randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

エクラン南部、ムール・フロワ(2993m)へ

イマイチの天気予報だった10月下旬の日曜日に太陽を求めてエクラン国立公園最南部まで日帰り遠征してきました。
目指すはこのエリアを代表する山、ムール・フロワ(2993m)です。


デコボコの草原地帯。道がどんどん分かり辛くなってきました。あ


歩いてきた谷は先ほど以上にガスが充満しています💦


夏に見るスミレの仲間だったと思います。ここ2、3週間季節外れの暖かい日が続いているせいでしょうか。


かいだんみたいになってる石がありました。


上がっていくと、唐突に山小屋が現れました。羊飼い小屋(ベルジュリー)のようです。


高度nが多かれ少なかれあるカシオのプロトレックですが、なーんとドンピシャに正しかったです(*'▽')


犬小屋もあります。羊飼いのお供には必ず賢い大型犬がいるものです。


800mくらい上がってきて今のところノンストップだったので、ここらでちょっと座って休憩していこか、と思ったんですが日陰でちょっと寒い・・・もう少し先でお日様のあたるいい場所を探すことにしました。


ムール・フォロワが正面に全貌を現しました。まずは写真の右端に映っているのが峠。その後は稜線伝いに登っていきます。


まずは手前の小高いを乗り越えないといけません。


この時間になっても植物には霜が降りたままです。


峠に向かいます。道は薄っすらとですがあります。ケルンも結構あるので迷うというほどのことは起こりませんでした。2、3回道を見失って適当に歩き続けたら少し先で正しい道に出会う、の繰り返しでした。


ミルフィーユ岩(≧∇≦)


ようやく峠の麓らへんに到着したようです。


向かいにある山との間にももれなくガスが溜まっています。


登りだして先ほどまで歩ていた草原を見下ろして。細かいアップダウンが多いデコボコ地帯です。


左の奥が頂上のようです。岩壁部分が多いのでこちらから単純には登れないようで、通常峠を経由して稜線を歩いていくようです。


峠に登っていきます。残念ながらガスに包まれてきました。


下を見下ろして。


峠に到着しつつあります。


峠に着きました💖


これから向かう稜線です。



今日はここまでです。
明日から2泊で子供たちと山にお出かけです。ネット環境がないので少しの間更新できませんが、帰ってきたらまた続きを書きます(*‘∀‘)
では今から荷物の準備です♬ 
明日早朝に出ます。行ってきます(≧∇≦)







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。