randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

ベルドンヌの避難小屋で1泊(その1)

仕事が午後早くに終わり翌日は休みだったため、今シーズン初の避難小屋に泊まってのハイキングに行ってきました。2日とも晴れで気温も高いという予報だったことが後押ししました。避難小屋に泊まる場合、木のストックがなくてストーブが使えないということもよくあるので寒がりのわたしは夏やそれに近い気候のときにしか泊まる自信がありません。

高速道路から見えるベルドンヌの山並み。
仕事場周辺には車が停めにくいので一度うちに帰って出直したため3時半の出発です。行先は一番よく行く山のひとつであるベルドンヌ山塊。去年の7月初めの週末に友達と泊まった避難小屋に決めました。遅い目の出発なことやひとりであることから知ったところの方が安心です。その友達は避難小屋に泊まるのが好きなんですが今回はウイークデーということで一緒に来られず。


今回の出発地点はベルドンヌ山塊の中でも北部にあたり、県的にはサヴォア県となります。同じベルドンヌでも人気ハイキングコースやスキー場は南部~中部に多く、北はその分野性味を感じさせられる風景が広がっている気がします。
高速道路を出て出発地点方面の村に向かって上がっていく途中、ブドウ畑がありました。


この県道はツール・ド・フランスがよく通るグランドン峠(1924m)への峠道路に向かう道です。道路は今年は5月24日に開通予定。


最後の村、ル・プルミエ・ヴィラ―ル(1003m)。この後長い林道になります。去年来た時は友達の車、四駆だったけどわたしのデミオには厳しいガタガタ道です。


しかもこんなでかい落石。。これ、まだどけられる大きさだったけどもっと大きな岩みたいなのが落ちてたらどうしたらいいんでしょうか・・・


この辺が限界だろう・・というところに駐車します。標高1400m台の地点です。用意を整えて歩き始めたのは夕方6時。避難小屋は標高1941mですがその前に2286mの峠を通る必要があります。900mほどの高低差は半日や1日で歩く場合まあ普通のレベルのコースだと思いますが日没までに避難小屋に到着しないといけないというちょっと厳しいタイムリミットを自分に科してしまいました。もちろんヘッドランプはありますが、峠のあとは雪も多そうで道がはっきりとしないと思われる上、小屋自体分かりにくい場所にあったので明るいうちでないと迷う可能性もあるからです。つまり今日は癒し系ハイキングではないということです(^^;
前回は雨降るわガスってるわ残雪で道は見えないわで小屋が見つからず、一度通り越してしまって戻ってきつつ日没ギリギリ(ってかもう暗かったです)の到着でした。そんなわけで一度行ってるとはいえ小屋がすぐに見つかるのか少し不安です。


まだしばらく林道が残っています。「まだもう少し車で来れたんじゃ・・」との思いを払拭しつつ急ぎます。どうせ時速15キロくらいとかでしか走れないので大して変わらなかったはず、と自分に言い聞かせます。


道端には野イチゴの花がいっぱい咲いてます。そういえば昨年7月に来た時はこの辺りで野イチゴ食べまくりでした。


急ぎ足で歩くこと約15分、ほんとはここまで車で来たかった地点に到着。標高1510m。まずの目的地、メルレ峠は2時間です。今現在6時15分、到着は8時過ぎか…コースタイムよりも早く歩くつもり満々でしたが、泊りのため荷物がいつもより重く足取りが軽くないことを既に実感しています(;´Д`) しかも暑い。。


とりあえず歩き続けます。雪が残ってる地点がありました。
昨年7月初めに来た時は峠までは全く雪はなく、峠を超えた後の斜面に結構残っていました。2000mちょいの西壁なので意外でちょっとびっくりした記憶があります。今年は雪が少なめだったので例年の6月半ばくらいの雪の量に相当するかなと勝手に思ってたんですがもっと多いのかも・・・その場合夏のコースタイムで歩くことは難しくなります。


日向にはもちろん雪はありません。


振り返った景色です。


あっ、黄色のプルサチーユです。かわいい(*‘∀‘)・・
( ゚д゚)ハッ!  花の写真撮ってる場合じゃないです、今日は日没というタイムリミットとの戦いなのでした。花は明日の帰りに撮ることにします。


山らしい景色になってきました。山肌はまだら模様の雪の残り具合です。


谷に入りました。広い意味では林道の時点でも既に谷なのですが。
これは1800mくらいの地点でしょうか、結構雪残ってます。


奥が目的地の峠です。やはり雪は避けられない模様です・・・


歩いているのは地図に載っているハイキングコースです。先ほども黄色い行き先案内板がありましたがその割にペンキマークとかの道しるべがほとんどなく、しかも今回雪が多くてまるでどこを通ったらいいのか分からなくなっていましたが、まあ峠なのでぱっと見向かう方向は分かるので障害物(川とか越えられない岩壁とか)を避けつつ適当に進みます。

峠に近付いてきました。


今回スノーシューはもちろん持ってきていませんが先ほどからアイゼンを付けています。


もうすぐだぁ~


看板が立ってます。


20時10分、峠に到着。日が沈みかけています。


昨年7月初めの同じところ。行きはガスってて雨も降ってて何も見えませんでしたがこれは翌日、帰りに撮ったものです👇

う~んやはりベルドンヌ、雪が遅くまで残る山と言えます。谷の底は2000mくらいですが7月上旬だと普通もう少し上まで行かないとこれくらいは残ってないものです。


さて、思い出話はそれくらいにして。。


峠の南にはピック・シュッド・デュ・メルレ(2469m)。一応登れるらしいんですが雪があると無理だと思います。


看板、ちょっと壊れていて肝心の「メルレ峠 2286m」の板(一番上にあるべき)がなくなっていました。
今日泊まる予定のメルレ避難小屋は45分。といっても雪のない場合の話で、急がなきゃ~です。


道は全く見えないし小屋もまだ見えないので適当に下りていきます。地図では真東に下りてくといいだけなのですが、地形がデコボコしているため暗くなったら最後、近くに来ても見えない可能性があります。前回がそれでした。しかもガスっててすぐ近くのところを歩ていたのに見えなかったのです。早く目で確認したくて目を皿のようにしながら歩きます。
雪は膝上くらいまで。日中気温が高く現在もまだ日が当たってることもあり踏み抜きまくり(;´Д`) ほんとアイゼン意味ないです^^; でも日が暮れたらアウトなので急ぎます。しんどい。。


下りてきた峠を振り返って。ズボズボ走り下りた自分の足跡を眺めつつ、明日あれを登らないといけないのかと思うとブルーになります。


しばらく歩いて行くと小屋が見えました。嬉しい~~ヾ(*´∀`*)ノ


小屋はすぐ目の前です。お日様が谷の奥に沈みつつあります。
まだ夏山シーズンではないしウイークデーなので避難小屋で他の泊り客はない可能性が高いです。この小屋は何人も泊まれるので誰かいても場所がありそうなのが長所です。実際去年来た時は4人家族の先客がありました。
避難小屋にはベッド自体ないところもあるし、あっても二人分くらいのところも多いです。しかし今回は峠前も峠後もトレースゼロで最近誰かが通った形跡さえなく心配無用でした(;´Д`) 


20時49分。メルレ避難小屋に到着\(^_^)/
いつもより重たい荷物で雪の中をズボズボ休憩なしで歩いてきたので疲れましたが真っ暗になる前にご飯を作りたいので速攻準備開始~~


小屋の前のベンチで夕陽に染まる山を眺めつつご飯を食べていましたが結構寒くて小屋の中に運んで続きは食べました。
ろうそくとヘッドランプはありますが日没後はやはり真っ暗なので少しでも光があるうちに荷物整理、寝る準備をしておきます。焦り気味で余裕がなかったので小屋に着いてからの写真はほとんどナシです(;^ω^)


21時52分、小屋の窓から。半月のお月様が山を照らして意外にもうっすらと明るいです。


22時、もう寝ます。おやすみなさーい(^o^)ノ 


その2に続きます。

久々に「晴れなのに山に行かない休日」

長らく会っていなかった友達が夕方におしゃべりしに来るというので、半日だけでも山に行っちゃおうかとも思ったんですが、考えてみたら家の中はぐちゃぐちゃ、冷蔵庫も空っぽ。書類整理なども随分とほおったらかしになっている・・早く蒔かないといけないハーブの種もある・・・(山のせいだけでなくわたしがズボラなこともあります)
天気はそこそこよかったんですが、友達が来るまでの時間、思い切って家事に専念することに~

まずはスーパーとマルシェにGO~

わたしのお気に入りの生産者。ジャガイモとサラダ類(色んな葉のが何種類もある)は10年くらいここの農家から買っています。
ハーブ類がきれいに並んでいたので写真を撮りましたがそれは買っていません💦
市内に店を構える某人気フレンチレストランの日本人シェフも野菜類はすべてここで買っているというくらい信頼のある農家です。
必要な野菜をまずここで買って一安心したあとはぷらぷら見て回ります。


イチゴは1年中スペイン産のものが売っていますが長距離輸送に向いた硬くて丈夫な品種で味はイマイチ。フランス産のものは出回る時期は短いし割高ではあるけれどイチゴ本来の香りと甘みがあります。


初サクランボ・・・でもまだフランス産は出回っていません。田舎のサクランボの木になっているのを見かけましたがまだまだ熟してはいませんでした。これはスペイン産でしかもまだ高いです。フランス産が出まわるのはあと2~3週間後でしょう。


ビワも旬。フランスでは一般的にあんまり食べないのですが、アラブ系の人たちが好きみたいでわたしが行くマルシェはアラブ系の人が多いので結構売っています。


ちょ、ちょっともうメロンですか(◎_◎;)
しかも安いし(小さいの5コで2ユーロ)。モロッコ産だそうです。


そしてスイカ・・・いくら何でも早すぎです(;´Д`)
こちらでは量り売り中心でこの日はどの屋台でもだいたいキロ1ユーロでした。これもモロッコから。


友達とのおしゃべりには南ブルゴーニュの赤と先週ケラ地方で買ってきたチーズ。
チーズ、激うまで「どーしてもっとたくさん買わなかったんだろう」と後悔。ケラ地方は全然チーズで有名なわけではないのにこんなにおいしいのがあるんですね。。


そして夜。
大事な仕事が~
ずっと付けっぱなしになっていて、まあそのおかげで先週末、季節外れの積雪があったケラ山塊では非常に役立った冬タイヤですが、やっとこさ付け替えます(^^; 
冬タイヤは11月に初めてケラ山塊に行く前夜、夜中にひとりで地下駐車場でヒーコラ付け替えたのでした。冬タイヤ、ケラに始まりケラに終わっていたのか・・・
今日は長男に手伝ってもらったので早くできましたε-(´∀`*)


やらなきゃいけないことがクリアできて充実の休日でした(;´∀`)
次の休日は山ですよ(^^♪

1泊で南仏ケラ山塊へ(最終回)

ハイキングの出発地点になったセイヤックの村はずれの景色。


2日目のハイキングを早い目に終え、待っているのは約4時間半のドライブです。時間はちょうど午後3時半になるところです。運転は結構好きで景色のいいところだと何時間でも運転したくなるくらいなので全く問題ではありません。ただ翌日は朝から仕事なのであまり遅くなりたくないところ。
行きの道もとてもきれかったのですが、帰りは全く別の道を通りたいと思います。こちらから帰るとエクラン国立公園の最高峰のバール・デ・ゼクランや美しさでは群を抜くメイジュなど4000m前後の山々の雄大な姿を眺めつつ運転できるのです。


セイヤックの村は標高1700m前後。まずはヘアピンカーブの多い急こう配の山道をどんどん下り、ワクワクする峡谷沿いのアドベンチャーっぽい道を通ります。ラリーっぽくて楽しい(≧∇≦)


見晴らしのよいところやちょっとかわいい村などを通りかかるといちいち車を停めたくなるので帰るのに時間がかかって仕方ありません。。


水の色がきれいと言っては車を降り。。


ラフティングしてる人たちがいたと言ってはまた停める・・・でももし同乗者がいたらこんなには停まらないです(^^;)


帰り道に絶対寄ろうと思っていたのがここ。帰り道どころか若干遠回りさえしています。ケラ地方の特産品を扱う協同組合のお店です。前回、11月に来た時に偶然通りかかって入り、食品を中心に爆買いしてしまいました。


この日は祝日だったのですが日曜や祝日の午後というとフランスではほとんどの店が閉まっているのにここは昼休みはあるもののほぼ年中無休というありがたさです。


アルコール売り場に直行。お目当ては前回買って味見させた人達から大好評だったジェネピ。同名の高山植物を漬け込んだお酒(40度)です。山の地方ならどこででも作っています。山が好きな友達で自分で摘んだジェネピで手作りしてる人もいます。


前回何種類か買ったうち特に美味しかったのが左のルブロッションみたいなチーズ。賞味期限近しで半額(3,5ユーロ)になってるのがありラッキー。熟成がかなりキテる方が好きなんです。普通の状態のを買ったらわざとしばらく置いておくくらい。
他にブルーなど全3種類類買いました。


えーと、次に買わないといけないのは・・


前回、日本っぽい…と思い、エスプレッソカップ(といっても小さい湯呑みたいなの)の青と緑を買ったのですが、これが薄くて軽く触った感じや口に触れた感じもよく、あと3客(青、緑、白と1客ずつ)買うつもりでした。が・・・青と緑は売り切れ、白しか残っていません。白3つというのもバランス悪いので白ひとつだけ買いました。


うちに帰って。11月に買った青と緑のものと並べて。


裏にサインが。これもまた漢字っぽい!?マイウルさん作ですが。。
そしてもう少し大きなサイズの湯呑を実家にプレゼントする用に1色ずつ買いました。普通に日本の家庭の食卓に溶け込みそうな姿かたちなのです。


お店の半分近くは木でできた工芸品や家具が占めています。
テリーヌやジャム、お菓子といった食品もたくさん売ってるのですが前回そういう写真撮りまくったので今回は1枚もなしです。


おお、コマもあります。フランス語でトゥッピィといいます。


この地方の村の建物によく見られたのがこれ、日時計。やはり売っていました。


色々と冷やかしで見る分には楽しいんですが、実際買うとなると非現実的なものも多い中、前回目に入らなくて今回気になったのがこれ👇、石鹸です。


カリテバター(シアバター)2,5パーセント入り石鹸。ハーブ入りのもの、フルーツのエッセンス入りのものとたくさん種類があります。ひとつなら2,5ユーロ、6個で10,50ユーロと値段もお値打ち。迷わず6個買いました。友達に気軽にプレゼントできます。


買い物かごも木でできていて素敵なのですが、重っっ!!籠じゃなくて木でできたボックスですから。。
今回は前回に比べて控えめなお買い物でした。


またしばらく峡谷ロードです。ちょっと飽きてきましたが、、


1時間もしないうちに国道はケラ山塊からエクラン国立公園の東の端の部分に差し掛かります。山間の町、ブリアンソンに向かいます。

ブリアンソンの少し手前。
エクラン最高峰のバール・デ・ゼクラン(4102m)は奥の塊の右端、雲に隠れているあたりになります。その少し奥にはピック・サン・ノンやレールフロアッドなど4000mにほんの数十メートル足りない山々が重なります。どれも残念ながらアルピニストでないと登れません。


ブリアンソンを超えた辺りからセルス山塊が現れます。


セルス山塊は知名度は低いものの3000m以上の山がバンバンある立派な山塊です。


もう少し行くと目の前に再びエクラン山塊が迫ってきます。対して谷(道路)の右手は常にセルス山塊です。


3月に友達と初めてセルス山塊を散策した辺りです。その時に停めた駐車場の前も通りました。


あっ、左に写ってる真っ白い山、これはその日の行き先候補のひとつとして友達が考えてくれていたのですがあまりの白さ加減にわたしが恐れをなし、別のところをチョイスしたのでした。しかし相変わらず真っ白だな・・・ほぼ3000mある山なので当然と言えば当然です。でも友達曰く駐車場が高い位置にあり高低差が1000mちょっとしかないから結構簡単に?登れるそうです。信じなかったですけど(~_~;)


だいぶ道路が高いところまで来ました。そろそろ・・・


ツール・ド・フランスでおなじみのロータレ峠に到着。
あれ。お店とかホテル兼レストランまである・・・前回来た時何もない寂しいところかと思ったんだけど。「峠饅頭のひとつも売ってない」とか文句言ってたのでした。
・・考えてみると、一緒に車に乗っていた友達が「ここが有名なロータレ峠だよ」と教えてくれた時には既に少し過ぎていて、そこで下りたものだからこれといった建物がなかったんでしょう。
すまん、ロータレ峠。勘違いしていたよ・・・観光客の期待に応えた立派な峠でした。ホテル以外は全部閉まってましたけど。


うちまでの道のり、半分近く来た感じでしょうか。ホテルのカフェが開いてたようだったようだったのですが、この駐車場で十分景色がよいので保温マグに入ったコーヒー(朝民宿を出る前に作った。まだ生ぬるい)とハイキング用にとたくさん持ってきてるビスケットとでの休憩でいいです。基本とっても経済観念が発達しているわたし・・・チーズやワインはビシバシ買うくせに(^^;


あ~たまらん😻 気持ちいい~~~


そろそろ最後の寄り道スポットに到着します。上級者でないと滑れないスキー場(正確にはリフトがあるだけ)のある村、ラ・グラーヴです。前回ここに来た時には道路から少し上がったところにある村の歴史地区には行けませんでした。というのも普通のスニーカーで除雪されていない坂道を上ることができずあえなく撤退していたのでした。ここは「フランスで最も美しい村」のひとつに指定されており、ぜひ散策したく思っています。


村はギザギザがカッコいいメイジュ(3984m)の麓にあります。


他に訪ねる場所もないのでとりあえず教会に入っておきます。


村の規模からすると案外大きい教会に思えます。入り口が正面でなく横にあるのがちょっと変わってると思います。ベースはロマネスク様式のようです。田舎らしく素朴な教会です。


かわいいオブジェがありました(#^^#)


高台から村の現在の中心(道路の周辺)を眺めて。
わたしの印象「村が美しいというより(村は普通)、メイジュが美しい」・・・借景もいいとこです(~_~;)


道路沿いまで下りてきました。ジョンダルム(憲兵隊と訳され、警察とほぼ同じ。警察が内務省なのに対し防衛庁の管轄下)の前に駐車してたのでした。


山岳地帯では救助活動も憲兵隊の大きな役割のひとつです。救助隊のロゴがありました。


インフォメーションセンターに貼ってあったマウンテンバイクのレースのお知らせ。ヨーロッパで最も美しく急なコースと書いてあります(*_*)
もっとも、ここのスキー場はこれといったゲレンデのないフリースタイルの聖地。リフトを乗り継いで最高3550mまで行くことができ、最大2150mの高低差を一気に滑り降りることができることで有名です。


7時15分、ラ・グラーヴを出発。もうこの後は寄り道の予定なしです(^^;


最後のハイライト?はダムにもなっている巨大な湖に沿った仮道路。ここではメイン道路でかれこれ2年近くトンネルの工事が続いており、その間代わりになる道路です。とても小さいので交通量にかなり制限があるため、公式にはこの道路は存在しないことになっています。ここに繋がっている道路ではかなり手前から「通行止めのため迂回」と表示されています。わたしも以前は真に受けて遠回りするのも嫌なのでこちら方面に行くこと自体避けていたのでした。


仮道路を出るとエクランでもオワザン地方と呼ばれる地方に入ります。本当に広いエクラン国立公園です。


そして間もなくエクランから離れ、もう少し普段から行く機会が多いベルドンヌ山塊の麓を通ります。
こちらも3000m近い山が連なる猛々しい山塊と言ってもいいと思います。


一部天気悪いです。そもそもこんなに遠くまで行ったのは南の方以外は2日間とも天気が悪いという予報がでていたからでした(;'∀')
このあとグルノーブル手前で高速に入ります。長い長い国道&県道でしたが、わたしがケチってるのではなく、こちら方面には高速道路がないのです。


20時50分、日没間近です。あと30分ほど高速を走ります。
時間が遅いため、グルノーブルやリヨンの入り口も渋滞しておらずさっさと帰って来ることができました。


長い長い旅行&ハイキング記になりました。読んでくださった方、ありがとうございます。