randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

今年初めての雪の中でのハイキング(中編)

お天気がイマイチだった昨日、片道1時間半のヴェルコール山塊北部に午前中だけのお手軽コースへハイキングにやってきました。午後はもうじき返さないといけない6速まであるスポーティ&デラックスな代車・新型シビックを満喫するためにドライブの予定です。


標高1736mのアルク峠に着いたのは9時50分。1266mの駐車場から1時間20分でした。


登ってきた方面。こちら側にまで雲海が広がっているのは珍しいです。


南東方面にはデヴォリュイ山塊が雲から飛び出ています。最高峰のオビウが一番左端、もう一つの高い出っ張りは山塊2番目に高いグラン・フェランです。
まだブログにアップしていないのですが、2週間弱前にグラン・フェランのすぐ麓の辺りをハイキングで歩きました。そのあと2、3日後に子供たちと2泊のハイキングに行ったのでそちらを優先して書き始めてしまいしたが、そこも一味違う面白いところだったのでハイキング記を後日アップするつもりです。


峠のすぐ南へと続く山肌に沿った細い道を歩いてどんどん南へ向かうことができますが、幅がめちゃくちゃ細いところも多いので雪のある時は危ないです。


北東方面。グランド・ルース山塊。


手前の岩壁はここから30~40分ほどで登れるピック・サン・ミシェル(1966m)の一部です。


その奥にはモンブランが✨


こちら側、登ってきた方面は小さなスキー場、ランス・アン・ヴェルコールのゲレンデが見える辺りですが、今日は雲の中です。


暖かいものでも準備して一休み、と思って準備していると・・
あれれ・・・ガスが広がってきてしまいました。


半日コースのつもりではいても、予定がどう変わるか分からないのでにゅう麺でも食べられるように素麺を2束と他に2、3材料を持って来ていましたがさすがに今はまだ早いのでおやつ休憩です。
大好きなクランベリー入りビスケットとブルーベリー入りシリアルバー。ドライフルーツ好きなのです(^^;)


それとコーヒーかココア、と思ってたんですが、むしろ塩味系のものが欲しくなってきて食料袋から取り出したのはこれ( ̄▽ ̄;)
日本のおいしい春雨スープ、温まるチゲ味♡ 大きな袋に色々な風味のが入ってましたがこれが一番おいしくて全部チゲ味でもよかったと思うくらいです。
軽いものなのでインスタントスープや飲み物類は いつも余分に何種類か持って来ています。休憩時間が楽しくなります🎶


意味不明な食べ合わせのおやつタイムです。


さーっとガスに包み込まれたので、またさーっと晴れてくれるんだろうと高をくくってましたが、一向に晴れてきません。最高に明るくてもこのくらいの感じです。


15分間ほど休憩タイムで座っていましたが、むしろガスは濃くなってきたようです。「雲海キレイ~」とか言ってましたけど、どうやらわたしも雲海の中に入ってしまった様子です(~_~;)
動かずに座っていたら寒くなってきました。休憩のあとピック・サン・ミシェルに登るつもりだったんですがこれでは全く視界もなさそうだし、もうさっさと下りることにしました。


このくらいズボズボです。
スノーシューなくても歩けるギリギリの積雪量でした。


ガスの中で視界がないので、さっき歩いた自分の足跡をたどって下りていきます。


自分の足跡しかないので間違えようがありません(;´∀`)


森ゾーンに戻ってきました。


久々に見る雪景色。残雪の雪は夏の間でも見ることがありますが、積もりたての雪の中を歩くのは5月に季節外れの積雪があった時以来(正確には先週日曜に山小屋から下りる時も雪の中でしたが)です。


前編、後編でいくつもりでしたが案外写真を撮っていて長くなりすぎるのでこれを中編としたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。