しみです。


だいぶ下りてきて、眼下にこじんまりとした村が見えてきました。ブリュニッサール集落です。峠道路の始まる地点になります。


2年前、ケラ山塊デビューした11月にスノーシューしたのは実にこのすぐ近くだったのでした。今下りてきた峠道路は当然既に閉鎖されていたので、この地域には遠回りでぐるりとやって来ました。


峠道路から下りたのち、山間の道を走ります。17世紀末に有名な建築家ヴォーバンによって要塞化された古城のあるヴィル・ヴィエイユを通過します。



あんまりまだ進んでないんですが(^^; 長く書く時間がなかなか取れないので、ここで一度投稿します。

ル・ロシャイユ(3022m)で頂上ランチ&紅葉の中を下山

10日前の金曜日に一人で出掛けたエクラン国立公園の北西部でのハイキング記です。8月のリベンジでル・ロシャイユ(3022m)の頂上に着きました。


約半分登った地点(地図によると2268m)にある避難小屋以降は道らしい道もなく、ケルンを追って登ることになりましたが、途中見失ってちょっと違うところを歩いたり、峠以降の稜線の部分はどこを歩いたら危なくないか考えながら進まないといけなかったので結構時間がかかりました。


北側。上ってきた稜線が見えています。


エクラン方面。眼下にはローヴィテル湖。そんな感じしないですけど、ここからだと1500mも下になります。


ヴァロン湖。今いる山には別の駐車場から出てこの湖経由で登ることもできるようですが、高低差は1900m💦 湖、好きだけどちょっと厳しそうですね😅 今日のコースでも1700mでキツい目だというのに。


エクラン国立公園オワザン地方を代表する山のひとつ、ミュゼル(3465m)。


モン・ブランも遠くに浮かび上がっています。


風よけが作られています。今日はラッキーなことに全くの無風状態ですが、峠や山頂といった見晴らしの良い所(=ご飯を食べたくなるところ)に限って風が強いことが多いのでこういう風よけのお世話になることも時々あります。


最下位だろうが何だろうが山頂では阪神タイガースシートが登場します(^^;


夏に日本で購入したフリーズドライ。
日本のフリーズドライは色々あってどれもおいしいですね♬


早ゆでパスタとインスタントスープの素(キノコ味)でスープスパゲティにしようと思います。


フランスで売ってるのに(東ヨーロッパ食品専門店で購入)全くフランス語の表示がありません。現地語とドイツ語のみ。。フランスにはドイツ経由で入れているのでしょうが、英語もないしパッケージの写真が唯一の手掛かりです(;゚Д゚)


いただきま~す。
ネギを大量に投入したらいきなり日本食っぽいビジュアルになりました・・・
しかし量が多過ぎて食べるのに苦労しました。


お腹はいっぱいなんだけどちょっと甘いものも欲しいので駄菓子系で〆ます。案の定、ぼろぼろに崩れてますが😅いちごジャムの乗ったフワフワのビスケットです。


360度のパノラマ、お天気は最高で風もなく暖かく、何よりもリベンジ達成できたという満足感からとても気持ちの良い頂上滞在でしたが、帰るのにも時間がかかるのでそろそろ腰を上げなくては・・・


下り初め。名残惜しく頂上を振り返って。


山頂から少し下りたところにプレートがありました。登って来た時は反対側を歩いたのでしょう、気付きませんでした。この山で亡くなった方でしょうか・・・


稜線を下りていきます。この辺まで下りてくるともう怖くありません。


稜線の最後の辺りは面倒臭いのでザレザレの斜面を直接横切る形で峠周辺まで下りることにしました。


この辺りから石ころがオレンジっぽい色になっています。遠くから見ても峠の周辺は明るい色をしています。すぐ隣がモレ―ンで薄暗い色をしているのと対照的です。


間もなく峠ですが、寄らずにこのまま下りていきます。


谷の形に沿って右奥に下りていきます。


雪のたんまりたまっているところに戻って来ました。


雪の上を歩きます。2500mくらいの地点ですが、1日のほとんど日陰になっているからでしょう、残雪がひと夏融けなかったみたいです。猛暑だったのに・・・


雪渓を横切った後は別の谷に合流する形で下り続けます。朝上ってきた谷です。


このまま一番低い位置を歩いて下りて行くと一番早道ですが、右上の高台を登ると避難小屋のあるところに出ます。


あ、ありました。少し寄って一休みしていこうと思います。というのも、ここに来る山道が8時~18時まで工事中で通れないため、どっちみちそれ以前に車に戻ってもそれまで待たないといけないのです。それならこの気持ちのよい場所で時間調整する方がいいに決まっています。


レ・ソース避難小屋。いいとこに建ってますね・・・
8月に通った時も今朝通った時も、唯一屋根裏の部分を見ていなかったので見ておきたいというのもありました。いつか泊まるかもしれないのでチェックです(*^▽^*)


梯子で屋根裏に登れます。おおっ、素晴らしい!毛布まであります✨


小屋内は雨戸が閉まっていて薄暗いので(開けたら閉めるの面倒くさい😅)小屋の外に椅子を出しておやつ休憩です。爽健美茶のボトルは日本で買った時のもので水筒代わりです。日本のペットボトルの方が使い勝手が良い気がしていくつもストックしています。


さて、あとはどんどん下りていくのみです。・・いや、正確には最後にいやーなアップダウンがあるんですが(;´Д`)


なんだろう・・・花も葉っぱも、わたしには春から初夏に見られるプルサチーユ(ツクモグサとかの仲間の総称)にしか見えないのですが、10月に咲いてるってどういうこと?この秋は天候が良く暖かくて夏のような日も多かったせいでしょうか。


水の流れるところに見られる黄色のサクシフラージュ。これも7、8月、よくて9月が限度で10月の後半には見たことがありません。でもこれを書いている今(10月29日)では、一昨日昨日くらいに降った雨が1600m以上くらいでは雪だった様子なのですべて雪の下でしょう・・・


ロシャイユとその仲間たちを振り返って。


1900m前後の雪渓が残る地点。行きのときにも書きましたが、こんな低い位置の雪が猛暑の夏に融けずにいたというのも驚きです。


まだ結構ブルーベリーが残っています。葉っぱが落ちてきた分、実が取りやすいので(^^;ぼちぼちつまみ食いしながら下りていきます。


夏の後半の花、マツムシソウは少し低い地点にはまだ結構咲いています。秋になってもよく見られる花のひとつです。


車を停めているヴィラ―ル・ノートルダム村にだいぶ近付いてきました。


木のあるエリアに入ったので紅葉を楽しみながら歩きます。
といってもまだそこそこ標高が高いのでそんなには木が密集していないし日本みたいにもみじとかもないので山肌一面真っ赤!というのは期待できないのですが。


ローズヒップは何種類かあります。


夏の後半に咲く背の高い花、エピローブも枯れたあと紅葉します。


マーガレット(マルグリット・デ・ザルプ)がぽつんと。


白樺もときどきあり、黄色く色付いた細かい葉っぱがきれいです。


悲しいことに出発地点の村よりも低い位置に下りてきてしまっています。そう、これがいやーなアップダウンの地点なのです(-_-;)


わさわさと枯れ葉の中を歩きます。


上る。。足が重い💧


勘弁してくれ(;´Д`)


ススキみたいなのが生えています。まだ上りが続きます。


平たいところに到着。野原みたいなところ(放牧地帯)を横切った後また下ります。嫌がらせ?


川の流れている谷底まで下りてきました。


で、最後は上り(゚Д゚;)


左手の高台が平たくなっており牛さんが放牧されていました。みんな歩いています。もっと高いところから順番に下りてきている感じです。夕方なので農家に戻る時間帯なのでしょう。


車を停めている県道に戻って来ました。遠くから見えていた村のひとつ手前のカーブです。あれ?わたしの車の前に一台停まっています。今日は一日中誰にもすれ違わなかったけど・・・


地元ナンバーの日本車SUV・・・あ、もしかして牛さんの世話をしている(今、率いて下りてこさせてる)方かもしれません。というのもこの県道、下の辺りが工事中で1日中通行止めだったためそれ以上の地点からでないとここまで来られないはずです。


朝は薄暗くて分からなかったけど、この辺りも紅葉がきれいです。


幅の狭い怖い道です。上ってくる車3台ほどとすれ違いましたが夕方に上ってくるということはこちらにお住いの方なんでしょう。皆さん適当なところで停まってくださってうまくすれ違うことが出来ました。


帰り道にはベルドンヌ山塊最高峰のグラン・ピック・ド・ベルドンヌが「山」の字のように堂々と構える麓を走りました。
長くなりましたが、お付き合いくださった方、ありがとうございます。

怖い稜線からロシャイユ(3022m)頂上へ

先週の金曜日にひとりで出掛けたハイキング記です。
8月上旬に近くまで来ているのに登ることが出来なかったエクラン国立公園のル・ロシャイユ(3022m)に再挑戦。ハイキング道のほとんどないマイナーな山です。ハイキング客には一人も出会ってないし、ケルンが少ないところでは必ずしもベストとはいえない場所を歩いたりしながらもようやく峠(2756m)まで登ってきました。


15㎞、累計高低差1700mのロングコースです。あと300m弱、ほとんど登っちゃったのも同じ(^^♪・・・と浮かれ気味になるのはちょっと早かったΣ(゚Д゚)


双子のようにそびえるのはピック・デュ・コル・ドルノン(右・2872m)。中央は8月にロシャイユの代わりに登った山頂(2851m)。


さて、峠から山頂方面へ向かいます。初めはだだっ広い斜面ですが・・・


すぐに稜線に出ました。


お隣、ベルドンヌ山塊最高峰のグラン・ピック・ド・ベルドンヌ。


タイユフェール山塊の後ろの扇形の山はヴェルコール山塊最高峰のグラン・ヴェイモン。
そういえば、8月に撤退した1週間後に同僚S君とタイユフェール山塊の最高峰、ル・タイユフェールに登った時に、ロシャイユは目の前でした。👇

ル・タイユフェール頂上(2857m)より。


そしてモン・ブランも姿を現し始めました。


出発地点にしたヴィラ―ル・ノートル・ダム村がぽつんと見えています。


どんどん稜線が痩せ細ってきました(;´・ω・)


・・・。


振り返って。


右手にちょっと特徴的な山頂のラインが見えています。少し南のデヴォリュイ山塊の最高峰・オビウ(右)と2番手のグラン・フェラン(中央)です。共に岩々ザレザレの面白い山で、特にオビウにはもう一度登りたいと思ってるもののなかなか実現していません。


右手には細長い湖が隠れています。ラック・デュ・ヴァロンです。2年前の12月に行ったことがあります。👇

当然凍っていました💧


さらに登って来て振り返ったところ。


あともう少し??


えいや~~(謎) 気合を入れてラストスパート✨
もうすぐ・・頂上・・・


・・・じゃなかった、全然Σ( ̄□ ̄|||)
ガックリ、、もう元気が使い果たされてたのでトボトボと歩きます…(;´・ω・)


稜線の一番高いところがギザギザ過ぎて怖いときは右なり左なりの少し下りた斜面を歩きますがそれも危ないところもあるので慎重に。


コロロロ・・・・とライチョウさんかテトラ・リールの鳴き声がしていましたが、残念ながら姿を見ることはできませんでした。足跡は雪の上にいっぱいありました。


どうやらこんどこそ頂上っぽいです・・・


やった~\(^_^)/
ル・ロシャイユ(3022m)
リベンジ達成(*^^)v


正面にはまた別の湖が見えています。ローヴィテル湖です。今まで3度ほど行ったことがあります。👇

綺麗な青色が印象的です。


エクラン国立公園



前編後編で済ませたかったのですが、少し長くなりすぎそうなのでここで一度投稿します。