randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

辛うじて森林限界を越えてフォーでランチ

想定外にたくさん林道を歩かされるという林道事件から始まった2週間前のハイキング。最終駐車場まで延々とアップダウンが続くイヤーな林道を2時間半歩き1日のエネルギーの半分以上は使い果たした気がしますが、標高的には150mくらいしか上がっていません💧 ちゃんと下調べしてこなかった自分が腹正しく、あまりの進んでいなさに軽い眩暈さえ起こしそうでした。
林道が終わった後もだいぶ森の部分が続きました。普段から「スノーシューでも森の中のコースばっかり歩くなんて冗談じゃないぜ~」とかうそぶいていたため、バチが当たったのかもしれません(;´Д`)


それでも、まあようやく森の部分は出ました。この時点で11時半。出発からなんと4時間が経っています。森の部分は長くても2時間以内というのが理想なんですが・・・呪われているとしか思えません。


さて、目的地のグラン・ガルベール(2561m)はここからは見えません。その手前、同じ稜線上にある頂上であるポワント・ド・レギーユ(2283m)がすぐ手前にある尖がりです。グラン・ガルベールまでは距離的というか時間的に無理そうだと実感し始めています。というのも、林道の部分がアップダウンだらけでやたらと距離が長かったということは帰りも相当時間がかかるであろうということです。普通は行きは登りなので時間がかかっても、帰りは早く下りられるものなのですが・・・
それにこの地点、まだ1800m台です。手前のやつに登るだけでも400mくらいはあります (つд⊂)エーン 夏山なら1時間もあれば余裕で登れる高低差でも、ズボズボとはまる雪の上を歩くときは400mは1時間半くらいかかるとみていいでしょう。


振り返って。全くのノートレース地帯です。日曜だってのに全然人気がないみたいです・・・( ゚д゚)ハッ!  そりゃそうよね・・誰もあの林道歩きたくないよね(~_~;)


登りはじめ。いくつかの雪に埋もれたシャレーの横を通りました。地図にシャレーが複数あるように載っていてその辺りから登り始めると無駄なアップダウンがなさそうだったので、遠くから目を皿のようにしてシャレー群を探しつつ歩いていたのでした。


もう12時過ぎです。お腹すき過ぎたので立ったままおやつ休憩です。健康食品っぽい(でも普通のスーパーに売ってる)チアシード入りクッキー。てかそんなことどーでもいいくらい貪り食います💦


出発から4時間歩き通しでいっぱい登ったはずなのに標高的には400mも登ってないという事実に愕然・・・


あまり考えないようにして続きを登り続けます。とりあえず高台(広い意味で稜線の初めの部分)に出たい・・・結構急でノートレ―ス、雪も表面が柔らかくて一歩一歩沈んでしまい疲れます。結構、木あるな・・・これって。。森じゃないよね?山に木がちょっと生えてるだけだよね?もう森は抜けていると信じたい自分を慰めます(;・∀・)


平たい台地のようなところに出てこられました。


これは・・・鳥さんの足跡でしょうか。林道部分にテトラ・リール(ライチョウの仲間)の生息地域だと書いていたのでそうかもしれないし、別の鳥さんかもしれません。


これが妥協策の方の頂上ですが・・これさえも行く気がしません(T_T) 
もう1時前です。5時間半も歩いています(;´Д`) 普通だったら1000mくらい登って爽やかな気分でランチして、恐らくもう帰りかけてる時間帯なのに(-_-;) もうどこでもいいから適当にご飯食べるところを探そう・・


5時間半ひたすら登ったり下りたりして疲れ切って稼いだ標高がたったの550mΣ( ̄□ ̄|||)


タイユフェール山塊の最高峰、ル・タイユフェール(中央)、2番に高いラ・ピラミッド(左)、そして右はロシェ・ド・キュラソン。寄り添うようにそびえる3つの山の真正面にちょうど雪が融けている場所を見つけたのでここで休憩にしたいと思います。


久々にフォーが食べたくなってミントやパクチー、それにフォーには多分通常入れないタイバジルも持って来ました。キツいハーブ類大好き💕
ついこないだまで雪山は零下のことが多かったのでハーブとかは凍ってヘナヘナになってしまうので持って来られませんでした。


肉っ気がないのがちょっと寂しいことに気付きましたがお肉持ってくるほどは気合入っていませんでした(;´Д`)


ボーフォールチーズとターメリック風味のパン(ヘーゼルナッツとクルミ入り)も。


林道事件に打ちのめされ、妥協策の山にも登る気が起こらないため、さすがにピストンで同じ林道を通って帰るとそれこそ嫌な思い出のハイキングになりそうだったので、せめてもの打開策(妥協策に打開策😅)として、違うところから下りたいと思います。行きに通ったのとは全く違うところを夏のコースが通っており、駐車場まで帰られるようになっています。急斜面の麓を歩くとかもないし、雪崩の心配もなさそうなのでそちらから戻ろうと思います。


前の高い山3つの手前にはいくつもの湖(大きいのがひとつ、あとは無数の小さなもの)があります。そしてその湖のあたりから右側の谷(写真には写っていない)に向かって駐車場に帰ることが出来ます。
ここから真下へ向かうと最短距離になりますが、まずそこそこの急斜面を下りないといけなくて、その後また登るという割と大きなアップダウンになり、もう今日死ぬほどアップダウンしてきたので毛嫌いし、遠回りでもアップダウンの少ないところを通ることに決めました。赤い線のように歩いてみたいと思います。


比較的穏やかな斜面を下りていきます。


遠くに尖ってるのが、元々の目標だったグラン・ガルベール。全っ然論外でした(^▽^;)


これは登りません。横目に見つつ下りていきます。

・・・あれ、でも。。


目の前の土手っぽいとこ登ってもう少し先のまた土手みたいなの(って稜線💦)まで行くと、エクラン国立公園やグランド・ルース山塊の美しい山が見える(゚д゚)!
無意識に足がそちらに向かいかけました。・・・が、冷静なわたしがブレーキをかけます。「ただでさえ遅くなりそうなのにもっと遅くなるよ。それに霞んできたからいうほどきれいに見えないよ・・・」
そうですね、それが正解でしょう。くるりと元々目指していた方向に再び向かいます。


風の作った模様。尾根でも何でもないけど雪庇っぽくなっています。
雪山も雪自体も特別好きではないし、寒いし雪崩怖いし今日みたいに林道事件も起こるし登れる山は夏の10分の1以下だし、昨年11月始めから丸々半年も雪の中ウロウロしてて正直飽きてきましたが、自然の造形美という意味では雪、それも残雪ではなくそこそこ新しい雪のあるときにしか見られない面白いものもあるので、残り少ない機会を楽しもうとは思っています。


もう一度、相手にもされなかった(;´Д`)グラン・ガルベールをズームで(画像の右半分)・・・奥にベルドンヌ山塊の最高峰、グラン・ピック・ド・ベルドンヌが頭を出していました。


この辺が湖のはずです。スキーヤーのトレースが2本あります。


その谷を下りていくようです。


ひたすら下りていきます。最後は森に突入です。


林道の終着地点にある湖の氷が融けている最中でした。1600m台の地点ですので、標高2000mや2500mの湖が融けるのはだいぶ後のことでしょう。


残念ながら空が曇っていますが、晴天なら水面がきれいな水色になると思うので少し残念。


中央らへんも少し融けていました。


グラフに注目してください。
またアップダウンいっぱいのあるところ歩いてきています(~_~;)


もう少しです。もう疲れたし林道面白くないし天気も思いっきり曇ってきたし、何一つ楽しいことなんてありません(;´Д`)
林道の最後の部分はもう来るの3回目くらいの場所でショートカットの仕方が分かるので少し時間短縮できました。


ショートカットしてると変なとこから駐車場に出てきました💦


とりあえずお腹が空き過ぎていて、速攻ブリオッシュを貪り食います(;'∀')
車に戻ったのは6時過ぎ。朝歩き始めて実に11時間近く経っていました。うち合計1時間も休憩していないので10時間くらい歩いたことになります。うち7時間くらい林道+森林部(◎_◎;)
何かの罰かと思うような1日でした。


駐車場に着く少し前から雨が降っています。歩いてる途中にザーザー降りにならなくてよかった・・・


かと思うと高速の途中で回復してきました。
今年は縁がなかった、と思っていた林道事件に遭遇してしまいめっちゃ疲れた一日でした。

油断していて林道にやられる(;´Д`)

昨年度雪山シーズン(2016年冬~2017年春。だって今年はまだ雪いっぱいあってまだシーズン終わった感ないので💧)は2度3度と林道事件が起こりました。林道事件とはわたしが勝手に決めた言葉で、雪のある季節に「きっと○○辺りまで車で行けるやろ」と何の根拠もなく楽観視していて、いざ来てみるとそれよりも大幅に標高の低い位置から除雪されておらず、とんでもない距離の林道を余分に歩かされることです。想定していた駐車場に徒歩で着くころには疲労困憊、目的地までなんてとても行く時間も元気もない、ということになります。昨シーズンの最悪なパターンでは林道だけで高低差1000m分登ったり、新雪の深い雪の林道を4時間近く歩くというようなことがありました。
シーズン初めや真っ只中はいちいち村役場や観光案内所などに電話して除雪状況を確かめていたのに、暖かくなり始めると「もう融けてる頃やろ・・」と勝手に思い込んで確認もせずに出掛けてしまった結果です。


今シーズンは特に雪が多かったので去年以上に警戒して冬の間、林道は全てアウトとみなし、確実に除雪がされている通年で人が住んでいる村やスキー場近くからの出発ばかりでした。しかし最近初夏を思わせる汗ばむ陽気の日が続いたため、また悪い癖がでてしまいました・・・
以下、2週間前のハイキング記になります。


行く途中で車から見かけた馬さん。桜も咲いていて(こちらは田舎の桜はサクランボの木です)春爛漫という感じ✨この時は林道事件が起こるとはまだ考えもしていませんでした・・・


行き先は今シーズン既に何度か来ているタイユフェール山塊。2時間弱で来られる比較的近場になります。
1か月前にここらに来た時は麓の村やスキー場からほんの少しだけ上がった標高約1500mくらいの地点が最終除雪地点だったので、少なくともその先の駐車場か、あわよくば最終駐車場まで除雪されてるかも、と勝手に想像して朝家を出ました。


すると・・
1か月前と全く同じ地点で通行止めになっていました_| ̄|○ もう4月半ばだというのに。
前回と全く同じく、除雪車の隣に停めます。おい、お前働けよ・・・
駐車場周辺の景色を見る限り1か月前に比べて雪はかなり融けてる感じがしたのですが。。


これは歩き始めてすぐです。前回とあまり変わらない量の雪が残っています(;´Д`)
ただ、雪はかなり踏みならされているうえ、まだ朝早く(7時半出発)硬かったので初めはスノーシューはザックに引っかけて歩き始めました。


しかし間もなく雪の量も増えて足が一歩一歩かなり沈むようになってきたのでスノーシューを付けました。


上の看板は、この辺りがテトラ・リールと呼ばれるライチョウの仲間の鳥の生息地帯で冬眠ゾーンがあるからそこは歩くのを避けてください、と呼び掛けています。
その下が・・・お馴染みの「スノーシューのやつは低い辺りウロウロしとけよ(わたしが勝手に言ってるだけです)」コースのマーク。他の山でも共通で今まで何度も見たことがありますが、問題はその上です。これは・・ベビーカー?ベビーカーでも歩けますよって??まさかね・・ここでしか見たことのないマークです(;・∀・)


こんな看板も。「狩猟期間中。皆さん注意を。自然の中でよい一日を・・・」誰かがマジックで「金曜以外」と書き足しています。金曜は狩猟禁止になってるんでしょうか。今日は金曜ではないので間違って撃たれないかドキドキします(;´Д`)


曇り時々晴れの予報ですが、今のところかなり爽やかな青空が見えています。


木が途切れると左手に見えるシャルトルーズ山塊。


歩いて行く方向にはベルドンヌ山塊が見え始めました。林道、長くて退屈なのでこうやって遠くの山でも見えているとせめて気分転換にもなります。


一瞬、木がなくなって「林道終わり!?」みたいになるんですが・・・


また木の茂ったゾーンになります。
「せめてここまでは来れるだろう」って思ってた駐車場の分岐に到着です(;´Д`)
もう1時間15分くらい歩いています。


あ・・前方の見晴らしが良くなりました。見覚えのある形の山が・・・

これこそ、今日の目的地、グラン・ガルベールです。
・・・って、、遠っっ!  
ここで改めてこの日の林道事件に焦点を当ててみましょう。
👇

わたしがハイキングに持って行った地図。しかし、地図に入ってる部分までは全然車で行けず・・・


ひとつ上の地図に、うちに置いていた別の地図をくっつけてみた画像です。これだけの林道部分が加算されました(+_+)
問題は、標高ではわたしが停めたところと最終駐車場は200m弱しか変わらないのですが、距離がとても長くてしかもアップダウンの連続なのです。しかも50m100mといった結構な単位で・・・
歩いても歩いても最終駐車場に着かないどころか、延々と登ったり下りたりでほとほと疲れてきました。


あ、避難小屋?


うわ、スカスカΣ( ̄□ ̄|||)
写真に入ってない右手のほうに丁寧にもベッドかテーブルにでもなりそうな広い板がちょっと高い位置に設置されていましたが、隙間風だらけでとても寝られたもんじゃなさそうです。


歩き疲れてお腹も空いてきたのでおやつにします。

2月に行ったイタリアで買ったシリアルバーです。シリアルというかナッツやドライフルーツのバー。買う時見えなかったんですが、下半分はホワイトチョコレートみたい・・・わたしホワイトチョコレート大嫌いなんですが。うう・・詐欺にあった気分です。でもお腹空いてるし、食べるとするか。。あれ、下の部分、ホワイトチョコっていうかココナッツ風味ヨーグルトみたいな味です。ホワイトチョコっぽさは隠しきれてないものの、とりあえず許すか、みたいな気分になりました。


あ・・ようやく最終駐車場に着いたみたいです。看板、思いっきり埋まってます。どーやってここまで車で来られるとか寝ぼけたこと想像したんでしょうか💦


出発から2時間15分が過ぎています。上のグラフみたいなのでアップダウンだらけだった様子が分かります。


林道は終わっているのですが、まだしばらく森の中を歩きます。ハイキングでありがちなことですが小川に沿ったところを歩くことも多いため、雪どけや大雨のあとは道を水がジャージャーと流れてるという💧 ひどいところは平行したところを歩きましたが木が邪魔だったり足が沈んでやたらと時間を食いました。


林道・・もとい、森、もう勘弁して~~
ちょっと開けたところにでてきました。地図をみても森はそこまで長くは続かないはずです。


この日、ここまで森を出たかと思えばまた木の多くなる、というパターンが続いていましたが今度こそ森はお終いっぽいです。森を出るまで既に4時間近く歩きました(^_^;)




次回(後編)に続きます。

Aちゃんと山頂で豪華ピクニック

Aちゃんとスノーシューで歩きに来たボーフォータン山塊(別名ボーダフォン山塊。違)。1315mのグラン・ナーヴ村の駐車場からポワント・ド・ゾンフィエ(2460m)に登ってきました。


頂上から。奥はヴァノワーズ。手前の山、ル・ケルモ(2297m)には1月に同じ駐車場から違うところを通ってチャレンジしましたが最後の部分が巨大雪庇になっており、頂上少し前で諦めました。


Aちゃんとハイキングの時は毎回事前に「わたし○○持って行くでしょ~、あんた○○持って来て」と細かいチェックを行います。お互い食いしん坊でおいしいもの大好きなのですが、必要なものが足りなかったり、逆に無駄に持って来てはまた持って下りて、というのが嫌な合理主義女子二人組です(^▽^;)
これが同じ食いしん坊仲間でも男子の場合、ふたりなのにワインもハーフボトルとか考えられないみたいで普通のボトルで持って来ちゃいますしねー・・食料もふたりなのに5人分くらいあったり(;´▽`A``


わたしはパン、サラミ、ワインにポテチを持って来ました。
Aちゃんはジェットボイルとスープ、コンテチーズ(熟成期間長くて超おいしかった!)、コルシカ島の豚の血とレバー入りサラミ、ドライフルーツとチョコレートを持って来てくれました。あ、それと一番このピクニックの主役となった白トリュフ入りのハム(右下)です✨


ブルゴーニュの赤、オート・コート・ド・ニュイですが、ちょっと温度低すぎたせいかタンニンが逃げてくれずに若い感じの味のままでした。12月に彼女とヴァノワーズ国立公園でスノーシューハイキング中にマイナス15度の中ピクニックして開けたのは同じブルゴーニュでも白のピュリニー・モンラシェでした。雪にコップを置いているとみるみるうちにシャーベット状になってきたのでした(◎_◎;) 温度低すぎるのはほんとはいいワインに適してないんですけど、雪の上だとどうしてもそうなってしまいます。


あんたのこと考えてちょっと面白いスープ買ってきたのよね・・とAちゃん。


「ほら。」・・て、味噌汁ですかΣ(゚Д゚)
日本食ブームの今、わざわざアジア食材店に行かなくともちょっと大きなスーパーでは日本食材のいくつかは売っています。これも普通のスーパーで買ったそうです。


なんか2種類あるみたいよ。TOFUと・・えーともうひとつは。。たぶんわかめだかなんだかそんな感じですが、お豆腐のをありがたくいただきました。気の利くAちゃん、ありがとう!


そしてトリュフの強烈な香りが漂いまくるハム。市内の高級食材店の量り売りで豪快に6枚も買ってきてくれました。


ハーフボトルだったのでワインも余裕で空に。楽しいピクニックタイムになりました。やはり風が辛いので食べ終わったら座ってる気もしません💦さっさと退散することにしましょう。


お天気も青空から白っぽくなってきてしまいました。
稜線部分をまず下りていきます。


稜線も急な傾斜は長く続きません。徐々に緩やかになってきます。


あとは斜面をドドドっと走り下りるだけ~


行きはスキーやスノーシューのトレースを適当にショートカットして登ってきたので、行きには見かけなかったかわいい看板に出会いました。


大体、冬用の看板なんて立ててくれてるところの方が珍しいのに(駐車場と山小屋の間だけでしたが)、しかもファンタジーな感じです(;´∀`)


森に入る直前にあるミニ礼拝コーナー。お地蔵さまではなくマリア様が入っています。


誰かが鉢植えのお花を置いて行ってますが、まだこの場所って寒ぎするんじゃないでしょうか??誰か定期的に水をやってくれるのでしょうか・・・ちょっと気になってしまいました。


そちらの窪んだ方向を目指します。


右上のが、つい最近まで冬季営業中だったらしい(年始から4月上旬まで、と麓の村に書いてありました)ナン・デュ・ブール山小屋(2060m)。
去年の3月に来た時は研修中のガイドさん達で賑わっており、ビールをご馳走になったのでした(*'▽')


どんどん下りていきます。川の対岸に土柱になったところがあります。


1500m台。1m以上の積雪がありました。今頃は(これは2週間ちょっと前のハイキング)だいぶ融けているのかもしれません。


プリムラとフキノトウあたりがところどころに咲着ていました。よく見るとプリムラの根元にカタツムリが・・


駐車場まで早歩きです。


グラン・ナーヴの村(1315m)がすぐ目の下です。


ハイキング道の終わり。村から直接スノーシューで歩けてラッキーでした。


水場がふたつほどあるのでスノーシューを洗っていきます。


Aちゃんは実はこのハイキングの日の1週間後にサヴォア県(このボーフォータン山塊なんかも含む)の県庁所在地の町、シャンベリーに引っ越したのでした。山好きが高まって、より山に近い方面に転職したのです。
村の貸し家(週単位とかで借りられる)の前で値段とか真剣に見て写真撮ってました。「休みのときに借りれそう~」本格的な山の人になっていくんですね・・・


先ほどはお腹いっぱいで食べられなかったデザート。ここで食べていきます。ケシの実入りレモンケーキです。


Aちゃんの運転でラクチンに帰ります。


村から下りる途中、一応県道なのにまるで誰かんちに入るときみたいな不自然な鋭角の曲がり角があり、2回切り返ししないと曲がれなくて笑いがこみ上げてくる地点。Aちゃんに聞いてみます。「ね、これどうなん?一回で曲がれる人おるん?」「うーん、スクーターとか!?」


朝早くに出発した甲斐があり、まだ明るいうちにうちに帰ることが出来ました。Aちゃん、運転お疲れさまでした。この日の1週間後に引っ越してしまったけどそちら方面の山に行くときはまた一緒に行こう、何ならうちに前泊してくれて大丈夫だから!と言ってくれています(*‘∀‘)