フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

S君とAちゃんとで雪の上でピクニック♡

今月半ばに同僚S君と山友Aちゃんと3人で出かけたハイキング記です。
標高1500m台の村を出発して、2556mの山頂を考えていましたが一昨日昨日に降った雪で1歩1歩が重く、思うようにさっさと進むことができません。おやつ休憩したときに二人と相談しもう少し手前にある2449mの高台になっているところを目指すことに変更しました。


足長な3人の影。右からわたし、S君、Aちゃんです。
楽なところに変更した割には最初に登りきらないといけない急な斜面があって、ヒーヒー言いながら高くなっている部分にまず到着したところまで、前回書きました。いや、まだ山頂じゃありませんよ(^-^; これで、晴れて代理案の山を目指せるわけです・・・


まずはAちゃんが先頭きってラッセルします。続いてS君。


1歩1歩深くはまるのでまさにラッセルする感じです。


しばらくしてトップをバトンタッチ。わたしが栄誉ある先頭です✨ S君が撮ってくれていた写真です。


斜面が急になって来ると同時に積雪量も増えてきなかなか進まなくなりました。同じところでズボズボともがいている感じです💧


S君が今度はトップバッターです。アルピニストでもあるAちゃんの提案「アルピニスム式に歩く順序を交代しながら登って行こう」通りです。


しばらくしてまたAちゃん、そして最後はまたわたしが先頭です。これもS君撮影の1枚。


せっかくだから自分が先頭で歩いてるときに頂上に着きたいのですが、今日も偽頂上に騙され続けます😓左のようなところをどんどん上がっていくと(苦労して)、右のような続きの部分が現れます_| ̄|○
それでも、ようやく・・・


きりの良い高台、プラン・プラダン(2449m)に到着です\(^_^)/
登りはじめ(今回の記事の初めらへんの地点)から1時間15分ほどかかりました。おやつ休憩のときに下から見た感じでは30~40分で登れると思ったのが大幅に狂いました(^-^;
わたしはサヴォアの白ワイン、アプルモン、Aちゃんはロワールの赤ワインを持ってきました。


スノーシュー外すと膝まで沈みます💧


Aちゃんの車のキーホルダーのテントウ虫雪まみれ(;´∀`)


わ~い\(^_^)/
3人でセルフィー✨


雪から飛び出た岩とかなかったので、S君がエマージェンシーシートを広げました😅
ビール好きなS君が普通の店には売っていないどっかの地ビールを2本持ってきましたが、冷え性のわたしは暑いときか暖房が効いたところでないとビールは飲めないので遠慮しました(;´・ω・) サラミは2か月ほど前に訪れたジュラ地方の大好きなお店のもの。


右からAちゃん、S君、わたしのコップ。面白いことに、全部どこかのオリジナルです。Aちゃんはこの夏アルピニストのお兄さんとエクラン国立公園の4000m級に登頂しましたが、その時に前泊した山小屋オリジナルのコップ。S君のはボーフォータン山塊の麓の村で8月に開催されたフェスティバルのもの、わたしは春にバスク地方に遊びに行ったときに訪れたハム祭りのコップです(^▽^;)
Aちゃんのピンクのコップの色が雪に映って綿菓子みたいに見えます(*´ω`)


気圧でパンパンに膨らんでたポテチ(わたし持参)の袋にバランスを崩して尻もちついてしまい、パーーンと破けました( ̄▽ ̄;) こんな意外な裂け方をしました。


この日の3日前にも一人でスノーシューしたんですが、その帰りに買ったボーフォール、そしてずっと前に買って食べ時を完全に過ぎて攻撃的な味になってきたルブロッションチーズを持ってきました。ふたりがジェットボイルを持ってくるというので(ひとつでもいいんだけど、二つあったほうが早く沸くね~ってことで)、その分わたしが少し重い目になるように意識して色々持ってきました。


Aちゃんがこないだ山グッズ店でセール中だったから買った、というインスタントフード。一袋だったので3人で少しずつ味見しましたが、Aちゃんがちょっとお湯をたくさん入れ過ぎた&風が出てきて超寒くなって、こらえきれずに5分のところを3分くらいしか待たずに食べたので芯がちょっと残るスープパスタといった感じでした(-_-;)


いいもの持ってきたのよ、とAちゃん。近所のスーパーに売ってるらしいインスタントお味噌汁。


そういえば去年の今頃Aちゃんとふたりでヴァノワーズ国立公園でスノーシューしたときもインスタントお味噌汁を持ってきてくれたんです。別に普段から買ってるわけではなく「日本人だからきっとお味噌汁は喜ぶだろう」と思って買ってきてくれてるみたいです。日本に1度2週間の一人旅をしたことがあるS君もお味噌汁は好きだそう。美人なだけでなく気も効く素敵女子Aちゃんです💕


で・・なにこれ?
なんか場違いな可愛いタッパーあるけど。。
S君が子供のころお弁当箱などとして使っていたタッパーらしい・・物持ちいいにもほどがあります💦


で、中にはS君が昨晩調理したという焼き豚みたいなものΣ( ̄□ ̄|||)


山歩き中はチョコレートが欠かせないS君持参のトリュフと板チョコ。
他にAちゃんが前日に焼いたというチョコレートケーキもあったんですが、もう寒くて寒くて(風が厳しかったです)そんな優雅にデザート食べてる余裕はなく、さっさと出発準備に入ります。


エマージェンシーシートが風でパタパタなって畳むのが非常に難しい💦


寒すぎるので出発前に薬草酒ジェネピ(S君持参)をくいっとやります。


Aちゃんが張り切ってすごい勢いで下りて行きます。わたしも、と思うのですが下りでも雪がすごくて思うように進みません。


もっと苦労していたのはスノーシュー初心者のS君です。夏山ではわたしの1,5倍の速度で歩くので置いて行かれてはぜーぜーいって付いていくのですが(;'∀')


傾斜が緩やかになったあたりでは3人揃って歩きました。


S君撮影。


行きに乗ってみた馬さん(薄っぺらい鉄板です)にまたがるAちゃん。帰りということで行きとは反対を向いてポーズしてます(^^;)


もうお日様が山の後ろに隠れてしまいました。朝は10時台くらいにやっとエギーユ・ダルヴ(3つのとがった山)の左端の猫ちゃんの頭みたいなやつの隣からお日様が上がってきたのでした。冬至の3日前という、とっても日の短い時期でした。


平たいところまで下りてくるとS君が元気を取り戻して先頭へ。


そうやって先頭を歩きながら撮ってくれてた写真。


行きに歩いたところよりも効率よく短距離で降りたいのでトレースないところを歩く羽目に。。最後の最後にまたズボズボです。


右を見上げるとポツンと木が。


まもなく村まで戻ってきました。


大活躍のスノーシューたち✨


帰りは目が疲れたというAちゃんに代わってS君の運転です。


わたし持参のマドレーヌにS君持参の板チョコを乗せて食べる🎵甘々&カロリー高過ぎですが、山歩き中と山歩き後は何を食べても太らないということにしています(≧∇≦)


Aちゃんちに寄っておやつ休憩です。山で食べられなかったチョコレートケーキ(中は半生でやめられない止まらないのおいしさ💦)、それにフレーバー緑茶をいれてもらいました。Aちゃんとは会うのが数か月ぶりだったのでもう少しおしゃべりしたい気分でしたが、忙し男子S君が今晩ふたつも予定があるというので30分ほどでおいとましました。


Aちゃんちの前から。シャンベリーの町はずれの高台に住んでいるのでいい眺めです。
停めさせてもらっていたS君の車でリヨンまで1時間強のドライブです。
夕刻でしたが渋滞もほとんどなく8時前には自宅に送り届けてもらうことができました。

S君とAちゃんと3人でスノーシュー♬

今月中旬に山友達のAちゃん、同僚のS君と出かけたスノーハイキング記です。
Aちゃんは以前はうちから徒歩10分ほどの近所に住んでいましたが、山好きが高じて今年の春に山深い隣の県、サヴォア県の県庁所在地シャンベリーに引っ越しています。S君がまずうちに迎えに来ることになりました。


ひとつ手前の交差点から疾走してくる赤い車・・・💦


6時にAちゃんちで待ち合わせなので、4時45分に迎えに来てくれる予定でしたが12分遅れで到着・・想定内です(;'∀')


この日はもともと、Aちゃんとふたりでスノーシューしに行く予定でした。それを聞きつけたS君が前日になってわざわざFBメッセンジャー(ラインみたいなもの)のグループを作って「俺を差し置いてふたりでハイキングに行くつもり??」と存在をアピール(;^_^A

まず彼がこの日仕事休みだとは知らなかったというのがあります💧しかもS君は自分のスノーシューを持っておらず(昨シーズン一度一緒に行った時はお父さんのを借りてきました)クリスマスに両親からのプレゼントにリクエストしているといいます(クリスマス1週間前のハイキング記です)。なのでクリスマス以降はスノーシュー誘って!と言われてたんですが、、山に行きたくてうずうずしてたS君、前日に自分でスノーシュー購入しての参加となりました(^▽^;) 


S君の車には常にテントウ虫がいます。それが何のためかは聞いたことがありません(;'∀')


約束の6時から15分遅れでシャンベリーの隣町のAちゃんちに到着。


家の前で待ち構えていて即出発かと思いきや、まだ朝ご飯中のAちゃん(^▽^;)
「コーヒーか紅茶でもどう?」いや・・コーヒー、車の中の保温マグに入ってるし、それよりか早く出発しよ~~💦
どうも日本人のわたしはいつもペースに乗ることができません・・


クリスマス1週間前だったので大きな生ツリーが。いい匂い~💕Aちゃんらしくセンスのいい可愛い飾りつけです。
彼女のうちに来るのは初夏にハイキングの帰りに一度寄らせてもらってから2度目です。あっ、そういえばその時のハイキング記はハイキングがかさんでいた時期でブログに書けていなかったのでした。また天気が悪くてお山に行けない時期でもあればアップしたいと思っています。


S君の車は冬タイヤではないので、Aちゃんの車で出発です。周りにもみの木がいっぱい写ってて、すでにハイキング出発地点に着いたみたいな写真ですが、これAちゃんちの前の景色です(;'∀')


なんとっ。Aちゃんの車にもテントウ虫がΣ(゚Д゚) S君のとはちょっと違うやつですが。。交通安全のお守りみたいな??聞くの忘れましたが💦


シャンベリーから1時間ほどでスキー場のある村に到着しました。よく積もっています。


ハイキング出発地点はこの村から少し離れた集落。グーグルマップの指示がちょっと怪しかったので地図で確認します。念のため村の人にも聞きました。GPSアプリの指示を鵜呑みにして変なところに連れて来られてハイキングの出発が遅れるパターンは時々起こるのでちょっとでもおかしいと思ったら早い目に確認するに限ります(^_^;)


前日、前々日と降ったようで除雪車が活躍中でした。今日もズボズボなのか・・モフモフ程度で許してほしい。。


ハイキング地図を見ると小さな村の行き止まり、ここら辺に車を停めるようです。というか、この何キロか先が最終駐車場なんですけど、除雪は民家があるところまでしかしてくれていないので、ここから歩けということです(^-^;


村と谷を見下ろして。空ピンクの美しい時間帯です✨


グラン・ルース山塊とベルドンヌ山塊北部。


Aちゃんはわたしと全く同じスノーシューです(#^.^#)


S君の半日前に買ったばかりのスノーシュー。TSLという、サヴォアが世界に!?誇るスノーシューのメーカーのものです。ところで、S君のゲイター、なんか変わった模様…聞くと迷彩柄か葉っぱ模様しかなかったらしい(ほんとに??)。それで、やっぱアウトドアーだろ~葉っぱだせ!lってなったそうですが、わたしが自分の買ったときは逆に黒以外には売ってなかった気がしますけどね(-_-;)


まずは雪がたっぷりと積もった野原を最終駐車場まで歩いていきます。2キロ以上あるみたいでこれが新雪でかなりキツい・・・


これですよ・・・


スノーシューしたくてしょうがなかったS君はものともせずにズンズン進んでいきます。


・・・が、つけ方が悪かったみたいで途中で外れてしまい、Aちゃんに見てもらってます😅


しかし強烈な寒さです・・・手足の先の感覚がしびれていつまで経っても温まってきません😓 ここでS君の秘密兵器登場です。ジェネピといって、同名の高山植物を漬け込んだ強いお酒。体が温まるので寒い季節に山歩きをする人ご用達(わたしは持っていかないけど、いいかなと思いました)。管理人さんのいる山小屋でのご飯の後、食後酒としてふるまわれたりもします。あと、スキーとか行った人の、山のお土産ですね。


丘を登り切って最終駐車場も通過しました。わたしのブログによく登場する3つのとんがった山「エギーユ・ダルヴ」がすぐそこに。高い二つは3500m台でもうひとつの低いのは猫ちゃんの頭みたいで遠くからでも目立つので、アルプス山系で山歩きする人にとってはスター的な山のひとつなのです。


今日もこのズボズボ具合・・・この素晴らしい景色の中、トレースゼロの銀世界に好き放題足跡を付けることができるということでラッキーということにしておきましょう(^^;)


馬さんに乗るAちゃん。この馬、こうやって見るとそれなりにリアルなんですが、実はペラペラの薄い鉄製です。唐突に立ててありました。


そして少し先にはこれがありました。影絵を模したこれも鉄製の薄いオブジェ。どうやらシャモア、マーモット、あと・・多分ランクス?狼?


シャレーが一軒ありましたが半分以上雪に埋まっています。


なかなか日向にならないなーって言いながら歩いていたのですが、ようやく稜線上から日が差してきました。


Aちゃん「ねー・・お日様が出てきたしおやつ休憩にしようよ」


S君がザックから出してきたのは大量のミックスナッツ。自分ブレンドで有機栽培のものばかりだそうです。ヘーゼルナッツ、くるみ、クランベリー、アーモンドは普通のやつとスモークのやつと。おいしい~(≧∇≦)ありがとう、S君🎵


ところで・・今日の目的地なんですが。。2500m台の頂上、バッス・デュ・ジェルビエ。駐車場が1400mくらいなので1100mほどの高低差ですが、このズボズボでは厳しいよね・・とおやつ食べながら3人で話します。なだらかながらも、距離がまずキツいです。平たいところを歩くだけでもめっぽう疲れるのです。。


今日歩いているエリアのハイキング地図です。実は前の日のメッセージのやり取りの中でもわたしが第2候補地として出に挙げていたもう少し距離が近く高低差でも100mちょっと少ない高台のような場所があります。2人とも疲れてきていて、それでいいと言います。今既にお昼前ですが、ジェルビエに行ってるとお昼ご飯が午後2時くらいにはなってしまいそうです💧


しかし、その前にこの結構高さのある斜面をまず登りきらねばなりませんΣ( ̄□ ̄|||)


あ、Aちゃんのウエアの赤が見えます。
わたしがトラバース気味に斜め登りしていったのに対し、二人は一気にほぼ真上に登り、そのあと稜線というか盛り上がった一番高いところを歩いてきました。時間的にはほとんど一緒でした。


どっちもどっちです💧


稜線まであと一息!


シャモアかなんかの足跡が。


ずっと下まで続いています。惚れ惚れするような?美しいトレースです✨


カメラを雪の上に落として水滴だらけになってしまいました😓


ほぼ稜線上に到達。S君、そして少し後からAちゃんが登ってきました。


高いところまで登り切った、の写真です(´▽`) ホッ


さて、このまま高いところへと登っていきます。




かなり長くなってきたのでここらで終わりにして後半に続きます。

平均年齢65歳強のおじさま山スキーヤー達に出会う

今月半ばの10連勤明けの土曜日に出掛けたスノーシューハイキング記です。前後はお天気悪かったのに運よく晴天。ただし午後からは霞んでくるという予報でしたがお昼には頂上に着いていたので問題ありません♬


3度目の登頂になるモン・ロッセ(2449m)。前回の2回も冬に来ましたがそれぞれ別のコースから登りました。


南方面。


真横(西方面)、連なった山はグランド・パレと呼ばれています。


これも南、ヴァノワーズ国立公園方面。


奥にはボーフォータン山塊最高峰のロワニェ(2995m)がそびえています。
うさちゃんが稜線をかけていったみたいです。


1か月以上前にハイキングの帰りに農家で直接買ったルブロッションチーズを持ってきています。そこの農家のは超おいしいので、食べ頃のものだけでなくずっと先まで置いとけるようにと作りたての若いものも購入したのでした(全部で9個😅)。ここもサヴォア地方というのは同じなのですが、県的にはここがサヴォア県なのに対し、ルブロッションはオート・サヴォア県で作られます。


そして・・ドキドキしますΣ(´∀`;)
夏に日本で購入したフリーズドライの粕汁です。2種類あったのであわせて5、6個購入しました。寒くなるのを待って今回初登場です。


チーズはもう1種類、同じくオート・サヴォア県の農協からおいでのアボンダンス。チーズ好きの同僚が現地で買ってきてくれたものです。

風もなく、気温は低いもののお日様がさんさんと降り注いで全然寒くありません(まだ登ってきたとこなので温まってる)。10日前のハイキングでのランチは突風の中大急ぎでカップ麺を掻き込み逃げるように退散したのに比べるとパラダイスです。
では、いただきまーす💕


お・お・・おいしいっΣ(゚Д゚)


あっ、山スキーヤーさんがひとり登ってきました。晴天の土曜日なのに誰にも会わないなーと思ってたのでした。


こちらまで来られたので挨拶をして、お話をしました。ヘルメット、サングラスを外されてビックリ!なんと来年70歳になられるというベテランスキーヤーさんでした(゚д゚)!
仲間がまだ後ろから来るんだけど遅いなー、ってザックを下ろして迎えに滑り降りて行き、10分後くらいに別の人のザックを背負って登ってきました。元気過ぎる・・・


全員揃いました。平均年齢65オーバーの熟年山スキーヤーさん達でした。カッコいい・・・
ご飯は山頂では寒いから食べないそうで(そういえば少し風が出てきました)、休憩だけでしたが15分くらいお話をしました。皆さん、谷の反対側のヴァノワーズ国立公園の麓にお住まいでここまで1時間くらいという地元の方たちでした。特に手前の黒いウエアの方が饒舌でとってもひょうきんな方だったのでいっぱいおしゃべりしました。


おじさまたちが「ほら、天気が崩れ始めてるよ」と空を指さします。1時間前に登ってきたときには360度どこも完璧な青空だったのが、遠くの空には怪しい雲が広がり始めています。


おじさま達とセルフィー✨女性がひとりおられましたが、「わたしは滑るの遅いから、先に出るわ」と既に出発されていました。そして皆さんかっこよく次々に滑り下りていかれました。わたしも頂上を後にします。


エクラン国立公園(左半分)。そっち方面(オート・ザルプ県)のほうがお天気よくてこちら側(サヴォア県)のほうが天気イマイチなことのほうが多いのですが、今日は逆です。


すぐ手前の山。なんか夕暮れみたいな雰囲気です・・・


ヴァノワーズ、そして左奥はイタリア方面。こちらはまだ完璧な青空です。


下りつつ、振り返って。まだ青空だけど、ほんの少し雲が来ているのが分かります。
こんなに晴れてるのにまさかって思うんですが、この雲が曲者で少しずつ増えてきてあっという間にどんよりしちゃうんですよね。


正面右手の景色。影のでき方がもう夕方っぽいです。まだ2時にもなっていないのに。冬は太陽が低い位置を通るので影の長い時間帯が長い気がします。
曇ってきたといってもこの不思議な色合いの空、雪の山肌にできる陰影が美しく、じっくり見入りながら下りて行きました。


曇り空と青空の境界線。曇り空が襲ってきます。


こんな緩やかな傾斜の斜面を下りて行きます。登りはヒーコラだけど、景色を楽しみつつ速足でテンポよく下りて行きます。


夏山コースの道しるべが。地図を見るとこのへんをジグザグに登るハイキングコースになっています。


スキーヤーさんの滑った跡がたくさんあります。
眼下には小屋が見えています。モン・ロッセ山小屋です。ここでは夏の間チーズ作りが行われているのです。放牧地帯であっても搾乳したミルクは運んで下りてチーズ製造は麓で行われることが大半なので、この形態は今となっては貴重だと思います。ぜひ放牧の期間(6月~9月)に来てみたいものです。
小屋の近くを通ると、先ほどのスキーヤーさんたちが小屋前のベンチでランチ休憩中でした。わたしも前回はこのベンチでおやつ休憩をしたのでした。皆さん手を振ってくれたので挨拶をして下り続けます。


ドドドドっと駆け下ります。


小屋へと続く坂道が始まる地点にある十字架。


同じ十字架、反対から撮ると南と北方面ではお天気がだいぶ違うのがわかります。


あとは川沿いに谷を下りて行きます。行きに通ったのとはちょっと違うトレースのない辺りを歩きたいと思います。


本当にこのエリアはシャレーがあちこちにあります。


わたしが行きに通ったのとは違う辺りですが、スキーヤーさんのトレースがあります。どうせこの後は林道をショートカットしながら下りて行くだけです。
この少し先で、先ほどの熟年スキーヤーさん達に再び出会いました。「あれっ、スノーシューなのに早いね」と言われたので「スキーが通りにくいような木の間も抜けてきてますから(^▽^;)」と返事しました。見ていると、彼らはショートカットさえせずに林道をゆっくりと下りてきている感じでした。


誰も通っていないトレースのない木々の間をバサバサと歩く楽しみ(^-^)
小川に気を付けて・・・


冬に好きなものの一つは小川など水のあるところの凍りかけまたは融けかけの氷。クリスタルのように美しくてじーっと観察してしまいます。。落ちないように注意です😅


シャレーの隣に立っていました。雪の深さは・・・
ここは標高1600m台の地点ですが50センチほどです。


大きなもみの木の間を抜けて黙々と下りて行きます。


小さくて可愛いシャレーが💕結構新しそうだし、ちゃんと雪かきされているのでしっかり使用されてるんでしょう。こんな素敵なところ・・・いいな~~(≧∇≦)


つららからポタポタと水滴が。つららを折ってはかじりながら下りて行きます(;・∀・)


ナナカマドがあちこちに見られました。


森の中でこんな景色にも出会いました。


分かりますでしょうか。水がジャバジャバ流れ込んでいます。


もうだいぶ降りてきたのでショートカットはやめて大人しく林道を歩きます😅


一つ目の分岐まで帰ってきました。もう駐車場は間近です。


橋を渡ります。


曇ってる、とまではいかないものの、もやがかかったようなぼんやりとした太陽の光です。早起きして快晴のうちに登頂出来てよかった!


無事駐車場に到着。車も数台停まっています。朝は一番乗りでした。


今日も活躍してくれたスノーシュー。ありがとう!


さて、帰り道に寄らないといけないのはボーフォールチーズの農協です。ボーフォータン山塊の名前は、ボーフォールの町からきており、ボーフォールは同時にチーズの名前でもあります。最短距離でうちに帰るルート上にも農協はあるのですが、早い時間に下りてこられたので(駐車場着は3時半でした)帰るのとは反対側になるけれど好きな農協があるのでそちらに寄って帰ろうと思います。


ブール・サン・モーリスの町へと向かいます。


ブール・サン・モーリスの街中にある立派な農協。9月に来た時以来です。秋にも工事をしていましたがまだ終わっていません。工事中は小さな仮設の店舗(右下の写真)での販売になっています。夕方時で賑わっていました。前に並んでいたお客さんは地元の人3人とスキー客ひとりでした。12月半ばでまだスキー場はあまりオープンしていない時期でしたが、標高の高いヴァル・ディゼールのスキー場はすでに一部オープンしていたようです。


ボーフォールチーズと、ヴァノワーズで作られているブルーチーズも少し、あとはソーセージやサラミ、そしてサヴォアの白ワインを買いました。


いっぱい買ったのでショッピングバッグをプレゼントしてくれました。


今回、ボーフォールチーズは3,6キロ買いました(^▽^;)
だって・・・あんまり来ないし・・フォンデュにも使うし・・キロ15,15ユーロだからお得だし・・結局食いしん坊の同僚、S君がちょっと売って~と言ってきて1,2キロ売ってあげました。


今回うちに連れてきた子たち。円錐形のは珍しい切り方をしたボーフォールです。ボーフォールは50kg前後もある大きなチーズなのですが、真ん中の部分です。
しばらく前からうちに全くボーフォールチーズがなくて寂しい思いをしていたのでした。
これでしばらくは安泰です(^^;)