randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

1泊で南仏ケラ山塊へ(その2)

ひとりで1泊でやって来た南仏ケラ山塊。先週に数日、そして前日にも降った雪のため山は真っ白!いるのかどうか分からずとりあえず持ってきたスノーシュー、これがなければどこにも行けないところでした。
ケラ山塊は全体的に町や村の標高が高く、この地方にあるヨーロッパで最も標高の高い村(行政的に独立した市町村として)、サン・ヴェランは2042mありますがこの日のハイキングの出発地点の村の標高も1700mとかなり高くなっています。


地図に載っているコースなのに登山口の案内板がない・・・ウロウロ探してみて見つかった道、これしかなさそうなのでとりあえず歩き始めます。初めのうちは雪があっても形が大体分かるくらいしっかりした道でした。


少し上がったところから。川とそれに沿ったさっき走ってきた道路が見えます。


森の部分に入ってすぐに咲いていた花たち。


森に入りました。このへんは雪があってもまだ道の形が分かりました。


このように時々ペンキマークはあるものの、ほんと少なくてペンキマークとペンキマークの間に迷子になりそう。


随分と長い間ペンキマーク見ないなーと思いつつも歩いていると・・・どちらの方向を見てもすっかりさっぱり道らしきものはなくなってしまいました。迷ったなどうやら。
そんなときは最後に見たペンキマークのところまで一度戻るべきかと思うんですがウロウロしてしまったため、迷ったことに気付いた場所さえもどこだったのか定かではない・・・分かってるのにまたやってしまう失敗のひとつです(^▽^;)


お、小屋のようなものが見えたので近寄ってみました。地図に載ってるだろうから
地図上での現在地が確かめらるはず。
・・・載ってない(◎_◎;)   
地図は2011年発行と小さく書いてあります。この見るからに新しそうな小屋、どうやらそれ以降に建てられたようです。
こじんまりとして可愛らしい小屋です。迷ってる真っ最中だというのにとりあえず中をチェックしに入ってみます。


おお~!!普通に誰かんちみたいです。こんな避難小屋初めて見ました。なお水道の水は出ませんでした。水道管が凍っているのでしょう。


テーブルの上にはメッセージ用紙が。思い出や次の宿泊客に向けた注意事項などが書き残されていました。


さて、あんまりのんびりはしていられません。なにせ迷い中の身ですから(^▽^;)
地図では東方面に向けて歩くことになっているのでそちらに向かって進んでみます。


わ、嬉しい。ペンキマークありました。正しい道に戻ってきたみたいです。


そのあとしばらくは分かりやすいはっきりした道を歩きます。


谷みたいなところに出てきました。


ケルンがひとつありました。


この後は谷の奥に進んで行けばよいだけのようです。わたしが今いるのが左岸になります。


適当に進んで行きます。


しかし・・・いつの間にかお日様は隠れてしまい、空は真っ白(-_-;)
向かいにちっちゃく屋根だけ雪から出ている小屋が見えます。
この辺り、谷の幅が狭まってきていてどっちみち底は雪に埋もれているので反対側に渡ることができます。わたしの歩いてる側の山の斜面のほうがかなり急になっています。山スキーのコースとして地図にも載ってるしまあ木も結構生えている地帯だとはいえ、新雪が結構な量あり、絶対雪崩がないとは言い切れません。対して谷の向かいのほうが斜面は緩やかです。迷わずこちらにさっさと渡ることにしました。ちなみに地図上のハイキングコースとしてはもっと先、谷が最高に狭まった地点で谷の向こう側に渡るようになっています。


振り返って。どっち方面も雲に覆われています。天気予報では1日中晴天って言ってたのに(;´Д`) でもそれは麓の町のことで山の天気は分かりません。
そして強風に加えて雪まで降ってきました。・・・つまり・・・吹雪いてるってわけかい!!


は~~、谷の反対側の小屋の前までやって来ました。風と雪が辛いので小屋で一休みしたいんだけど、開いてるかな。地図に「羊飼い小屋」として載っているので、避難小屋として使える可能性(=鍵が掛かっていない)は高いです。


あ、つっかえ棒。つまり鍵は掛かってないってことですね~


えっ。なっっ・・・
つっかえ棒の一部は雪に埋もれ、雪も下の辺りは氷の塊となっていて棒を掘り出せないことが判明(;´Д`) お湯を沸かして上からどんどんかけて融かす・・・とか考えたけど、ここで今日泊まるってわけでもないのでもういいです。
ただ新雪の中を歩いて疲れてきたし、あまりに雪と風がひどいので少しだけ小屋の陰で立ったまま休憩しました。


はい、再度出発です。
アホなので小屋のすぐ後に唯一見えたこれ(視界が悪くそれ以上先は何も見えない)が峠なのかと思って5分くらいずんずん上っていったのですが、なんだか様子がおかしい。もっと遠いはず。少し引き返すと遠くにぼんやりそれらしきものがガスの合間から見えています。


こちら方面が目的地の峠のようです。進んで行きます。近いようで結構あります。



あ。太陽が雲の間から覗きました。一気に山のラインが分かるように。


ここか!?峠・・・地図によれば反対側に小屋があるはず。越えたらあるかな・・・


・・・(~_~;)
何にもないのでとりあえず隣の高くなっている場所に登ってみます。


あ、見えました。写真の左下の端の岩と一体化して見えにくいですが、小屋が半分雪に埋もれているのが分かります。


とりあえず、このすぐ右側にある峠が今日の目的地でした。この今あるところのほうが少し高いのでここを「本日の頂上」としようかな・・・?


左側は雪があると難儀っぽいですが、夏なら普通に歩けそうな稜線が少し続きます。


峠側。こっちの稜線も雪のないときなら行けそうな感じのところですね。今日はいいですけど(~_~;)


お天気が回復してきてるようで嬉しいです。


正しい峠に向かってゆるゆると下りていきます。


さっきまでいた高台のほうを眺めて。


あ、はいありました、小屋。


近付いてきました。


ラクロワ峠(2299m)に到着。
その手前に看板があるようですが上のところが辛うじて雪から出ているだけです。


ちょっと掘ってみたら十字架のようになってました。地図には国境を示す看板(なり石碑なりケルンなり十字架なりの何か)があると載っているので、どうやらこれのようです。
そうです、国境です。


これは小屋の辺りでのグーグルマップのスクショ。国境からほんの少し右側(イタリア側)にいます。


上のは情報が少ないんで、下は峠より高い岩の部分にいたときのスクショ
👇

はい、今日の目的地はイタリアでした。


イタリアのすぐ近く、ほんの数キロとかいうところをハイキングで歩くことはたまにあるけど国境を越えたのは初めて・・・と考えたら、一度ありました。9月に登ったサヴォア県のグランド・サシエール。ここは国境のラインになっており、スマホで撮った写真の一部は位置情報でイタリアで撮ったことになってありました。
👇



正面は、というかこの小屋のある辺りもイタリアです\(^_^)/


小屋っていっても完全に朽ち果てています(;´Д`)


でもまあ風よけくらいにはなるのでこの中でお昼ご飯にします。先ほどからまた風が強くなってきています。
もう1時です。歩きながら一度おやつは食べたもののお腹がだいぶ空いています。


長くなってきたのでその2はここれおしまいです。その3に続きます。

1泊で南仏ケラ山塊へ(その1)

月曜が祝日だったフランスではわたしも含め多くの人が3連休でした。土曜がフランス中で悪天候、残りの二日も南仏以外は今ひとつ。初め2泊で出掛けようと張り切っていた友達は、1泊で南仏の山は遠すぎると言うのでひとりでケラ山塊へ遠征してきました。
Le Queyrasは人によって「ケラ」または「ケラス」と発音しますが地元の人はみんなケラと言っているみたいなのでケラとしておきます。


ケラに行くのは今回が2度目。今日行く場所はうちから4時間強かかるので今までで一番早い4時出発。広大なエクラン国立公園が途中あり横切ることが出来ないので高速はグルノーブルまでの1時間弱のみ、あとは山間部の国道と県道となります。
写真は高速を出て30分ほど走った辺り。普段なら右手にデヴォリュ山塊の最高峰、美しいオビウが眺められる地点ですが、お天気が悪くて何も見えません。ほんとに南は晴れてるのかな・・・


南下するにつれ雲が少なくなってきました。ウキウキする景色のきれいな道を通ります。


自宅を出発して約3時間後、エクラン国立公園の最南部にあるセール・ポンソン湖を通過。エクランを大きく迂回しつつ北東方面へ上がります。


湖畔のパーキングに停めて保温マグのコーヒーとビスケットで一休みします。


正確にはここは湖に流れ込むデュランス川の畔になります。デュランス川は南仏を代表する川のひとつでこの湖を通過した後はプロヴァンス地方を東西に横切る形でアヴィニヨンの南でローヌ河に合流します。
しかし、南なのに山が真っ白・・・


さて、まだ1時間以上の道のりがあるのであんまりのんびりもしていられません。
エクラン国立公園最南部のの山々を左手に眺めつつケラ自然公園へ向かいます。


出発から4時間後の午前8時。ケラ地方中央部に位置するシャトー・ケラを通過。ここは昨年11月に初めてケラに来た時にも通りました。中世のお城が高台に建っていて圧倒されます。


おおっ、今年のツール・ド・フランスはこの辺りを通過するそうです。


なんか雲がだいぶ出てきてるけど大丈夫なんかな・・・


8時30分。最終目的地のすぐ手前の村を通過し、村の奥に続く道路の先にある集落へ。


道路わきには新雪が。前日はフランス中あちこちで雨だったのがこの辺りでは雪だったようです。5月なのに・・・


あ、左手に家がいくつか見えます。道路はこのすぐあと行き止まりでここが最終集落&駐車場となります。


村の中心に3、4台車を停められるスペースがあったのでここに停めてみます。


真冬かと思う景色です。


いるかな、どうかな、と思いながら一応持ってきていたスノーシュー(プラス3種の神器ビーコン、スコップ、ゾンデ棒。ひとりだとあまり意味がないのですがうちに置いておくのはもっと意味ないのでいつも一応持っています^^;)は必須のようです。念のためアイゼンも。どんどん重くなります(;´Д`)


ここの駐車場から真南に歩いて行ける湖ふたつみっつまで往復しようかと思っていたのですが、高低差は900m強とそれほどでもない代わりに距離がかなりあります。南に向かうということは歩くのは北壁で雪も多そう。新雪だとしんどいかも・・・雪融けの湖を期待してたんですがこの雪ではまだまだまだでしょうし。地図を見ていてふと別の行き先を思い付きました。前日夜に地図を見て行き先を考えた時には全く目にも入らなかった場所です。車の中で地図を熟視します。山スキーコースにもなっているため、スノーシューで歩くこともできそう。こちらの方が歩く距離は少なそうなのであっさり変更。どこに行くかは…次回のブログを見てください♪
まだ歩き始めてもいませんが、今から仕事に行くので今日はここでおしまいです。

3連休1日目は雨…

フランスには日本のGWと同じ時期である5月上旬に2日祝日があります。1日のメーデーと8日の第二次世界大戦戦勝記念日です。そのほか中旬~下旬に毎年日が変わるタイプの祝日(イースターもそうですが)も1日あります。
今年は1日と8日が月曜に当るため、2度3連休があった人が多かったと思います。わたしは先週は日月の2連休、今週末は3連休(^^♪
しかしメーデーの先週月曜は1日中雨、日曜だけ近場の山へハイキングに。
そして3連休1日目の今日も1日中雨💦💦


いや、ほんとに断続的に降ってます。これは今朝マルシェに出掛けた時。


今日はどこも雨・・・しかも雷マークまで(-_-;)
諦めも付きます。


3連休なんてバカンス時以外ではほとんど起こり得ないことなので2泊3日で遠出する気満々で行き先を探していたのですが3、4日前まで3日間ずっと天気が悪いという予報が出ていて特に1日目である土曜は見事にフランスじゅう雨。
日曜と月曜は2日ほど前から予報が変わってきて、南仏では晴れるそう✨
なので迷わず日月だけ南方面に遠征することに。2泊3日でなら一緒に行くと言ってた友達は、1泊で行く距離としては遠すぎるので今回はパス、とのこと(´Д⊂💦 彼女は公務員で休みが多く2連休3連休なんて当たり前なので遠いところは3連休以上のときでないと行きたくないらしい・・・わたしは2連休さえ月に1度2度くらいなので用事がなくて天気さえよければ1泊で遠出を試みます。


南方面の山と言えばニースの北に広がるメルカントゥール国立公園がまず思い浮かびますが、こちらは車で6時間くらいかかるのでさすがのわたしでも躊躇します。もう少し手前にあるのが11月に初遠征を果たしたケラス(人によって「ケラ」「ケラス」と呼び方が分かれる)山塊。こちらは4時間前後で行けます。
👇

高速部分がグルノーブルまでで後は山道の県道中心になるため距離はさほどではないものの結構時間がかかります。エクラン国立公園が途中あり、横切る大きな道がないため迂回することになるのがきついですね。
あと以前に2回ほど書いたことがある、グーグルマップなどのGPSアプリで出てこない工事中のトンネルに並行した仮道路を通っていくパターンもあるんですが、近道っぽい感じがするもののそこの部分は林道状態でのろのろとしか走れないため(すれ違うことさえ難しいほど細い)思ったほど時間の節約にはならないというのが実感です。まあどうやって行っても4時間ちょいといったところです。


どこを歩くかは後で考えるとして金曜の昨日、宿だけとりあえず予約しました。ジットと呼ばれる他の泊り客と相部屋の民宿です。
上の画面はその宿のある村を入力したものです。



ケラス山塊のハイキング地図。11月に初遠征するにあたって購入したものです。あの時は行先決めたのが前日、地図買ったのが夕方、宿を予約したのが夜でスタッドレスタイヤに付け替えたのが夜中というはちゃめちゃぶりでした。それを考えると今回は天気予報に惑わされたとはいえ、余裕✨の類です。なにせ48時間前に宿を予約してますから💖


しかし11月のときもそうでしたが、10、11月と4、5月ってのはスキーシーズンとハイキングシーズンとの狭間のオフシーズンになるため、ほとんどのこじんまりとした宿は閉まってるんです。ホテルとかは1年中開いてると思うんですが。今回もあまり選択肢がない感じでした。この民宿も固定電話に電話すると誰も出なくて、携帯電話にかけてみるとお昼寝中だったっぽいおじいさんが出て「うちは開いてるけど、ご飯は作れないから。台所勝手に使ってください」だとな。わたしの名前も聞こうとしないので無理やり名乗って「電話番号はいらないんですか?」とこちらから聞くと「あ~・・まあいいよ。だってどうせ他に誰もいないと思うし。」∑(゚Д゚)
…😩そないですか。。


気になるのは雪の量。宿のおじいさんは2000mまではほとんど残ってないと言ってましたがさすがにもう少し上まで行きたいし…地図を見ながらいけそうな場所を考えます。幸せな時間です💚
今日のワインはマイナーなブルゴーニュの白、ペルナン・ヴェルジュレス。少し前にワイン好きなご近所さん(アパートの地下駐車場で真向かい)とブルゴーニュにドライブに行った時に買ったものです。ちょっと古くなってきて若いシャルドネ特有のフルーティーさが落ち着きあまり華はないけどしっとりしたおいしさでこんな雨の日にぴったりな気がします。