フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

グラン・ガリビエ(3228m)とガリビエ峠ドライブ♩

次男と同僚のS君とやってきた先日の日曜日のハイキング。わたしは2度目となるセルス山塊最高峰のグラン・ガリビエですが、今回は高低差の少ない(約1200m)コースです。ガレ場岩場が苦手な次男は残念ながら3000m弱の地点でリタイヤ。少し下りたところにある湖(、と地図にはありますが実際にはかなり干からびて水溜りのよう)で待っててもらうことに。


頂上からは360度のパノラマが素晴らしい😻
S君が知らない間に撮ってくれていた1枚。右奥にはエギーユ・ダルヴ(3つの尖がり)、中央らへんはグランド・ルース山塊。


ケルンにはめ込まれたケースには思い出ノートがくるくるっと丸めて入っています。


左端がエクラン最高峰のバール・デ・ゼクラン。中央で高くなっているのがメイジュ。
ツール・ド・フランスの定番コースであるガリビエ峠道路がロータレ峠に合流しているのもよく見えます。今日は反対側(サヴォア県、モリエンヌの谷側)から来ましたが、この道路を通って帰るつもりをしています。
次男が今日来たのはどちらかというとこのガリビエ峠道路のドライブが楽しみだったというのがあります(^^;) 彼は車オタク。峠道路など風光明媚な道ではカッコいい車を見かける割合が高いので、今日も一眼レフのカメラを持って来て車の中に置いて来ています。重たいのでハイキング自体には持って来ていません。


頂上はかなり風がきつかったのでほんの少し下りたところでお昼休憩中の中年男性グループがありました。


グラン・ガリビエはセルス山塊の端っこに位置します。こちらがセルス山塊側です。右下に見えているのはセルス湖。今日は駐車場(写真には入っていませんが、左側)からこの湖方面に向けて出発し、湖直前で曲がりこちらに向かって登ってきました。
中央の3~4つ尖がったひとつの塊はタボール。右端のモン・タボール(3178m)には去年の夏に登りました。その少し手前、セルス湖の右上にあるザレて白っぽくなってる巨大な山がポワント・デ・セルス(3098m)。今月初めに登ったところです。


さて、次男を待たせているのであんまりゆっくりすることはできません。頂上に10分ほど滞在した後は急いで下りていきます。


ひとしきり岩場を下りた後は急なザレ場になるのでポールの登場です。


10日前に登ったばかりのロッシュブリュンヌやモン・ヴィソなど南仏の山を眺めながら下りていきます。


S君が撮ってくれていました。


湖が近付いてきました。行きはこの左側の小高いところから来ましたが、湖目がけて適当に下りていきます。畔に座っている黒っぽい服装の人があったので次男だと思ったら、もう少し下りると違いましたΣ(゚Д゚) さっき頂上に着く直前にすれ違って少し話したソロのハイキング客でした。あれ・・それじゃ次男は一体どこ??と不安になった矢先。。


湖の反対側からこっちに向かって下りてきました。(´▽`) ホッ


湖ってか・・干からびて水溜りにしか思えません。でも地形的にはもっと随分大きな湖だったんだろうなと想像できます。


高い位置で落石の音が聞こえたので見上げると・・アイベックスのオスが何頭も固まって岩の上に💕残念ながらこの日は至近距離では見られませんでしたが、この位置に長い間留まってくれていたのでお昼ご飯の間に観察することができました。


サラミを切る次男。


「頂上に!」「湖に!」乾杯です。
S君が今朝、開店38分前に無理言って開けてもらった食料品店にて購入の南仏の赤ワイン😅


S君持参のボーフォールチーズ。


行きに通ったパン屋さんでS君が色々買い込んだうちのひとつ。リンゴと干しブドウ入りのパンはチーズによく合います。パン生地自体がとってもおいしい!わたしも今度通りがかったらぜひ立ち寄ろうと思いました。


今日の献立はパスタです。


ゆで汁を半分ほど捨てて直接スープの素(東ヨーロッパ製)と小さく切ったサラミをぶち込みます。乾燥オニオンとチャイブやパセリのミックスも最後に足して・・・


いただきまーす\(^_^)/


パスタを食べ終わる頃に次男が言います。「僕、先に下り始めてもいい?」「いいけどなんで?歩くの遅いから?お母さんもゆっくり歩くよ?」「そうじゃなくて‥早く峠道路の始まる地点(=駐車場からすぐのところ)に行ってカッコいい車が通るの見たい」
・・・やっぱり山よりも車が見たい次男(◎_◎)
カメラは車の中なので鍵を渡し、鍵は車中にでも隠しといてもらうことに。
軽やかに駆け下りていく次男。。行きとえらい違いです💦


片づけをすました後、S君とゆっくり下り始めます。
グラン・ガリビエ(東の頂上‥間違えて前回まずこちらに登ってしまいました💧)を眺めつつ。


赤い土地を通って・・・


適度にザレた好きな感じの風景の中を幸せな気分で通り抜けます。


緑のあるエリアへ戻って来ました。美しい湖、ラック・ブランを通過・・・


その後峠に向かう途中、小さなお子さんをふたり連れた若いお父さんとすれ違いました。パリ郊外から1週間バカンスで麓の村に滞在しているそうです。
「グラン・ガリビエに登られたんですか。どうでしたか?この子たちと登れるかな・・?」「いやー、特に危険な山ではないですけど最後の100mほどは直角みたいな岩登りになるから、単純に足や手の長さが足りないと難しいでしょうね」「そっか、やっぱり・・・3000m級をこの子たちにも経験させてやりたかったんだけど」と残念そうにしていたので、今月初めに登ったポワント・デ・セルス(3098m)を勧めてあげました。急な岩場などはなく、これといった危険個所なかったので子供でも大丈夫そうです。「へーっ、知らなかった。明日チャレンジしてみます!」


どんどん谷を下りていきます。この谷底の奥に車を停めています。
・・・S君が立ち止まって谷底をえらい激写しています。なになに??


放牧の羊の群れに感動して(;´∀`) いっぱい写真を撮っていました。


枯れかけのワタスゲ・・・


行きに通った時は表面に氷が張っていた水溜り、もちろん融けています。よかった、まだ冬じゃなかった(^▽^;)


最後らへんは半分駆け足で下りていきます。
朝はほとんど車が停まっていませんでしたが、結構たくさん停まっています。また場違いなところにひとり停めてしまったようです(;´・ω・)


車の鍵は開いたままの状態で運転席のドアポケットに隠してありました。
次男は峠道路が始まる地点の県道まで下りて行っているはずです。高低差で100mくらい、歩くと15分ほどでしょうか。
S君が「ひゃ~気持ちいい・・ちょっと昼寝してもいい?」と上半身裸になってそこらの草の上に寝っ転がり始めたのでしたいようにさせてましたけど、10分ほどで「はい、じゃあもう行こか」と起き上がってきました(;'∀')


駐車場というより、ハイキングの目的地であってもおかしくないくらい風光明媚なところです。


時速10キロも出せないガタガタの道路を下りていきます。最後らへんはあまりにデコボコがひどいためS君が「俺の体重がないだけでもましだろ‥」と車から降りて県道と交わる地点まで歩いて来ました。次来るときには上の駐車場まで行くのはやめとこう💦


あ、次男いました。前を通ってるのが県道で、左の斜面がガリビエ峠道路の始まりです。
3週間前にポワント・デ・セルスに登った時はここに車停めていました。右に写ってるカフェでハイキング中に出会ったおじさまに飲み物ご馳走してもらったんでした。


さて、帰りのお楽しみのガリビエ峠道路~ロータレ峠道路のドライブです💕このルートを通るのはこの夏3度目ですが、今日が一番天気がいいです。


放牧中の牛さん達。地元の品種、タリーヌ(タランテーズ)種とアボンダンス種。この辺りはボーフォールチーズが一番有名で、あとはトム・ド・サヴォアなど山のチーズもあります。


ボーフォールチーズの農協の売店。兼飲み物くらい注文できるカフェ


次男撮影の1枚。


ガリビエ峠(2642m)に到着。サヴォア県とオート=ザルプ県の県境に当たり国内4番目の標高の峠道路になります。これも次男撮影。
路面にVALLOIRE(サヴォア県側の最寄りの町。朝S君がワイン買った)とかGALIBIERとかいろいろ書いてあります。


6月半ば、峠道路がオープンした直後に来た時は人が多すぎて(主にバイカーとサイクリスト)写真撮れなかったので一枚撮っときました。‥って普通は標識の前で撮るんでしょうが(^▽^;)


オート=ザルプ側。奥左にロッシュブリュンヌが尖っているのが見えます。
これはわたしのコンデジで撮影・・・


次男撮影の2枚。やはり一眼レフはくっきりと写ってる気がします。


ため息の出るような美しい景色の中600mほど下りるとロータレ峠(2059m)に到着します。


この後もしばらくハイキング中かと錯覚するような風光明媚な道路を通り抜け、グルノーブルから高速に乗って特に道も混まずに8時前には帰ってくることが出来ました。
日帰りだったけれど行きと帰りで違う道を通ったことや、ハイキングコース自体も色んな景色、特に朝は初冬の景色そして午後は晩夏に戻ったような雰囲気でしたので、とっても充実した1日になりました(*´ω`*)

子供たちとテント泊してきます(≧∇≦)

明日の土曜日は(もう夜中の1時過ぎてるので今日、ですが)仕事がお昼までなので午後から子供たちと3人で山歩きに行くつもりをしています。いつもと違うのは・・・テント泊の予定なのです♬ 半月前、同僚S君と南仏の山に遠征してテントで寝ました。それがとても楽しかったので(寒かったのですが。。)早速先週、ひとり用だけど無理やり二人でも寝れないこともないテントを購入しました。エアマットも買いましたが、これはどう考えても一人用で二人では無理でした。


子供たち二人とわたしの3人のフルメンバーでテント泊で出掛けるよりもわたし一人か次男と二人というパターンのほうが多いかなと3人用は買わずにまずひとり(無理やり二人)用を買ったわけですが、明日明後日で二人とも来られると言います。急遽、昨日一人用を追加で買いました💦


こんなやつ👇

先週買ったやつはかなり高かったので、今回はもっと安いやつ(それでも145ユーロ)にしておきました。


一度組み立てる練習をしてみました。


形はちょっと違うけど同じ建て方です。


シュラフ×3、テント×2、エアマット×2・・・
これが普段山小屋泊の時は要らない荷物ですΣ( ̄□ ̄|||) ひとつひとつのアイテムはそれほど重くないのに💦


行き先は少し迷ったんですが。。


ブリアンソンの少し手前の昨年12月に雪が中途半端に積もってる時にスノーシューなしで歩いた辺りにしようと思っています。


重たいの担いでいっぱい登りたくないので(特に次男。。)手っ取り早く標高の高い峠道路から出発しようと思っています(^^; あくまでもテント泊を楽しむことをメインにするつもりです。
ちなみに冬に来た時はもちろん峠道路はずっと低い地点で閉鎖されていたので歩いて登りました。


以下、別の話題になります。


最近ものすごい勢いで一緒に山歩きしているS君。彼的に人生初の大・山ブームが訪れているようです。一昨日の午後と昨日仕事が休みだったS君が昨日の夜メッセージを送ってきました。友達とふたりで山に行くとは聞いていたのですが・・・


送り付けられてきた写真(本文なしで)👇

湖の畔でテント泊したようです。またニンジンが登場しているなっ💦
それと大量のラディッシュ(;゚Д゚) なんで山でこんなに生野菜を食べないといけないのか全然分かりません・・・


こちらも👇

ジェットボイル買っとる(@_@)
しかも黒でカッコいいなぁ(;´∀`)
ちなみにS君つながりで仲良くなった山友のAちゃんもわたしのジェットボイルに一目ぼれして即購入した一人です。ジェットボイル親善大使みたいになってるわたし。。


・・・てか、後ろに見えてる山、見覚えあるで~?って思ってS君に返信。



一昨年の11月にスノーシューで歩いた「南仏のモン・ブラン(わたしが勝手に言ってる)」モン・ヴィソの中腹にあるヴィソ山小屋からの写真を送ると、やはり同じハイキングコースだったようです。ただしわたしは雪にトレースなくてキツかったため湖までは行けず山小屋で折り返しました。


そして会話は・・・モン・ヴィソに登る話に~!
👇


3800m台の山だし、基本的にアルピニスト向けの山という印象なのですがS君がヴィソ山小屋の管理人さんに聞いたらイタリア側からだとクライミングの装備なしでも登ることが出来るのだとか。日を見つけ次第挑戦しよう!ということに(^▽^;) 


ところでS君が一昨日の夕方から昨日にかけて出掛けた場所、車で4時間以上かかるのです。わたしと半月前に一緒に行ったイゾアール峠でも3時間半で夕方から出て一泊するにしては遠いな~って思ったんですが(行き先決めたのわたしでしたが💦)、わたし以上のハマりかたじゃないのか?って気がしています(;゚Д゚)



そういうことで明日明後日で山ですので、書きかけの1週間前のS君と次男とのハイキング記の最終回は予約投稿しておきたいと思います(^^♪

同僚S君と再びグラン・ガリビエ(3228m)へ

昨年8月に初めて登ったセルス山塊最高峰のグラン・ガリビエ(3228m)。その時は朝6時に山の反対側の標高約1700mの駐車場を出発して1550mという高低差の距離的にも長い周回コースで回りました。しかも初めにふたつある頂上の違う方(9m低い)に登ってしまい、150mか200mくらい下りて(ふたつの頂上の間はギザギザで直接は行けない)正しい頂上に登り返したせいで高低差が合計1700m以上というキツいハイキングになりましたが、最初から最後まで素晴らしい景色だったおかげでしんどい山だった、という印象ではありません。


この日は次男やS君も一緒ということで高低差が1200m弱という楽なコースで来ました。S君は体力的にはわたしよりも上なのですが、もう一つのコースは高低差だけでなく距離も長いので朝早く出ないと日が短くなってきている今の時期は厳しいのです。前回は確か3時半くらいにうちを出ました。朝が苦手なS君には言い出せる時間ではありません💧次男も1500以上の高低差は無理、というか親子関係が悪くなりそうです( ̄▽ ̄;)


ポンソニエール峠に到着しました。ここからは前回来た時と共通のコースになります。
左にある湖(ポンソニエール湖)の奥の高台から下りてきてこの峠に到着したのでした。帰りには右下の青い湖(グラン・ラック)を目指して下りていきました。


この日の朝はとても寒くて地面には霜が降り、通過した水溜り的池の表面も凍っていました。この辺りはもう日向なので間もなく融けるでしょうが、まだ霜が付いた植物が・・ってかこれ、霜じゃなくて雪かもしれません。いわゆる海老のしっぽになっています。。


この峠からがらりと地質か変わります。草(=土)が減り、岩々砂利砂利になってくるのです。


途中、石灰質のラピアスと呼ばれる深い浸食の跡のある岩々地帯が少し続きます。ただこの辺りは土や草がまだ結構あって、浸食の溝には土が詰まっていて草が生えています。


後から頑張って付いてくる次男。


谷の反対から登ってきたソロのハイキング客と話が止まらないS君(^^; 聞くとわたしが去年出発したのと同じ駐車場から歩いてきたそうです。初めは3人で話していたのですが、歩くのが早いS君を残して先に次男と進むことにしました。


日向には出ているものの、峠以降は風が強く出てきてやっぱり寒い💦結局フードを外せない次男。シリアルバーでエネルギー補給中。


これはもう・・・


霜が降りた・・とは言えず単に雪が積もってるみたいです( ̄▽ ̄;)


花の種類が激減してしまった今の季節でも大量に咲いているのがカンパニュール(キキョウ)の仲間。夏の後半の花で何種類かあります。


これは6月くらいから見かける息の長いリネール・デ・ザルプ。


ここで美しい湖、ラック・ブラン(やる気のない名前ナンバーワン「白い湖」。フランスじゅうに何百とありそうです💦)が姿を現します。


セルス山塊の魅力の一つは湖がたくさんあることです。色もとてもきれいです。


やっぱりまだ寒い次男(^^;) お天気はいいんだけど気温は低いし風が強いのです。


あっ!遠くにアイベックスが見えます。去年はこのもう少し先にオスが何頭も集っているのに遭遇したのでした。今日もいたらいいんだけど・・・


この辺りでものすごい追い上げで登ってきたS君に抜かされました。S君→わたし→次男、という元の順序で登ります(;'∀')


足元が不安定に、斜面も急になってきました。ガンバレ~次男。


わたしもスピードが落ちてきました。S君はこの前の晩も飲み会だったのに(帰ってきたのは遅かったけど、量はあまり飲まなかったそう)相変わらず元気です(;゚Д゚)いいなー若いって。。


斜面が一段落する平たいところで待っていてくれました。朝、途中のパン屋さんで買ったボーフォールチーズとラルドン(ベーコンみたいなもの)入りのパンを食べてます。「これうますぎ!なんで俺ひとつしか買わなかったんだ?」と少し分けてもらいました。確かにちゃんとボーフォールの味がして、生地もふんわりしていておいしかったです。
ここで次男も到着。苦手なザレ場ガレ場でかなり疲れているのが分かります。S君がいるので弱音を吐きにくいっぽいのですが・・・


続きの景色。今回もまた月か火星みたいな風景です。


雪渓のところまで来て振り返って。


平たいところを続けて歩いて行くと赤い土のエリアに到着しました。窪んだ部分が薄っすらと水溜りのようになっています。先ほどのポンソニエール峠からはコース外なので看板等は何もないのですが、地図を見るとここはトレミエ峠とトレミエ湖となっています。
この辺りに去年来た時はアイベックスがいっぱいいたんだけど、残念ながら見当たりません(;´・ω・)
さて、わたしたちは右側の斜面を登っていきます。


しばらく登ったところで。次男がもろにペースダウンしています。てかほとんどストップしちゃっています。岩々のところはもともと苦手なのです。「どう?もう少し来れそう?それかさっきの湖(水溜り)らへんで待ってる?」「待っとく・・・」「ほなお母さん達、できるだけ早く往復してくるから」「分かった。気を付けて」
標高3000m弱の地点で次男リタイヤです(;´・ω・) そういうことがあって、タイトルは「S君と…」となりました。


標高が上がるにつれ、手前の岩々に隠れていたエクランの山が見えてきました。


少しずつよじ登り系な場所も出てきましたが、まだまだ大したことはありません。去年の記憶だと、最後らへんがもっとすごかったです。


南方面を振り返ると、遠方右にはこの10日ほど前に登ったロッシュブリュンヌ(3321m)、そしてそのさらに左奥にはわたしが勝手に「南仏のモンブラン」と名付けてるモン・ヴィソ(3841m)が。頂上はイタリア側に位置します。
夏は気温が高くて天気が良くても遠くが霞んでいることも多いため、この日は気温低い目だったからか、遠方の山まできれいに見渡せたのは嬉しかったです。


ガレガレ岩々・・わたしの大好きなパターンです(≧∇≦)


頂上まで行かなくても、もう景色が良過ぎて😻
一番白くなってるのがメイジュ(3984m)。


かなり本気のよじ登り系になってきました。ペンキマークがあるので「どっちに行けばいいのか分からない」という不安はないので自信を持って足場だけ気を付けて登ればいいので心理的には楽です。去年間違えてもう一つの頂上(東の頂上)に登ってしまった時は、ペンキマークはおろかケルンもほとんどなくて(当たり前だ。。)不安になりながら、それでも一応てっぺんまで登ったのでした(^▽^;)


幸せ💖もっともっと続けばいいのに・・と思うガレ場の登りです。


はい、あとしばらく続きますよ~
身長高くて足も長いS君には登りやすそうです。


登ってきたところを振り返って。


もうちょっとっぽい・・・
ここで、朝駐車場からまだあまり歩いていないときに後ろから猛スピードで歩いてきて抜かされたソロの兄さんが頂上から下りてきました。すれ違いざまに少し話し込むS君をここで抜かさせていただきました( ̄▽ ̄;)


どう?到着??


わーい\(^_^)/
着きました。グラン・ガリビエ(3228m)頂上・・正確には西の頂上、です。
メイジュ(中央)とその隣にはラトー、その広い雪はモン・ド・ランス氷河。


中央奥には薄っすらとモン・ブランも✨



次回に続きます。