randonneuseのブログ

フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

ピック・デュ・ラック・ブラン(2980m)へ

子供たちと湖の畔でお肉を焼いて食べた後は、ひとり近くの山頂まで往復します。彼らはそこらへんで湖に石を投げたりしてまったりと過ごすほうがいいらしいです(;´Д`)


子供たちとご飯を食べたのとは反対側の畔まで歩いてきました。道があるはずなので探しつつとりあえず登っていきます。


ありました、細いけどこれ道です(*‘∀‘)


紅葉しきったブルーベリーの葉。少し実が残っていました。


このあたりはまだ草が結構生えていますが、少しずつ岩と石のゴロゴロしたゾーンになっていきます。


途中、いくつか名前は地図に載っていない小さな湖がありました。これは唯一近くを通った湖。他は少し上った後に「あ、あそこにも湖」という風に見つかる感じでした。


奥の稜線を歩いて行くみたいです。


雪もところどころにしかありません。でも先週は寒くお天気がずっと悪かったのでこの日から1週間後に当たる今頃は数十センチ積もっていることだと思います。


真ん中らへんが低くなっています。どうやらあれが峠のようです。


斜面を登っていくと奥から3つセットのエギーユ・ダルヴが現れてきました。うちふたつが3500m台と高いし形が特徴的なため色んなところから見えます。


奥にはエクラン山塊。バール・デ・ゼクラン(4102m)、ぺルヴ―(3946m)、レ・ザニョー(3664m)などスターが勢ぞろいです。


ここで一組の中年カップルとすれ違いました。ご飯を食べた湖に少し人がいた後は誰にも会っていませんでした。頂上まで行ってきたそうです。峠の少し後からモン・ブランが見えるよ、と教えてくれました。


稜線にたどり着きます。


振り返って。


峠に到着しました。


この後黙々と岩々の稜線を歩いていくと・・・目の前で何かが動きました。


あ~っ、オコジョです💙
細っ!ちっちゃ!!


で、動き早っっ!!


しばらくウロチョロしたあと、岩と岩の間にささっと入っていきました。


ケラ山塊、そしてイタリア。中央でとんがっているのはロッシュブリュンヌ(3320m)ケラ山塊最北端になります。左の方で出っ張ってるのはモン・ヴィソ(3841m)。南仏を代表する山です。モン・ヴィソ山小屋はフランス側ですが頂上自体はイタリア側になります。山小屋までは去年のちょうど今頃スノーシューで歩きました。
右下にそこそこの大きさの湖が見えています。地図を見るとラック・ロン(Lac Long)という湖のようです。


稜線の途中にあったケルン。まだ頂上ではありません。


ところどころ残る雪。


この秋いくつか登った3000m級の岩稜よりはずっと穏やかで怖いところがない稜線です。


もう少しでしょうか・・・


先ほどすれ違ったカップルが言っていた通り、モンブランが奥に見え始めました。
ということは手前はヴァノワーズ国立公園のようです。


お、いきなり右の眼下にかなり大きな湖が(@_@。
これがこの山の名前のもとにもなっている「ラック・ブラン」でした。白い湖・・・出た!手抜きの命名・・・もう今までいくつ出会ったか分からないくらいたくさんある名前の湖です。


この稜線から下りて行けるようです。その場合大きく周回することになりますが、夏など気持ちよさそうなコースです。


最後は岩々地帯です。


湖から500mほどの高低差なので侮っていましたが案外遠い・・・
さすがにこの先の丸い辺りが頂上のようです。


着きました~
ピック・デュ・ラック・ブラン(2980m)頂上\(^_^)/



次に続きます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。