フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

同僚S君とパーティー明けハイキング(゚Д゚;)

先週岩々の山に一緒に登ったS君とは・・考えたら冬か春先にスノーシューハイキング一緒にした時以来(つまり半年くらい)ご無沙汰でした。仕事場では毎日顔を合わせているものの、趣味や友人の多いS君、いつもあちこち飛び回っていて(飲み会も週6という噂)ハイキングに行こうって話には案外なりません。なのに、先週の火・水で一緒に南仏遠征ハイキングに出掛け、その3日後の日曜にも日帰りハイキングに行きました(^▽^;)


その前日の土曜日の晩に同僚Tさんの新居祝いのパーティーがあり、わたしもS君も呼ばれていました。

わたしは土曜は仕事が終わったのが早かったのでうちに帰ってから8時前ごろ車で出掛けました。いい手土産が思い浮かばなかったので、芸がないけど地下カーブにあったワインを2本。ブルゴーニュの白、ムルソー(シャトー・デュ・ムルソー)とコンドリユー。うちにあった中では上等なワインです。
グーグルマップのおかげでリヨン郊外の住宅地に8時過ぎに問題なく到着。


同僚Tさんが向かい出てくれました。お、いい車乗ってますね!フランスでとても人気のある日産キャシュカイ。日本では売ってないみたいで全然見ないですがエクストレイルよりもコンパクトでジュークよりも大きく、いいサイズで欲しい車のひとつです。


ピンクのワンピースの方が奥様です。と、愛犬のチャウチャウ。
Tさん夫婦は中古住宅を購入、自分たちで改装して素敵なお家に仕上げました。まだ庭など、未完成の部分もあるようです。


既に数人が到着していました。みんなのところに挨拶に行って食べ物にあやかろうとするチャウチャウ(^^; 基本的にいい子でした。


奥様手作りのサングリアをいただきます。車で来ているし、結局アルコールはこの1杯だけにしておきました。
ぼちぼち人が到着します。最後にS君と別の同僚Eちゃんが一緒にやって来ました。
10時半ごろ、バーベキュー開始です。


う・うまい・・・(;´∀`)
調子に乗って肉食べ過ぎて、翌朝まで胃がもたれていた中年女。。


つまみ食いし過ぎてお仕置きにリードで繋がれたチャウチャウ。でもめちゃくちゃ長いリードなので、ほとんどどこにでも行けてしまうのでお仕置きの意味あんのかと。。かなり甘やかされている印象です(;'∀')


Tさんの手作りデザートのシュークリーム(カスタードクリーム)、チョコレートムース、フルーツサラダが出てきたのは0時ちょうど位。
まだもうしばらくいるというS君に「明日6時にアパートの下に迎えに行くからね」と念を押ししつつ0時30分くらいにおいとましました。


夕方、時間あったのにザックの準備してなくてうちに帰って1時過ぎくらいから準備して、お風呂入って寝たのは2時半くらい(;´Д`) ハイキングに行く前の日にちゃんと寝たことあるのか、わたし?っていうくらい毎回あまり寝ていません。
でも一人で行くときは3時とか3時半起きということもあるので、今回出るのが遅い目だからまだましとも言えます。


5時53分、S君のアパートの下に到着。「今着いたところ」携帯にメッセージを送るも返事がありません。「まさか…」一抹の不安がよぎりますが、数分後「今シャワーから出たとこ。すぐ下りるよ」との返信。どうせ汗まみれになるんだからシャワーとかいらんのに(;´・ω・) 実際に下りてきたのは6時12分。ちなみに10分前後までは彼的には遅れたことに含まれていません(◎_◎;)


昨夜は飲み過ぎたので結局Tさん宅で2時間ほど寝て今朝帰宅したというS君。さすが遊び慣れてるというか若いというか(確か31歳か32歳)・・。あまり寝てない点ではわたしも一緒だけど、やはり自分ちで寝たほうが落ち着きます。


県道途中の駐車スペースに車を停めます。既に雲海モクモクです(@_@)
約1時間50分の道のりでした。ここはまあまあ近場の域に入るタイユフェール山塊。今日の目的地は山塊最高峰のル・タイユフェール(2857m)。山塊名と山の名前が同じという珍しいパターンです。湖が周辺にいくつもあるので、帰りはそのうちひとつふたつ通って周回コースにするつもりでいます。
この日の行き先については、先日1泊で出掛けたハイキングの帰り道のドライブ中に決めました(#^^#)


標高1700mの駐車場から歩き始めたのは8時15分くらいです。
いきなり急な坂が続きます。ひーーっ(;´Д`)キツイ…
夜遊びの疲れを見せないS君、ものすごいスピードで登っていきます💦


あーっ、ラズベリー・・・
ムシャムシャ。。


ブルーベリーも。
ムシャムシャ。。
( ゚д゚)ハッ! いかんいかん、さらにS君との差が開いてしまうではないか。。
(適当なところで待っててくれるんですけど)


ハァ、ハァ・・
S君と登ると12分で160mとか、ひとりの時ではあり得ない記録が出ます。それでも待たせてるんですけど。


後ろを振り向くと、相変わらずの雲海。少し出っ張ってるのはヴェルコール山塊です。
実は今日歩くのは2017年の元旦に一人で歩いたのと同じコースです。雪が多かった昨冬に比べて、とても少なかったその前の冬。特に12月はほとんど積もらなかったため、元旦だというのにアイゼンだけ準備して全行程歩けてしまいました。真冬に2800m台の山にほとんど雪がないなんて信じられない話なのですが。


さらに上がったところから。中央左に出っ張っているのは、実はこの日の行き先候補のひとつだったヴェルコール山塊の2姉妹峠(コル・デ・ドゥー・スール)と、尖ったのがグランド・ムシュロール。両方まとめて周回で回れるとっても楽しいコースです。


👇2017年元旦の写真。

下の写真の右端が2姉妹峠とグランド・ムシュロールです。
やっぱり日の出の時間帯は神々しさが違います・・ただしパーティー明けのハイキングにはきつ過ぎる時間帯です💧



次回に続きます。










影響されて早速テントを購入(//∇//)

先週、同僚S君とイゾアール峠でテント泊して、楽しかったのでさっそく今週テントを買いに行きました(^▽^;) 
去年の夏くらいから「いいな」とは思っていたものの、決断が付かず山小屋や避難小屋でお茶を濁していたのですが・・・懐かしいワンゲル時代の思い出が蘇ってきたのでした♪


仕事が早く終わった日があったので市内の山用品専門店「Au Vieux Campeur」へ。
靴ばかり置いてる店、トレラン専門の店、書籍関係の店・・など同じ通りに10店舗が分散しています。ほとんど入ったことがないキャンプ用品を扱う店に来ました。


山用品専門だけあって、一般的なスポーツ用品店よりも店員さんの知識が豊富なので高い買い物をするときは大体ここに来ます。
軽さが特に大事なことを伝えると、自分が現在使ってるモデルが軽いしとても快適だと勧めてくれました。MSRのHUBBA NXというタイプのものです。


うちはわたしと子供ふたりの3人家族ですが、3人そろってキャンプに出掛けられることは案外少なさそうな気がします。わたし一人か、息子のどちらか(特に次男)と一緒にふたり、ということが多いでしょう。とりあえず、二人で寝られないこともない一人用を買いました。エアーマットもこの際購入。わたしが持ってるシートはちゃちすぎて全然クッションにならず辛すぎるので(マットレスのない避難小屋で使ったことがある)。。


テントは約1,2キロと軽量です。MSRってバーナーのメーカーかと思ってた💦
エアーマットも軽いやつを購入。アイルランドの有名メーカーらしいです(知らんかったけど)・・・
それと、地べたに敷くシート代わりにエマージェンシーシートも買いました。地べたに敷くシートは・・と聞くと、「これなんか十分に代わりになるよ。3ユーロだしね」と勧めてくれたのです。それ用のシートなら何十ユーロもするところなのに・・商売下手なのか親切なのか💧


うちに帰って組み立ててみました。4コマ漫画みたいなイラストの組立図があっただけですが、何とか設営できました(^^;


おお、本体は白&赤で、タープは緑(ミリタリーチックな)。。
S君のテントよりも高さがあります。おおっ、これはかなり快適っぽいΣ(゚Д゚)


この翌日は仕事が昼過ぎまで、翌々日が休みだったので、即ソロテントデビュー出来るかと思っていたのですが・・・

テントを買った日の夜、天気予報をまた見てみると。。
雷の予報かい_| ̄|○ 見事にどこの山でも同じ予報です。。
しかもその翌日はどんよりとした曇り空らしい(;´・ω・)
テント泊ソロデビューでそれは条件が悪過ぎです。すっぱり諦めました💧


来週は土曜日仕事早い目に終わるので、天気さえ良ければテントで出掛けらるかな?と思っています♬

同僚S君とハイキング 最後はヒッチハイク(^^;

8月14~15日のハイキング記です。
少し前から登りたい山候補の一つだったブリアンソネ地方の最高峰、ロッシュブリュンヌ(3321m)に同僚のS君と登頂した後は、ピストンせずに行きに歩いたのとは少し違う方向にある湖を経由して帰ることにしました。


ピストンするのと違ってアップダウンが少々あります。


ようやく到着します、目の前の平たくなっているところが湖です。


スリエ湖(2492m)に到着です。ロッシュブリュンヌの頂上からだと900m近く下りたことになります。


湖畔にあった看板。
今日歩いたところはスタート地点を含めてこういうフランス中のハイキングコースに見られるオフィシャルな案内看板がひとつもありませんでした。オフィシャルでないものの含め、看板というものがほとんど全くないコースでした。ロッシュブリュンヌは南仏方面を代表する山のひとつなのにとても意外でした。8月の祝日だというのに2組(4人)にしか会わなかったし・・・


S君、写真撮りまくってます・・・


最近お父さんからもらったお下がりのカメラでにわか一眼レフ男子になったS君(^^;
なんかちっちゃい魚がいっぱいいたので激写しています。


この湖は最寄りの駐車場からだと高低差400m以下ととてもお手軽なのでファミリーコースとして有名なようです。この時も何組かの家族連れやカップルが湖畔でくつろいでしました。


湖から振り返って見えるロッシュブリュンヌ。中央やや左の白っぽく写っているやつです。


湖の畔で小さな女の子を連れた若いお母さんと少しお話した後、帰途につきます。「車、下の駐車場じゃなくてイゾアール峠に停めてるんですよね。ヒッチハイクかなって思ってるんです」「あらぁ、それはちょっと遠いわね。もし止まってくれる車なかったらグレーの206(プジョー)の前で待ってて。わたし峠の反対方面に帰るから乗せてってあげるわよ」と言って下さいました(#^^#)やさしい・・・


緩やかに下っていくハイキング道。


途中なぜかザックにぶら下げていたS君のヘルメットが落っこちて、そのまま斜面をおむすびころりんのように転がっていきましたΣ(゚Д゚) 
大慌てで追いかけるS君。幸いすぐに止まってくれました(´▽`) ホッ


カラマツの林になっています。秋はきれいんだろうなぁ・・・
ちなみにこのエリアはイゾアール峠の南側に当るので、ケラ山塊(自然公園)になります。今朝歩いてきたのは峠の北側だったのでブリアンソネ地方ということになります。


摩訶不思議な木の根っこを激写中のS君。


峠道路道路、そして集落が見えています。


峠道路(駐車場)に下りてきました。ここから車を停めているイゾアール峠は単純な標高差では200mほどですが、アップダウンがあって実際には360mの高低差になるようです。距離も結構あるし、何よりも第一にアスファルト道路をそんなに歩くのはイヤです。
さっそくヒッチハイクを試みるS君。


峠道路ではカッコいい車によくすれ違いますが・・・

日本車3台でドライブ中の3人組(ドイツナンバー2台、ポーランドナンバー1台)がありました✨ でも多分3人ともポーランド人でポーランド語(てかドイツ語ではない東欧系の言葉、ってだけ)で話してました。


おおっ、さっそく2台目に来た車が停まってくれました💖窓が開いて30代くらいの男性が「どこまで?」「イゾアール峠までです」「えっすぐそこじゃん。乗りなよ」
わ~い\(^_^)/ありがとうございます~~


フランス中央山塊・オーヴェルニュ地方から来られたご夫婦でした。「どこに登ってきたの?」「ロッシュブリュンヌです」「へーっ、あれって登れるんだ。どうだった?」おふたりは山歩きが好きらしくコースの様子について色々質問してこられました。
イゾアール峠まで5分ほどの距離でしたが楽しく会話が弾みました。


イゾアール峠に到着しました。ご夫婦にお礼を言って車を降ります。
峠にはバイカーがいっぱいいました。スイスナンバーやドイツナンバー、イタリアナンバーのバイクも多かったです。


サイクリストさん達もちらほら。ちなみに真ん中のかたは女性でした。カッケー😻😻


あと峠道路に多いもの、スポーツカー。オープンカーで峠道路をドライブなんて気持ちよさそうですね。


車に戻るとS君がナッツとチョコレートがぎっしり入った特大クッキーを勧めてくれました(≧∇≦) おいし過ぎて&お腹が空き過ぎでイッキ食いしちゃいました。
車のシートにかけて乾かしていたテントやシュラフをテキトーにグルグル巻きにして(うちに帰ってからちゃんと畳むとして💦)出発です。


リヨンまでは渋滞なしで3時間40分ほどの距離です。
写真は峠からほんの少し下りたところにある創業19世紀のナポレオン山小屋。


30分ほどでまずはオート=ザルプ県第二の都市ブリアンソンに着きます。中心地の標高は1326mでヨーロッパで最も標高の高い町(=自治体)のひとつに数えられています。


ブリアンソンの町を出る手前でS君が「あーーっ」と車を停めます。えっ、なになに?
地ビール工場&売店でした(^^;) 日曜夕方だというのに開いています。ハイキング客やバカンス客の多い今の時期だからでしょう。そういえばなんかここにあるなというのは何度か通って知ってたのですが、開いてたのを見るのは初めてかも・・・


そういえばこのビール、こちら方面の山小屋で飲んだことがある気がします。道の駅的ショップで買ったこともあると思います。ベーシックなものの他に高山植物のジェネピやレッドフルーツ風味など色んな種類があり、色々組み合わせて結構いっぱい買ってしまいました( ̄▽ ̄;)右下の写真参照・・


メーカー名の入ったグラスをおまけにもらいました♬


ブリアンソンからロータレ峠、ラ・グラーブ方面への道は大好きなドライブコースです。


ロータレ峠(2058m)に到着します。通年開通しているので便利でよく通る道路ですが、雪景色の時も抜群に美しいです。また、この峠はフランスで最も有名な峠道路のひとつガリビエ峠(2645m)にも繋がっています。


峠にはもちろん大きな駐車場やカフェ、ホテルまであるのですが、峠を越えた直後にいい駐車場があります。


ハイキングコースが始まる地点にテーブルとベンチがあるのです💕
時間は19時になろうとしています。ここでディナーピクニックをして帰ります。
駐車場からすぐにエクラン国立公園の境界線に入るという贅沢なエリアです。去年の夏に子供たちと行った2泊3日のハイキングの出発地点がここでした。


前日の夕方出発前に準備して100均の保冷ポーチに入れていた冷凍ペットボトル(500mⅼともっと小さいの)がまだ3分の1くらい凍ってますΣ(゚Д゚) 8月の半ばというのに・・・標高が高い分涼しかったのもあるでしょうが、それにしてもびっくりです。
おかげでお肉やソーセージ、バターが無事でした(^^♪ もともと昨日の晩か今日のお昼用のつもりでしたが多すぎて残ってたのでした。
色とりどりのパスタにはバターとボーフォールチーズの薄切りを混ぜました。オイチイ…(*´▽`*)
しかしここでもお肉類、多過ぎて・・でも一応全部焼いて持って帰ろうか、と思ってたらもうひとつあるテーブルに3人グループが来たので食べきれなかったソーセージをおすそ分けして喜ばれました(;'∀')


気持ちのよい夕飯ピクニックでしたが、二人とも翌日は仕事。あんまりゆっくりしているわけにはいけません。あとまだ2時間半の道のりが待っています。


最後のお楽しみはラ・グラーブから眺めるメイジュ。最近通ったときは2回連続で曇っていて見えなかったのですが・・・


この日も雲は少し出ていたものの、久し振りに至近距離で美しいお姿を拝むことが出来ました。時間が遅い目だったせいか、このあとも全く渋滞に巻き込まれることはありませんでした。


S君、往復8時間近くの運転どうもありがとう!!


最後におまけ・・・。
👇一眼レフカメラを持って来ていたS君の作品を3枚(^^♪👇


頂上近くを登るわたし


下り始めのパノラマ


頂上からザレ場を下りてきている最中


ロッシュブリュンヌハイキング記。長くなってしまいましたが、読んで下さった方もどうもありがとうございました。