randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

クロワ・ド・ベルドンヌ(2926m)へ その6

よく行くベルドンヌ山塊の中で、ハイキングで登れる山としては一番高いクロワ・ド・ベルドンヌに先月末初めて登ってきました。ベルドンヌ南部の湖の点在する美しいエリアを満喫する周回コースにしたので帰りの景色も楽しみです。


クロワ・ド・ベルドンヌ頂上からベルドンヌ峠を通り、谷に下ります。ピストンで来る場合はここの往復となります。まずは大小ふたつのドメノン湖の畔を歩きます。これは手前(高い方)にあるプチ・ドメノン湖(2386m)。
この湖からさらに谷の下のラ・プラ山小屋方面へはペンキマークもあるGR(中心的なハイキングコース)となっています。


プチ・ドメノン湖からグラン・ドメノン湖に向かって畔に沿って歩きます。


ジョンシアン・ジョーヌ


ジョンシアン。


まもなく次の湖が見えてきました。


この日はあまりハイキング客は見かけませんでしたが、このふたつの湖の辺りまでは最寄りの駐車場からなら1000mほどの高低差ですし道も分かりやすく難しい箇所もないため、週末には多くの人が歩きに来ます。



グラン・ドメノン湖(2385m)に到着しました。

この湖までは1月にスノーシューで歩きに来ました。
その時に撮った同じ湖↓

まるで別の場所のような印象です。


湖の端まで来ました。


湖は川となって谷を流れ続けます。しばらくはその流れに沿って歩きます。


しっかりと踏み鳴らされた道だったはずなのですが、不思議なことに見失ってしまいました(;´Д`) まあ谷なので向かう方向ははっきりしているので適当に降りていきます。水の流れ落ちる近くをダイレクトに降りることにしました。


滝の真横です。


大体降りてきました。相変わらず道は見当たりませんが。。


遠くの岩場を見渡していると黄色いペンキマークが(´▽`) ホッ
そちらに向かいます。


岩場おしまいです。


また川沿いに歩きます。


眼下に広がるのは美しいラ・プラの谷。
1月にスノーシューで来たときの写真↓

この日の方がよっぽど天気よかった(^^;


湖、滝、川がたくさんある水の豊富な谷です。


そしてそんな湿地帯には・・
ワタスゲ💖 



この時点で3時前。朝6時に駐車場を出発して9時間が経とうとしています。ハイキング記も長くなってきましたが、次回で最終回にします(^^;

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。