フランスで山歩き

仏中東部リヨン在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています。

下山後はプチ遠足、ドライブしつつお買い物も(^^♪

青空を求めてやって来た南仏のとってもマイナーなディオワ山塊。山塊最高峰であるル・ジョクゥ(2051m)へスノーシューでハイキング&ランチして駐車場に戻るとまだ1時にもなっていません💦 750mしか高低差のないコースだったので当然かもしれません。


帰り道はまずは峠道路をデヴォリュイ山塊を正面に眺めつつ下っていきます。山に登らなくても登ったような気分になれる道路です。


峠道路のあとは少し大きな県道に入りますが、この道路も景観が素晴らしく、時々通りますが、いつも1、2回は停車して車を降りてしまいます。


時間はたっぷりあるのでメインの道路を外れ、小さな村々を結ぶ道路を走ってみます。


ここら辺のいい景色のところで車を停めて・・・


路肩がちょっと広くなってるところを探して駐車します。


朝はどんよりと重たくて低い雲に覆われていたヴェルコール山塊もようやく晴れてきました。


さて、わたしはなだらかな丘のような野原を登っていきます。


そこら辺の眺めがよいところまで斜面を行ってみます。今年は雪が多いので、こんな景色を見ると春のように思われます。


到着\(^_^)/


・・・って、どうやらついさっき車で通った道でした😅


さっきは寒くてデザートまで食べてる余裕がなかったので持って下りてきました。
リヨン名物の赤いプラリン(「プラリネ」ではありません。赤い色をしたアーモンドかヘーゼルナッツの砂糖がけ)入りブリオッシュと運転中用のコーヒー。早朝に入れたものなので、もうだいぶ生ぬるくなっていましたが。


遠足気分でおやつも食べて満足したのでメイン道路の県道に戻ろうと思います。近辺の農家の羊がいました。


絵画のように美しいペルシーの村。


1年ほど前に「どんなに素敵な村なんだろう」と山の帰りにドキドキしつつ行ってみましたが、ごくごく普通の村で観光的な要素は何もなく、唯一のお店であるカフェは閉まっていて5分で退散しました(;´Д`) 村がキレイというよりかは背景の山がキレイという方が正しいかもしれません。


ヴェルコール山塊のシンボルのひとつ、モン・テギーユの麓を道路は走っていきます。


この後しばらくすると「チーズ販売しています」の看板が。今まで通る度に気になっていたものの入ったことがありません。


県道から少し入ったところにあります。日曜の午後というと、ほとんどのお店が閉まっているのですが、ここは開いていてラッキー✨


窓からの景色。


山小屋風デコレーションの可愛いお店です。


牛乳製のものもありましたが、羊や山羊乳のものが目立ちました。


チーズ何種類かと地ビールも買ってみました。これは何とここの隣の建物で作られているそうです。


かなり我慢して控えめなお買い物となりました。うちの冷蔵庫はハイキング帰りに買うチーズですでに満員御礼(^▽^;)


チーズの包み紙にはモン・テギーユのイラストが。
手前の金色のは、牛乳、シェーヴル(山羊)、羊乳全部が使われているというビックリなチーズ。そんなの見たことありません(@_@)


パッと見は白カビ系でカマンベールみたい?と思ったのですが、中はかなり白っぽいです。カマンベールはもう少し黄色ががっています。
食べてみると・・・シェーブル(山羊)ちゃんの味しかしませんでした💧


こちらは山羊乳100%。
とろーりとまろやかでものすごくおいしかったです。あんまり期待してなかったんので喜びもひとしお。
ハイキングの帰りにしょっちゅう買うボーフォールなどの有名チーズはそれなりにおいしいに違いないと分かっているけど、このような小規模なところで作ってるのは個性があっておもしろいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。