randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

雪がなかなか融けない山塊、ベルドンヌへ(その1)

先週に続いてまた日月がお休みでした。
日月が休みの友達ってあまりいないのでひとりでどこか(ってもちろん山です💦)行っちゃおかな~お天気良さそうだし・・・
すると久しくハイキングに一緒に行っていなかった友達が木曜晩に「土日で泊りで山行かへん?」と連絡してきました。土曜は夜まで仕事だよ~と言うと、じゃあ迎えに行くからヘッドランプで夜歩いて避難小屋に泊まろう!
・・・面白そうじゃありませんか。でも彼は自分で計画するのはイヤ(苦手?)みたいでいつも行き先決めて調べるのはわたしが担当です。まあ毎回彼の車で、ガソリン代や高速代は受け取ってくれないので文句は言いませんが(^^;
夜遅く真っ暗な中歩いて避難小屋に行くからには分かりやすい道若しくは行ったことがある場所、そして危ない箇所が含まれていないことなどが条件になると思います。
加えて、翌日のための良さげなハイキングコースがあること、避難小屋自体の状態、大きさ(土曜なので誰か来てる可能性も。2、3人しか泊まれない小さな小屋は既に誰かいた場合に泊まれない。到着深夜だし)など調べていて木曜、金曜と2番連続で寝不足・・・


それでもなんとかスケジュールをたて、土曜の朝出勤前に山行き準備を。
無人山小屋はなぜかベルドンヌ山塊に圧倒的に多く、歩き甲斐があるきれいなところはどうしても2000m以上のところに多く、ベルドンヌと言えば他の山塊よりも雪深い・・・
重いの嫌だけど足がはまって歩けないのも嫌なのでスノーシュー持って行こう。
ああっ。荷物がすごいことに・・・しかもこれ食料はまだ含まれていません。荷造り前に記念に1枚撮りましたよ。


そして土曜日。同僚たちにさんざん「今晩歩いて山小屋に泊まるねん~」と自慢してたら友達から連絡が。「俺、なんか変なもん食べたみたいで朝からずっとお腹の調子めちゃくちゃ悪いねん。とても出かけるの無理そう」・・・はぁΣ(゚Д゚)?!
責める訳にもいかないのでガックリしつつ帰途へ。
わたしの中では既に今週末は「久しぶりに避難小屋で1泊して翌朝山中で目覚める」イメージが出来つつあったので、せっかくならひとりで日月行っちゃおう、と新たに検索検索。友達とのパターンは夜中に着いて翌日だけハイキングというつもりだったので別のを考える必要があります。


前日夜中1時過ぎまで考えて選んだのは結局ベルドンヌ山塊。もともと行く予定だったところからそう離れた場所ではありません。
この時期の問題は「スノーシューを持って行くか行かないか」。すでに泊り用の荷物が重いので出来ればなしで済む場所がいい・・・
毎日更新される雪崩情報と積雪量は見ていますが、一応車に積んできて当日朝に山の白さ具合を見て決めようと思いました。


・・・かなり白いです・・・(;´Д`)
例えば来るとき麓を通ったシャルトルーズ山塊にはほとんど雪は残っていない様子でした。白っぽいですが、雪の白ではなく石灰質の山肌の白さです。
👇 

まあシャルトルーズは最高でも2000mちょいなので2500~3000mの山が多いベルドンヌとは比べにくいのですが。同じ2000mで比べるとなぜかベルドンヌの2000mはよその2000mよりずっと雪が多いのです・・・ここら辺の地方でハイキングする人たちの間でも通説になっています。


ベルドンヌの中でも野性的な自然が魅力の北方面に来ました。天気の良い日曜日ということで既に7,8台の車が停まっていました。フランスでまだあまり見かけないエコトイレがありました。


駐車してる車を何気に見ると・・かなりの確率で山関係のステッカーが…
わたしはまだまだそこまでの境地には達していません(^^;


さてスノーシュー or ノット・スノーシュー・・・ぎりぎりまで迷います。
するとわたしのすぐ直前に停車した車から若いカップルが出てきました。スノーシューなし、ピッケルがザックひっかけてあります。ピッケルがあるということはアイゼンもザックに入っていることでしょう。
「よし!」・・・わたしも真似させてもらうことに。


はーい、スノーシューはいい子でお留守番しておいてください。
ピッケルは持ってくるつもりなかったんですが(いつも行くようなところはストックで間に合うので)、たまたまトランクに入っていたので連れていくことに。


登山口の行き先案内板。標高は1090m。
泊まるつもりの山小屋の手作り看板も出ています。ここは無人ですが避難小屋ではなく、放牧業をしている一家が自分たちのいる7,8月はシャレーの一部をハイキング客に開放していて食事や飲み物も出し、他のシーズンは鍵は開いているので使った人は10ユーロの小切手を置いて行くことになっているようです。夏のコースタイムで2時間45分とあります。


さて、歩き始めは8時15分です。雲一つない青空です。

この辺りは森を切り開いた野原のようです。
クロッカスがあちこちに。朝のうちは閉じています。


野原から木の茂る森林ゾーンに入ってすぐに後ろからやってきたトレランの男性に追い越されました。この人の他には1日で3人しかすれ違わず、車がたくさん停まってた割には意外でした。ピストンの人が少なかったということでしょうか。


30分も歩かないうちに雪が出てきました。


木がまばらになってきました。
滝になっているところがありました。分かりにくいですが相当上から段々に落ちてきています。


かなり踏みならされていて分かりやすい道でしたが、ペンキマークもありました。


雪が増えてきています。


ギョギョッ(゚Д゚;)
夏のコースと一部分並行する形で谷そのものが冬のハイキングコース(とわたしが勝手に呼んでるだけで実際は山スキーコース)なのですが・・・ぎっしり雪が残ってます(;´Д`)この辺りまだ標高1400mそこそこなのに~~ よその山塊ではとっくにもう何も残ってませんよ!?積雪情報でもベルドンヌ山塊は南壁はもちろん北壁でも1500mでゼロセンチだったんだけど…もちろん地形による例外が結構あるのは承知の上ですが(・_・;)


初めは靴のまま歩いてましたが、少しずつ急になり滑りやすくなってきました。


日本の雑誌の付録のサブバックに入ったアイゼンが登場します。


ここからだと先ほどの滝の上の辺りがよく見えます(中央)。


振り返って。結構登りました。


えーと、地図によると山小屋に向かうには谷から右手に逸れる夏のコースがあるはずなんですが、雪で隠れています。
雪のある時(山スキーコース)はそれに近い辺をシンプルに一直線で突っ切るようになってます。しかし、目で見る限り登れそうなところは見当たりません(◎_◎;)


こっちはさらに無理そうだしな・・・等高線を見てもかなり急なことは分かってましたが、さして高くない場所にこれだけの雪が想定外です。
スノーシュー持ってくるかどうか悩んでたのは、山小屋から出発する雪の多そうなエリアを歩くときのことで、山小屋にはすんなり着けると思っていたのです。そして地図上ではこの坂の部分、山スキーコースの線が点線になっています。これは「急で難しいですよ」との意味です。夏コース歩く気満々のため注意していませんでした。


どうしよう・・・とりあえず、このまま切れ目になっているところ(峠)に向かって登ろうか・・
先ほど上の方を歩いてる二人組が見えました。地図にはハイキングコースとしては線が引いていませんがトレースもあり、登ることは出来そうです。
それに、アップダウンはかなりあるものの峠を越えて上から山小屋に向かうことが出来るのではないか、と地図を見る限り思えます。でもそれは雪のない場合の話で積雪量次第で分かりません。
しかしどんどん急になってきました。滑ると危ないので1歩1歩慎重に、かつ力を入れるので時間がかかり果てしなく長く思われます。
この辺りからストックじゃ間に合わなくなり、ピッケルに持ち替えています。


は~。余裕がなくて見てなかったけどヴェルコール山塊の城壁のようなラインがよく見えます。


あまりに疲れたので(特に精神的に。。)露出した岩のところまで行って一休みしていると…山スキーヤー1名と徒歩の二人組が下りてきました。立ち止まって何やらお話ししています。


そのあとすぐ、山スキーヤーは滑り降りてきました。古くて硬い雪なのでガリガリいってました。


対して徒歩の人たちは最初の急な辺りではふたりくっついてジグザグで歩いてましたが、この辺りは傾斜が少しましになるのでまっすぐに下りてきました。
近くを通るときに立ち止まってくれて、少し話をしました。上から山小屋にアクセスできそうか聞いてみると、理論的には雪があっても無理ではないが、雪の量が多いしお昼になってきて雪が融けてやわらかくなってきたから太ももや腰まではまって歩きにくくってべちゃべちゃに濡れるよ、とのこと。…仕方ない、上からプラン諦めるか(;´Д`)
「じゃあ、やっぱり地図通りに途中の急な坂から行くしかないんですね」と言うと「あれねー。僕も朝見たけど、どー見てもインポッシブルって感じだよね」
やっぱり・・・。じゃあ山小屋に行くにはどうすればいいんでしょうか?!
でもまあとりあえず。あと少しなのでこの峠を登り切りたいと思います。今いる場所から
峠とそのすぐ隣の山頂までで高低差200mくらいだそうです。


あとひと一頑張りです。奥にはシャルトルーズ山塊が。


もう目の前です。


最後はちょっと平たいです。



やった~~ペルチュイ峠(2365m)に到着。


続きは「その2」または「後編で」!!

再びセルス山塊へ(最終回)

今週初めに日帰りで出掛けたセルス山塊。平日ということもあってか山スキーヤー5人組を見かけた以外はすれ違う人もありません。・・あっいや、ありました。峠近くのフランス外人部隊の駐屯地を通過したため訓練中だった兵士達と軽く挨拶を交わしました(^^;


行きに通ってきた川に向かって下りていきますが、上りとは少し違うところを歩きたいので少々遠回りしつつ登り坂の起点になっているシャレーの集まりを目指します。


谷の下まで下りてきました。朝は川と少し離れたトレースのあったところを歩いていました。あんまり変わらないですけど帰りは川ぎりぎりのあたりを歩きたいと思います。


峠へ向かう道路(冬季閉鎖中)への合流点に近付いてきました。


右手がガリビエ峠(2642m)への峠道。朝通った時、そちらに向かう山スキーヤーのトレースが結構あるなと思っていたらそのすぐ横の斜面を滑り降りたあとが朝よりもずっと増えていました。朝は確か一人分のスキーの跡しかありませんでした。


雪のあるところとはお別れです。名残惜しく思いつつ振り返って。


道路に戻ってきました。


朝、道路(と谷)の対岸の道を歩いてる時にオレンジ色の除雪車がこの道をゆっくりゆっくり除雪していました。こんなに積もってたんですね(;゚Д゚)
道路が一般車両に対して開通するのは毎年5月下旬ごろらしいのになんで今頃いちいち除雪するんだろう、と思ってたんですが軍関係の車両が結構行き来するみたいなのでそのためかもしれません。


このまま道路を歩いて帰ってもよかったのですが、除雪されてほとんど残ってない雪にお日様が当たってシャーベット状になってたり融けた水が小川のように流れていたり、と決して歩き心地が良いわけではないので地図載っている道路から少し上がったところにあるハイキング道を歩いてみようと思います。


今日初めてのクロッカスです。てか今日初めての植物です(;´Д`)
ここまで100パーセント雪の中だったので当然か・・・。


何気に急傾斜になってきました。時々雪が現れるんですが、雪の量が少なく踏み込むとその下が草なのでめっちゃ滑ります。でもいまさらスノーシュー履いたり外したりを繰り返したくない~もうほんの少しで駐車場なのに・・・
なので、あきらめて道路まで下りることにしました。


ただしどこからでも道路に下りられるわけではないので、とりあえず道路に近いなだらかなところまで下りてきて下りられそうな場所を探します。


あ、この辺から道路に下りられそうです。


道路に下りてくることが出来ました。先ほどのところに比べると積雪量はだいぶ少なくなっています。


この下は朝歩いた辺りです。この谷の奥の方へ雪が融けた時期に歩いて行ってみたいと思いました。
・・・すると上の方から「キィィーーッ」とマーモットの鳴き声が。今年初めてです。この陽気で冬眠から起きだしたのでしょうか。ただし姿を見ることはできませんでした。


車を停めている「おやすみ村」(から約500mの地点)が近づいてきました。


たっだいま~~\(^_^)/ 午後4時、駐車場に到着。
駐車場には朝以上にたくさん車が停まっています。周辺を散歩している家族連れや老夫婦とすれ違いました。ハイキングというのではなく、ドライブ中に車を停めてちょっと散歩、といった様子でした。


帰り道に乳製品農家がありました。寄り道してみたいと思います。


チーズもあったのですが、ここではヨーグルトを10個購入。底に手作りコンポートが入っています。洋ナシ、ルバーブ、アプリコットとありました。


朝にも通ったまあまあ大きい目のスキー場、ヴァロワールを通過。
カルフール・モンターニュ(山カルフール。笑)。スキー場などにある小規模なカルフールです。


村の中心部。結構賑わってるな~しかも子連れ多いし…この子ら学校ないんか…?
ここでフト気付きます。「あ、もう春休み?」うちの子供たちがまだ春休みではないので忘れていましたが、春休み(復活祭のバカンス)は地方ごとにずれているパターンの休みなので、今週はパリと周辺部、そして南仏の学校は休みに入ってるのでした。来週には北部が休みに入り、その次の週は中部の番で期間はどこも2週間です。2月にも2週間休みあったのに…休みの多い国です(-_-;)


さて間もなくサン・ミッシェル・ド・モリエンヌの町に到着。ここの農協ショップには何度か来たことがあります。


小さい町のメインストリートにあって車で自然に通る道なので便利です。


・・・が、しかし(゚Д゚;)
日月曜休みぃ!?(この日は月曜でした)


仕方ない、解決策は簡単です。


車で県道を約20分、サン・ジャン・ド・モリエンヌへ。どっちみち帰る方向です。本当ならサン・ミッシェルから高速に入るのですがひとつ先から入ればいいだけのことです。こちらはもっと大きな町で、ここにも農協ショップがあります。


ショップ自体もサン・ミッシェルよりも大きいです。そしてこちらは開いています✨


ボーフォールの他にも色々あります。トムは特にサヴォアの特産チーズとして知られています。


セラックはボーフォールを作るときに残ったホエー(乳清)で作るフレッシュチーズ。ちょっと硬いリコッタのような感じです。


タミエは日本人の奥さまのような名前のチーズですが、オート=サヴォア県のタミエ修道院で作られています。以前に見学したことがありますが、かなり大きな修道院でアヌシー湖に近い素敵なところでした。


ブリ―とその隣のヴァシュラン・モン・ドールだけ関係ない地方のチーズでしたが、その他はすべてこの地方のチーズです。ここは山羊と羊コーナー。わたしは写真でおばさんが取り出してくれているあまり熟成されていないシェーヴルを買いました。南ヴァノワーズで作られています。
おばさんは、その左の方の黒いラベルの付いてる小さなシェーヴルを「ニコラさんがどうのこうの」と一押しでしたが(友達なのか・・)ピラミッド型は珍しいのでこちらにしました。ヴァランセイというロワール地方のシェーヴルを彷彿させる形です。


わたしが商品を見てるうちに色々買っていった地元のお客さん。ボーフォールから始まり何種類も選び(地元の人としては珍しい)50ユーロ近くご購入。この人の前後にも地元のマダム達がボーフォールを買いに来てました。1キロとか気前よく買っていきました。ツーリストの方が多いと思っていたので意外でした。平日ということもあるかもしれません。

さて、わたしの番です。順番に計っていってます。
・・・家に既にチーズいっぱいあるのに・・・どうするつもりでしょうか(^▽^;)
上の写真の方といい勝負の50ユーロ弱でした。


サン・ジャン・ド・モリエンヌにはずっと昔に1泊したことがあります。オピネルのナイフでも有名な町です。いつもチーズ買うだけですが、結構きれいな街並みだし今度久し振りに少し散策してみようと思ってます。


さて町を後にして高速に入ります。どちらを向いても山ばかり見える素敵な高速道路です。


5分ほど走った辺り。リヨンまであと162キロ・・・


長い道のりですが山がきれいに見えるので退屈しません。


ここの高速はイタリアと繋がっているので、帰りに時々見かける(追い越す)のが、マセラッティを一杯乗せたトレーラー。全部でいくらになるんだろう。。大事に布にくるまれています。


もううちは既にチーズだらけなのにまた買ってしまった・・
青カビのチーズは「ブルー・ド・テルミニョン」といって南ヴァノワーズで放牧期間(6~9月)のみ、ほんの数軒の農家によって作られている非常に生産量の少ないチーズです。通常、ブルーチーズは製造過程でペニシリン(青かび)を注射してカビを増殖させるのですが、これは放牧期間に牛が食べた花などの高山植物によって熟成期間中に勝手に青カビが発生し少しずつ広がっていくという珍しいパターンなのです。
・・・どう考えても買い過ぎなのですがハイキングのあとに家に帰ってその土地で作られたチーズを食べながら歩いた場所のことを思い出すのは楽しみのひとつです。


4回に分けて書いたセルス山塊でのハイキング記、読んでいただいてありがとうございました(*‘∀‘)

再びセルス山塊へ(その3)

先月のデビューに続いて2度目となるセルス山塊でのスノーシュー。もうシーズンも終わりつつあるものの前日に積もった新雪の中をずんずん歩きます。
そして今回山奥の軍隊の駐屯地というものを初めて目にしました。フランス外人部隊(第2外人歩兵連隊)の訓練のための駐屯地になっているようです。


標高2412mにあるロシ―ユ駐屯地。


建物から大きなザックを担いだ兵士たちが出てきました。


さて、軍隊ゾーンを通過して峠を目指します。途中それっぽいものが立っていました。


駐屯地が少しずつ小さくなってきます。


どうやら峠はすぐそこのようです。


着いたところよりも少し左手に看板が立っていました。
一応ここが定めていた今日の目的地です。


雪で隠れてますが地図を見るとここは一面湖のようです。


少しアップで。手前部分と中央部分と2か所に分かれて湖があるようなのです。そしてその先のデコボコした場所にもひとつ小さな湖があるみたいです。
想像力を働かせる必要がありますね…夏に来てみたらそのギャップがおもしろそうです。


さて、現在12時半になろうとしています。もし余裕があればそれらの湖の畔でも歩こうかと思っていたのですが少し下ることになるのでここよりも見晴らしが良くなるということもないし、なにせ湖自体が雪で完全に覆われてしまっているので畔を歩いてもそんなに面白くなさそうです。
わたしを追い越していった山スキーヤーさん達はそっちに向かったみたいでトレースが見えました。しっかし遠くまで行くな~…もしかして車2台で来てその先にもう一台停めてるのかもしれません。


どうしよう、時間そんなに遅いわけじゃないけどあまり遠くまでは行きたくない、でもこの峠で終わりってのもな~…と周りをキョロキョロ見渡して・・・


おおっ、こちらに・・・


右上にいい感じの尾根っぽい登り坂があります。こっちにちょっと登ってみることに。


土が出ている部分があったのでここに座ってお昼ご飯にしようと思います。


は~やれやれ。ここが本日の頂上ということで(^^;
少し風があるけど気温はだいぶ上がってきたようで暖かいです。朝あった雲は完全になくなりました。


ふたつの湖が眼下に広がる絶景…!夏だったらの話ですが(笑)


本日のチーズはボーフォールとシェーヴル(山羊)、パンはイチジクパンとくるみパンを。今日は日本で買った春雨入りインスタントスープを持ってきました。インスタントものの類は全体的にフランスのものより日本のものの方が美味しいというかレベルが高い気がします。


対してチーズはフランス産で満足しています(^▽^;)
最近ハイキング先やマルシェでついついチーズをたくさん買ってしまい冷蔵庫の中の半分は乳製品なのでわたしも子供たちも毎日、義務的に一定量を消費しないといけない感じになってきています(~_~;)


寒くもなく眺めもお天気も最高で1時間ほどゆっくりしました。そろそろ下り始めます。


いい高さにあった岩にカメラを置いてセルフタイマーで。


下りはトレースないところでも楽なので行きと違うあたりを通りたいと思います。


ドドドドッと駆け下ります。


とりあえずは駐屯地に向かって・・・


皆さん相変わらず訓練中です。白い上着を着ている人たちもいました。だってカモフラ模様、雪の中では全然カモフラじゃないものね(^^;


引き続き下ります。


上りと違うところを歩きたいので少々遠回りをすることになります。


あ~幸せ(≧∇≦)
アップダウンしまくりのところを歩きますが気にしない(笑)


行きに通った中腹の山小屋前でトレース(山スキーヤー5人組+わたしの)に合流。引き続き下り続けます。




・・・その3で終えるつもりだったんですが、無理でした(;´Д`) 写真撮り過ぎです💦
最終回に続きます。