フランスで山歩き

仏リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

2021年10月のブログ記事

  • 大学生の息子ふたりと湖畔ハイキング

    先月に18歳と21歳の息子たちと近場のお山にハイキングしに行った時のお話です。 行き先はベルドンヌ山塊の南部。グルノーブルからすぐのエリアです。 この日は土曜日。みんな午後から予定があるので、半日だけのお手軽ハイキングです。 荷物もピクニックの準備だけで軽やかに標高1300m台の駐車場を出発しまし... 続きをみる

  • 夏にソロテント泊した思い出

    夏の終わりにひとりでお手軽ハイキング&テント泊をした時のお話です。 先ほど登ったお山に何度か冬に来た時に、この辺も歩いたことがあったので、なんとなく目星はつけていました。 奥まで進んでみます。 夏の終わりによく見られるカ―リン。なんかドライフラワーみたいなお花です。 広くて平たい場所という記憶だっ... 続きをみる

  • 速報!ヨーロッパで一番標高が高い峠道に自転車で登ってきました

    2ヶ月も前のハイキング&テント泊記が途中ですが、嬉し過ぎるので簡単に報告だけ… 車では何度も来てるし、ブログにも書いているヨーロッパで一番標高が高い峠道、イズラン峠に自転車で登ってきました。 麓の村Bonneval(ボヌヴァル)から登るという手もあったんですが(14km、高低差約900m)、せっか... 続きをみる

  • 今ごろ夏の思い出

    記事にしていなかった8月末のハイキングがあったので、今更ながら書き留めておきたいと思います。ブログにも書いた友人Oさんとの避難小屋泊ハイキングの帰り道のことでした。 その日は避難小屋から下りてきたのが午前中だったので、Oさんと別れた後ひとりで同じ県の少しだけ離れたお山地方に来ました。途中、こんな怖... 続きをみる

  • 避難小屋2泊目・お客さん達と過ごす夕べ

    2泊もすると避難小屋も自宅感覚で、自分よりも後にやって来るハイキング客はお客さんのような気がしてしまいます。そして不思議なもので、後からくる側は「あ、お邪魔します…すんませんね💦」って気になるんですよね、避難小屋はみんなのものなのに(;^_^A 1泊目の夜は若者グループふたつと一緒になりましたが... 続きをみる

  • ブルーベリー集めつつ我が家へ

    お山にブルーベリーがいっぱいなっていた先月のハイキング記の続きです。最近でもお山にブルーベリーは少しは残っていますが干からびた感じになってきました(;^_^A 2857mで同名の山塊の最高峰になるル・タイユフェール。 登るのは3度目になります。1度は冬山、一度は夏に同僚で山友のS君と登りました。 ... 続きをみる

  • 速報・新しい友人Bさんと自転車&ハイキング

    先月の避難小屋泊ソロハイキング記が途中なんですが…近況を挟みます。 夏の終わりにハイキング中に知り合ったBさんはサヴォワ地方にお住まいで、山歩きや自転車が大好きだそう。今週末は一緒にお山アクティビティ三昧でした。 Bさんのロードバイク。初夏に新調したばかりなんだとか。カッコいい✨ 山道を中心にした... 続きをみる

  • 岩岩乗り越えて頂上へ

    避難小屋にメインのザックを置いて身軽に向かったのはタイユフェール山塊最高峰のル・タイユフェール(2857m)。以前に2度登頂したときは別の斜面から登ったので、こちらからは初めてです。 しょっぱなから急です。 ピンクの下線が引かれているのが頂上。その上のピンクの線が今登っているコースです。出発した辺... 続きをみる

  • 満員御礼だった避難小屋での朝

    マットレスの数だけ泊り客があったという意味ですが、実際には詰めたらその倍くらいは泊まれる避難小屋です。3人組の男の子と、4人組の男女プラスわたしで8人でした。 若者たちは熟睡中です。そっと寝床を抜け出して外に出ます。 入り口からの景色。 椅子を小屋から持って出ました。 9月の前半のことでしたので、... 続きをみる

  • またあれの季節になってきた

    避難小屋の話ばかりで書いている自分も(多分読んでくださっている方も)ちょっとイヤになってきたので、今回は日常生活を挟みます(^-^; 日本もぐっと冷え込んできたみたいですか、我が家でも寒い季節を中心に(でも一年中食べてる)あれが昨日登場しました。 白ワインにニンニクと黒コショウ、ナツメグのすりおろ... 続きをみる

  • 若者グループと相部屋になった避難小屋の夜

    相部屋も何も、避難小屋ってまず一部屋しかないので誰か来たら相部屋になるんですけどね。この夏何度も避難小屋に泊まりましたが、一人のこともあれば、他に誰かいたこともありました。 今まで何度かハイキング中に覗いては「いつか泊まりに来たい」と思っていたラ・ジャス避難小屋(標高2010m)。ついに願いが叶い... 続きをみる

  • ずっと泊まりたかった避難小屋へ

    先月、ひとりで避難小屋泊ハイキングをした時の話です。ちょっぴり迷いつつも、予定していた避難小屋に到着したところまで書きました。 いい感じところに建っている好みのこじんまりとした小屋で、泊まってみたいと以前から思っていたのです。 標高2010mの地点にあるラ・ジャス避難小屋。 メインハイキングコース... 続きをみる

  • 速報・ガリビエ峠に自転車で登りました

    先月の避難小屋泊ソロハイキング記を書き始めたところなんですが… ロードバイク歴2年目、しかも実質数ヶ月くらいしか乗っていないわたしですが、憧れのガリビエ峠を今朝ヒルクライムしました。 峠は2642mですが、ひとつ下にあるロータレ峠(2057m)から登ったので、片道8,5km、獲得標高600m弱のお... 続きをみる

  • 3週末連続の避難小屋泊ハイキング

    先月、避難小屋に泊まるのが大流行していた時のハイキング記です。 前の週は18歳の次男が付き添ってくれ、地元に住む友人が避難小屋に合流してくれましたが今回はソロです。 出発地点の駐車場のハイキング客用の看板。 この日の出発地点は標高1600m台とかなり高い目です。 初めは林道をしばらく歩きます。 駐... 続きをみる

  • 自転車とリヨンの町の日常風景

    避難小屋泊ハイキングが続き過ぎるので、リヨンの街角の風景で一息入れることにします。 今月は自転車が大ブームなので(^^♪ 週末などまとまった時間がある時は近郊の丘陵地へ行くこともあるし、1~2時間でリヨンの町の坂道をコースに取り入れて自転車を楽しんでいます。 最近考え付いたいいコースを紹介します。... 続きをみる

  • ちょっと怖い山から下山&ピクニック

    先月に次男と、知り合って間もない友人Bさんと3人で山歩きをした時のお話です。 Bさんの地元のお山、ロニエ(2341m)に登りました。最後の稜線の部分は急で幅も狭いのが苦手というBさんは遠回りの別のルートから登り、下りもそのように二手に分かれて下りました。 次男もわたしもこういう場所は苦手どころかア... 続きをみる

  • 新しい山友・Bさんと頂上へ

    9月に次男と、その1週間前にハイキング中に知り合ったBさんという方と3人で1泊ハイキングをした時のお話です。 まずは、峠っぽくなっているところを目指します。常に急な斜面ばかりです。 Bさんはすぐ麓の町にお住まいなので、このロニエという山にも何度も登ったことがあるそうです。 最後の稜線にアタックする... 続きをみる

  • 超地元人・Bさんと山歩き

    9月のお話です。1週間前にハイキング中に知り合ったBさんという方と次男と3人で避難小屋泊ハイキングをしました。 Bさんも次男もまだ寝ているので、そーっと小屋を抜け出してマジックアワーを楽しみました。向かいに見えるのはシャルトル―ズ山塊を代表する山のひとつ、グラニエ。 山肌が白っぽく見えるのは、雪で... 続きをみる

  • 避難小屋にスペシャルゲスト登場

    9月に次男と出掛けた避難小屋泊ハイキング記です。 実はこの日、ある方と現地待ち合わせをしていました。 1800m台の牧草地にあるプラチエール避難小屋前の水場。 大抵の避難小屋は、水場または小川が近くにあるので、便利です。 避難小屋にて待ち合わせをしていたのは、この前の週末にハイキング先の湖で出会っ... 続きをみる

  • 気になっていた避難小屋に初宿泊

    先月のお話です。次男と1泊ハイキングで出かけた避難小屋、ここは以前に通りがかって「いつか泊まってみたいな」と思っていた場所でした。 標高1853mの地点にあるプラチエール避難小屋。 2017年5月に通りががった時👇 残雪のお山が美しかったです。左奥の雪をかぶったお山、グラン・ムーランにはこの前日... 続きをみる

  • 速報・激寒キャンプから帰ってきました

    先月の次男との避難小屋泊ハイキング記を書き始めたところですが、近況を挟みます。 今週末は息子たちとおそらく今年最後のキャンプに行ってきました。 朝ご飯タイムの息子たち。 朝晩、めちゃくちゃ寒かったですが、幸い、お日様が当たってくると気温が上がりだしました。 夜明けの一枚。 夏はテント泊する人に人気... 続きをみる

  • 18歳の次男と避難小屋泊ハイキングに出発

    9月上旬の週末、大学生の次男が避難小屋泊のハイキングに付き合ってくれました。 駐車場は1300m台です。 公衆トイレに見えるかもしれないけれど、一応チャペルです(^-^; フランスのハイキング地図。 今回歩くのは、その前の週末にひとりで来た避難小屋のあるエリアと近い場所です。 ベルドンヌ山塊の北部... 続きをみる

  • 町中でヒルクライムしてみた

    まだまだ9月中のハイキング記が溜まってるんですが、山の景色ばっかりで読んでくださる方も書く方も飽きてくるかと思うので(^-^; ちょっとリヨンの街並みを挟みたいと思います。 夏の間はほぼ毎週末ハイキングに出かけていましたが、ここ半月ほどではなんと一度だけ半日ハイキングに行ったのみで、あとは自転車ば... 続きをみる

  • 夢の国からの帰還

    夢の国、とは大げさに聞こえるかもしれませんが、両足首骨折(うち片足は脛骨、腓骨ともに複雑骨折)の大怪我で2年以上「あの山に、あの小屋にまた行きたい」と思い続けていた場所のひとつにカムバックすることができた喜びは中々言葉では言い表すことができません。 2泊した大好きな避難小屋から駐車場へ戻るのに越え... 続きをみる

  • また来るよと別れを告げ

    一番のお気に入りの避難小屋にひとりで2泊してハイキングしたときのお話です。 いよいよ出発の時間が近づいてきました。 名残惜しく朝ご飯のコーヒーをお代わりして入り口から外を眺めます。 ここに泊まりに来たのは4度目になります。小屋前の朝の景色がたまらなく好みです。 荷物をまとめました。 ふたつある窓の... 続きをみる

  • 完全に自分ちと思い込んでる避難小屋で2泊目

    お気に入りの避難小屋に2泊してのソロハイキング、2日目は周辺の湖や稜線をゆっくりと散策して夕方避難小屋に戻ってきました。 1か月以上前の話なので、まだ日が長いときでしたが、寒くなる前に小屋前で早い目の夕ご飯にします。小屋前には岩に板を置いたベンチはあるものの、テーブルはないので大きな平たい岩をテー... 続きをみる

  • ほぼ無人の山奥でも出会いがあった

    1か月ちょっと前のソロ2泊ハイキング記、2日目午後の続きです。 ランチ休憩をした湖。 この湖に2017年5月後半にひとりで来た時👇 融けかけた湖面が美しかったです。 ご飯を食べ終わった後、湖畔まで下りてきました。 ランチを食べてる時に、湖の対岸に一人のハイキング客がいました。 この日、午前中に羊... 続きをみる

  • 同僚のおうちに招待された

    1か月前のソロ2泊ハイキング記が途中ですが、今週末のお話を挟みます。 同僚が日曜日のランチにホームパーティーを企画してくれました。 同僚は郊外の一軒家に住んでいます。お天気が大丈夫なら自転車で行こうかと思っていましたが(車が渋滞する方面😓)、午後は大雨という予報だったので車で行きました。 手土産... 続きをみる

  • 宝石のような湖と峠とを散策

    ダラダラと書いているうちに1か月以上も経ってしまった避難小屋泊ソロハイキング記の続きです。 お気に入りの避難小屋を独り占めして寝た翌朝。昨日、ここに来るのに越えてきた峠から日が昇ります。 小屋前で朝ご飯を食べた後、湖のある方面を散策しに出発しました。 湖は距離的には結構近いので早くに着き過ぎてしま... 続きをみる

  • 山奥の避難小屋でひとり目を覚ます朝

    大好きな避難小屋に3年ぶりにカムバックしたときのお話です。 8月の最終週末で天気予報も晴天だったにも関わらず、他に泊り客はおらず独り占めすることができました。 6時15分の空。 避難小屋の入り口から昨日越えてきた峠方面を眺めて。来るのも4度目なので、この稜線から日が昇ることは覚えているし、この景色... 続きをみる

  • 電波もなく誰もいないお山で

    今まで泊まった数ある避難小屋の中で、一番のお気に入りに3年ぶりに泊まることができた、先月末のお話です。 どんなけ好きなのかというとですね・・・ パソコンののデスクトップ画面に使っているのはこの小屋前の水場の写真なんです👇 5月後半に次男と泊まりに来た時に撮ったもので、クロッカスがあちこちに咲いて... 続きをみる