randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

ハプニングを経て日本に到着(^O^)

日本で2週間のバカンスです💖
...なのですが、今回ハプニングが起こりました・・・


そもそも昨夏帰省した際も乗り継ぎのイスタンブールでわたし達が通過したほんの数時間後にクーデター未遂。間一髪、空港で2日間くらい足止めをくらうのを逃れたのでした。というか足止めどころか身の危険も迫っていたかもしれません。
 今年はルフトハンザでリヨンーフランクフルトの便の2時間前に受付カウンターに。わたし達のパスポートを見て「あれ、あなたとお子さん達の名字が違いますね。お父さんは?」「あ、離婚してますから。一緒に来ません」「お父さんの承諾書はありますか」「いえ。でも同意してますよ。毎回。」「でも証明が必要になったんですよ。法律が1か月前に変わったんです。書類に書き込んでもらいますが、あとは元ダンさんの身分証明のコピーだけでも大丈夫だと思います。」「そんなものありません、今」それを聞いていた長男が「今からお父さんに電話してメールで送ってもらおう」電話してみたら・・出ないΣ(´∀`;)ってか電源が切られているようです。日曜の朝、ゆっくり寝てるんでしょう…このまま待っててももうすぐ起きてくるのか昼まで寝てるのか分かりません。「家族手帳でもいいですよ」家族手帳とは日本の戸籍謄本に似たものですが、結婚や離婚、子供の出生などが記されたもので各家庭に一冊あります。ただし、大事なものなのでうちに大切にしまってあります(-_-;) カウンターの女性「今はそれがないと発券が出来ないんですよ。発券したとしても、あなたたちこの後のポリス(旅券審査)で通してもらえないので同じことです」
 飛行機、乗れないのか(@_@;) 
 唯一の可能性はうちまで往復してこの家族手帳を取りに行くことです。ただしこの時点で9時。飛行機は10時50分。10時20分までにこのカウンターに戻ってこられたら発券には間に合うと。空港から市内まではほぼノンストップのトラムが15~20分に1本あり約30分かかります。わたしたちはいつもこれに乗ります。トラムの駅からは近いところに住んでいますが、カウンターから乗り場までは10分はかかります。だ、ダメだ~~・・タクシーは普段乗らないけど、どんなに飛ばしても30分はかかるでしょう。でもトラムと違って待ち時間はないし、取りに行っている間アパートの下で待機してもらえます。わたしは書類を書き込まないといけないらしいので、その間にイチかバチかで長男に行ってもらうことにしました。
 身軽にタクシー乗り場へ向かって走っていく彼を見送った50分後…そう、たった50分後に長男は帰って来たのです。
なんでもタクシー乗り場には最新のアウディA7が停まっていて、事情を話すと運転手さんは「そうか。まかしとけ」と高速を4車線のところは最高220キロ(制限時速130キロ)で、町中も最高100キロ(制限時速50キロ)で飛ばしてくれたそうです。まさに映画の「TAXi」そのもの(;´∀`)
無事飛行機に乗ることができました。ありがとう、運転手さん~~


無事出国手続きを済まして(´▽`) ホッ


結構高いし、自分がよく行く山ばかり載ってるわけではないので普段あまり買うことのない山の雑誌を買い込みました♪


日本に到着\(^_^)/ 思ったほど暑くなくてホッとしています。父が空港まで迎えに来てくれました♡お昼は夢にまで見た回転寿司です。
飛行機では寝られない質なので今お腹がいっぱいで眠くて仕方ない💦
午後は買い物に行って納豆やキムチをはじめ普段飢えてる日本食材を買い込みました(^▽^;)

リベンジ!グランド・ムシュロール(2284m) その2

昨年5月に残雪と強風のため撤退したグランド・ムシュロール。雪も融けてしまった今の時期、お天気さえよければ何の障害もありません。よく晴れた先月末の平日にチャレンジしてきました。
ただしグランド・ムシュロールの前に登らないといけないのが二姉妹峠です。峠を越えた反対側にグランド・ムシュロールの頂上があるのです。


峠の真下まで行きます。
手前が「アガット姉さん」と呼ばれる山で2194m、奥は「妹ソフィー」で2162m。ふたつ併せて「二姉妹岩」、その間の峠が「二姉妹峠」ということになります。


アガット姉さんのすぐ手前にはこんな山が並んでいます。


ちょっとズルズルと滑るところもあるので慎重に進みます。これは渡り終えた後で
振り返って。


どんどん近付いてきました。


こんな岩の麓を歩いています。


振り返ると奥に山塊最高峰のグラン・ヴェイモンが白く見えています。雪が積もっているのではなく、石灰岩の白さです。


二姉妹峠に来るのは昨年4月に季節外れの積雪の翌日に来てしまって撤退したのを併せると3回目です。あとの2回は別の道から峠の真下まで行ったのでこのアプローチの仕方は初めてですが景色のいい細い道を通るのでとても気持ちがよかったです。


かなり急な斜面ですが適度に岩があるので場所さえ選べば結構普通に登れます。


初めの部分だけ鎖場になっています。


歩いてきた方面を眺めて。グラン・ヴェイモンの頂上は隠れてしまいました。


鎖場は終わりです。


あとはだいぶなだらかです。


高くなるにつれまたグラン・ヴェイモンがしっかりと見えてきました。


下を見下ろして。少しずつ登ってきました。


ちょっと遠景も眺めてみます。ベルドンヌ、エクランの山々ですが霞んでいます。晴れていても気温が高すぎると立ち上がってくる水蒸気でこういう見え方しかしないようです。


半分以上登ったでしょうか。


妹ソフィーの横顔。


峠の奥の方。もうちょっと・・が結構長いいつものパターンです(^^;


さすがにもう最後っぽいです。


おお、なんか化石がありました(*_*)


色々寄せ植え風に可愛いことになっています。


ふととなりの岸壁を眺めると洞窟みたいになっています。石灰岩の山なので洞窟が結構多いです。もうひとつの道から峠の麓に来る場合、「二姉妹洞窟」と地図に載っている洞窟の前を通るのですが、今日のコースでは寄り道なしに入れる洞窟はありませんでした。


こんなに岩々のところにも頑張って咲いている花があります・・・が、単に石灰質の岩場が好きだということみたいです(^^;


ようやく到着します~~
峠の麓まではいいペースで登ってたのですが、その後写真の撮り過ぎでペースダウン💦
もうすぐ8時になろうとしています。


・・・なんかさっきから時々落石があるな、危な・・と思っていると。。


あ~(≧∇≦)
若いアイベックスの雄です。可愛い(;´Д`)
あんたか、石を落としまくってたんは・・・


ゆったりと座っています。


この後リベンジに挑戦するグランド・ムシュロールが見えています。


こっちの様子をうかがっていますが、逃げません。




二姉妹峠を登り切ったところでその2は終わりです。次回は本題のグランド・ムシュロールへの登頂です。

今日から夏休み(≧∇≦)

「リベンジ!グランド・ムシュロール」シリーズが途中ですけども、何を隠そう今日から夏休みです✨フランスは通常、有給が年間5週間ありわたしはそのうち約3週間を使います。日本に2週間、残りはハイキングなどに行く予定です。
とっても嬉しいはずなんですが、普段のんべんだらりと過ごしているため色々予定を組まないといけないことが山積みでかなりストレスになってました(^^; 普段の生活ではストレスを感じないのにバカンスを目の前にしてストレス・・おかしなことですがそんな感じでした。が、バカンス1日目の今日は天気もまあまあだったにも関わらず、山には行きませんでした!かなり迷ったのは事実ですが(^▽^;)
明日からの日本行きの荷物の準備、日本の友達と連絡を取ったり、日本からこっちに戻った後にハイキングに一緒に行く予定の友達と日程や行先の相談をしたり、家じゅうの片付けや洗濯(家じゅうのシーツや布団カバーなどを洗ったので洗濯機3回回しました)にアイロンがけ、買い物にタイヤの空気圧調整(日本から戻ったあと1週間で3回遠出する予定なので💦)、、ととっても充実した日曜日になりました。危ないとこだった、トチ狂って山行ってたらこの3分の1もできたかどうか。。


ここ2日ほどで撮った身の回りの写真を何枚か・・・


昨日は仕事が午後からだったので朝のうちにマルシェへ。今が旬のサクランボとアプリコットを少し買いました。アプリコットは南仏はローヌの谷のもの、サクランボは近辺の農家のものです。


通勤ルートにある広場。なんだか可愛い木があります。というか年間で可愛いことになるのは今だけなんですが。


ローヌ河沿いになります。


買い物に行くのに通った近所の道・・・
空き地というかトラムの線路わきのちょっとしたスペースが・・・テン場になっていました( ゚Д゚)

おそらく難民・・亡命希望者達だと思います。


さっき。うちの前の通り・・・「事故った瞬間」みたいな写真ですが…縦列の車、くっつき過ぎです(;´∀`)


明日から日本なのですが、日本食レストランのシェフをしている友人がマグロの残った部分を分けてくれました💖 一足先に日本気分です♬
暑いので今晩は火を通さない料理(とも言えない💦)ばかりです。サラダ、メロンと生ハムとコッパ。マグロのあとにルブロッションチーズ(しつこい・・2週間前に買ったのがまだあります)。
毎回日本に行く前は冷蔵庫の食料を無理やり食べることになり、とっても苦しい出発直前の1~2日なのですが、今年は山に行き過ぎのおかげであまり買い物に行ってなかったので常に冷蔵庫が空き気味で、義務みたいに冷蔵庫の中身を端から順番に食べていく必要もなく丁度よかったです(^^;



次回は「グランド・ムシュロール」の続きになります(#^^#)