randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

凍える寒さのムール・フロワ山頂へ

日が経ってきてしまいましたが、これは2週間前の日曜にエクラン国立公園南部のムール・フロワ(2993m)に登った時のハイキング記です。
この日はお天気が良さそうなのがこの辺りより南だったので車で3時間半かかるこの地方まで遠征したわけです。雪に邪魔されないで色んな山に行けるのももう限られた時間だなぁと思うと一回一回の休みの日が貴重に思えてきてしまいます。


途中経由した羊飼い小屋までは地図にも載っているハイキングコースですが、以降コース外となります。ケルンはあるにはあるのですが途切れがちなうえ、羊飼い小屋から峠に向かうまではデコボコで複雑な地形のところを通るので、目で見て「あ、絶対あっち」というようにすぐに分からないのでちょっとウロウロしてしまった部分もありました。


峠以降は稜線の部分を歩くので方向が分からなくて困る、というようなことはありません。


奥の白い山が目指す山頂です。


これは振り返った写真。元気溢れる人は山頂から下りたあと、この隣の山にも続けて登って周回するということもできるみたいですが、もう日も短いですし帰り道も遠いし今日はやめておきます(^^; 何せ、駐車場からこの山の麓のエリアまでがダラダラとやたら長い谷だったので、帰りのことを考えるとちょっとブルーになります💧


ところで、写真の中央に人が写っているのがお分かりでしょうか。この日、帰り道に駐車場付近の谷を散策していた人が二組あった以外、こっちの山の方で出会ったのはこの30代くらいのソロの男性が唯一でした。「早起きですね」と声を掛けると「駐車場を7時過ぎに出たよ。この先にライチョウがいっぱいいたよ。もうみんな真っ白でね。全部で7羽いたかな」
(≧∇≦)会いたい、ライチョウ💖ちなみにフランス語ではラゴペード・アルパンまたはぺルドリ・ド・ネージュといいます。


お天気は午後からのほうがよい予報だったのですが、高低差1550m、コースタイム8時間とそれなりに長い行程だし暗くなるのも早いので、やはり朝のうちから登ることになりました。


基本は稜線を歩くだけなのですが、一番てっぺんの部分を歩けるとは限らないので、その場合右側なり左側なり行けそうなところを通るわけですが、ケルンは峠以降はほぼゼロで(稜線なんだから方向は分かるだろ!ってことでしょうか)マーキングもないので自分で通れそうなところを探りながら歩くのが少しストレスです。まぁ歩き甲斐があると言えばそうなのですが、ちょっとこれ、絶対違っただろう(;´Д`)みたいなところに来てしまったら、ほんとに続きが無理そうなら引き返すし、何とか行けそうなら時間かかっても慎重にゆっくり進むし、まぁ結構時間のロスがあります。でも早く行くより安全に行くのが大事なので仕方ありません。遅くなりそうだったら帰りのダラダラ長い谷の部分を小走りして調節するとしましょう。


せめて頂上でガスの合間から景色が見えるといいんだけど・・・


怖いところは終わりのようです。のっぺりとした、しかし最後がかなり急っぽい斜面にやって来ました。
この日、最後の100m(標高)ほどが足が上がらなくて辛かったです。高低差1800、1900歩く日もあることを考えたら1550は特にキツイことはないと思ったのですが…
標高にしても、3000以上は夏の間はしょっちゅう登ってて高山病っていうのにもなったことないし、、なんだか分からなかったけどこの最後の辺り何せ足が重かったです。


しかもすんごい急でザレてるしズルズル滑りながら最後の数十メートルを登ります。


最後が遠い・・・
あ、でも青空です✨


振り返るとこんなガス💦


ようやく・・・ようやく頂上が見えてきました。それにしても一歩一歩が苦しいです・・足に鉛でもぶら下がってるように感じます。


稜線の左の方から歩いてきて峠に着いて登って来たわけですが、右はこんななだらかなザレ場になっています。右側の斜面全体ではありませんが、ここから下りるのは簡単そうです。ただ駐車場はそっちじゃないので、そういうわけには行きませんが(^^;


着いた・・と思ったらまたガスの中。。こんな重り付きの足で登ってきたのにぃ~
三角点だか水準点だか分かりませんが、立っていました。


ガスってるだけでなく・・・
寒いΣ( ̄□ ̄|||)
風が稜線の途中からきつくなってきて、しかも気温がどんどん下がった気がします。
雪が薄っすらとあるし。


それでもまぁこの壁のようなものの中でご飯を食べるとしよう・・・全体は囲んでくれてなくて2辺だけなのが残念なのですが、ないより全然ましです。


ガスはピラミッドの下に来るとスゥーっと消えてくれました。


南っぽい山肌が眼下に広がります。どれも3000m以下のそこまで高くはない山々です。エクラン国立公園には3000m以上の山が150ほどあり4000mに近い山もたくさんありますが(最高峰は4102m)、高い山は北部と中部に集まっており南部ではあまり見られません。この山頂、2993mもこの辺りでは一番高くなっているくらいです。


ちゃぶ台と椅子が既に作られています。ありがとう、作ってくれた人!
あ、でもちゃぶ台真ん中に水が溜まってるね・・と思ったら凍ってました(;´Д`)
もう、寒い寒い寒い寒い寒い、その単語以外頭に浮かびません。でも稜線のもっと下でも風ビュンビュンだったし、落ち着いて座れるような場所はなかったし、風がましな峠より下に下りるには結構時間かかるので、仕方ない、この真冬のような場所でご飯食べるとします・・(つд⊂)エーン


スープ2種類持って来たのでどっちにしようかと考えてみると、この寒さの中では日本のクノール「ベーコンとポテト」がおいしそうに思えました。東ヨーロッパのビーツスープはまた次回。


写真からは寒さが伝わってこないでしょうが・・・稀に見る拷問のような寒さの中大急ぎで食べる全然楽しくない山頂ランチとなりました。スノーシューでハイキングしてる時でも、ここまで寒くて辛いお昼ご飯はそうそう記憶にありません。これより寒かったのは昨年12月友達カップルと行ったヴェルコール山塊最高峰、グラン・ヴェイモンでの山頂ランチくらいしか思い出せません。
小さなサイズのシェーヴル(山羊乳)チーズ、サラミ、蕎麦粉入りパン、それに先ほどのスープです。期待してたほとんどハズレがないはずの日本のインスタント食品なのに・・わたしの作り方が悪かったのかどうか分かりませんが(って熱湯注ぐだけ💧)、なんか舌触りがザラリとして水気が多すぎたインスタントマッシュポテトみたいな感じで、ベーコンの味もあまりしなくてちょっとがっかりでした。それとも寒すぎてわたしの舌がおかしくなっていたのでしょうか。今度あまり寒くないときに再度チャレンジしてみたいと思います。
おそろしく冷たい突風の中、大急ぎでお昼を食べて山頂を退散することになりました。
ところで、ムール・フロワ(Mourre Froid)のフロワ、とは寒いという意味です。その名の通り、と納得しました。


・・・あ、すれ違った兄さんが言ってたライチョウですが、7羽どころか1羽も見ませんでした(;´Д`) 鳴き声さえ聞きませんでした。


次に続きます。

エクラン南部、ムール・フロワ(2993m)へ

イマイチの天気予報だった10月下旬の日曜日に太陽を求めてエクラン国立公園最南部まで日帰り遠征してきました。
目指すはこのエリアを代表する山、ムール・フロワ(2993m)です。


デコボコの草原地帯。道がどんどん分かり辛くなってきました。あ


歩いてきた谷は先ほど以上にガスが充満しています💦


夏に見るスミレの仲間だったと思います。ここ2、3週間季節外れの暖かい日が続いているせいでしょうか。


かいだんみたいになってる石がありました。


上がっていくと、唐突に山小屋が現れました。羊飼い小屋(ベルジュリー)のようです。


高度nが多かれ少なかれあるカシオのプロトレックですが、なーんとドンピシャに正しかったです(*'▽')


犬小屋もあります。羊飼いのお供には必ず賢い大型犬がいるものです。


800mくらい上がってきて今のところノンストップだったので、ここらでちょっと座って休憩していこか、と思ったんですが日陰でちょっと寒い・・・もう少し先でお日様のあたるいい場所を探すことにしました。


ムール・フォロワが正面に全貌を現しました。まずは写真の右端に映っているのが峠。その後は稜線伝いに登っていきます。


まずは手前の小高いを乗り越えないといけません。


この時間になっても植物には霜が降りたままです。


峠に向かいます。道は薄っすらとですがあります。ケルンも結構あるので迷うというほどのことは起こりませんでした。2、3回道を見失って適当に歩き続けたら少し先で正しい道に出会う、の繰り返しでした。


ミルフィーユ岩(≧∇≦)


ようやく峠の麓らへんに到着したようです。


向かいにある山との間にももれなくガスが溜まっています。


登りだして先ほどまで歩ていた草原を見下ろして。細かいアップダウンが多いデコボコ地帯です。


左の奥が頂上のようです。岩壁部分が多いのでこちらから単純には登れないようで、通常峠を経由して稜線を歩いていくようです。


峠に登っていきます。残念ながらガスに包まれてきました。


下を見下ろして。


峠に到着しつつあります。


峠に着きました💖


これから向かう稜線です。



今日はここまでです。
明日から2泊で子供たちと山にお出かけです。ネット環境がないので少しの間更新できませんが、帰ってきたらまた続きを書きます(*‘∀‘)
では今から荷物の準備です♬ 
明日早朝に出ます。行ってきます(≧∇≦)







エクラン最南部へ

だいぶ日が経ってしまいましたが、1泊2日ハイキングの翌週末に出掛けた日帰りハイキングです。この日は天気がいまひとつの予報で、何とかましそうだったのが自宅からかなり遠いエクラン最南部。夏山シーズンももうじきおしまいだし、思い切って長距離ドライブで行ってきました。


長距離といっても3時間半(高速は1時間弱)なので、日帰りでも時々行く距離です(^-^;


標高1477mのグルニエ村に着いたのは7時半を少し過ぎた頃。
日曜ですが、駐車場には誰もいません。恒例の2回目朝ごはんタイムです。
ちょっと寒いです。真夏以外は朝一番は大抵寒いものですが、ちょっと久々のブルブルっという寒さでした。


ハイキング客用駐車場は川を挟んで村の手前にあるので、まずは川を渡ります。レアロン川というようですが、レアロンはここに着く少し前に通った町で小さなスキー場もあります。川の名前と町の名前が同じというのはフランスであまり見ないので(大きな河は県の名前にもよくなっている)珍しいです。


小さな村の中心を通り抜けます。シーズンにはハイキング客が多いのでしょう。田舎の小さな村にはそぐわない大きめなカフェと民宿も一軒ありました。


メインストリート(^^; をそのまま歩き続けるとハイキングの出発地点にたどり着きます。
ここは広大なエクラン国立公園の最南部にあたります。国立公園は予算があるからでしょうか、立派な看板が立っています。


本日の目的地はこのエリアを代表する山、ムール・フロワ。3000m以上の山が150以上あるエクラン国立公園の中では2993mとそんなに高いわけではありませんがエクラン南部は高い山が少ないため、この高さでも高い方なのです。高低差は1550mとまあまあですが、距離が20キロと長めになっています。麓に着くまで川沿いにいっぱい歩く必要があるみたいです。


この辺りにはフリッシュと呼ばれる岩が見られるようです。山でも時々見ますが、バスク地方など大西洋側の海岸部などでよく見られる浸食の跡が残った岸壁で、砂岩や石灰から出来ています。この辺りのフリッシュの特徴は、少しずつ違う色んなタイプの岩がミルフィーユ状に折り重なっていることだそうです。

毎回行く山によって地質も違っていて、落ちている石ももちろん違うし、山肌の色や見た目も色々です。木や植物も当然変わってくるので景観そのものが変わってくるわけですね。


村を後にします。時間は8時を少し過ぎています。


空は明るいんですが、かなりガスはでています。朝は晴れ時々曇り、午後が晴れの予報です。


村の人が飼ってる馬なんでしょう。思い思いに草を食んでいました。


ローズヒップがあちこちに。


村の方向を振り返って。とっても緩やかに上っていく谷です。


お、噂の(^^; ミルフィーユですね。


行く先の空がパーッと明るくなりました。


ここから国立公園の保護地区に入ります。禁止事項が色々でてきます。犬はリードで繋いでいても禁止、など代表的なもの3つしか書いてませんけど、かなりいっぱいあります。


間もなくひとつめの経由地であるサン・マルスランチャペルに到着です。鍵がかかっていて中は見ることができませんでした。


あれれ、せっかく晴れてきたのに・・


すぐにこんなことに(;´Д`)
谷の部分はこの繰り返しでした。


ずーっと傾斜がほとんど感じられない道でしたが、ようやく少し上り始めます。


川が2本流れていて合流することで谷がふたつ一緒になったような形の谷です。まず1本の川を渡ります。


寒くなってきて花はもうほとんどないのですが、低い辺りではボチボチみられます。遠くから見るとタンポポにも見える菊っぽいのが咲いてました。


紅葉で赤茶色の谷をズンズン進んで行くと(勾配は依然ほぼゼロ💧)、また何か出てきました。


歩いても歩いてもほとんど標高が変わらないので(それどころか下るところまであったり)イラついてきていたところでした。
えっ・・?立地といい大きさといい、さっきと一緒?(@_@) デジャヴ??キツネにつままれておんなじところグルグル回ってる??
まさかそんなわけはなくて(;´∀`)ちょっと形が似ているだけで、放牧の人が使うと思われる小屋でした。
はい、しょーむないこと言ってんと次に進みます(^▽^;)


小屋のすぐあとにこんな標識が。
これは・・・水汲んでいいですよ、飲めますよ、ってことでしょうか?そんなん見るの初めてです。
フランスの山、看板や標識がミニマリストで(景観を損なうのを嫌うようです)、看板なさ過ぎていつも迷いまくりですが、これも意味不明なちっちゃさです。


また川を越えます。今の時期、水嵩も少なくてなくても大丈夫ですが雪どけ時や、雨が続いたあとなんかはありがたいですね。


ようやく谷に別れを告げ、草原部に入ってきました。


滝になっている部分がありました。谷から出発するコースの場合、その後はこのように小川や滝にいくつも出会うことが多いです。


お天気もまぁまぁ大丈夫そうです。下の町での予報なので、それと山の天気が違う(悪い方に、大抵)ということはありがちなのでちょっと心配していました。


谷の最後の(というか地形的には初めの)部分に位置する山。岩壁を避けて場所さえ選べば直接登っていけそう(または下りてこれそう)に見えます。
今から登る山とは少し離れているので、今日ここから下りてくるとは思えませんが、頂上から、登ったのと違う面から下りることもよくあるので、行きに通った時に斜面をあちこち見て「あそこから下りられそう」というのを無意識にチェックするようになってます(^^;


おおっ、山全体がミルフィーユな山が見えてきました。
目的の山はこの左手にあり、元気さえあれば稜線を伝ってこの山に続けて行けるようなのですが、谷の部分の長さを考えるととてもそんな気にはなれません。傾斜がほとんどなかったため、行きにかかったのとほとんど同じ時間が帰りにもかかりそうだからです。最近は日が暮れるのがかなり早くなってる上、うちまで3時間半ですし…(~_~;)


今しがた登ってきた谷。
青空にはなってきているものの、谷にはガスが溜まっています。



長くなってきたのでここで一度投稿します。