フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

我が家の奴隷王子たち✨

両足首骨折のため余儀なくされている車椅子生活を全面的に支えてくれている大学1年と高校生2年の息子たち。
普段から優しくて素直な母親思いの彼らはあまりに健気過ぎて、暴君っぽいわたしに仕える奴隷のようです(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
昔からわが家ではわたしの言うことに対して「いや」とか「でも」は禁句という教育をしてきていますが、それって普通のことだと思っていたけど違うんですか?(≧∀≦)


最近、ちょっと高貴な「奴隷王子」という呼び名をムラゴンの親しいブログ仲間のMAちゃんから頂きました✨


信頼が厚い奴隷1号。退院以来10日間、主にわたしの世話を見てくれてました。今週は大学の試験が5教科もあり、週末は彼女とイタリア旅行ととても忙しいので・・・


今週から学校が2週間のイースター休暇の奴隷2号にバトンタッチです。
2号はほのぼの愛されキャラなんですが、かなり鈍臭い・・・
今朝、洗濯物を干すのを頼みました。あ、洗濯物の中に自分がポケットから出し忘れたイヤホンを発見したみたい💦あーあ。。


いや、いけるかもしれん、ってスマホで確かめてみたら・・OK✨洗浄と脱水に耐えてくれたようです( ゚д゚)「イヤホン綺麗になった😊」


冷蔵庫に入ってるはずのものを探させてもなかなか見つけない´д` ;
1号があまりにいい仕事をするので、同じことを頼んでもなかな理解できない、上手くできない2号についイライラ。何度か苛立ってあまり優しくない言い方をしてしまい、自己嫌悪(ーー;)ゴメンね、こんなに頑張ってくれてんのに😰


お母さんも出来ることはするね!
とサラダにするためにキャベツとフェンネルを薄切りにしました。不自然な姿勢でたくさん切ったため、指、手首、背中と痛くなりました(>_<)


ベーコンを炒めてサラダに入れよう♪
ゆで卵と胡桃も入れてとてもおいしいサラダが出来ました。学校から帰ってきた1号も一緒にお昼ご飯に食べました(^O^)
いつも一生懸命にわたしの役に立とうと頑張ってくれているふたり。本当にありがとう💕



そんな彼らと初めて出かけたハイキングの話は、昔の話過ぎると思って今までブログにアップしていませんでした。4年前のことになりますが、お話したいと思います。


初めての家族ハイキングの割に一泊で計画しました。行き先は比較的近場のボージュ山塊です。今でも時々行きますが、今となっては近すぎて一泊で行こうとはまず考えない地方です(^▽^;)


4年前というとうちの子たちもこんなに幼かったんですねー。
行きに通りがかったエクス・レ・バンの町の観光なんかしちゃうとか、今と全く違う自分に驚きです(;^_^A 今なら一目散に出発地点の駐車場ですから・・夜明け前に出発して💦

森と草原を散策し、夕方には近くの修道院までドライブ。


1泊した民宿にて。うわー、贅沢😅
民宿ってのもまぁ今でもないことはないけど、冬とか夜到着とかで山の中での寝泊まりがキビシイ時のみです。


民宿のご主人が夕食前に近くの村のチーズ農家に連れて行ってくれました。ここで買ったチーズで作ったチーズスフレが夕食に出てきました。
実はこの農家はこの後もこっち方面に来ると必ず寄るお気に入りになっています。


翌朝。朝食前に前日とは別の農家に連れて行ってもらいました。朝食用に搾りたての牛乳を買いに来たのです。親父さんがわたしのためにコップに一杯絞ってくれました(*‘∀‘)


民宿のご主人と農家の息子さん。ここはトム・デ・ボージュというこの地方名産のチーズを作っています。ここの農家にも以降ハイキングがてら時々買いに来ています。


ハイキング前に村のパン屋さんに寄って昼食用とうちに持って帰る用のパンを買いました。


ハイキングは村からさらにもう少し上がったところにある標高978mの集落から歩き始めました。10月下旬でしたが、暖かい日だったのを覚えています。


ちょっときついところもありましたが、危ないようなところは全くないファミリーコースでした。一応ハイキング地図も事前に購入していました。今でもその地図はボロボロになってセロテープで繋ぎながらも現役として活躍しています。


1時間半くらいかけて目的地のシャレル峠(1475m)に着きました。雲海が見えて、うわーきれいなところ!とびっくりしました。


きれいな景色に子供たちも大はしゃぎでした。


その日に買って帰ったもの( ̄▽ ̄;)
村で買ったパンもめちゃくちゃおいしかったです。
とっても楽しい1泊旅行&ハイキングでしたが、もう10月も下旬だったこともありこの年はこのあと山に出かけることはありませんでした。スノーシューなんかで冬にも山に行き始めたのはもっと後になります。


こうやって振り返るとたった4年前なのにやたら初々しいです。まさか4年後には民宿の代わりにこういったところに3人で泊まるようになるとは。。☟

2018年。時期的に全く同じ10月下旬です。標高約2900mの地点…寒いっちゅーねん💦


4年後には家族ハイキングでこんなところを歩くようになると誰が想像したでしょうか。。☟

今年の2月、頑張って登ってくる子供たち。2泊なので食料とかで重たかったのに1000m近い高低差をスノーシューで頑張って登ってくれました。


唯一変わってないのは、ハイキング帰りのお買い物です(^^♪ ☟

これは・・確か今年2月。買いたいものがある場合、それを基準にハイキング先を考えてしまうこともあるくらい食いしん坊です(^^;)


わたしがこんな怪我をしてしまって当分の間ハイキングはお預けですが、彼らと出かける山へのお出かけはどれもかけがえのない宝石のような思い出になっています。早く治してまた一家できれいな景色を見たいです(*´ω`*)



今日もお付き合いいただいてありがとうございました。

骨折後初めてのお出掛け

入院中は寝たきり、退院後も車椅子生活で1歩も家を出ることがありませんでしたが、昨日約4週間ぶりの外出をしました(^O^)
といっても行き先は近所のかかりつけ医のところです。


両足首の怪我を診てもらうわけではありません。来月上旬にレントゲン撮影と近くの病院での診察の予約をとっており、その際医療タクシーが必要なわけですが、その費用は医療保険で賄われます。ただし前もって医師に書類を作成してもらう必要があり、2回分の往復費用は馬鹿にならないので面倒だけど出向くことに。


付き添いは次男です。徒歩4分ほどの距離ですが、車椅子で外の世界に出るのは初めてでドキドキ。朝から降っていた雨が何とか上がってくれました。
開放(複雑)骨折の左足首に付けられているサポートの器具は通行人の興味の対象になりそうなので、フリースのひざ掛けで目隠しです。雨上がりで肌寒く、裸足ってのも結構寒い・・・


無事、到着ε-(´∀`; )  エレベーターホールにて。
幸い、うちからここまで全く段差がありませんでした。普段気にもかけたことがなかったけれど、有り難いです。


大きな表札がある以外は普通のアパートの一室となんら違いはありません。フランスの開業医は大体こんな感じです。


待合室にて。
左足は高くしておかないと血行が悪くなってすぐ浮腫む、というか紫になってくるので次男の膝に足を置かせてもらってました。


早い目に着いたのに加え、遅れが出ていて30分以上待たされました。
退屈なのでスマホで登山ブログでも読もうとしたら…除雪車の広告出てきました:(;゙゚'ω゚'):わたしの興味の対象はそこまで広がっていると分析されているみたいです…


みよん一家が10年くらい前からお世話になっているかかりつけ医のM先生。
電話で簡単に説明していましたが、やはりこの足はインパクトあり過ぎてびっくりされてしまいました(-_-;) 


自宅への帰り道。あいにくまだ曇っていましたが、久しぶりの外は気持ちいいです。
わたしが木の写真を撮っていると次男が「迫る大自然!感動のパノラマ!」と茶化してきました(⌒-⌒; )


今週は長男は試験で忙しいので、今週、来週とイースター休みの高校2年生の次男がわたしの世話を見てくれています。


小学生の頃の次男。いつの間にか背もわたしよりも大きくなり、少しずつですが頼れる男の子になってきました。本当にありがとう(*^^*)



今日はお山の写真は3枚だけ・・・
お山にハマって4年になります。
入院&車椅子生活のこの4月は(どころか、もっと長い間になりますが)お山の写真はゼロです😢 2016~2018年の4月の写真を各1枚ずつだけ載せようと思います。


2016年4月下旬 ヴェルコール山塊
標高2000mにも満たない地点ですが、新雪が結構積もっていました。


2017年4月上旬 セルス山塊
雪の少ない冬でしたが、エリア的には雪深いところです。


2018年4月下旬 アルヴ山塊
昨年は雪の多い冬でした。スノーシューハイキングでの自己記録、高低差1600mを登って3230mの山頂へ✨



今日もお付き合いくださってありがとうございました。

骨折してるのにMillet(ミエ)の新しい靴(^^;

両足首骨折で今シーズンは絶望的(スポーツ関係の記事っぽく😅)なので、そこら辺に散らかっている登山靴は車椅子で移動するのに邪魔者以外の何者でもありません。


未練がましく靴を眺めていても仕方ないのでひとまとめにして子供たちに頼んで地下カーブ(物置)に片付けました。゚(゚´ω`゚)゚。
ところで紫色の軽めの靴、これは里山系ハイキングの時くらいにしか履かず、もっぱら長男の彼女に貸してあげる用になっていますσ(^_^;)


こんな感じに😅 エクラン国立公園で山小屋に1泊してみんなでハイキングした時の写真です。


それにしてもちょっと傷んできてるよね、、と自らに言い訳しつつ代わりとなる軽めの登山靴を購入したところだったんです、骨折の数日前に😭


ジャジャーン✨
Millet(ミエ)のものです。靴底がしっかりしていて、ハイカット気味でという条件で選びました。


2足持ってるメインの登山靴のひとつもミエのもので、現在女性モデルは生産ストップになっているそうです。靴底を一度替えてもらっています。


この日は別の用事があって登山靴店に寄ったらたまたま全店内30%オフ✨この値段の3割引です。日本円で1万4000円くらい。防水スプレーも1本購入。もっと色々買うべきだったかも⁈と思ったりしました。


しかし…この有り様ですよ( ;´Д`)
ショッピング、このくらいに留めておいて良かった💦


ちなみにその日は何しに登山靴店に行ったのかというと…


ミエでない方の靴(ドイツのマインデルというメーカー)の靴底修理をお願いしに行ったのでした。この写真は替え終わったもの。わたしは行けないので子供に取りに行ってもらいました。わー、まるで真っさら(≧∇≦)
靴底だけでなく爪先の部分も傷んでたので頼んであったのです。歩き易くてとても気に入ってる一足ですが、爪先の黒い部分の境目が結構すぐに少し剥がれてきたことが唯一気になる点です(少し剥がれただけでひどくはならなかった)。ミエの靴はもっと履いたのに靴底以外は全く傷んでいませんでした。購入価格は確かどちらも250ユーロ前後位だったように思います。


ちなみに怪我をした時に履いていたのはいずれでもないスノーシューの時用に合わせていた軽い靴でした。もしかしてこのメインにしているミエやマインデルのガッチリした靴だったらもっと軽い怪我で済んでいたかも…という気がしないでもありませんが今更言っても仕方ありません。命に関わる怪我でなかったことに感謝して治療に専念します。


さて、今日はまた春の終わりから初夏にかけて見られるお花の写真を少し載せます。
まるっこいのが可愛いTrolles(トロール)というお花です。


(シャルトルーズ山塊、2016年6月)
山塊を代表する山のひとつ、グラニエの麓で。


(ボージュ山塊、2016年6月)
放牧が盛んで全体的になだらかな印象の山塊ですが、正面のぺクロは岩々していて登り甲斐のある楽しい山です。


(ピレネー国立公園、2018年5月)
ピレネーは南に位置しているだけあり、アルプス系の山よりも開花が早い目です。


(ボージュ山塊、2018年6月)
背後にあるアルメーヌから下りてきた峠近くになります。この後正面のぺクロに登りました。



(ボージュ山塊、2018年6月)
先日テーマにしたプルサチーユ(白い花)と一緒に咲いていました。同時期に咲きますが、トロールの方が時期が短いように思います。



今日もお付き合いくださりありがとうございました。