フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

また来るよと別れを告げ

一番のお気に入りの避難小屋にひとりで2泊してハイキングしたときのお話です。


いよいよ出発の時間が近づいてきました。
名残惜しく朝ご飯のコーヒーをお代わりして入り口から外を眺めます。


ここに泊まりに来たのは4度目になります。小屋前の朝の景色がたまらなく好みです。


荷物をまとめました。


ふたつある窓の雨戸を閉めます。
箒があるので、小屋内をさっと掃き掃除しました。


いよいよ出発です。
テーブルにカメラを置いてセルフタイマーで撮りました。
実はこのままカメラをテーブルに忘れて出発してしまい、数分歩いてから気付いてUターンしました(;^_^A


小屋前から見た峠方面。中央の峠を越えて一昨日のお昼過ぎにここにやって来ました。


あばよ、my別荘・・・
日本でも同じだと思いますが、避難小屋の状態は使う人のモラルによって左右されるし、どうしても少しずつ傷んだり汚れてくるのでボランティアのグループや、地元の村役場、狩猟会などの人たちが修理をしたり、時々大掃除をしたりしてくれていることが多いようです。
そういう方たちに感謝し、個人個人がきちんと使って、いつまでもこの素晴らしい場所が山が大好きな達たちの心休まる場としてあり続けることを心から祈るばかりです。


帰り道もブルーベリーだらけなので・・・


摘みながら歩きました、最初だけですけど。いつまでも摘んでたら永遠に駐車場に着きません(^^;)


ハイキング客がとても少ないようで、ほとんど誰にも出会わないし、道もはっきりとしなくてすぐに見失ってしまいます。この時も分からなくなって、多くの場所で適当に歩きました。


稜線から日が昇ります。


ところで・・・稜線の右側の凹んだところが一昨日越えてきた峠で、今もそちらに向かいつつあるわけですが、上の写真には入っていない、もっと左側にも峠があり、そこの部分で越えても、同じ谷(=峠の反対側の谷)に戻ってこられるんです。


今までにこちらに来た時も「へーっ、いつかそっちを通ってみたいね」とは思ったことはあるんですが、なにせ普通に駐車場に向かうだけでも結構遠いので、なかなか遠回りをする気になれないのが実情です。


しかし、この日はなぜかそっちからの景色も見てみたい気が強くなり、左側へと足が向かいだしました。


カッコいいギザギザの稜線です。中央の一番くぼんでいるところが峠です。
植物(ほとんどがブルーベリーとジュニパーベリー)が減って、岩と石だらけの世界になってきました。


少しずつ急になってきます。
近づきつつ峠の部分を凝視します・・・げげっ、とんでもない急斜面に見えます(;´Д`)
遠くから見るとそんな感じがするだけで、近づくとそうでもないこともよくあるんですが、この時はちょっと怖気ついてしまいました。なにせ、初夏にプロテーゼ(人工関節)を入れた足首に不安が残るし、今回はひとりだし人もほとんど通りません。それにこの辺りは全く電波がないので何かあっても助けさえ呼べません。


大人しく、元々の予定をしていた峠(写真の真ん中)へと再び方向を変えつつゆっくりと斜面をトラバースしていきました。無駄に遠回りしてしまったけど、安全第一です(^-^;


峠の少し前でハイキング道に合流しました。


峠まで秒読みです。


ふと振り返ると・・・


ずっと遠くが雲海になっています。
あれ、じゃあもしかしたら峠の反対側も・・・(ドキドキ、ワクワク)


ワンちゃんの鳴き声が聞こえてきました。稜線のすぐ手前に大きな白いわんこが座っています。


峠に到着~
ワンちゃん2匹(さっきの子ともう一匹)に迎えてもらいました✨
牧羊犬のようです。可愛い~デカい~💖
しかし、すごい雲海(≧∇≦)


今回で書き終えるつもりでしたが、ちょっと長くなり過ぎるので一度投稿します。
お読みいただいてありがとうございました。



×

非ログインユーザーとして返信する