randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

次男と山で焼肉ランチ(6月中旬)

次男と6月16、17日に出掛けたイタリア国境に近いアンバンの谷でのハイキングです。
6月も後半というのに林道部分に雪がたくさん残っていて衝撃的でした。宿泊予定のアンバン山小屋(2270m)に荷物の一部を置かせてもらい、2800mのノワール湖方面へ散策に出掛けました。去年の秋に一人で来ているエリアです。
2800mの湖だとまだ雪に完全に隠れているには違いないのですが、その場所自体は高台みたいになっていて見晴らしは良かったし、何よりも途中の斜面は手前から見ても唯一雪がだいぶ融けている部分だったので歩くのには楽そうです。


白が多いけど黄色いプルサチーユ(ツクモグサ)も。


これはまだ湖ではなく水が溜まっていたところです。
2500m前後だったと思います。


もう1時台です。はじめのうちは斜面の雪が融けていて道が見えていたのですが、少し前から雪も多く傾斜もあり道が全く見えず何より地形が起伏が多く複雑なため、どこを通るか考えながら進まないといけないため結構時間がかかります。2800mまで登るには時間がかかりそうなので中途半端だけど斜面の途中でお昼ご飯にすることに。


ジュラ地方で買ったサラミ、イギリスの好きなメーカーのポテチ。


わたしはご飯作りに取り掛かるので、次男がサラミを切ってくれました。


まずはインスタント味噌汁で乾杯(;´∀`)


厚い目にスライスしてもらった牛肉を一枚持って来ました。冷凍しておいて、さらに冷凍ペットボトルと共に保冷ポーチに入れておきました。この方法で夏でも山に肉を持って来ています。マッシュルームも一緒に炒めました。飛行機でもらった塩コショウの小袋を活用しています。
モンベルのフライパンで調理✨、おいしくいただきました。やっぱりお肉を焼くのが単純に一番喜ばれます、うちでも外でも( ̄▽ ̄;)


お昼を食べたあたりで。


シャモアが近くの斜面をウロウロしていました。体の小さいのが4匹おり、若いシャモアらしくピョンピョンと遊びながら走り回っていました。


ガシガシ登っていく次男。


水がなくなってきたので足すために小川というか滝みたいになってるところに寄り道していきました。




あまりにも道が見えないので時々地図を出して確認していたのですが、標高的には湖まであと100m以下まで近づいているものの、湖の手前にはちょっと急でしかも幅がやたらと広い場所があり、それを避けるためにハイキングコースはぐるりと遠回りするようになっています。
次男に聞いてみます。どうする?だいぶ歩くけどそっちぐるっと回る?それともこの真上、急だけどここ登って近道する?それともここで待っとく?
「もう僕はここで待ってるからお母さん一人で登って来て」
はいはい、じゃあさっさと行ってさっさと帰ってくるね!


寄せ植え的一角


真上に上がるのは急ですが、雪が融けているところが多くて案外あっという間に登れました。下りるには気を付けないといけませんが・・・
もう、そこです。


ノワール湖・・・やっぱり完全に雪に隠れちゃってました。無理やり次男にも登らせなくて良かった(^^;
ここに去年の秋に来た時👇

今いるところからではなく、ちゃんとハイキングコースから来ました(^^ゞ
しっかしお天気良かったなぁ・・・


この地点が「わたしの今日の頂上」ということにしておきます。


正面左は同じく昨年秋に登ったモン・ダンバン(3378m)。この山を含め、正面の山々がイタリアとの国境になっています。


次男を出来るだけ待たせたくないので1分ほどこの地点に滞在してすぐに下り始めました。例によってどこから登ってきたのかまるで分からなくなって(登りやすいところを探しつつ登ったので正確に真上には登っていない)、しかも上からだと次男の姿が見えないため、どこを目指して下りたらいいのかも分からず、ちょっと違う方向に下りて行ってしまったため若干遠回りにはなったものの大急ぎで次男のところまで戻りました(;'∀')
「お母さん、どうだった?きれかった?」「う~ん、普通(;´・ω・)」


自分たちの行きのトレースを参考に下りていきますが、登るのは難しくても下りるのは大丈夫な斜面もあります。そういうところは適当にショートカットしつつ下りていきました。


水溜りがいくつもあります。
次男「僕の今日の湖、これでいいよ」確かにこっちの方が融けていて、いいかもしれません(;・∀・)


お天気は先ほどよりも回復してきて青空が多く見えるようになってきました。


緊張感を強いられる急な斜面を終えて軽やかに走り出す次男。


マーモットの足跡が。




次に続きます。

再び雪の世界へ(6月中旬)

バスク、メルカントゥール旅行記が長引いてしまって今現在との差が出来過ぎてしまったので、ハイキングひとつ飛ばして(また後日別の機会にでも書きます)、6月16、17日の週末に次男と出かけたハイキング記を書きます。
既に何度も書いているように、バカロレア試験を控えていた長男は最近のお出かけには不参加でした。その一方、次男はこの春くらいからは誘うと毎回一緒に山に来てくれるのが嬉しいです。


今回の行先はイタリアに近いモン・スニ山塊またはアルプ・グレ山塊に入れられるアンバンの谷、と呼ばれるエリアです。去年の10月半ばに一人で来てとても気に入った場所で、秋以外の季節にも来てみたい、と思っていたのでした。
自宅からは2時間半ちょいかかりますが、1泊での行き先としては特別遠いという印象はありません。モリエンヌ高速道路の最終地点の極小SAで休憩。ここから最寄りの大きな町はモダーヌ。モダーヌは電車でイタリアに行くときのフランス側の国境駅となります。


今回も行き先を決めたのは前の晩(^^;
次男に行く場所、歩くコースの説明をします。


町のある大きな県道から小さな県道へと入り、最終地点にある駐車場に停めるつもりです。
ところが、なんと1700mくらいの地点で林道の横に雪が残ってるのが目に入り心底びっくりしました。これは何?何の冗談??


夢でも幻でもありません。しっかり雪が残っています・・・林道エリアに


そんな、、この1週間前に近場のボージュ山塊に日帰りハイキングに行った時は2200mくらいまで登って、ほとんどどこにも雪はなかったのですがもちろん山にもよるし地形にも寄ります。しかし・・・6月半ばですよ!?林道に雪!!??


あ~きれいなものが見えてきました。尖ってるのはダン・ダンバン(Dent d'Ambin, 3372m)です。これはアルピニストにしか登れない山のようです。


林道に雪崩によって倒された木がたくさんあって(来る途中に注意書きもありました)、最終駐車場まで行けませんでした。道路わきに車が3、4台停まっていたのでわたし達もその後ろに駐車して歩き始めました。


これですよ・・・雪崩の勢いは恐ろしいです。


いくつもの雪崩跡の上を歩いて行きます。今日行く場所は一応山スキーコースとして地図に線が引っ張ってあるのですが、こんな大きな雪崩がいくつも起きる場所を通るのは怖すぎますね。


谷の奥まで見渡せます。


雪が多くて傾斜も少しありズルズル滑って少し歩きにくいのですが、なぜかストックもアイゼンもなしで(もちろん持って来ています)歩き続けるわたし達(^^;)


紫がほとんどだけど、たまに見かけるしろっぽいスミレ。


今日も群生中のイワカガミダマシ。雪融けギリギリのところ中心に歩くので当然ですね。


岩々したところが多いのでサクラソウもあちこちで見かけました。


ようやく咲き始めたヤマツツジ。谷底よりも、日当たりのいい南向きの斜面の方がたくさん咲いていました。


谷の両脇には雪融け水が流れ込む小さな滝があちこちに見られます。


初夏は水嵩も増していて小川が渡りにくい・・・


・・・。苦手なんですよね、川渡るの。濡れてるからズルっと滑りそうで怖いです。


対して、次男は大得意(;´∀`) 身が軽いんですね・・・先にササっと渡って嬉しそうにわたしを待っています。


これは越えられませんよ😅横の雪で繋がっている部分(ちゃんと厚みのある所を!)を歩きます。


今が旬のジョンシアン(リンドウの一種)


さて、雪もう終わり??


甘い甘い、その逆です(;´・ω・)
しばらく途絶えただけで、この先ほぼ雪から逃れらなさそうです💧
でも嬉しいお知らせ♩ 真正面に出っ張ってる岩の部分に山小屋があります。


靴に雪が入りだしたのでゲッターを付けます。


この辺は急です。


新しい感じのトレースがあります。山小屋は少し前から予約があれば管理人さんが来ていたそうですが、この週末から正式にオープンでした。前日に電話で予約しましたが、既に5人グループの予約が入ってるそうでした。


ようやく着きました。アンバン山小屋(2270m)。管理人さんが小屋の外で作業中でした。
挨拶をし、とても爽やかで話しやすい方だったので最近のお天気やここのエリアの話、10月に来た時に歩いた場所についてなど15分くらい話しました。


小屋前のテラスで休憩します。次男と一緒の時はあんまりガツガツと歩かずに、休憩をゆっくり目にとったり、ご飯もひとりのときよりもちゃんとしたものを作ったり、コースもそうきつくないけれど、きれいなところを選ぶようにしています。山は楽しいと思って欲しいし、これからももっと来て欲しいので・・・


10月に来た時は今日よりもさらにだいぶ標高の低い駐車場から歩き始めました。大きく周回する予定だったので、2日目に降りてくる別の駐車場からあまりたくさん林道を歩かないために中間地点を取ったためです。その日はモン・ダンバンという3378mの山に登りました。
今日は色々考えて、管理人さんとも話した結果、2800mのノワール湖まで行くことにしました。雪を被っててまだ全然融けてないはずですが、まあ行き先として設定しただけのことです。もうひとつ、2600m台にもアンバン湖という湖があるのですが、そこでもまだ融けてないだろうし地形的に盆地っぽくなってるので景色が面白くないかなと思いました。


ザックの中の要らないものは山小屋に置かせてもらい少し身軽になって再出発です。
山小屋が遠くなっていきます。


しばらくは緩やかながらも傾斜があり、一歩一歩滑らないように踏ん張りながら歩くのは疲れるので早い目にアイゼンを付けておくことにしました。これで荷物もちょっと軽くなるし(^^)


振り返ったところ。


んー、確かこの辺で右側の斜面を登るんよね・・・雪で道が見えません。上の方の雪ないところを目を凝らして探してみても残念ながら見つかりません。見えたら、その辺目指して適当に登っていくんだけど。


あーそうだそうだ、橋を渡るんだった!いいこと思い出した♬
あ、でも、、この厚さの雪。橋は完全に雪に隠れているようでどこを探しても見当たりませんでした。仕方なしに適当なところから渡ります。


で、適当なところから登っていくと、しばらくしてハイキング道に合流することが出来ました(´▽`) ホッ


この辺りは雪融けが進んでいてほぼ夏山感覚で楽に歩くことが出来ました。


しかしこの斜面も場所によってはまだ雪が結構残っています。


わたしの大好きなプルサチーユ(ツクモグサ)の毛深いやつがこの辺りにはあちこちに咲いていました。春から初夏にかけての花です。


雪が時々あるので、時々ハイキングコースを見失うこともありましたが、大体どちらに向かうかは分かるので適当に上がっていくとまたハイキングコースににぶつかる、というパターンで進んで行きました。慎重にハイキングコースのみを必死で探して、とかやってると全然進めません(^^;


マーモットが見張りをしていました。


お決まりのポーズ。直立不動です^^;


写真の中央やや右の奥、2600mの地点にアンバン湖があります。一方左側の岩々したところの隙間の雪の残っているところをぐるっと左奥に登っていくと、その先に10月に登ったモン・ダンバンがあります。


雪山をバックに絵になります。


つぼみが開きかけのものは、外側が薄く青みががっており、それも美しい・・・



次回に続きます。

3つの峠道路をハシゴして帰宅

もう3週間も経ってしまった6月初旬の南仏メルカントゥール国立公園への遠征。
峠道路を中心に帰ってきました。標高の高い峠道路は雪のために5月末か6月初めから10月末か11月初めくらいまでの約5ヵ月しか開通しておらず、この時期は2000m以上の峠道路の開通が相次いだ頃でした。峠道路の開通ニュースを聞くと「ああ、夏が来たんだな」という気分になります。


ボネット道路はアスファルト舗装がされている最もヨーロッパで標高が高い道路とされていますが、峠自体は2715mの地点になるので国内3番目となります。行きはこの道路が開通した翌日に通過しました(*´▽`*)


峠が近づくにつれ雪の壁が高く残っている場所が増えてきます。サイクリストさんに何人もすれ違いました。すごい根性・・・敬服のひとことです💦


峠に到着しつつあります。サイクリストやバイクが多く停まっています。
小高いのはシーム・ド・ラ・ボネット。峠からここの頂上へとループ道路が作られており、2802mのこの部分をもってヨーロッパいち、としているようですが除雪作業が終わっておらず入ることはできませんでした。


峠の反対側すぐに駐車しました。意外なことに峠部分にはこれといった広い駐車場はありません。道路自体には数台停められる駐車スペースが至る所に作られているのですが。


この地方の7つの峠を網羅するコースがあるようです。どなたかの自転車が立てかけられていました。


バイクのナンバープレートを見るとフランスナンバーよりもイタリア、ベルギー、ドイツといった外国のバイクの方が多く、4、5人ずつのグループになっていました。


山には一眼持って行かないけど車に置いていたので景色を撮っている次男。


次男にスマホで撮ってもらったら指が写り込んでました(;´・ω・)どうした、カメラ小僧!?


峠で10分ほど休憩&写真タイムの後はまた出発です。峠の手前はニースが県庁所在地のアルプ=マリティーム県でしたが、こちら側はアルプ・ド・オート・プロヴァンス県になります。


こちらからもどんどん登ってきます。お疲れ様です!


行きはこの近くで7時過ぎくらいに夜ご飯をピクニックしたのでした。9時半くらいまでは明るいので昼間のピクニックとなんら変わりませんでしたが・・・


湖を通過します。テーブルがあるのでお昼ご飯中の家族がありました。ハイキングで頑張って登らないと出会いないような景色の中で車でささっと来てピクニックや食後の散歩(5分でもよし)ができるなんて峠道路万歳です(*´▽`*)


峠道路も終わりに近づいたところに、行きに目を付けていた農家があります。


羊チーズを製造・販売している農家です。この地方はピレネー同様、羊チーズが盛んに作られています。


奥さんが出てきてくれました。フレッシュなものや羊ヨーグルト、ジャムも売っています。フレッシュなものを2種類2個ずつ、熟成された硬い目のを少し切ってもらいました。わたしにしては少ないお買い物ですがバスクから帰ったばかりでピレネーの羊チーズがうちにたくさんあったためです。


のどかな風景に癒されます。さて、わたし達はドライブ(ってうちに帰るだけ)の続きがあります。


ボネット道路から下りてしばらく走るとヴァルス峠道路が始まる地点があります。
この看板はフランスの峠道路の手前やそこに繋がる少し前の他の道路に立ててある看板で開いているかどうかが分かるようになっています。この道路は峠近くにスキー場があるため、基本冬期閉鎖はされませんが、大量の積雪直後や雪崩等で時折閉鎖されることはあります。2109mでフランスで10番目に標高が高い峠道路です。


お天気が相変わらずイマイチですけど、フランスは5月ずっとと6月半ばくらいまでお天気が悪い日の方が多く、1日晴れてもまた数日曇りや雨、といった安定しない天気だったため、3日の遠征でほとんど雨に降られなかっただけでもよしと思っています。


1時前だったので峠に着く前だけど適当な場所に車を停めてお昼ご飯にします。


前の日に山小屋での晩ご飯に使ったインスタントトマトスープが少し(一人分くらい)残っていたので次男と半分こしました。


今さきほど買ったばかりの羊のフレッシュチーズと、持って来ていたチーズ達。


そして秘密兵器の登場です。日本に帰った時に父が「インスタントラーメンのなかで一番うまい」と言っているマルちゃん正麺。ただしこれは従兄夫妻が少し前にこちらに遊びに来た時に持って来てくれたお土産の一部です。


いただきまーす。おいしい(*´ω`*)


ピクニックの後、峠に向かって再出発。10分もしないうちに着きました。バイクや自転車の人で賑わっていたボネット峠とは程遠く、2台のバイクが停まっていただけでした…


峠道路などに設置されている「頂上まであと何キロ、ここの傾斜何度」という表示がさてている看板。ここは頂上(sommet)ですので距離も傾斜も書かれていません。


峠からどんどん下っていくとホテルかレストランのような建物が。。


REFUGE NAPOLEON・・・( ゚д゚)ハッ! これはナポレオン3世の時代にこの地方の6つの峠近くに作られた旅籠のうち、現在も営業されている3つのうちのひとつです。
去年の12月、イゾアール峠のナポレオン山小屋でランチをしましたが、建物がそっくりです。


12月は当然峠道路は閉鎖されています。スノーシューで周辺を周回した時に寄りました。山スキーやスノーシューの人が多いので峠道路が閉まっていても雪がたっぷりある時期は営業しているとのことでした。


ちなみに6つのうち、3つは既に朽ち果てています。例えば昨年5月、たまたまスノーシュー中に出会ったラクロワ峠(ケラ山塊)のナポレオン山小屋。第二次世界大戦中に破壊されたらしいです。


さて、最後は普段からよく通るロータレ峠に向かいます。ブリアンソネ地方からエクラン方面に入ってきます。可愛いアルピニストの像が立っています。


3000mから4000m近くにもなる山々が次々に現れる美しい道路です。道幅も広く、峠前後のカーブもうまく作られていて絶景なのに運転していて全然疲れない素晴らしいルートです。基本通年開通していて便利なのでよく利用しています。


道路の右側はセルス山塊、左がエクラン国立公園になります。


ロータレ峠でコーヒー休憩することに。カフェ・レストランが2、3軒あります。


自転車の人が多いので(去年もツール・ド・フランスが通りました)「ここで写真撮れよ(インスタ映え)」っぽいものが作られています。ここのカフェでコーヒー&トイレ休憩をしました。


ロータレ峠からは別の峠道路が出ています。ボネット峠に次いで国内4番目に高いガリビエ峠(2645m)ですが、この時はまだ開通しておらず、その1週間後にオープンしました。


峠道路をどんどん下りていきます。白いスイセンが群生していました。


あまりにすごいので車を停めて写真を撮りに外に出ました。


この約1週間前にピレネーでは黄色いスイセンばかり群生しているのに遭遇しましたが、ここは白いものばかりでした。


斜面を登ってしまいました、つい癖で(^^ゞ 次男もカメラを持ってスイセンを激写しまくってました。
この後、これといった渋滞もなく2時間半ほどで自宅に帰ることが出来ました。早くにメルカントゥールを出発出来たので(ハイキング後に道路を歩いて車まで戻ってる最中、拾ってくれた民宿の奥さんのおかげもあります)夕方6時すぎの帰宅で、翌日の学校や仕事に響くこともありませんでした(*'▽')



めちゃくちゃ長くなったメルカントゥールおよびバカンス(そう、17日間に及ぶバカンスの最終の3日間でした)記、読んで下さった方どうもありがとうございます。