randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

代車に新型シビックΣ( ̄□ ̄|||)

あちこちの山にわたしを連れて行ってくれる愛しいマツダデミオ、フランスではマズダ2(ドゥー)ですが、今週修理のためディーラーに預けに行ったのですが、「じゃあこれ使ってください」と出てきたのは新型シビック( ゚Д゚)


ディーラーの駐車場にて。
こんな現実離れしたクルマを代車とはいえわたしが運転する日がくるとは・・・


6速MTです。6まである車運転したことない・・・どのタイミングで6に入れるのかが分かりません(・・;)


ディーラーの名前が入っています(^^;
実は「Lyon Elite Motors」は Mazda、Honda、Kiaの3つが一緒になったディーラーなのです。しかも同じ敷地内の隣の建物はVolvoです。3つを合わせたエリート・モーター分くらいはある広さです。


こんなデラックスな車、運転したことがありません(@_@)しかも形が人目を惹きます。日本では結構普通に走っているのかもしれませんが、フランスではまだ見かけないモデルです。ひとつ前のシビックも、そんなには売れていなかったのかあまり走っていないです。
「わたし、こんなの運転できません。普通の車はないんですか?」と聞くと「いや、これ普通の車ですよ」💦そりゃね・・・これが普通という世界もあるんですね。
運転免許取りたての人のように、いやそれ以上にオドオドとうちまで帰りました。




うちに帰ってアパートの地下ガレージに入れようとすると・・・
最後まで入らない
そこまで長い車というわけではないのに。


それもそのはず、ヘンな棚がガレージの奥に作られてるんですねー(わたしじゃない💧前の持ち主の人が作ってあった)。。わたしの車は小さいので問題なく入るのですが。


よっぽど棚取り外そうかと思ってドライバーとスパナをうちまで取りに行ったけど、よく見るとサポートのメタル部分とベニヤ板は糊でガッチリ固定されれおり、一体化しています(今までどうなってるのか触ってみたこともなかった)。外すの結構面倒・・・しかもたった数日間のために。。結局棚はそのままに、シビックの鼻ははみ出したままドアは閉めずに停めておくことにしました(~_~;)


代車というとおんぼろカーがあてがわれると思い込んでいた子供たちは小躍りして大喜び(^^; さきほど晩ご飯の後に幹線道路をドライブしてきました。182馬力もあるらしく(子供がネットで調べた)、1速2速での加速がスゴイ😻 
 ダメですねー、こんなのに慣れちゃう前に早くデミちゃん返してもらわないと(^_^;) 


修理が終わる予定の金曜日の夕方まで借りてる予定で、その日は仕事休みだからどっか遠くない山に朝から行って直接夕方ディーラーに寄ろう、と思ってるんですが地面ガタガタの林道で車高低いシビックこすってもいけないし、林道でなく舗装された道路だけで到着できる駐車場はどこだ・・?と考えたりしているところです(;´∀`)





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。