randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

モン・スニ山塊で10kmの岩稜歩き

こないだの日曜に初遠征を果たしたモン・スニ山塊。山塊最高峰であるポワント・ド・ロンス(3612m)を含む7つの3300m以上の頂上を結ぶ稜線を周回で歩きます。この稜線部分は10キロメートル(コース全体は17キロ)に及ぶそうです。
ほとんどの部分がコース外となるため道の形はないところが大半を占めますがケルンがまあまああったのでだいぶ救われました。ケルンが見当たらないところでは単に見た目通れそうなところを選んで進んでいきます。


まずはひとつめの峠を目指します。この地点で標高は既に3000mを越えています。何せ駐車場が2093mでしたので、あっという間です。


もう9月も下旬ということに加え、標高がかなり高い岩場ガレ場ということで花はほとんど咲いていなかったのですが、多分今まで一度も見かけたことのない花にも出会いました。


間もなく峠に着きそうです。


岩が何となく廃墟っぽく見えます。


いよいよです。
峠に着く瞬間は「反対側にはどんな景色が広がっているんだろう」と、頂上に着くとき以上のドキドキ感があります。


ルー峠(Col du Lou 3141m )に到着です。北側なだけあり、こちらの山肌には結構雪が積もっています。これは前シーズンの残雪ではなく、最近積もった新雪です。


ヴァノワーズ南西部を代表する山のひとつ、ダン・パラシェ(La Dent Parachée、3697m)とヴァノワーズ氷河(Glacier de la Vanoise)。


峠では10分ほど休憩して景色を見たり地図を見たりしました。
さて、わたしがこの後進んで行くのは右側です。こういうことになっています。


問題は山の南壁(今峠を目指して登って来た面)を歩き始めるのか、または裏側(雪のある北壁)に回るのかということです。

右側(南壁)はこんな感じ・・・


裏側を歩くならばこんな感じです。南壁の方がぱっと見デコボコが多そうで渡り切れない岩壁がいつ登場してもおかしくない感じです。こっち(北壁)から歩き始めることにしました。


少し歩き始めてから振り返って。


あーケルン(≧∇≦)
嬉し(´▽`) ホッ


この辺りはなだらかで歩きやすかったんですけど、唯一手間取ったのは石の表面が薄っすらと凍っていてツルツルで滑りやすくなっていたことです。普通なら歩きやすいから選んで上を歩くような大き目の平たい石が一番滑りやすいので、わざわざ小さめの石が集まってる上ばかりを歩きました。


先日のエクラン国立公園に比べると積雪量は大したことありません。この日も念のためゲイターは持って来ていましたが、出さずじまいでした。


雪はこんなもんだったので問題なかったのですが、1日中ものすごく寒くて、タンクトップ、ユニクロのヒートテックの長袖、フリース、ダウン(プラス薄手の手袋)を着ていましたが夕方駐車場に下りる直前くらいに暑くなってきてダウンだけ脱いだ以外は一度も脱ぎたくなるようなことはありませんでした。それどころか「ちっきしょ~~寒いぃぃ~~」と独り言で悪態付きながら歩いていました(^^;  耳を覆うような帽子を持って来ておらず、あまりの寒さに耳が痛く頭痛までしてきたので特に寒かった午前中は綿の大きなスカーフを頭にグルグル巻きにして(インド人のように)寒さをしのぎました。


次の目的地、シニャル・デュ・グラン・モン・スニが近付いてきました。


この日のメイン目的地(しかし最終、ではない)であるポワント・ド・ロンス。
南壁には雪がほとんど積もっていなくて秋の景色です。


雷鳥の足跡っぽいのがありました。
なんかジタバタしていた様子です(;´∀`)


シニャル・デュ・グラン・モン・スニにはふたつ頂上があり、ひとつめのがすぐそこっぽいです。


ちょっとよじ登り系もあります。雪があるので焦らずゆっくりと。


歩ける幅が狭いので慎重に進みます。


南側に回れば常にモン・スニ湖が眼下に。
岩稜、ギザギザなのでしょっちゅうアップダウンしつつ進むことになります。


近いようで遠かったこの頂上、ようやく目の前です。こうしてみるとアンコールワットの遺跡のようにも見えます(;´∀`)


先ほどからケルンはほとんどないので「普通こうだろ?」という勘に任せて歩くしかありません。ここは上に雪が見えているのでイヤなんだけど、横に回ってもこのあと登り口があるとは考えにくいのでここで稜線の上まで戻っておくべきなんでしょう(;´Д`)


よかった、雪大したことありませんでした。
この時、石がカラカラと落ちてくる音がした方向を見てみると・・・


あーまたアイベックス😻



可愛い(*´▽`*)


シルエットも絵になります。


常に岩は薄っすらと凍っていて滑るので気を付けながら登ります。



いつものことながら、最後が長い・・・(~_~;)


今登って来た稜線。


あと一息~~
・・そこだろ?さすがに??



シニャル・デュ・グラン・モン・スニのひとつ目の頂上(3377m)に到着です。
少しずつ標高が上がるにつれ遠方まで見えるようになってきましたが、残念ながら雲が出ており、遠くの山はかなり隠れてしまっています。



また長くなってきたので今日はここまでで一度投稿します。

モン・スニ山塊に初遠征

わたしの場合、癒し系とガッツリ系ハイキングが交互になっていることが多いのですが今回はそれで言うとガッツリ系です。


今回の行先はうちから3時間弱のモン・スニ山塊。フランスとイタリアにまたがる山塊でヴァノワーズ国立公園とも隣接しているエリアです。
ヴァノワーズや同じエリアのアルプ・グレ山塊といいイタリア側に国境を越えたグラン・パラディッソ国立公園といい、この辺りは高い山が多いのですがハイキングでも登れる山がいくつもあります。夏山シーズンの終わりが近づいてきているせいでしょうか、最近標高の高い山に登りたくなることが度々あります。


モン・スニ峠(2081m)から少し先のモン・スニ湖沿いに駐車場があります。あと1か月ちょっとで冬季閉鎖期間に入る峠道路です。湖の奥はイタリアです。



駐車場に着いたのは7時過ぎ。準備を整えて7時半に出発です。
この日のコースはハイキングのサイトで見つけたもので、モン・スニ山塊最高峰のポワント・ド・ロンス(3612m)を含む7つの3300m以上の山頂を稜線伝いに巡って周回するという魅力的なものです。17㎞、高低差1950mと長く、ほぼすべてがコース外というアドレナリン出まくりな行程になっています。


初めの部分は地図にも載っている、つまり各分岐には看板があり比較的しっかりした道を歩きます。これは道路からハイキングコースに入る部分です。
後ろにそびえるのは今日一つ目に登るシニャル・デュ・モン・スニ。頂上がふたつあって3377mと3356mになるようです。


歩き始め。まず目指すはこの地方がイタリアだった19世紀後半に建てられた要塞です。

駐車場とレストラン。


朝の光を浴びた雲がまとわりつくのはモン・スニ山塊で2番目に高いエギーユ・ド・スコレット(3506m)。


イタリア側は雲に隠れています。モン・スニ湖は今日1日長時間眺めることになりますが、朝の色彩は長続きしない格別の美しさなので、何度も振り返っては眺めていました。


少々アップダウンのあるなだらかな丘のような道です。
草が黄色く枯れてきて、草原が黄色っぽくオレンジっぽくなっています。


要塞の手前には秘密の入り口のようなものがありました。おそらく地下で繋がっているのでしょう。


こちらは小さいです。攻撃する用の窓でしょうか。石で隠してカモフラ―ジュしてありますね。


出発から20分ほどで着きました。ロンス要塞(2294m)です。現在では廃墟となっているものの、比較的よい保存状態です。モン・スニ峠を見下ろすような位置に建てられており、峠からフランス軍が攻めてくることを想定して建てられたそうです。
これに限らず、この周辺にはサルデーニャ王国時代のイタリア軍の要塞がいくつも残っています。


要塞をあとにして次へ急ぎます。


川が流れているので小さな橋が架けられていましたが、その橋を渡った後からはコース外となります。ハイキングコースは写真でも見えていますが左右に走っていますが、わたしは正面の山の峠へと向かいます。


コース外といっても、ペンキマークがあります(´▽`) ホッ


ケルンもあります✨


振り返って。朝の光は少しずつ消えていってしまいました。


今日歩いて行く稜線上の峠のひとつから日が昇ります。


こちらは目下めざし中の峠。


あ、出発してから650m登ってます(1時間25分)。ここらで休憩だ‘~
650mはこの日の高低差の3分の1。そこまで登ったらプチ休憩しようと決めてました。


買ったばかりの新しい登山靴(*‘∀‘)


シリアルバーと水でおやつ休憩をした後、再び登り始めます。


あれ、高いところから誰かこちらを観察しています(@_@。アイベックスのメス+子供たちでした。


アイベックスはオスはオス、メスはメス(プラス子供たち)で集まって生活しているのです。



今回もちょっと長くなりそうです。今日はこれで一度投稿します。

新しい登山靴を購入(≧∇≦)

昨年の5月末に買って履きまくっていたミエの靴。ガッシリしてて信用できる山登りの友だったのですが、最近岩場ガレ場で滑りやすくなってきたのは明らか。友達に聞いた話では靴底は800キロで交換するべきだそうです。むむ・・・車は走行距離が表示されるけど、距離はあまり気にしたことがなくてほんとよく分かりません。。高低差では1回あたり1200~1500mくらいが一番多いのですが…距離はおそらく平均で15キロ前後くらいといったところでしょうか。そして年間を通して週1くらいでハイキングには行っています。
何キロ歩いたかは分からなくても、滑りやすくなったという実感は確実にあります。靴を買った山専門店に聞くと、靴底の交換は受け付けてるけど1か月くらいはかかる、とのことです。1か月も靴がないと困る!!
癒し系ハイキングの日とかに履く軽い登山靴もありますが、岩場ガレ場ザレ場をガッツリ、みたいな日には不安すぎます。
雪がたっぷり積もったらスノーシューばかりになるから、スノーシュー用に持ってるハイカットの軽い靴に合わせることが多いのでその時期まで耐えられたら・・と思ってたのですが先日のコース外でのガレ場ザレ場が長かったエクラン国立公園でのハイキングで「こりゃダメだ」と実感
。。靴なしでハイキングには行けません。思い切ってもう1足買いました(;´∀`)
ミエの靴は履きやすくてとっても気に入ってるので、もし靴底だけ交換してもらえたら、まだ履き続けるつもりではいます。靴底以外のところも結構傷んできている気がするので、修理にお金がかかりすぎそうであれば、もう諦めると思います💧


ミエの靴を買ったのと同じ、市内の山専門店「Au Vieux Campeur」へ。専門店だけあって総合スポーツ用品店の店員さんよりも詳しく、いいアドバイスをしてもらえるので、値段は定価より安くなってないときが多いけれどこちらに自然と足が出向きます。


どんなタイプの山にどんな頻度で行くかを聞かれました。そして出してもらった靴を3種類履いたうちで一番よかったのがこれです。マインデルというドイツのメーカー。ミエのがとっても気に入っていたので、ぶっちゃけ同じのもう1足でいい、くらいに思っていたのですがわたしの履いてるモデルは女性用は作られなくなったらしいのです。それに比較的重さや履き心地が似ていたのがこのマインデルでした。名前は聞いたことがあるけど買ったのは初めてです。269ユーロと決してお安くありませんが、靴は一番大事なものなので思い切って決めました。ミエも同じくらいの値段だったと思います。ちなみに靴底張替えは50ユーロだそうです。


皮用のクリームを朝塗り込んでおきました。ここに防水スプレーをかけます。
明日はお天気良さそうなのでマインデルデビューになる予定です。


今履いてるミエの靴の並べて


靴底。だいぶすり減っているのが分かります。



靴だけの写真ってのもナンなので、昨日友達がご飯食べに来た時の写真でも。。


メニューは、最近暴走気味のフォンデュです(^^;


いつもなんですが、まずはデザートから準備します。そのほうが安心というか・・・


火曜日、せっかくのお休みにお天気悪くて山に行けなかった代わりにマルシェに買い物に行ったときに買ったリンゴ。調理用にいい品種を選びました。
リンゴのタルトを作りたかったのですが、パイ生地作る時間がなくて(正確には寝かせる時間がなくて)、妥協策としてクランブルに決定(^^♪


クランブルのそぼろにクルミを入れるとリンゴによく合います。

生産地呼称制度にも指定されているグルノーブルのクルミです。このように殻が薄く、中に実がぎっしり入っています。ほのかに甘みを感じます。


クランブルのそぼろを作ります。くるみのみじん切りを加えます。
タルトの生地ほどではないけど、バターが入っているし少し冷蔵庫の中で休憩してもらいます。


友達とその彼女が到着したのは7時頃でした。普段メッセージは時々送りあっているものの、実際に会うのは多分2年ぶりくらい(+_+)です。
彼はギリシャ出身なので、地元のワインを持って来てくれました。フランスでまず飲むことがないので嬉しい🎶


フランスの南西部のワインみたいに濃ーーくてタンニンが強いタイプのワインかと思いつつグラスに注ぐと、なんか色がピノノワールっぽい(゚д゚)! 意外過ぎです。
飲んでみると・・これまた、軽い目のブルゴーニュの赤のようです。ギリシャというと気温が高く乾燥していて太陽がさんさんと降り注ぐ地中海性気候なのでまさかこう来るとは思っていませんでした。読みが大きく外れて空振りの三振(ヘルメットも飛んだ)という感じです。友達はギリシャでも島の出身で、暑いからワインは白の方がよく飲まれている、赤も軽いのが多い、と教えてくれました。


食事用には今年の春先に現地で買い求めた南ブルゴーニュの白(シャルドネ)。
ただし、フォンデュ自体には前回のフォンデュの時に開けて残っていたサヴォアのルセットというワインを入れました。


友達と子供たち。友達とはもうかれこれ10年以上の付き合いになります。10年前にはシングルマザーなりたてで仕事行くときに子供預かってくれる人を見つけるのに苦労していた時代、ベビーシッター(ベビーでもありませんでしたが)に来てもらったこともあったくらい頼りにしてました。それを思い出すからか、「ほんと大きくなったな~」って会うたびにしみじみ言われているうちの子たち(^^;


みんなチーズ大好き(*‘∀‘)


これでもかというほどフォンデュを詰め込んだ後でもしっかりとデザートを食べる(^▽^;)
りんごのクランブルはちょっと表面が焦げましたが💦クルミがアクセントで好評でした。奥は友達カップルが持って来てくれたチョコレートのタルト。フォンデュだって言ってんのになんでこんな濃厚なデザート持ってくるかな(;^_^A
でもおいしかったです、ありがとう💛


・・・2週間で3回もフォンデュしちゃいました。完全にクレイジーですがシーズンはまだ始まったばかりです(注・一般的にはまだ始まっていません。木枯らしが吹くくらいの季節、スキーの話題が出始めるくらいの季節にフォンデュを食べたくなるのが一般人らしい…)・・・